当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
<   2005年 03月 ( 51 )   > この月の画像一覧

2005年 03月 09日
【ピレネーの壁】 第41回「バカの壁・再」32 【逆どちて坊や】
第41回「バカの壁・再」32

結局、オバカな某S氏は、IAEAの資料を出せない!! 2005/03/09 11:19:56 PM (ピレネー山脈)
しつこい書き込みしか能がないオバカな某S氏ちゃんは、
本当の「バカ」だった。


 私は、「IAEAは現地でのデータ取りをしていない」と
 敢えて回答した。
  つまり検証のデータ資料などないと言っているのである。


 しかし、オバカな某S氏は、「検証している」と書き込みを
 していたのである。


__________________________________

 私の掲示板から  オバカな某s氏ちゃんのコメント


IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではないということですな?
具体的な証明をどうぞ。

IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果を出しているのにそれがデータに基づく検証ではないとは驚きですね。(2005/02/09 01:07 AM)

_______________


 ないもの出せないである。

 やはりバカはバカ!!

 このバカは上記の書き込みをしながら、データを出せない!!!!!!
 

 
 某S氏は、「どちて?どちて?どちて?」しかできない無能人間を
 自ら証明したようだ ^^。





 もう何度、私は「このバカ」にヒントを書いて上げているのであろうか??

  IAEAの資料(現地報告書)は、IAEA内のサイトにある。
  総数は、153ページ以上だ。
  UNEPの資料(現地報告書)は、UNEP内のサイトにある。
  総数は、74ページだ。
■おやおや。

概ねこちらの掲示板での予想通りの反応ですね。

>ないもの出せないである。

これは恐らく「悪魔の証明」について言っているのでしょうが語の意味を勘違いしていますね。
悪魔の証明(フリー百科事典『ウィキペディア』)
悪魔の証明(あくまのしょうめい)とは、モノ・行為の存在を巡って、「あること」に比較して「ないこと」を証明することが極めて困難であることを比喩する言葉である。鬼の証明ともいう。もっとも、物事の有無とは無関係に、単に証明が極めて困難であること又は不可能であることの比喩として用いる場合もある。

一般的な用法
「あることの証明」は、証拠を一例でも提示すれば一瞬で完了する容易なことだが、その反面、「ないことの証明」は調査範囲が限定されたケースを除き立証は事実上不可能である。なぜならば、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならないからである。

そのため、公平の見地から証明責任は「ある」と主張する側が負うことになっており、存在を証明できなければ無いものと見なされその主張は排斥される。

もしそうでなければ、いかなる荒唐無稽な主張でも好き勝手に言いつのる事ができるのに対し、否定する側が「そうではないこと」を証明しなければならないという不公平な重荷を背負うからである。しかし、現実の論争の場では、必ずしもこのことが了解されているわけではない。

(後略)
■さて

>悪魔の証明(あくまのしょうめい)とは、モノ・行為の存在を巡って、「あること」に比較して「ないこと」を証明することが極めて困難であることを比喩する言葉である。

と書かれていますね。
では彼の言葉が正しいかのように見えますが「一般的な用法」の部分にはこう書かれています。

>「あることの証明」は、証拠を一例でも提示すれば一瞬で完了する容易なことだが、その反面、「ないことの証明」は調査範囲が限定されたケースを除き立証は事実上不可能である。
>なぜならば、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならないからである。


と。

>「ないことの証明」は調査範囲が限定されたケースを除き立証は事実上不可能である。
>なぜならば、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならないからである。


つまり「調査範囲が限定されたケースであれば「ないことの証明」は可能である」と言うことです。
なぜなら、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならない訳ではないからですね。

今回の発端は彼の日記の記述と言うことは先刻承知な訳ですが

>但し、これを現段階ではIAEAも吸入の危険は認めていても、体への害は認めていません。
>こういったケースの場合、やはりデータに基づく、検証が最重要なのでは??


この記述でしたね。
それに対して私が

>IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではないということですな?
>具体的な証明をどうぞ。
>IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果を出しているのにそれがデータに基づく検証ではないとは驚きですね。


と言ったわけです。
前回も言いましたが私は「IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果はデータに基づく検証である」とは一言も言っていません。

彼の「IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。」と言う主張に対して「じゃ、それを証明してください、しかしデータに基づく検証ではないとは驚きですね。」と言ってるだけなのですから。

見事な「揚げ足取り逆質問」だと言えますね。
さて、私の質問に対しての彼のコメントは

>それとIAEAがデータを取っていないとは、一言も書いていない。
>勝手な推測でカキコするな。

>でも細かく言うと
>IAEA自身は調査してないかもよ~。^^
某S氏君へ

同一の書き込みですら支離滅裂だったわけです。
まぁ詳しくは「偉大なる空に輝く左翼の星にして、神速果敢の用兵で百戦百勝不敗の鋼鉄の霊将、左翼思想を掲げる我らが民族の希望の星にして左翼の敬愛を一身に集め、栄光溢れる革命の担い手なる世界に冠たる我らが左翼の領導者、親愛なる将軍様・・・もとい、サスケット隊長」の日記「小倉先生の勝利を予想するブログ」をご覧下さい。

で、ようやく前回

>IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。

と言うコメントに落ち着いたわけです。
しかし彼は繰り返し「敢えてコメントした」という言い方を使っているので最終的にはそれを脱出口にするでしょうがね。

話がそれました。

今回の悪魔の証明については彼の一言が全てを物語っているわけです。

>IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。

この中で彼は「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない」のは「IAEAとWHO」の二つの国際機関に「範囲が限定」しています。
しかも対象となるのは-彼の言うことが正しければ-

>IAEAの資料(現地報告書)は、IAEA内のサイトにある。
>総数は、153ページ以上だ。
>UNEPの資料(現地報告書)は、UNEP内のサイトにある。
>総数は、74ページだ。


とのことですから、とりあえずIAEAについては僅か153ページの中から「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない」という証明をすればいいのです。

まず根本的に調査範囲が限定されているので悪魔の証明ではないということですね。
また

>ないもの出せないである。

と言っていますが「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない」と言う証拠がないのであれば、「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしている」と見なすのは議論の前提だと思いますが・・・?

まさか「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしている」と言う証拠がないと言うことは「劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない」と言うことだ!

なんて事は言いませんよね?
彼の日記の内容をそのまま返せば・・・

---ここから---

>但し、これを現段階ではIAEAも吸入の危険は認めていても、体への害は認めていません。
>こういったケースの場合、やはりデータに基づく、検証が最重要なのでは??


