当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
<   2005年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 08日
【マジ?】 全角32文字 【ネタ?】
b0062429_1256106.jpg


( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!
_, ._
(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

(  д )
     
(; Д ) !


(; Д )カオカオカオカオ
U_, ._U
 ゚  ゚
_, ._
(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

  _, ._
(;゚ Д゚)


;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン


見事な斜め上っぷりです。

しかし

歴史的教科書歪曲

独島領有権主張

軍国主義復活陰謀糾弾

韓国大学生訪日代表団


ってネーミングセンス皆無ですね。

ネタ元
南ゾセンの女子大生が来日!!」(大空のサウラビ・切除の果てに悔いなし
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-08 01:00 | 北韓・南朝鮮関連
2005年 04月 07日
【対馬丸】 教科書検定と沖縄疎開船 【喪失率】
執筆者の自主規制進む 記述修正で関係団体らに怒り 4月6日10時35分 (琉球新報)
 五日公表された中学校の教科書検定結果で、日本軍による沖縄の住民虐殺の記述が大幅に減ったことについて、教育関係者らは「アジアに対する日本の加害責任をぼかそうとするのと同じ構造」「国家が犯した過ちについての記述が薄められる傾向にある」などと指摘し、現状を危ぐする声が上がった。疎開船の記述があいまいなものに修正されたことに、関係団体からは批判の声が上がった。 日本軍が住民をスパイ視して殺したことについて、琉球大学の高嶋伸欣教授(社会科教育)は「日本軍の加害責任をぼかしたい保守勢力から、従軍慰安婦と同様に圧力がかかっていたケース。記述が減ったのは、合否の判定を最後の最後まで保留する今の検定制度の影響が大きい。初めから駄目と言われそうと、執筆者の自主規制が進んでいる」と指摘した。
 沖縄国際大学の石原昌家教授(平和学)は「有事法制下では、軍隊の住民虐殺は起きてはいけないことで、国民に知らせないようにする動きがある。その動きがますます強まっていると言える」との見方を示した。
 疎開船について触れた帝国書院は原本で「対馬丸をはじめ多くの疎開船がアメリカの潜水艦によって沈められました」と記述し、検定意見で「対馬丸のほかに、沈められた疎開船が多数あったかのように誤解するおそれのある表現である」と指摘された。
 これを受け、「疎開する学童を乗せた対馬丸がアメリカの潜水艦によって沈められました。このほかにも、沖縄県民を乗せた多くの船が遭難しました」と修正された。
 戦時遭難船舶遺族会の大城敬人(よしたみ)事務局長は「対馬丸以外にも県民を乗せた25隻の船が潜水艦の攻撃や空爆で沈没した。戦争の実態を後世に伝えるべき教科書でのこのような検定は許せない」と話した。
 沖縄国際大学の安仁屋政昭名誉教授は「沖縄戦の疎開は、作戦の足でまといの排除と食料の確保が目的だった」として、一般住民も国策で疎開させられたとの認識を示した。

(後略)
■さて、教科書検定も終了してあちこちで色々あるようですが今日はこんな切り口で考えてみたいと思います。

>疎開船について触れた帝国書院は原本で「対馬丸をはじめ多くの疎開船がアメリカの潜水艦によって沈められました」と記述し、検定意見で「対馬丸のほかに、沈められた疎開船が多数あったかのように誤解するおそれのある表現である」と指摘された。
>これを受け、「疎開する学童を乗せた対馬丸がアメリカの潜水艦によって沈められました。このほかにも、沖縄県民を乗せた多くの船が遭難しました」と修正された。
>戦時遭難船舶遺族会の大城敬人(よしたみ)事務局長は「対馬丸以外にも県民を乗せた25隻の船が潜水艦の攻撃や空爆で沈没した。戦争の実態を後世に伝えるべき教科書でのこのような検定は許せない」と話した。


さて、この記事によれば

原記述
「対馬丸をはじめ多くの疎開船がアメリカの潜水艦によって沈められました」

検定意見
「対馬丸のほかに、沈められた疎開船が多数あったかのように誤解するおそれのある表現である」

修正記述
「疎開する学童を乗せた対馬丸がアメリカの潜水艦によって沈められました。このほかにも、沖縄県民を乗せた多くの船が遭難しました」


と言うことですが、文部省の検定意見は正しいのでしょうか?
対馬丸記念館によれば

>この年7月から翌20年3月の最後の疎開までに、沖縄から出航した延べ187隻の疎開船(約8万人)のうち、これほどの民間人が犠牲になったのは対馬丸をおいて他にありません。わたしたちは、対馬丸撃沈事件を過去の歴史的事実だけにとどめておくべきではないと考えます。
対馬丸記念館・建設理念

とあり、沖縄から出港した疎開船・疎開数の総数は判っているだけで「187隻・約8万人」であると言うことが判ります。
で、記事によれば

>戦時遭難船舶遺族会の大城敬人(よしたみ)事務局長は「対馬丸以外にも県民を乗せた25隻の船が潜水艦の攻撃や空爆で沈没した。戦争の実態を後世に伝えるべき教科書でのこのような検定は許せない」と話した。

としています。
調べたところ

>遺族会の調べによると、戦争中、潜水艦による魚雷攻撃や空爆などで沈没した沖縄関係の遭難船舶は二十六隻、県出身の犠牲者はおよそ三千四百人に上る。
沖縄タイムス 社説 2001.11.30

と、戦時遭難船舶遺族会によれば撃沈され遭難した船舶・疎開者は「26隻・約3400人」であるとされています。

しかし、詳しく見てみると

>戦時遭難船舶遺族会(島袋林功会長代行)の資料によると、対馬丸を含め嘉義丸、赤城丸、湖南丸等戦時遭難船舶は二十六隻、犠牲者は三千四百二十七人となっている。以下「戦時遭難船舶」と言う場合は、太平洋戦争中に米軍の攻撃を受けて沖縄近海等で遭難した船舶を呼ぶこととする。
戦時遭難船舶は、(1)南洋群島から本邦へ引き上げる船舶、(2)沖縄から南九州や台湾へ向かう疎開船、(3)本土から沖縄への帰郷者を乗せ航路の途中で遭難した輸送船の三つに大別される。

戦時遭難船舶犠牲者の洋上慰霊祭・遺族補償等に関する質問主意書

と言うことで、この数字がイコール疎開船の被害数というわけではないようです。
参議院議員照屋寛徳君提出戦後処理問題としての戦時遭難船舶犠牲者に関する質問に対する答弁書」にこの「戦時遭難船舶」26隻のデータがありますが

・出港地が沖縄ではないもの。
・遭難日時が昭和19年7月~昭和20年3月ではないもの。
・遭難海域が沖縄~南九州・台湾ではないもの。


を除きました。
遭難日時を限ったのは県へ学童疎開に関する通達が出されたのが昭和19年7月でそれ以降学童疎開が開始されて疎開が本格化している事、20年3月以降は本土~沖縄・台湾間の海上交通が途絶したと考えられる為です。
念の為に付け加えますと疎開自体は昭和19年7月以前から行われています。
参議院議員照屋寛徳君提出戦後処理問題としての戦時遭難船舶犠牲者に関する質問に対する答弁書(参議院ホームページ)
8 台中丸

 所有者は大阪商船株式会社、管理主体は船舶運営会、遭難年月日は昭和十九年四月十二日、遭難海域は奄美大島北西方海域、沈没原因は潜水艦による攻撃である。
 出港地、航行目的、護衛の有無、乗船人員数、船客死亡者数、生存者数、事故報告書の有無及び死亡者名簿の有無については、把握していない。

14 宮古丸

 所有者は大阪商船株式会社、管理主体は船舶運営会、遭難年月日は昭和十九年八月五日、遭難海域は徳之島伊仙崎沖海域、沈没原因は潜水艦による攻撃である。
 出港地、航行目的、護衛の有無、乗船人員数、船客死亡者数、生存者数、事故報告書の有無及び死亡者名簿の有無については、把握していない。

16 開城丸

 所有者は大阪商船株式会社、管理主体は船舶運営会、遭難年月日は昭和二十年三月二十四日、遭難海域は東シナ海、沈没原因は飛行機による攻撃である。
 出港地、航行目的、護衛の有無、乗船人員数、船客死亡者数、生存者数、事故報告書の有無及び死亡者名簿の有無については、把握していない。
■となりました。
次に「戦時下に喪われた日本の商船」で調べますと

>昭和18年3月から陸軍の輸送船として鹿児島と那覇を往復していた台中丸は、昭和19年4月12日に奄美大島西方で米潜水艦の雷撃をうけました.老朽化した船体は真っ二つに折れて3分で水没、154名が戦死します.
■0412台中丸

>沖縄の人々の生活に深く密着していた「宮古丸」はその2週間前の8月5日に奄美大島から那覇に向かう航路で撃沈されておりました.
■0805宮古丸

と、残ったのは「開城丸」一隻となりました。

開城丸については資料が少なく、恐らく大阪商船の鹿児島~沖縄間の定期航路を運航中に撃沈されたと推定されます。
が、定期運行中に撃沈されたのか、疎開船として撃沈されたのか、兵員輸送中に撃沈されたのかは不明でした。

ということで、開城丸に対馬丸を足して合計2隻かと思っていたら

>疎開輸送は延べ187隻におよんだが海上における犠牲は対馬丸1隻だけであった。
第3部 学童疎開船対馬丸遭難と沖縄空襲

>因みに沖縄からの疎開船は昭和19年7月から翌20年3月まで178隻 人員にして約7万人が疎開したが、
犠牲になったのは 対馬丸のみで、戦時中は勿論 軍側の絶対秘密として公表されることはなく、この悲痛
>なできごとを関係者以外の人々が知るようになったのは昭和37~8年になってからである。

疎開船対馬丸 1

あれま・・・(汗)

と、とりあえず2隻で計算してみますと喪失率1.06%!・・・orz

どうも

>「対馬丸をはじめ多くの疎開船がアメリカの潜水艦によって沈められました」

と書くには明らかに間違いのようですね。
しかし、前述のように昭和19年7月以前の疎開についても船舶の遭難被害が出ていることは事実ですので修正後の

「疎開する学童を乗せた対馬丸がアメリカの潜水艦によって沈められました。このほかにも、沖縄県民を乗せた多くの船が遭難しました」

であればまぁ完全な間違いではないわけですが「多くの」と言う形容詞が適切かどうかは個人的には疑問です。

参考リンク

戦時下に喪われた日本の商船
なつかしい日本の汽船

第3部 学童疎開船対馬丸遭難と沖縄空襲
第5部 特別攻撃隊と学徒動員

対馬丸記念館
疎開船対馬丸 1
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-07 01:00 | 国内時事問題
2005年 04月 07日
【卒論で発覚】 国際法上のテロリストについて 【隠れ軍オタ?】
加藤あい、3月に大学卒業…卒論で「今は抜け殻状態」 4月7日8時2分 (サンケイスポーツ)
 タレントの加藤あいが、新イメージキャラクターを務めるファッションブランド「Ba-tsu Club(バツクラブ)」の会見に出席。コンセプトの「セクシー&クール」のイメージにぴったり、と起用された加藤は「恐縮です。私自身が目指しているテーマなのでうれしい」。3月に大学生活に別れを告げたが、卒業を実感したのは卒論「国際法上のテロリストについて」を書き上げたときだそうで、「今は抜け殻状態で達成感でいっぱいです」。
■へ~卒論ねぇ・・・ゑっ?

>卒論「国際法上のテロリストについて」

・・・Σ( ̄□ ̄;)マジディスカ!?

すんごい内容が気になりますw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-07 00:00 | 国内時事問題
2005年 04月 06日
【スーダンPKO】 陸自部隊派遣は見送り 【国際貢献】
スーダンPKOは文民派遣、陸自部隊は見送りへ 4月6日10時32分 (読売新聞)
 政府は5日、内戦が終結したスーダン南部で近く展開される国連平和維持活動(PKO)について、外務省職員などの文民をPKO司令部要員として派遣する方針を固めた。

 検討していた陸上自衛隊施設部隊の派遣は見送ることにした。


 政府はスーダンへの支援策を探るため、3月に内閣府や外務省の担当者による調査団を現地に派遣した。その結果、内戦が激しかった南部では、道路の寸断だけでなく、給水、発電施設なども大半が破壊されていることが分かった。西部ダルフール地方で続く民族紛争で南部に混乱が波及する恐れもあり、「部隊の安全確保が難しく、物資補給も容易でない」(防衛庁幹部)との見方が強まった。

 このため、政府は当面の人的貢献策として、夏にもPKO司令部要員として数人の文民を派遣し、復興、行政組織の整備、国際機関との連絡調整などにあたらせることで調整している。これとは別に、自衛官の司令部派遣も検討する。さらに、スーダンの首都ハルツームなどに向け、空自のC130輸送機による毛布、寝袋などの輸送も検討課題としている。

 スーダンは、今年1月に内戦に終止符を打った。国連安全保障理事会は、最大1万人の軍部隊と715人の文民警察官を含む民間部門からなる「国連スーダン派遣団(UNMIS)」を送る決議を採択している。
■と言うことで、賢明な判断が下されたようですね。
まぁできることはできる、できないことはできないでハッキリ物事を言うのも国際社会デビューを控えた我が国には必要なことですね。

>政府は当面の人的貢献策として、夏にもPKO司令部要員として数人の文民を派遣し、復興、行政組織の整備、国際機関との連絡調整などにあたらせることで調整している。これとは別に、自衛官の司令部派遣も検討する。さらに、スーダンの首都ハルツームなどに向け、空自のC130輸送機による毛布、寝袋などの輸送も検討課題としている。

とのことですが、残念ながらそれが精一杯でしょうね。
外務省職員ら文民の派遣はほぼ決定の模様ですが、輸送機派遣と司令部要員に数名派遣できないかと模索してる模様。
文民と司令部要員の派遣であれば実績がありますからね。