やはりバカはバカ!!

このバカは上記の書き込みをしながら、調査範囲が限定されているにもかかわらず自説を証明できない!!!!!!

ピレネーは相手の質問に「どちて?どちて?どちて?」しかできない「無能逆どちて人間」を自ら証明したようだ ^^。

---ここまで---

しかしまぁコピペ改変するまでもなく分かりますが知性のかけらもない文章ですねw


参考リンク
劣化ウランに関する資料
 →分量が多くなったのでフリーページにまとめました。

【ピレネーの壁】 第40回「バカの壁・再」31 【ぼたんの壁】
【劣化ピレネー?】 第39回「バカの壁・再」30 【劣化ウラン?】
【劣化ぼたん?】 第38回「バカの壁・再」29 【劣化ウラン?】
【悪辣で狡猾な】 劣化ウランに関する資料 【サマーワ情勢】
【ピレネー山脈】 第37回「バカの壁・再」28 【卑怯技の総合商社】
【MDシステム】 第35回「バカの壁・再」26 【国防部会】
【イラクからの使者】 第34回「バカの壁・再」25 【サザエさんとTOPIX】
【ピレネー山脈】 第33回「バカの壁・再」24 【ソース出せ?】
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-09 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 03月 08日
【サマーワ情勢】 権限引き継ぎ式典粛々と 【英霊に黙祷】
英軍、イラク治安維持引き継ぐ=撤収オランダ軍から-陸自活動のサマワで式典 3月8日1時1分 (時事通信)
 【サマワ7日時事】陸上自衛隊が活動するイラク南部ムサンナ州サマワで7日午後(日本時間同日夜)、撤収するオランダ軍から英軍に同州の治安維持任務が引き継がれた。
 サマワのオランダ軍宿営地「キャンプスミッティ」で式典が行われ、オランダ軍司令官フィリッツ・ファン・ドーレン中佐から英軍司令官ティモシー・ウィルソン中佐に治安維持権限が移管された。式典には陸自中部方面隊(総監部兵庫県伊丹市)を主力とする第5次派遣部隊指揮官の太田清彦一等陸佐も出席した。
サマワの安定、犠牲の上に=死亡オランダ兵に黙とう-引き継ぎ式で陸自隊員 3月8日7時1分 (時事通信)
 【サマワ8日時事】陸上自衛隊の活動地域イラク南部サマワのオランダ軍宿営地で7日行われた同軍から英軍への治安維持権の引き継ぎ式で、オランダ、英国、日本の3カ国の「兵士」が黙とうをささげ、サマワで治安維持任務中に犠牲になったオランダ兵の冥福を祈った。日本政府が「比較的安定している」と繰り返すサマワの治安は、こうした犠牲の上に成り立っている。
 オランダの国旗を降ろす前に、離任のあいさつに立ったオランダ軍司令官のフィリッツ・ファン・ドーレン中佐は「亡くなった兵士の冥福を祈りたい」と静かに告げた。強風で砂じんが舞う中、サイレンが鳴り響き、オランダ、英軍とともに、陸自5次隊指揮官の太田清彦一等陸佐や業務支援隊長の岩村公史一等陸佐ら出席した自衛官約20人も黙とうをささげた。
b0062429_1132482.jpg
イラク派遣・サマワに翻る英国旗
宿営地「キャンプスミッティ」に掲げられたイギリスの国旗(右)とイラクの国旗。
陸上自衛隊が活動するイラク南部ムサンナ州サマワで、
撤収するオランダ軍から英軍に同州の治安維持任務が引き継がれた(7日)
(時事通信社)09時29分更新


b0062429_11321861.jpg
イラク派遣・治安維持任務の引継ぎ
治安維持任務の引き継ぎ式で、オランダ軍兵士(右)に国旗を返し、握手する英軍兵士(左)。
英軍司令部によると、サマワに駐留する英軍は600~650人という(7日、イラク南部サマワ)
(時事通信社)09時29分更新


b0062429_11324371.jpg
イラク派遣・敬礼する陸自隊員
オランダ軍から英軍への治安維持任務の引き継ぎ式で、
オランダの国旗に敬礼する第5次陸自派遣部隊員(左奥)。
治安維持任務中に犠牲になった2人のオランダ兵に黙とうをささげた(7日、イラク南部サマワ)
(時事通信社)09時29分更新

■オランダの中の人、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

オランダ兵の英霊に黙祷(-人-)...

さて、これから自衛隊の警護を担当するオーストラリアの中の報道の人から耳の痛い質問が飛んできたようです。
「他国軍隊になぜ警護頼る」サマワ自衛隊に豪記者質問 3月8日10時53分 (読売新聞)
 【サマワ(イラク南部)=飯塚恵子】「日本の自衛隊は軍隊なのに、なぜ他国の軍隊に警護を頼るのか」――陸上自衛隊が活動するイラク南部・サマワで7日行われた英軍、オランダ軍、自衛隊の共同記者会見で、オーストラリアのメディアが、太田清彦・第5次イラク復興派遣支援群長に率直な質問を浴びせた。 

 同国テレビの報道番組「60分」の記者たちは、取材申請の手続きが遅れて陸自から取材をいったん拒否されたこともあり、不信感でいっぱいの様子。リチャード・カールトン記者は「我々の軍隊が自衛隊を守るためにはるばるイラクまで来るのに、オーストラリア国民に活動内容を公開しないのはおかしい」とカンカン。太田群長は「方針は東京で決定され、私には権限がない」と答えるのが精いっぱいだった。

 オーストラリアは、オランダ軍の撤退に伴い、近く450人の部隊をイラク南部に増派し、英軍と共に自衛隊の警護などを担当する。

 トルコのメディアからは「自衛隊がいるサマワは、今はリトルトウキョウのような華やかだと聞いていたが、ビル一つ自衛隊が建てたものはない。何をやっているのか」との質問も飛んだ。

 自衛隊によるイラク復興への貢献ぶりや、法的制約で治安維持を担当できないといった事情は、海外メディアにまだ十分には伝わっていないようだ。
■ん~と

>日本の自衛隊は軍隊なのに、なぜ他国の軍隊に警護を頼るのか
>我々の軍隊が自衛隊を守るためにはるばるイラクまで来るのに、オーストラリア国民に活動内容を公開しないのはおかしい


ちょっとオーストラリアの中の報道の人が勘違いしてるのは英豪連合軍が護るのはサマーワの治安であって自衛隊ではないと言うことですね。
自衛隊自身の警護は自衛隊でやっているわけです。
自衛隊は復興支援、英豪軍は治安維持いう棲み分けですね。