参考リンク
日本の国際平和協力
特集/スーダン内戦 ダルフール緊急事態(国境なき医師団)

【スーダンPKO】 PKF本体業務見送りへ 【海外派遣恒久法】
【武器使用】 スーダンPKO派遣決議採択 【5原則】
【北韓と中国】 ダルフールは「この世の地獄」 【スーダンPKO】
【訃報・・・】 スーダンに政府調査団派遣へ 【サマーワ情勢】
【H2A-7号機】 スーダンPKO全容判明 【伝説のサブマリン】
【スマトラ】 スーダンPKF派遣に再度断固反対する! 【武器使用】
【本体業務】 スーダンPKF派遣に断固反対する! 【武器使用】
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-06 00:00 | 国内時事問題
2005年 04月 05日
【ぼたんの花】 第49回「バカの壁・再」37 【劣化ウラン】
第49回「バカの壁・再」37(その1)

「悪魔の証明」編

Re[4]:主張以前に気になるんですよ(04/02) 2005.04.04 18:49:01 (ぼたんの花さん)
某S氏さん
>おやおや「日本の劣化ウランが米国の劣化ウラン弾に使用されている」という妄想はどうなったんですか?
>早く「日本の劣化ウランが米国の劣化ウラン弾に使用されている」証拠だしてください。
-----

ほんとにバカだ。

自分で言っただろう、証拠を出すのは君だよ。

だいたい知識がないから、同じことの繰り返しでしか
攻めることができない。

使われていないと証明する必要があるのは、小泉&君だよ。
■いきなり意味不明ですね。

>自分で言っただろう、証拠を出すのは君だよ。

私がいつ何を言ったのか全く書いてありません。


>使われていないと証明する必要があるのは、小泉&君だよ。

いきなり悪魔の証明ですよ。
それを突っ込まれて
Re[6]:主張以前に気になるんですよ(04/02) 2005.04.04 22:24:47 (ぼたんの花さん)
通りすがりの白い猫さん
(略)
>-----
>悪魔の証明って知ってます?
-----
自分の都合が悪くなると悪魔の証明?

ピレネーさんが、”無い”って書いたのに証明しろってこれどういうこと?

だから張子の寅の知識だと言うのよ。


この件に関しては、無い事の証明はできるわよ。
というより、日本の劣化ウランが使われていない、というならどこかにそれが”ある”のよ。


よーく考えよね。

だから”ある”証明を小泉&某氏がすればいいわけ。

そこに気がつかず、削除されても移転してまで保存する。。。

だいたい”著作権”と”ソース”で、一年持たす?
とにかくその場限りの知識の詰め込みだから持たないのよね某氏は。
■とまた意味不明です。

>ピレネーさんが、”無い”って書いたのに証明しろってこれどういうこと?
>だから張子の寅の知識だと言うのよ。


張り子の虎の知識はどっちですかね。
悪魔の証明(フリー百科事典『ウィキペディア』)
悪魔の証明(あくまのしょうめい)とは、モノ・行為の存在を巡って、「あること」に比較して「ないこと」を証明することが極めて困難であることを比喩する言葉である。鬼の証明ともいう。もっとも、物事の有無とは無関係に、単に証明が極めて困難であること又は不可能であることの比喩として用いる場合もある。

一般的な用法
「あることの証明」は、証拠を一例でも提示すれば一瞬で完了する容易なことだが、その反面、「ないことの証明」は調査範囲が限定されたケースを除き立証は事実上不可能である。なぜならば、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならないからである。

そのため、公平の見地から証明責任は「ある」と主張する側が負うことになっており、存在を証明できなければ無いものと見なされその主張は排斥される。

もしそうでなければ、いかなる荒唐無稽な主張でも好き勝手に言いつのる事ができるのに対し、否定する側が「そうではないこと」を証明しなければならないという不公平な重荷を背負うからである。しかし、現実の論争の場では、必ずしもこのことが了解されているわけではない。

(後略)
■さて

>悪魔の証明(あくまのしょうめい)とは、モノ・行為の存在を巡って、「あること」に比較して「ないこと」を証明することが極めて困難であることを比喩する言葉である。

と書かれていますね。
では彼女の言葉が正しいかのように見えますが「一般的な用法」の部分にはこう書かれています。

>「あることの証明」は、証拠を一例でも提示すれば一瞬で完了する容易なことだが、その反面、「ないことの証明」は調査範囲が限定されたケースを除き立証は事実上不可能である。
>なぜならば、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならないからである。


と。

>「ないことの証明」は調査範囲が限定されたケースを除き立証は事実上不可能である。
>なぜならば、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならないからである。


つまり「調査範囲が限定されたケースであれば「ないことの証明」は可能である」と言うことです。
なぜなら、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならない訳ではないからですね。

で、ピレネーの発言は

>但し、これを現段階ではIAEAも吸入の危険は認めていても、体への害は認めていません。
>こういったケースの場合、やはりデータに基づく、検証が最重要なのでは??


この記述でしたね。
それに対して私が

>IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではないということですな?
>具体的な証明をどうぞ。
>IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果を出しているのにそれがデータに基づく検証ではないとは驚きですね。


と言ったわけです。
彼の「IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。」と言う主張に対して「じゃ、それを証明してください、しかしデータに基づく検証ではないとは驚きですね。」と言ってるだけなのですから。

それに対してピレネーは

>それとIAEAがデータを取っていないとは、一言も書いていない。
>勝手な推測でカキコするな。

>でも細かく言うと
>IAEA自身は調査してないかもよ~。^^
某S氏君へ

同一の書き込みですら支離滅裂だったわけです。
まぁ詳しくは「偉大なる空に輝く左翼の星にして、神速果敢の用兵で百戦百勝不敗の鋼鉄の霊将、左翼思想を掲げる我らが民族の希望の星にして左翼の敬愛を一身に集め、栄光溢れる革命の担い手なる世界に冠たる我らが左翼の領導者、親愛なる将軍様・・・もとい、サスケット隊長」の日記「小倉先生の勝利を予想するブログ」をご覧下さい。

で、ようやく前回

>IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。

と言うコメントに落ち着いたわけです。

今回の悪魔の証明については彼の一言が全てを物語っているわけです。

>IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。

この中で彼は「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない」のは「IAEAとWHO」の二つの国際機関に「範囲が限定」しています。
しかも対象となるのは-彼の言うことが正しければ-

>IAEAの資料(現地報告書)は、IAEA内のサイトにある。
>総数は、153ページ以上だ。
>UNEPの資料(現地報告書)は、UNEP内のサイトにある。
>総数は、74ページだ。


とのことですから、とりあえずIAEAについては僅か153ページの中から「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない」という証明をすればいいのです。

まず根本的に調査範囲が限定されているので悪魔の証明ではないということですね。


「劣化ウラン」編


>この件に関しては、無い事の証明はできるわよ。
>というより、日本の劣化ウランが使われていない、というならどこかにそれが”ある”のよ。


これはつまり「日本の劣化ウランがアメリカへ渡っていないのなら日本のどこかに日本の劣化ウランがある」という意味ですか?

ええ、ありますよ。

そもそも、劣化ウランは「核燃料物質、核原料物質、原子炉及び放射線の定義に関する政令」により核燃料物質として扱われています。

これはなぜかと言えば「原子力基本法」第三条には各語の定義が規定されていて、そのうち「核燃料物質」は第二項に「『核燃料物質』とは、ウラン、トリウム等原子核分裂の過程において高エネルギーを放出する物質であつて、政令で定めるものをいう。」とあり別途政令で定めるとなっています。
その政令は前述の「核燃料物質、核原料物質、原子炉及び放射線の定義に関する政令」ですが、これの第一条第二項には「ウラン235のウラン238に対する比率が天然の混合率に達しないウラン及びその化合物」を核燃料物質と言うという規定があり、この「ウラン235のウラン238に対する比率が天然の混合率に達しないウラン及びその化合物=劣化ウラン」を指します。

日本では「劣化ウラン=核燃料物質」と規定されているという事を頭に叩き込んで下さい。
ちなみに劣化ウラン弾を生産・使用している米国では劣化ウランは天然ウランとともに原料物質に分類されています。
これは環境保護法の10CFRpart40によって核燃料以外の特定の製品または機器への利用を法律で認めているからだそうです。

で、「第1回「バカの壁」」で提示した「劣化ウランとその利用 (04-02-01-11)」には「1999年末の世界の濃縮工場における劣化ウラン貯蔵量、貯蔵形態および管理計画」の図表があります。

劣化ウラン貯蔵量および管理計画
劣化ウランとその利用 (04-02-01-11)より)


この図を読み取ると
・日本は10,000tUを貯蔵している。
・将来的にU酸化物に転換する施設を建設する予定。

となります。
何故貯蔵しているのかと言えば前述のように日本では「劣化ウラン=核燃料物質」と規定されていて高速増殖炉の燃料の親物質として使用できるからですね。

もっと言えば上の図からは米国の劣化ウラン貯蔵量が480,000tUであることも判りますが、どう考えても米国では余りまくってますね。

なぜ日本の48倍余ってる米国が日本の劣化ウランを欲するのでしょうか。
日本が劣化ウラン弾を使用していて米国から買い取ってるというのならまだ理解できないでもないですがね。

さて、以上のことから日本国内で発生した劣化ウランがアメリカに供与された事実はありませんし原子力基本法等の法律上絶対出来ません。

しかし、関西電力株式会社が米国USEC社に委託したウラン濃縮に伴い発生した劣化ウランを米国USEC社に無償譲渡した事実はあります。

これは平成十三年六月十四日に提出された「関西電力によるアメリカへの劣化ウランの無償譲渡に関する質問主意書」に書かれていますが北川議員の質問を要約するとこの様になります。

1,関電が劣化ウランをいらないからと言ってアメリカUSEC社に無償提供したのは、将来の核燃料と位置づける政府の見解と矛盾し、原子力基本法に背反するのではないか。

2,日本のウラン濃縮をした工場の劣化ウランから米軍の劣化ウラン弾が製造されているから関西電力が無償譲渡した劣化ウランが兵器の材料として使用されている可能性は否定できない。
したがって、関西電力によるアメリカへの劣化ウランの譲渡は、原子力基本法第二条に定める基本方針「原子力の研究、開発及び利用は、平和の目的に限る」規定に反し、先に述べた政府の武器輸出三原則および憲法の平和原則にも背反するのではないか。

まぁ反政府系お得意の「~の可能性は否定できない」単なる推測か仮定にすぎないという点はこの際置いておいておきましょう。
さて、政府の回答はと言うと

1について
海外の事業者に委託して行うウラン濃縮に伴い発生する劣化ウランの所有権を受託者に移転することについては、原子力基本法等にこれを禁止する規定は存在しない。

2について
御指摘のロイター社の報道に係る事実関係について、米国USEC社からは、関西電力株式会社から委託されたウラン濃縮に伴い発生した劣化ウランを劣化ウラン弾の製造のために使用したことはない旨の説明を得ている。
衆議院議員北川れん子君提出関西電力によるアメリカへの劣化ウランの無償譲渡に関する質問に対する答弁書より)

まぁ、ハッキリ言ってしまえば

1,原子力基本法等に海外の事業者に委託して行うウラン濃縮に伴い発生する劣化ウランの供与を禁止する規定は存在しない。
2,米国に委託したウラン濃縮に伴い発生した劣化ウランは米軍の劣化ウラン弾の中に含まれていない


と言うことですね。

と言うことは

>日本の核燃料の劣化ウランもアメリカの企業に委託していて、劣化ウラン弾の中には、日本のそれも含まれているのではないか、(記事がありましたがその記事を探しましたがみつかりません。)
とある日記

と言う主張をしても

米国USEC社は、関西電力株式会社から委託されたウラン濃縮に伴い発生した劣化ウランを劣化ウラン弾の製造のために使用したことはないと日本政府に説明しています。
と否定されるんですがね。

まぁ、これが彼女のソースだとしてある反原発市民団体の思いつきを真に受けた反政府系バカ議員の質問主意書その質問主意書の元になったある反原発市民団体の思いつき程度をソースに日記を書くのがリテラシー不足なんですがね。

まとめますと

・国内行われるウラン濃縮に伴い発生する劣化ウランは日本で貯蔵されている。
・この劣化ウランを海外へ移転した事実はありませんし、原子力基本法等の法律上絶対出来ません。

・関電が米国USEC社に委託したウラン濃縮に伴い発生した劣化ウランを米国USEC社に無償譲渡した事実はある。
・しかし、海外の事業者に委託して行うウラン濃縮に伴い発生する劣化ウランの所有権を受託者に移転する-委託会社に無償で供与したり譲渡する-ことについては原子力基本法等にこれを禁止する規定は存在しない。
・関電から米国USEC社に無償譲渡された劣化ウランについては関電から委託されたウラン濃縮に伴い発生した劣化ウランを劣化ウラン弾の製造のために使用したことはない旨の説明を行っている。

と言うことですね。
もし、この劣化ウランが劣化ウラン弾に使われたと主張したいのであれば使われていないとする政府答弁を否定するだけの証拠を提示しなければなんの意味もありません。

で、とりあえず貴方が「日本の核燃料の劣化ウランもアメリカの企業に委託していて、劣化ウラン弾の中には、日本のそれも含まれているのではないか」と主張するソース・根拠・証拠をだしてください。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-05 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 04月 04日
【大物来日】 中村紀獲得へ? 【打高投低】
楽天がマイナー通告のド軍・中村獲りへ 4月4日 6時4分 (スポーツニッポン)
 楽天のマーティー・キーナートGM(58)は3日、開幕マイナースタートが決まったドジャース・中村紀洋内野手(31)の獲得に乗り出す意向を示唆した。4日に遠征先の福島で田尾安志監督(51)も含めた編成会議を開き、具体的な検討に入る。楽天は既に新外国人及び他球団からのトレードで強打者獲得に動いており、中村の意思次第で一気に獲得が実現する可能性もある。