しかしまぁ、サマーワの治安を維持すると言うことは間接的に自衛隊の安全も維持すると言うことですし、役割分担とは言え同じ軍隊なのに何でオマエんところは治安維持しねえんだと言われれば耳が痛い訳で・・・orz

まぁしかし、世界各国から見れば「軍隊が軍隊に護られる」ってのは非常識なんでしょうな・・・orz
かつて「日本の常識は世界の非常識、世界の常識は日本の非常識」と言ったのは誰だったか忘れましたがまさに日本の常識が問われているわけです。

それにしても

>トルコのメディアからは「自衛隊がいるサマワは、今はリトルトウキョウのような華やかだと聞いていたが、ビル一つ自衛隊が建てたものはない。何をやっているのか」との質問も飛んだ。

何ですかリトルトウキョウってw
誰ですかそんなデマを流したのはw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-08 02:00 | 自衛隊・イラク関連
2005年 03月 08日
【祝!】 愛称は「ひまわり6号」 【祝!】
愛称は「ひまわり6号」 国民に定着と国交省 3月8日10時8分 (共同通信)
 国土交通省は、打ち上げに成功した運輸多目的衛星(MTSAT)が8日午後に静止軌道に乗った時点で、愛称を「ひまわり6号」とすると発表した。「ひまわり」が国民に広く定着していることを考慮した。
 MTSATは2月26日の種子島宇宙センターからの打ち上げ後、スラスターを噴射して約10日間かけ移動。8日午後に赤道上の東経145度、高度約3万6000キロの静止軌道に入る。
 8日の閣議後に記者会見した北側一雄国交相は「『ひまわり』の名は天気予報でも使われており、日常的に活用されている。分かりやすいのがいい」と述べた。正式名称はMTSAT。
■さて、先月28日今月2日の日記でもお伝えした運輸多目的衛星新1号の愛称ですが・・・

「ひまわり6号」に決定しました!

おめでとう!ありがとう!(違w
このブログでも度々「ひまわり6号しか有り得ない」と言ってきたかいがありましたねw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-08 01:00 | 国内時事問題
2005年 03月 08日
【ピレネーの壁】 第40回「バカの壁・再」31 【ぼたんの壁】
第39回「バカの壁・再」30


さて、記念すべき「バカの壁」通算40回目はようやくピレネー山脈から返事が来たのでそれを題材にしましょう。
オバカな某S氏君に「劣化ウラン弾」に関する回答をする。 2005/03/07 11:25:43 (ピレネー山脈)
暇な「オバカな某S氏ちゃん」がうるさいので、回答しよう。

 ( 私の回答 ) 

 IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と
 検証はしていない。


 と言う事で、下記の書き込みを書いた方に「実際の報告書」の
 提示と具体的なモニタリング資料の提示を要求する。



__________________________________

 私の掲示板から  オバカな某s氏ちゃんのコメント


IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではないということですな?
具体的な証明をどうぞ。

IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果を出しているのにそれがデータに基づく検証ではないとは驚きですね。(2005/02/09 01:07 AM)

_______________


彼は、「人体に影響はないという調査結果を出しているのに・・・
データに基づく検証ではないとは驚きですね」
と明確に主張している。


具体的な資料をどうぞ。

何度も書いたが、誤訳の危険があるので、
 1)「原文」の提示.
 2)自らの翻訳による解説.


あ~そうだ。思い出した。
下記の通りに回答しろや!!

______________
オバカな某S氏ちゃんのコメント


でさ、資料としてアドレスを提示するだけじゃ意味がないんだよ。
「Aという資料のBという部分にCと書いてあるから私の主張はDです。」
と言えて「ソースを元にした主張」と言えるんだが、ぼたんと同じで君にはそれができないのかな?

(2005/02/13 04:15:40 PM)
_________________
 
ちゃんと実践しろよ!!
オバカちゃん!!

かわいそうだから、ヒントを上げるよ。
何度も言っているけどね。

IAEAの資料(現地報告書)は、IAEA内のサイトにある。
総数は、153ページ以上だ。
UNEPの資料(現地報告書)は、UNEP内のサイトにある。
総数は、74ページだ。


ガンバレよ!!

それと細かい事を言うが、IAEAが現地モニタリングしたデータが
あるの???
オマエ!!ホントバカだよ!!
IAEAの資料よく読め!!
?(・_。)?(。_・)?

さて、相も変わらず知性のかけらも感じない記述ですね。
「流石!ぼたんの花クオリティー!」と言いたいところですが・・・orz

実はそんな彼は「一流会社の会社員で、立派な男性」(Byぼたんの花)らしいんです・・・
まぁぼたんの花の言ってることですから最低9割は差し引いて聞かないといけませんがね。

さて、前説はこのぐらいにして私の頭が悪いのでしょうか?日本語読解力が足りないのでしょうか?
何度も何度も繰り返しよんで見たんですが、ここには彼のかねてからの主張である-そして今回ようやく正式な主張になった-「IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。」という具体的な証明が一切ありません。

それは彼が引用している私のコメントを見れば分かるように私は彼に対して

>IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではないということですな?
>具体的な証明をどうぞ。


彼の主張の具体的な証明を要求しています。

まず彼が果たすべきは自説の具体的な証明な訳で、その辺は参考リンクの今までの経緯をご覧下さい。
その上で

>IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果を出しているのにそれがデータに基づく検証ではないとは驚きですね。

と言いましたがここで主張しているのは

IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果を出している

と言うことぐらいですからこれを証明しろと言うのは簡単ですね。
ついでに言えば過去日記で何度もやっているはずです。

ちなみに言えば「上記の一文」から

>「実際の報告書」の提示と具体的なモニタリング資料の提示を要求する。

を要求するのは限りなく不可能です。
何故なら私は「IAEAやWHOが劣化ウランについて人体に影響はないという調査結果はデータに基づく検証である」とは一言も言っていませんから。

彼の「IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。」と言う主張に対して「じゃ、それを証明してください、しかしデータに基づく検証ではないとは驚きですね。」と言ってるだけなのですから。

話がそれました。
ですから、彼が私に執拗に要求してくるのは自分が私の質問に答えられないが為の逆質問であるのは明白ですね。
自分が質問されても相手に逆質問することによって回答を免れようとする幼稚な戦術ですね。

まぁバカの壁の愛読者-いるのか?w-で引っ掛かる人はいませんが、彼の師匠であるぼたんの花がその戦術に-本気か意図的かは知りませんが-引っ掛かって私にピレネーの質問に回答するように求めたことからもレベルの低い人たちには有効なのかもしれませんね。
・・・名付けて「ピレネー流・逆どちて坊や戦法」・・・それが「ぼたんの花クオリティー」・・・orz

さて、上でも言ったようにまずはピレネーが

>IAEAとWHOは劣化ウラン弾に関し、現地でのデータの収集と検証はしていない。

と自分の日記で主張したんですからそれの証明がなされなければいけません。
私が一番最初に求めた

>IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではないということですな?
>具体的な証明をどうぞ。


と言うことですね。
ここからは繰り返しになりますが彼が自分の日記で

>但し、これを現段階ではIAEAも吸入の危険は認めていても、体への害は認めていません。
>こういったケースの場合、やはりデータに基づく、検証が最重要なのでは??