 キーナートGMは西武戦後、中村が日本球界復帰を示唆したことを伝えられると「今までのリストに入っていないが、検討はすると思う」と発言。きょう4日の編成会議で検討を開始することを明かした。井上球団取締役も「リストアップしている、その中の1人として中村さんは候補に入ってくる可能性があるのではないでしょうか」と遠回しな表現で中村へ関心を示した。

 楽天は現在3勝5敗で最下位。本拠地開幕カードでは西武に2勝1敗と勝ち越したものの、貧打が解消されたわけではない。8試合でチーム本塁打はわずか3本。早急な大砲獲得が最大のテーマだ。3月31日の実行委員会で井上取締役が11球団に「戦力を譲って」と異例の要請。選手層の厚い巨人を中心に金銭トレードなどを求めている。さらに新外国人としてバルデス(元ダイエー=現ソフトバンク)アリアス(元阪神)ら10人をリストアップ済みだ。

 キーナートGMは「中村がうちのプライオリティー(優先順位)の中にどう入るかは監督やみんなに聞かないと分からない」と慎重に語ったが、通算307本塁打の実績、そして全国的な知名度を考えれば“優先順位”がトップクラスであることは言うまでもない。さらに楽天には岩隈、礒部、川口ら近鉄時代のチームメートが在籍し、すぐにチームに溶け込める環境も整っている。

 資金面でも問題はない。中村の昨季年俸は5億円。今回も獲得資金として数億円は必要となってくる。それでも井上取締役は戦力補強費として「三木谷オーナーも“外国人を含めガンといくぞ”と言っている」と語っており、オーナーのポケットマネー10億円が投入可能だ。その三木谷オーナーは中村について「分からない。編成のことは任せてあるから」と語るにとどまったが、中村の日本復帰発言は渡りに船。「楽天・中村」が実現するかどうかは中村自身の判断にかかっている。
工エエェェ(゚某゚)ェェエエ工工

マヂですか・・・しかし、中村紀が決してメジャーで通用しなかった訳ではありません。
オープン戦20試合で44打数14安打、打率・295。打点8はチーム3位、3本塁打は同トップタイと文句なしの成績を残しています。
しかし、オープン戦1試合を残してのマイナー通告にはチームの切実な事情があったそうで守護神エリク・ガニエ投手が故障者リスト入りした為、ドジャースは急遽投手12人体制とすることを決定し、そのあおりで中村がはじき出されてしまったそうなんですね。

で、残された選択肢は

・マイナー降格に応じて昇格のチャンスをうかがう。
・ド軍を退団する。

のいずれかで、ド軍は既に中村の決定を尊重する意思を見せているそうで退団して日本を含めた他球団への移籍に支障はない。
年俸5億円から1/10の50万ドル(約5350万円)を甘んじて夢を追った訳で、恐らくはメジャー優先といえども

・ポスティングの際もド軍以外の球団は積極的でなかった。
・すでに各球団とも開幕メジャー枠を固めている。

ことから、現時点でメジャーでのプレーは事実上不可能との予測が大半。
となれば浮上するのが日本球界復帰ですが、上記のように立場上は自由契約でどの球団とも交渉OK。
すでに戦力補強の面で楽天が獲得に前向きな姿勢で、ド軍が旧近鉄に支払った入札額をそのまま楽天が金銭で補えばトレード成立は現実的となるそうです。
唯一の敵と言えば仰木マジックぐらいですかねw

是非ノリさんには帰ってきて頂いて新庄二世として日本球界を盛り上げていただきたいですね。
楽天なら堂々の四番ですよ、「鶏口となるも牛後となるなかれ」って言いますしね(違w

>楽天は現在3勝5敗で最下位。本拠地開幕カードでは西武に2勝1敗と勝ち越したものの、貧打が解消されたわけではない。8試合でチーム本塁打はわずか3本。早急な大砲獲得が最大のテーマだ。

まぁ確かに3勝5敗で最下位ですが日ハムとオリックスが同率で並んでますから、今のところ最下位と言っても気にすることはありません。
明日(5日)からオリックスはソフトバンク戦なのでの楽天・日ハム戦次第では最下位脱出も有り得るわけです。
で、「楽天イーグルス 最新成績」を見てください。

さて、こうしてみると確かに打率は極端に低いものの得点・本塁打は一位のチームと大して変わらないことに気付きます。
つまり、私に言わせれば絶望的なほど得点力が低い訳じゃなくあまり得点力に問題はないと思えます。
むしろそれよりよっぽど問題なのは赤字の部分、失点と防御率なんですね。

野球というゲームは1点しか取れなくても相手を0点に抑えれば勝ち、20点取っても21点取られれば負けと言うゲームです、要は如何に点を取るかではなくて如何に失点を少なくするかが問題なんですね。

オープン戦を思い出せば、投手陣が健闘すればそれなりの順位にいました。
楽天浮上のキーは投手陣にありと言うのが個人的な見解です。

>3月31日の実行委員会で井上取締役が11球団に「戦力を譲って」と異例の要請。選手層の厚い巨人を中心に金銭トレードなどを求めている。

その選手層の厚い巨人ダントツ最下位予想の広島に球団史上初開幕G戦3連勝を献上して0勝3敗で最下位にあえいでいるという面白さw

勝率では楽天の方が上です!・・・今はw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-04 02:00 | スポーツ関連
2005年 04月 04日
【国民保護】 自治体と自衛隊 【武力攻撃】
<日米共同図上演習、初の自治体参加を検討 4月2日19時14分 (読売新聞)
 陸上自衛隊は2日、来年2月に熊本で行われる米陸軍などとの共同図上演習に、九州・沖縄8県の危機管理担当者らを参加させる方向で検討に入った。

 国民保護の基本指針が先月末に閣議決定されたのを受けたもので、図上演習とはいえ、戦闘を目的とする自衛隊の訓練に地方自治体が参加するのは初めて。

 演習では、弾道ミサイル攻撃など具体的な有事を想定し、住民避難や救援方法を検証することにしている。

 昨年6月に成立した国民保護法で、自衛隊は「有事の際、外敵の排除に支障のない限り、住民避難などで地方自治体を支援する」と規定された。

 一方の都道府県は、基本指針を下敷きに来年3月末までに、原発や離島へのゲリラ攻撃、都市部での市街戦などの有事を前提に、地域の特性に応じた「国民保護計画」を策定しなければならない。

 だがこれまで、国民保護を目的とする法律がなく、陸自は「すでに住民は避難している」という前提でしか訓練してこなかった。

 また地方自治体も、防災訓練を除いて自衛隊の演習に参加した経験がなく、有事の際、自衛隊や米軍がどんな行動を取るのか、ほとんど把握できていない。

 このため、陸自は「米軍や自衛隊の行動を知ってもらうことはもちろん、効率的に住民を避難させたりするには、様々な有事を想定したシナリオに沿って、自治体の担当者らと意見交換しながら訓練する必要がある」と判断した。
すでに一部の自治体とは参加方法などを調整している。