と主張したわけです。
これを通常の日本語読解力で読めば

「現段階ではデータに基づく検証をしていない為にIAEAも吸入の危険は認めていても、体への害は認めていません。」

となります。
以下彼の言葉を借りると

つまり「IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではない」と言ったよな!!
これを「具体的なデータ」で立証しねえと大変だな!!

彼は、「IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではない」と明確に主張している。

具体的な資料をどうぞ。

何度も書いたが、誤訳の危険があるので、
 1)「原文」の提示.
 2)自らの翻訳による解説.

あ~そうだ。思い出した。
下記の通りに回答しろや!!

>でさ、資料としてアドレスを提示するだけじゃ意味がないんだよ。
>「Aという資料のBという部分にCと書いてあるから私の主張はDです。」
>と言えて「ソースを元にした主張」と言えるんだが、ぼたんと同じで君にはそれができないのかな?
(2005/02/13 04:15:40 PM)

ちゃんと言われた通りにやれよ!!
オバカちゃん!!

かわいそうだから、ヒントを上げるよ。
何度も言っているけどね。

IAEAの資料(現地報告書)は、IAEA内のサイトにある。
総数は、153ページ以上だ。
UNEPの資料(現地報告書)は、UNEP内のサイトにある。
総数は、74ページだ。

ガンバレよ!!


バカの壁にはあるまじき低能な書き方になりましたが、彼の言葉を借りたまでですからねw

さて、結論です。
前々から言っているように、彼が私の質問に答えない限り話は一切進展しません。

ピレネー君、君が私に証明を要求する前に自分の記述について証明なさい。それが『順番』と言うものです。


参考リンク
劣化ウランに関する資料
 →分量が多くなったのでフリーページにまとめました。

【劣化ピレネー?】 第39回「バカの壁・再」30 【劣化ウラン?】
【劣化ぼたん?】 第38回「バカの壁・再」29 【劣化ウラン?】
【悪辣で狡猾な】 劣化ウランに関する資料 【サマーワ情勢】
【ピレネー山脈】 第37回「バカの壁・再」28 【卑怯技の総合商社】
【MDシステム】 第35回「バカの壁・再」26 【国防部会】
【イラクからの使者】 第34回「バカの壁・再」25 【サザエさんとTOPIX】
【ピレネー山脈】 第33回「バカの壁・再」24 【ソース出せ?】
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-08 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 03月 07日
【サマーワ情勢】 英軍へ権限引き継ぎ 【本来任務化延期】
サマワの治安維持に自信=7日に引き継ぎ-英軍司令官、陸自活動地域で 3月6日23時0分 (時事通信)
 【サマワ6日時事】オランダ軍に代わってイラク南部ムサンナ州サマワの治安維持を担当する英国軍の司令官ティム・ウイルソン中佐が6日午後(日本時間同日夜)、州警察本部を訪れ、カリーム本部長と会談した。同中佐は「これまでの陸上自衛隊宿営地などへの攻撃の情報をオランダ軍から十分引き継いでおり、安全確保には自信がある」と記者団に話した。
 さらに同中佐は、英軍司令部がある同国南部バスラと比較して、「ムサンナ州の治安は非常に安定している」と述べた。

 サマワでは7日午後(日本時間同日夜)、撤収するオランダ軍から英軍に治安維持任務が引き継がれる。オランダ軍宿営地「キャンプスミッティ」では式典が行われる予定で、同中佐が出席する。式典には陸自も招待されている。

治安権限、きょう移管 オランダ軍から英軍へ 3月7日1時4分 (共同通信)
 【サマワ6日共同】陸上自衛隊が活動するイラク南部サマワを中心とするムサンナ州の治安維持の権限が7日、2003年のイラク戦争後から駐留してきたオランダ軍から英軍に移管される。
 約1400人が駐留していたオランダ軍はすでに順次撤退を始めており、来月には完了。代わって英軍が展開、オーストラリア軍も5月ごろにはサマワに駐留を開始する予定。
 ムサンナ州は「イラク国内でも最も治安の安定している州の一つ」(英政府当局者)とされてきたが、英軍の駐留開始が治安情勢にどのような影響を与えるか、注目されている。
■ここまでは何事もなく引き継げてますね。

>ムサンナ州は「イラク国内でも最も治安の安定している州の一つ」(英政府当局者)

と言うのも頷けます。
さて
自衛隊国際協力の本来任務化 今国会提出見送り 政府方針 3月5日2時38分 (産経新聞)
 政府は四日、自衛隊の国際平和協力活動を、現行の「付随的任務」から国土防衛と並ぶ「本来任務」に格上げする自衛隊法改正案について、今国会への提出を見送る方針を固めた。特別立法なしで自衛隊の海外派遣を可能にする「恒久法」とセットでの法整備を主張する公明党から、合意を取り付けられなかったためだ。
 大野功統防衛庁長官は同日の記者会見で「(公明党に)理解してもらえるよう努力する」と、なおも改正案の提出に意欲を示したが、防衛庁幹部は「法案の作成作業は進めているものの、提出は難しくなった」と述べた。
 政府は昨年十二月に閣議決定した新たな「防衛計画の大綱」で本来任務化の方針を明記。防衛庁は、国際社会の安定に向け積極姿勢をアピールし、派遣される自衛隊員の士気を高めるという観点から本来任務化の意義を強調。インド洋大津波の支援で自衛隊の活動が高い評価を得たことも追い風に、提出を目指していた。
 自民党も積極的だったが、公明党は国政選挙並みに重視する東京都議選を七月に控え、平和の党を強調する狙いもあり、「本来任務化は海外派遣の恒久法と同時に整備すべきで、時期尚早だ」(幹部)と反対。十五日の法案提出期限が迫り、与党内の調整も進んでいないため提出が絶望的となった。
■とほほ・・・orz
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-07 01:00 | 自衛隊・イラク関連
2005年 03月 07日
【誤射?】 米軍と伊記者の証言対立す 【陰謀?】
イタリア、米軍誤射で死亡の情報機関員を英雄として追悼 3月6日16時2分 (ロイター)
 [ローマ 6日 ロイター] イラクで4日に武装勢力に解放されたイタリア人女性記者ジュリアーナ・スグレーナさんを護送中、米軍の誤射で死亡した情報機関員ニコラ・カリパリ氏の遺体が6日未明、軍用機で祖国に搬送され、イタリアは国を挙げて英雄として追悼した。
 イタリア国旗に包まれたカリパリ氏の棺は、ローマのチャンピーノ空港に到着。遺族をはじめ、チャンピ大統領やベルルスコーニ首相などの閣僚、聖職者が無言の帰国を見守った。
 この模様は、国内テレビ7局中5局で生中継された。
 カリパリ氏はスグレーナさんを保護してバグダッド空港に向かう途中、乗っていた車両が米軍の銃撃を受け、スグレーナさんを守ろうとして死亡した。イタリア国民の間では、米国に対する反発が高まっている。
 負傷したスグレーナさんも5日にイタリアに帰国したが、車両が猛スピードで米軍検問所に突進したため銃撃したとする米軍の釈明を受け入れない姿勢を表明した。