 来年の演習は、九州・沖縄地方の防衛を受け持つ陸自西部方面隊(熊本)と、米陸軍第1軍団(ワシントン州)、沖縄に駐留する米海兵隊との間で行われる。北部九州と長崎・対馬などが想定上の作戦(戦闘)地域となる予定で、陸自は、離島から住民を避難させたり、市街地で住民の移動を制限するような場面で、自治体担当者が演習に参加することを想定している。

(後略)
■個人的にはとても良い書き方の記事だと思います。
さて

>陸上自衛隊は2日、来年2月に熊本で行われる米陸軍などとの共同図上演習に、九州・沖縄8県の危機管理担当者らを参加させる方向で検討に入った。

>演習では、弾道ミサイル攻撃など具体的な有事を想定し、住民避難や救援方法を検証することにしている。

>昨年6月に成立した国民保護法で、自衛隊は「有事の際、外敵の排除に支障のない限り、住民避難などで地方自治体を支援する」と規定された。

>一方の都道府県は、基本指針を下敷きに来年3月末までに、原発や離島へのゲリラ攻撃、都市部での市街戦などの有事を前提に、地域の特性に応じた「国民保護計画」を策定しなければならない。


という訳ですが、これは「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」(通称:国民保護法)の成立に伴い自治体には国民保護対策が課せられたからですね。
今これが各自治体で災害対策以上に頭が痛いのが実情だそうです。
具体的に言えば国民保護法第三条により

第三条(国、地方公共団体等の責務)
 国は、国民の安全を確保するため、武力攻撃事態等に備えて、あらかじめ、国民の保護のための措置の実施に関する基本的な方針を定めるとともに、武力攻撃事態等においては、その組織及び機能のすべてを挙げて自ら国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施し、又は地方公共団体及び指定公共機関が実施する国民の保護のための措置を的確かつ迅速に支援し、並びに国民の保護のための措置に関し国費による適切な措置を講ずること等により、国全体として万全の態勢を整備する責務を有する。

2 地方公共団体は、国があらかじめ定める国民の保護のための措置の実施に関する基本的な方針に基づき、武力攻撃事態等においては、自ら国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施し、及び当該地方公共団体の区域において関係機関が実施する国民の保護のための措置を総合的に推進する責務を有する。

3~4 略


という国と地方公共団体の責務が定められ、同時に同法三十二条により

第三十二条(基本指針)
 政府は、武力攻撃事態等に備えて、国民の保護のための措置の実施に関し、あらかじめ、国民の保護に関する基本指針(以下「基本指針」という。)を定めるものとする。


と規定されました。
そこで政府は昨年12月に「国民の保護に関する基本指針要旨」を公表し地方公共団体や関係機関・国民からの意見をふまえて「国民の保護に関する基本指針案」を取りまとめました。
これについて再度意見を募集し先月25日に国民の保護に関する基本指針(PDF文書)を閣議決定しました。

指針では日本が外国などから攻撃を受ける武力攻撃事態として
1)本格的な上陸侵攻
2)ゲリラなどによる攻撃
3)弾道ミサイル攻撃
4)航空攻撃
の4タイプを想定し、国と自治体によるそれぞれの場合の対処法を提示しています。

また住民を避難させる場合は、
▽国が警報を発令し避難地域を指示
▽都道府県は市町村を通じて住民に避難を指示し、医療や食料提供などの救援措置を実施
▽市町村は避難住民を誘導
などと、役割分担と手順を明示しました。

また基本指針は主に北朝鮮による核開発・ミサイル攻撃や大規模テロの発生などを念頭に、想定される4タイプのいずれでも使われる可能性があるNBC(核・生物・化学)兵器への対処を重視し、万が一NBC兵器が使用された際は首相が閣僚を指揮して救助にあたると、国の責任を明確化した。
大規模テロ対処でも炭疽(たんそ)菌やサリンの大量散布などを例示し、武力攻撃事態と同様の国民保護措置をとると規定した。
原発攻撃が予想される場合、経済産業相が原子炉停止を命じることを盛り込んだ。

この様にNBC対策を具体的に示したほか、避難地域の指定や警報発令など国や地方自治体の初動対応も具体的に定めましたが、この指針では国と地方自治体の役割分担は明確化したが、最も重要な住民自身の役割は示しておらず主要国で義務付けられる消火活動や被災者救援などで協力する「民間防衛」への住民参加がすっぽり抜け落ちたままであり、「指針は肝心の部分が抜け落ちている」(防衛庁幹部)との批判も出ています。

さて、日本全国津々浦々同じマニュアルで「国民保護」ができるわけではありません、簡単に言えば大都市と離島と過疎の進む村では避難方法にも大きな違いがあると言うことですね。
で、国の作った指針を元に今度は

第三十四条(都道府県の国民の保護に関する計画)
 都道府県知事は、基本指針に基づき、国民の保護に関する計画を作成しなければならない。

第三十五条(市町村の国民の保護に関する計画)
 市町村長は、都道府県の国民の保護に関する計画に基づき、国民の保護に関する計画を作成しなければならない。


に基づいて各地方自治体は都道府県から市町村まで「国民の保護に関する計画」を作らないといけなくなったわけですね。
しかし、戦後50年近く「軍事」を遠ざけ「国民保護」を無視し続けてきたツケは結構大きいようで、いざ計画を作ろうにも地方公共団体に全く軍事的知識がなく

>また地方自治体も、防災訓練を除いて自衛隊の演習に参加した経験がなく、有事の際、自衛隊や米軍がどんな行動を取るのか、ほとんど把握できていない。

と言うのが実情のようです。
また自衛隊側も

>だがこれまで、国民保護を目的とする法律がなく、陸自は「すでに住民は避難している」という前提でしか訓練してこなかった。

とまるで旧軍を彷彿とさせる様なご都合想定で訓練や図上演習を行っていたわけですね。
ちょっと考えれば判ることですが「専守防衛=本土決戦」と言うことです、そこに「すでに住民は避難している」「住民はいない」と想定するのは「ご都合主義」と言わざるを得ません。
しかしまぁこればっかりは法整備の不備や革新自治体の影響など自衛隊に非があるというのはちょっと可哀想ですがね。
で、ようやく今回

>このため、陸自は「米軍や自衛隊の行動を知ってもらうことはもちろん、効率的に住民を避難させたりするには、様々な有事を想定したシナリオに沿って、自治体の担当者らと意見交換しながら訓練する必要がある」と判断した。

と言うことになったと。
しかし、有事法制整備以来自治体と自衛隊の意思疎通は徐々に行われているようで、全国で約20程の都府県が自衛隊幹部を職員として採用していて、防災対策の立案や訓練の企画、国民保護法成立に伴う国民保護計画の策定などを担当していると言われています。

中でも東南海地震で大きな被害が予想されている和歌山県は東南海・南海地震などの防災対策を強化するため、今年度から陸上自衛隊の幹部OBを職員として採用するとのこと。
和歌山県は課長級の任期付き職員として1佐クラスの「司令部や一線の部隊など幅広い勤務を経験し、災害派遣の経験を豊富に有するベテラン幹部」を採用したいとし陸自中部方面総監部に人選を依頼しているとのこと。
4月から危機管理局で防災対策全般のアドバイザーとして勤務、平常時は防災訓練の企画や自治体に対する防災指導、国民保護計画の策定などを担当し、災害発生時には災害対策本部に詰め、参謀役として知事、危機管理監を補佐する。

和歌山県が自衛隊の幹部OBを採用するのは初めてで、和歌山県危機管理室は「災害時には自衛隊など関係機関との連携をスムーズに進める必要があり、部隊運用に精通した幹部OBの経験は防災対策に大きな効果があるはず」と期待しているそうな。

時代は変わったもんですねぇ・・・
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-04 00:00 | 国防・安保問題
2005年 04月 03日
【西方シフト】 那覇基地に基地防空隊創設 【沖縄重視】
空自那覇に基地防空隊/基地司令「南西防衛重要に」 2005年3月29日(火) 朝刊 2面 (沖縄タイムス)
 航空自衛隊那覇基地の第八三航空隊は二十八日、敵の航空攻撃から基地を防御する基地防空隊(隊長・吹越明三等空佐)を創設した。約七十人の隊員が石川、福岡両県の部隊から移駐して増強された。県内の自衛隊にはなかった携帯式地対誘導弾のほか対空機関砲、八一式短距離地対空誘導弾を装備、那覇基地周辺の十キロ程度の防空を担うとみられる。
 同航空隊司令(那覇基地司令)の滝脇博之空将補は「今後、南西地域の防衛は今まで以上に重要視される」と強調した。

 自衛隊が、一九九九年から全国の戦闘機が配備されている基地八カ所で進めていた基地防空隊の配備が完了した。

 約二百人が参加した編成完結式で滝脇那覇基地司令は、中国潜水艦の先島地域への領海侵犯や尖閣諸島周辺の資源争い問題に言及。浦山長人南西航空混成団司令も、北朝鮮の核開発や弾道ミサイル問題に触れ、南西地域周辺の安全保障が「今後とも予断を許さない状況にある」との認識を示した。
■今度那覇にF-15が移駐するとあって、空自の気合いの入れようも違いますね。
しかし

>県内の自衛隊にはなかった携帯式地対誘導弾のほか対空機関砲、八一式短距離地対空誘導弾を装備、那覇基地周辺の十キロ程度の防空を担うとみられる。

おや?
「県内の自衛隊にはなかった」とありますが沖縄の陸自の第1混成群とか第6高射特科群には配備されてないんですかね?
で、今度新しく創設される「航空自衛隊那覇基地第83航空隊基地業務群(第9?)基地防空隊」配備されるのは
91式携帯地対空誘導弾
対空機関砲 VADS 2
81式短距離地対空誘導弾
こんな感じですかね。

ま、自衛隊西方シフトが着々と進んでいると言うことを伺わせる記事です。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-03 02:00 | 国防・安保問題
2005年 04月 03日
沙羅双樹・興禅さんへの公開質問状。
第48回「バカの壁」番外編(その7)


興禅さん
>とんでもありません。これだけ時間をかけてお相手しているのですから話をそらすわけがないでしょう。
-----
では答えてください。

貴方はこう言いました。

>あるホームページに、前日の私の日記がまるまる写されていました。これは引用にはあたらず著作権法に違反するものです。

>だからといって全文掲載を許すわけにはいきません。


しかし、当該日記には
「私の日記がまるまる写されていました」
「これは引用にはあたらず著作権法に違反するもの」
「全文掲載」
と言う主張に該当する部分がありません。

また、それを指摘されて

>著者が著作権の侵害だと感じたならばまずそれを表明する権利があります。能書きは合戦は後からやるものです。

と、貴方が著作権違反だと感じたら相手が全文引用してなくても嘘を言ってもいいと言いました。
そこで以下の2点質問します。
簡潔にお答え下さい。

1.貴方の発言

>あるホームページに、前日の私の日記がまるまる写されていました。これは引用にはあたらず著作権法に違反するものです。

>だからといって全文掲載を許すわけにはいきません。


に該当する当該日記のを具体的に引用してください。


2.貴方は

>著者が著作権の侵害だと感じたならばまずそれを表明する権利があります。能書きは合戦は後からやるものです。

と言いました。
これは例え相手の行為が「著作権法第32条による引用」であっても著者が著作権の侵害だと感じたならばそれは著作権の侵害である。
と言うことでいいですか?

以上2点、簡潔にお答え下さい。


沙羅双樹への公開質問状。
http://plaza.rakuten.co.jp/bosc1945/7001
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-03 01:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 04月 03日
【査証問題】 空自カタールから撤退寸前? 【法的地位】
カタール派遣の空自隊員、ビザ延長できず半数が帰国 4月2日13時17分 (読売新聞)
 イラクへの人道復興支援活動の一環としてカタールに派遣されている航空自衛隊約10人のうち半数が、査証(ビザ)の延長が認められずに3月中旬に帰国していたことが2日、わかった。

 政府は、空自隊員の法的権利などを定めた文書を近くカタールとの間で交わす予定で、今後はこうした事態は避けられると見ている。


 空自は、クウェートのアリ・アル・サーレム空軍基地にC130輸送機3機を派遣し、イラク南部のタリル空港などに物資や米兵などを輸送している。

 関係者によると、カタールにいる空自隊員は、米中央軍司令部とこうした空輸業務を調整していたという。

 カタールに派遣された隊員は半年間のビザで滞在しているが、これまでも更新手続きが間に合わず、いったんクウェートに出国して待機することもあったという。防衛庁では、「空輸の仕事が少なくなっている」(幹部)として、現時点では任務に大きな支障は出ていないとしている。

 カタールは外国軍隊の駐留を公式には認めていない。

空自隊員ビザ延長できず=カタール司令部、半数帰国-イラクC130派遣 4月2日15時0分 (時事通信)
 航空自衛隊によるイラク復興支援で、クウェートに派遣しているC130輸送機の運用面で多国籍軍との調整に当たるため、中東カタールの米軍司令部に派遣されている空自隊員十数人の半数近くが、同国政府にビザの延長が認められず日本に帰国していたことが2日、分かった。
 政府筋によると、現在、外務省がカタール政府と改めて交渉に当たっている。週明け以降に新たなビザが発給される可能性もあるが、米軍筋は「司令部要員の半減は、空自の空輸任務に支障を来す」と強い懸念を示している。イラク支援が2年目に入り、派遣先の国との友好関係を維持する難しさが浮き彫りになった形だ。
■ということで、まずは「査証とはなんぞや?」と言うことから行きましょうか。

まず、根本的に他国へ入国しようとする船舶や航空機の乗員を除く外国人は、自国政府から旅券(パスポート)の発給を受け、原則としてその旅券に相手国大使館・総領事館等であらかじめ査証(ビザ)を取得した上で相手国の上陸審査を受けねばなりません。