イタリア、米軍誤射で死亡の情報機関員を英雄として追悼
3月6日、イラクで米軍の誤射により死亡したイタリア情報機関員の遺体が祖国に搬送。
イタリア国旗に包まれた棺がローマの空港に到着した(2005年 ロイター/Giampiero Sposi)
(ロイター)16時02分更新

■勇敢なるイタリア人情報員ニコラ・カリパリ氏に黙祷(-人-)...
米軍の主張と食い違い 伊女性記者が手記 3月6日22時15分 (共同通信)
 【ローマ6日共同】イラクの首都バグダッドで武装勢力による拉致から解放直後、米軍の銃撃に遭い負傷したイタリア・マニフェスト紙の女性記者、ジュリアナ・スグレーナさん(56)は、6日付同紙に銃撃前後を詳細に回想した手記を掲載した。同記者が明らかにした事実関係は米軍の主張と食い違っており、イタリア国内の反米感情をさらに高めそうだ。
 スグレーナ記者によると、銃撃は警告もなく突然始まった。運転手が車外に出て「イタリア人だ」と叫んでもやまなかった。隣の、情報機関員のカリパリ氏が、自分を守るため覆いかぶさり、「その直後、彼が最後の呼吸をしたのを感じ、その死を知った」。
 その時、解放直前に拉致犯が「君の帰国を望まない米国人がいるから注意しないといけない」と警告していたことを頭に浮かべたという。

米軍の標的だった可能性、伊女性記者が指摘=主張に食い違い、銃撃への反発強まる 3月7日1時1分 (時事通信)
 【ジュネーブ6日時事】イラクで武装勢力に拉致・解放された後、米軍の銃撃で負傷したイタリア人女性記者ジュリアナ・ズグレナさん(56)は6日、「わたしが米軍の標的でなかったとする理由はないと思う」などと述べ、米兵が意図的にズグレナさんらを銃撃した可能性を指摘した。
 同日付のイタリア主要紙はイラク政治家の話として、伊政府がズグレナさん解放のために最大600万ドルの身代金を払ったと報じた。ズグレナさんはニュース専門テレビ局に対し、拉致実行犯に対する身代金支払いをも排除しないイタリア政府の交渉の仕方に米国が反対していたと指摘。「米国はそれをやめさせようとしたのでは」と語った。
 ズグレナさんは所属するマニフェスト紙で当時の状況を説明。通常速度で走行中に突然銃弾が浴びせられ、運転手が「われわれはイタリア人だ」などと叫んだが、発砲は止まらなかったなどと生々しく振り返った。米軍は、車が猛スピードで検問所に突入し、警告射撃も無視したためやむを得ず発砲したなどと主張しており、双方の説明の食い違いが顕在化している。
 今回の米軍による誤射を受け、イタリア国内では、ブッシュ米大統領に対して強硬姿勢を取るようベルルスコーニ首相に求める圧力が強まっている。ズグレナさんの主張はイラク戦争への対処をめぐって高まる国内の反感を代弁した形だ。地元報道によれば、イタリア検察当局は同日、誤射が過失致死容疑に当たるかどうか捜査に着手した。
■さて、両者の言い分がずいぶん情報が食い違ってきました。
まぁこう言う事件では情報が錯綜するのは当然ですからね。
米軍側・女性記者側の証言が出てきて、あとはイタリア情報機関の証言が出てくればおおよそ当事者の証言が出そろうわけです。
現在の所、米軍と女性記者では証言が対立しているわけで、イタリア情報機関からどの様な形で証言が出てくるのでしょうか?
しかしまぁ

>「わたしが米軍の標的でなかったとする理由はないと思う」などと述べ、米兵が意図的にズグレナさんらを銃撃した可能性を指摘した。

って、米軍が本気で殺す気なら今頃死んでるってw
この女性記者が「左派反米急先鋒の論客」と言うことを考えれば彼女の当事者としての証言も少し差し引いて考える必要があるかもしれませんね。
記事の中にはずいぶん自分を拉致した武装勢力に肩入れした発言が見受けられたり

>その時、解放直前に拉致犯が「君の帰国を望まない米国人がいるから注意しないといけない」と警告していたことを頭に浮かべたという。

と拉致犯の言うことを頭から信じたりと言うのも彼女の政治的姿勢から考えると当然と言えるかも知れません。
あとは「ストックホルムシンドローム」の可能性もあります。
銃撃受けた伊女性記者の証言、米軍の主張と食い違い 3月6日22時37分 (読売新聞)
 【ローマ=藤原善晴】バグダッドで武装集団に拉致、解放されたあと、イラク駐留米軍の銃撃を受け負傷したイタリア人女性記者ジュリアナ・ズグレナさん(57)が5日、伊検察当局に「検問所でないところで、いきなり銃撃された」と証言し、米軍の主張と食い違いを見せている。伊テレビ各局が伝えた。

 事件当時、ズグレナさんは車で空港に向かっていた。米軍側は「検問所で停止するよう車にライトをあて、威嚇射撃で警告した」と主張。ズグレナさんはこれを否定したうえ、「撃ったのはパトロール隊。ライトがあたってすぐ、多数の銃弾が飛んできた」と証言。米軍側は「車は逆に速度を上げた」とするが、ズグレナさんは「ふつうの速さだった」と反論している。
■これらの記事から対立点をあげると以下の通り

銃撃場所
米軍側「検問所」

伊記者側「検問所ではない」

発砲者
米軍側「検問所の兵士」(某S注・恐らく米陸軍第3師団?)

伊記者側「パトロール隊」

銃撃された状況
米軍側「停止するよう車にライトをあて、威嚇射撃で警告した後に発砲」

伊記者側「ライトがあたってすぐ、多数の銃弾が飛んできた」

護送車のスピード
米軍側「猛スピードで検問所に突っ込んできて警告後車は逆に速度を上げた」

伊記者側「ふつうの速さだった」

見事に真逆ですが、読売の中では一つだけ符合する点がありますね。

米軍「検問所で停止するよう車にライトをあて、威嚇射撃で警告した」

伊記者「撃ったのはパトロール隊。ライトがあたってすぐ、多数の銃弾が飛んできた」

とりあえずライトが当たったのが事実とすればやっぱり銃撃された場所は検問所だったのじゃないかなと。
しかし、共同にも時事にも

>スグレーナ記者によると、銃撃は警告もなく突然始まった。運転手が車外に出て「イタリア人だ」と叫んでもやまなかった。(共同)

>通常速度で走行中に突然銃弾が浴びせられ、運転手が「われわれはイタリア人だ」などと叫んだが、発砲は止まらなかった(時事)

と言う記述があり実は読売の記事では

>「検問所でないところで、いきなり銃撃された」

>「撃ったのはパトロール隊。ライトがあたってすぐ、多数の銃弾が飛んできた」

と一つの記事の中で矛盾する証言を載せてみたり・・・。

┐(゚~゚)┌何が何だか・・・
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-07 00:00 | 海外時事問題
2005年 03月 06日
【誤射?】 伊記者米軍検問所で銃撃さる 【陰謀?】
イラクで拉致・解放の女性記者 米軍が車誤射、1人死亡 3月6日2時30分 (産経新聞)
 【パリ=山口昌子】イタリア左派系紙、イル・マニフェストは四日、イラクで武装勢力に拉致されていた同紙女性記者ジュリアナ・スグレーナさん(56)が同日、一カ月ぶりに解放されたものの、車でバグダッド空港に向かう途中、米軍に誤射されたと発表した。スグレーナさんは負傷、同行していたイタリア情報機関員一人が死亡した。
 事件が起きたのは米軍検問所で、車にはスグレーナさんと情報部員三人が乗っていた。車が検問所に設置されたコンクリート製ブロックの脇を通り過ぎ、速度を上げたところを撃たれたという。死亡した情報部員以外の二人も負傷した。情報部員はスグレーナさん解放の仲介に当たっていた。
 AP通信によると、駐留米軍は発砲を認めたうえで、「車は猛スピードで検問所に向かって走ってきた」と釈明している。イタリアのベルルスコーニ首相は直ちに駐イタリア米大使を呼び、事情説明を求めた。ベルルスコーニ政権は約三千人の部隊を派遣している。
     ◇
 ブッシュ米大統領は四日、インディアナ州からの帰路に搭乗していた大統領専用機、エアフォース・ワンの機内からイタリアのベルルスコーニ首相に電話し、誤射について遺憾の意を伝えた。マクレラン米大統領報道官によると、大統領は米当局がイタリアと協力して全面的に捜査すると約束した。国防総省報道室は「事件の詳細な経緯について情報を収集中だ」としている。(ワシントン 近藤豊和)
■さて、当初全く興味がなかったんですがこの事件を受けて某所で

>米軍はとてもまともな治安維持活動を行える状態には無いことを物語ってます。

と言う書き方をする人がいたので

>誤射と誤爆は戦場のお約束ですから。
>どういう状況で誤射されたのか知りませんがそう言うのは早計では?


と私がコメントしたところ

>そうですね。
>そもそも治安維持する気など無いのかも知れませんね。


と言う見当違いの返事が返ってきて、しかも私の疑惑とやらに話が脱線したので何故か興味が出てきましたw
で、銃撃された状況を調べてみると


>駐留米軍の発表によると、バグダッドの検問所でパトロールをしていた兵士が検問所に向かって猛スピードで走ってくる車を発見。
>制止の警告に従わなかったため、エンジンに向かって発砲したという。

解放直後の記者を米軍誤射(デイリースポーツ)


>米国防総省はこの銃撃について、米兵は検問所に急速に接近してくる車両に各種の合図を送り、警告射撃もしたが停車しなかったため、やむなくエンジン部分を狙って撃ったものだと釈明した。
米軍誤射: 伊女性記者ら死傷 米大統領報道官が遺憾表明(毎日新聞)


>当時バグダッド空港に向かっていた護送車は、武装集団からの銃撃を避けようと猛スピードで走っていたが、逆に検問所付近で不審がった米兵の銃撃を受けた。300~400発の弾が撃たれたとの証言もある。別の治安当局員1人も負傷した。
イラク: 誘拐された伊紙女性記者が帰国(毎日新聞)


>イタリア情報当局の車が検問所で停止しなかったため、米軍が銃撃したとみられる。米大統領報道官は4日、遺憾の意を表明した。
拉致の伊女性記者解放…米軍銃撃、同行の情報局員死亡(読売新聞)


>伊メディアによると、スグレナさんは解放された後、交渉に関係した伊国防省情報・軍事保安部の情報部員らに付き添われ、車列を組んでバグダッド国際空港へ向かっていた。米軍検問所を通った際、米兵が突然車列を銃撃し、スグレナさんに覆いかぶさった情報部員が射殺された。スグレナさんも肩を撃たれ、他の情報部員2人も負傷して病院へ運ばれた。
>バグダッドの第3歩兵部隊は「検問所へ向かって来た車両を制止しようとして警告したが、運転手が止まらず、兵士らがエンジンを撃った」との声明を発表。ロイター通信によると、ブッシュ米大統領は4日、ベルルスコーニ伊首相に電話して遺憾の意を伝えた。マクレラン米大統領報道官は同日、「ブッシュ大統領は伊政府と連携し、事件の徹底解明にあたることを首相に確約した」と述べた。

イラクで拉致のイタリア記者解放 米軍、検問で銃撃(朝日新聞)


>多国籍軍の声明によると、スグレナさんは解放後、情報部員らと共に、出国のためバグダッド国際空港へ向かっていた。検問所の米兵が高速で近付いてくる車に停車するよう、携帯電灯や威嚇射撃などで合図を送ったが、応じる様子がなかったため、車のエンジン部分へ向けて発砲したという。
>情報部員の1人が、スグレナさんをかばうように体を預け、銃弾を受けて死亡した。駐留米軍によると、発砲した兵士らは、車中にスグレナさんらがいることを知らなかったという。