例えば日本の場合は
出入国管理及び難民認定法(法庫)
第3章 上陸の手続
 第1節 上陸のための審査

(上陸の申請)
第6条
 本邦に上陸しようとする外国人(乗員を除く。以下この節において同じ。)は、有効な旅券で日本国領事官等の査証を受けたものを所持しなければならない。ただし、国際約束若しくは日本国政府が外国政府に対して行つた通告により日本国領事官等の査証を必要としないこととされている外国人の旅券、第26条の規定による再入国の許可を受けている者の旅券又は第61条の2の6の規定による難民旅行証明書の交付を受けている者の当該証明書には、日本国領事官等の査証を要しない。
 
2 前項本文の外国人は、その者が上陸しようとする出入国港において、法務省令で定める手続により、入国審査官に対し上陸の申請をして、上陸のための審査を受けなければならない。
■と

>本邦に上陸しようとする外国人(乗員を除く。以下この節において同じ。)は、有効な旅券で日本国領事官等の査証を受けたものを所持しなければならない。

と定められています。
よって、我が国では空港や港での上陸審査の際に査証を所持していることが上陸申請の前提条件となっています。

で、その査証の役割とは
・本邦に入国しようとする外国人の所持する旅券に付与する「入国のための推薦」
・当該外国人の所持する旅券が真正であり、表示の範囲で本邦入国・滞在を認定するとの「裏書き」
であると言うことができます。

前述のように、査証そのものは入国許可や滞在許可を保証するものではありませんが、一部の国では査証に渡航国への入国保証の機能を持たせている国もあるようです。
しかし、大半の国では我が国と同様に査証とは別に出入国管理当局の許可を得なければならない制度をとっているそうです。

つまり、査証とは、言ってみれば入学試験の受験票のようなものだと言うことです。

入学入国したい学校の事務室相手国在外公館受験票査証を取得し、入学試験入国審査にパスして初めて入学入国・滞在が認められる」と言うことですね。

もっと詳しく知りたい方は「日本の査証制度について(外務省HP)」をご覧下さい。

さて、査証にはそれぞれの入国目的に応じ様々ありますが、我が国の場合は大まかに分けると「外交、公用、就業、一般、短期滞在、通過、特定査証」の7区分があります。
我が国の在外公館で申請すると目的に応じていずれかの査証が発給されますが、その査証区分によって入国・滞在が認められる期限が異なります。
例えば「外交・公用査証」の場合は期限が「外交・公用活動を行う期間」と具体的な期限はありませんがそれ以外の査証は15日~3年と言う期限があります。

で、この査証の期限が切れたため延長を求めたがカタール政府が認めなかったため、記事のような事態になったわけですね。
ここでやっとようやく長い前書きが終わってようやく本題に突入する訳ですw

まず、合法的に特定国に軍隊を派遣する場合は受け入れ国(法律用語では接受国)と派遣国の間で様々な派遣される兵士の法的地位の問題が浮上するわけですね。
この記事の場合で言えば「空自隊員の査証はどうなるんだ」という問題ですが、それも空自隊員にカタールの法律を適用するかどうかという問題な訳ですね。

で、結局は「空自隊員はカタールの法律上どの様な立場なのか?」と言うのが問題になってくるわけです。

例えば日本が派遣国との間で地位協定を結ばないことには、受け入れ国の国内法全てを遵守することになります。
たとえばカタールの国内法では何が違法行為で何が合法なのか、調べない限りさっぱり判りませんね。
そんなところに突然任務で行くのだから、極端な事を言えばイスラム教には禁酒の日があるそうなんですが、仮に「禁酒日に飲酒すると懲役刑」といった法律が存在した場合、そもそも禁酒日と言う感覚のない日本人が運悪く禁酒日に部隊で宴会でも開こうものなら空自隊員が一網打尽に検挙されて刑務所行きという、日本では想像も出来ない事態が発生しないとは言い切れない訳です。

また一番ありがちなのが-この前の日本対バーレーン戦でもちらっと話題になりましたが-イスラム教国では一般公衆にさらされる場所で女性の裸を露出することが厳しく禁止しています。
一番戒律が緩やかなインドネシアであっても日本では考えられないほど厳しいそうですから、ましてイスラム原理主義派が近い所にいるカタールの基地で日常何気なく読んでいる「アサ芸」とか「sabra」なんかをペラペラっと読んでたのを現地警官に見られでもした日には・・・(汗)

・・・私の愛読書「軍事研究」ならまだしも「週刊アスキー」はたまにグラビアページがあるからダメですねw

で、こう言う問題を避けるためにも、通常の場合は受け入れ国と派遣国の間で「地位協定」と呼ばれる条約を締結したり、それに相当する合意に達した文章を交換したりします。
簡単に言えば「派遣国兵士は受け入れ国の法律上どの様は立場にいるのか」と言うのをハッキリさせておくわけですね。
例えば査証に関して
1.自衛隊の構成員は、旅券及び査証・外国人の登録及び管理に関するカタール国の法令の適用から除外される。
2.自衛隊の構成員は、カタール国への入国又は出国に当たって、次の文書を携帯しなければならない。
 ・氏名、生年月日、階級及び番号、軍の区分並びに写真を掲げる身分証明書
 ・その個人又は集団が自衛隊の構成員として有する地位及び命令された旅行の証明となる個別的又は集団的旅行の命令書
3.自衛隊の構成員は、カタール国にある間の身分証明の為、前記の身分証明書を携帯していなければならず、要請があるときはカタール国の当局に提示しなければならない。
■と言う感じに地位協定で予め定めておけば今回のような問題は起きないわけです。

で、今までは地位協定がないので自衛隊員といえども相手国の法規に則って査証を取得・更新するしか滞在する道はありません。
なんとかかんとかやってきて更新手続きが間に合わないときはいったんクウェートに出国して待機したりとかしてたわけですが、3月中旬に半数が査証切れで帰国すると言う事態になってやっとこ

>政府は、空自隊員の法的権利などを定めた文書を近くカタールとの間で交わす予定で、今後はこうした事態は避けられると見ている。

と言うことになっています。
何でこんな事態になったかと言えば公式には

>カタールは外国軍隊の駐留を公式には認めていない。

と言うことになんですが、実は去年の10月の時点でクウェート、カタールの両国と地位協定締結で基本合意していたそうで、その後クウェートとは地位協定を締結したようなんですが、カタール政府は地位協定の内容を秘密扱いとし対外的に公表しないよう求めたそうです。
日本側は「内容を秘密扱いとした協定は過去に例がない」(外務省筋)として拒否、地位協定の締結交渉は事実上決裂した訳です。

同じアラブ諸国でも湾岸戦争で侵略され、アメリカのお陰で助かった親米国クウェートとカタールではちと事情が異なるようですね。


参考リンク

<イラク派遣>自衛隊の地位協定合意 クウェートとカタール
カタールが秘密扱い要求 日本拒否、交渉物別れ

出入国管理及び難民認定法
日米地位協定

日本国査証案内(外務省HP)

日本の査証・在留資格一覧海外移住情報
[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-03 00:00 | 自衛隊・イラク関連