拉致の伊女性記者、解放直後に米軍の誤射で負傷、イラク(CNN Japan)


これらの報道からとりあえず「ほぼ事実」と読みとれる事は

・イタリア人記者を乗せた車は米軍の検問所で銃撃された。

と言う事ぐらいですかね。
次に「恐らく事実」と読みとれるのは

・イタリア人記者を乗せた車は米軍の検問所に猛スピードで接近してきた。
・その為検問所の兵士は検問所に急速に接近してくる車両に各種の合図を送り、警告射撃を行った。
・しかし、停車しなかったため、車を撃った。


まぁ正直なところ、もう少し状況がハッキリしない事には何とも言えませんが・・・

さて、これらの状況をふまえるとあくまで私の個人的な仮説と断った上で書きますが

1.当時バグダッド空港に向かっていたイタリア人記者を乗せた護送車は、武装集団からの銃撃を避けようと猛スピードで走っていた。

2.その為、検問所に差し掛かってもスピードを落とす事ができなかった。

3.検問所の米兵は向かって来た車両を制止しようとして停車するよう、携帯電灯や威嚇射撃などで合図を送った。

4.護送車は警告や威嚇射撃をゲリラの攻撃と勘違い、車が逆に速度を上げた為にテロ攻撃と勘違いした米兵が車を銃撃。

つー事なんじゃないかなと。

まぁ少なくとも米軍陰謀説だけは有り得ないと思いますよ。
根本的に米軍の陰謀ならイタリア人記者は間違いなく検問所で死んでますし、少なくとも米軍の検問所で誤射をよそおってってのはないでしょ。
街道でゲリラが襲ったかのように見せかける方が隠蔽しやすいですから。

それ以前に米軍がかのイタリア人記者を殺さないといけない理由というのが全く理解できません。
となると米軍誤射説ぐらいしか残らないわけで。

そう言えば、確か2003年9月にも米軍がイタリア人外交官コルドーネ氏の乗った車に発砲してイラク人通訳1人を殺害した事件もありましたね。
そのときも、外交官の乗った車が幹線道路上にある米軍検問所で米軍の車列を追い越そうとした際、監視の米兵が何度か制止の合図をした後、発砲してきたという話でしたが、なんでこうイタリアの中の人は米軍に誤射されるんでしょうね?

さて、この事件に関してとても良い論評を発見したので、私の駄文によるまとめに替えさせていただこうと思います。
伊情報局員米軍銃撃で死亡に思ふ 2005/03/06 10:01:36 AM (kapon2さん)
(前略)
 なんとも残念な話ではあるが、混乱している状況においては十分起きうる話であろう。原因の一つに米軍検問所で停止しなかったと言われており、もしこれが本当ならば致命的なミスである。また、こうした混乱状況の中では情報の伝達が非常に難しく、あらかじめ解放者を乗せたイタリア関係者の車輌が通過する旨の連絡が検問所に届いていなかったという可能性もある。
 いずれにしても、混乱している場合にはほんの小さなミスで命を落としかねないという事例である。戦争とは、この状況がずっと続いている状況のことであり、何が起こるかわからないし、何が原因で命を落とすかもわからない。要は、普通の平和な生活の中での常識が通らないのであり、ルール通りにはいかないのが戦争である。

 で、今日は何が言いたいのかというと、戦闘地域での命は誰が守ってくれるのかということ。
軍人の場合は、自らが銃を取り自分の生命を脅かす敵を払いのけることができるし、兵隊同士のチームワークによって生命が維持される。特に、戦闘に至っては、綿密な作戦計画によって秒刻みの行動によって維持される。
 これに対して、文民は自ら戦うことなく、綿密なチームワークも期待できない。自らの生命を維持するための手段がほとんどないに等しいのだ。真っ当な危機管理能力があるとすれば、「近づかない」「関わらない」ことが一番となる。
 しかし、取材など何らかの理由で足を踏み入れることとなった場合、結局文民の身を守る役割が軍隊に課せられることになる。しかし、綿密な計画によって維持されている軍隊にとって、指揮系統に全く従わない文民が入り込んでくることは、いわば致命的な穴を作り上げることにほかならない。
特殊部隊など他人の命を救うことを使命とする部隊もあるが、大部分の軍隊は自ら(軍人)の命を相互に助け合うためで精一杯だ。軍隊で上官命令が絶対というのは、内容がいいか悪いかではなく従わねば(一致団結しなければ)死ぬという危機管理から発生しているものであるが、いいか悪いかの判断で動く文民はその行動系統を阻害するだけなのだ。

 今回のイタリア女性記者を引き取りに行ったイタリア情報局員が死亡したのも上記の欠陥によるものである。文民の中には自分の身は自分で守っていると錯覚している輩も多いようだが、結局の所、生命の維持のためには多くの人の助けを借りているということを忘れている。亡くなったイタリア情報局員はどの程度危機感を感じ、死ぬかもしれないと思っていたかはわからないが、このイレギュラーな任務に対して、果たして死に値する代価を得ていたのだろうか。多分、イタリア情報局員の本来任務の範疇であれば、そうそう死に直面することはなかっただろう。
 この事件を米軍の誤射と非難する向きもあるが、米軍兵は正当な危機管理に基づいて行ったと思われるのであって、むしろ危機管理のなかった文民にこそ一人の命の重みを感じて貰うべきであろう。平和、生命の維持のプロセスはどのようにして勝ち取られてきたかをよく考えてみるべきである。

[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-06 00:00 | 海外時事問題
2005年 03月 05日
【武力攻撃事態】 国民保護法と指定公共機関 【テレ東伝説】
有事の指定公共機関の返上を=民放労連が全国各局に申し入れ 3月3日20時0分 (時事通信)
 日本民間放送労働組合連合会(民放労連、碓氷和哉委員長)は3日、有事法制に基づいて政府の指示で警報などの放送が義務付けられる「指定公共機関」となることを辞退、返上するよう求める申し入れ書を全国の民放全193社に送った。
■えーっと有事の際も政府の指示で警報などの放送が義務付けられるのは嫌ってどういう事?
まさか有事でも警報よりバライティーを放送させろと?

まず「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」、通称「国民保護法」の施行と同時に、広域民間放送局19局とNHKは指定公共機関に指定されましたが、指定公共機関の対象事業者は報道機関だけではありませんで

【災害研究機関】(18機関)

【医療事業者】(2機関)
 ○日本赤十字社
 ○独立行政法人国立病院機構

【公共的施設の管理者】(8事業者)
 ○河川管理施設、道路及び空港の施設管理者(日本道路公団など)

【電気事業者】(12社)

【ガス事業者】(4社)
 ○地域ブロックにおいてガスを供給するガス事業者(東京ガス株式会社など)

【運送事業者】(78社)
 <旅客>
 ○複数の都道府県を業務地域として旅客運送を行っているバス事業者など
   (JRバスグループ各社(8社)及び東急バス株式会社など大手バス会社17社)

 <貨物>
 ○日本全域にわたり貨物運送を行っているトラック事業者など
   (日本通運株式会社など陸運大手5社)

【電気通信事業者】(16社)
 ○日本電信電話株式会社(NTT)
 ○複数の都道府県を業務地域として、一定の電気通信回線設備を自ら設置する固定電話会社及び携帯電話会社
   (東日本電信電話株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモなど)

【放送事業者】(20社)
 ○日本放送協会(NHK)
 ○複数の都道府県において地上放送(テレビジョン放送又はラジオ放送)の業務
   を営む民間放送事業者
   (株式会社フジテレビジョン、株式会社ニッポン放送など)

【その他】(2機関)
 ○白木銀行(一言居士さんご指摘ありがとうございました)日本銀行、日本郵政公社

などがあります。

で、報道機関が指定公共機関の対象事業者になるとどうなるのかと言えばですね、武力攻撃事態等になった場合に
国民保護法より抜粋(首相官邸HP)
第四十四条(警報の発令)
 対策本部長は、武力攻撃から国民の生命、身体又は財産を保護するため緊急の必要があると認めるときは、基本指針及び対処基本方針で定めるところにより、警報を発令しなければならない。
 
2 前項の警報に定める事項は、次のとおりとする。
 一 武力攻撃事態等の現状及び予測
 二 武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域
 三 前二号に掲げるもののほか、住民及び公私の団体に対し周知させるべき事項

3 前項の規定にかかわらず、第一項の規定により警報を発令する場合において、前項第二号の地域に該当する地域を特定することができないときは、同号の事項を定めることを要しない。


第四十五条(対策本部長等による警報の通知)
 対策本部長は、前条第一項の規定により警報を発令したときは、直ちに、その内容を指定行政機関の長に通知しなければならない。

2 指定行政機関の長は、前項の規定による通知を受けたときは、その国民の保護に関する計画で定めるところにより、直ちに、その内容を管轄する指定地方行政機関の長、所管する指定公共機関その他の関係機関に通知しなければならない。

3 前項に規定するもののほか、総務大臣は、第一項の規定による通知を受けたときは、その国民の保護に関する計画で定めるところにより、直ちに、その内容を都道府県知事に通知しなければならない。


第四十六条(都道府県知事による警報の通知)
 都道府県知事は、前条第三項の規定による通知を受けたときは、その国民の保護に関する計画で定めるところにより、直ちに、その内容を当該都道府県の区域内の市町村の長、当該都道府県の他の執行機関、当該都道府県知事が指定した指定地方公共機関その他の関係機関に通知しなければならない。


第五十条(警報の放送)
 放送事業者である指定公共機関及び指定地方公共機関は、第四十五条第二項又は第四十六条の規定による通知を受けたときは、それぞれその国民の保護に関する業務計画で定めるところにより、速やかに、その内容を放送しなければならない。


第五十七条(避難の指示等の放送)
 第五十条の規定は、放送事業者である指定公共機関又は指定地方公共機関が第五十四条第七項(第五十五条第三項において準用する場合を含む。)の規定による通知を受けた場合について準用する。


第百条(関係機関への緊急通報の通知等)
 都道府県知事は、前条第一項の規定により緊急通報を発令したときは、その国民の保護に関する計画で定めるところにより、直ちに、その内容を当該都道府県の区域内の市町村の長、当該都道府県の他の執行機関並びに関係指定公共機関及び指定地方公共機関に通知しなければならない。


第百一条(緊急通報の放送)
 第五十条の規定は、放送事業者である指定公共機関又は指定地方公共機関が前条第一項の規定による通知を受けた場合について準用する。
■具体的に抜粋すると

・総理大臣の発令による武力攻撃事態等に関する警報(国民保護法50条)
・内閣総理大臣の指示下に行われる都道府県知事による避難指示(同法57条)
・内閣総理大臣の指示下に行われる都道府県知事による緊急通報(同法101条)


を放送することなんですね。

一体これを義務付けられると何が困るんでしょうか?
ちなみに言えば
国民保護法より抜粋(首相官邸HP)
第七条(日本赤十字社の自主性の尊重等)
 国及び地方公共団体は、日本赤十字社が実施する国民の保護のための措置については、その特性にかんがみ、その自主性を尊重しなければならない。

2 国及び地方公共団体は、放送事業者である指定公共機関及び指定地方公共機関が実施する国民の保護のための措置については、その言論その他表現の自由に特に配慮しなければならない。
■とも規定されています。
まぁ、警報の放送を義務付けられたからと言って言論の自由や表現の自由が犯されるとも思いませんがね。

まぁ一つだけ言えることはテレ東最強って事ですよw

テレ東最強伝説

b0062429_618570.jpg
b0062429_618198.jpg
b0062429_6183277.jpg

[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-05 00:00 | 国防・安保問題
2005年 03月 04日
【いよいよ始動】 政府、海洋権益確保へ 【資源探査規制法案】
海洋権益確保へ始動、政府が省庁連絡会議 まず沖ノ鳥島 03/04 09:16 (朝日新聞)
 日本周辺の海洋権益を守るため、政府は関係省庁による連絡会議を今月中にも発足させる方針を固めた。太平洋の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)対策を中心に、06年度予算要求に向けた具体案作りを協議する。同島周辺の排他的経済水域(EEZ)内では中国の海洋調査船が活動を繰り返しているほか、尖閣諸島の領有や東シナ海のガス田開発などで中国との争いが続いている。このため、まず実効支配している沖ノ鳥島で権益確保の姿勢を鮮明にする狙いだ。

 沖ノ鳥島は日本の最南端に位置し、ここを基点に日本の領土面積を上回る40万平方キロのEEZを持つ。だが中国政府は「岩」だと主張し、EEZ内での海洋調査を継続。昨年12月にも中国の調査船が確認された。

 これに対し、政府は沖ノ鳥島周辺の活動強化による権益確保を目指す。具体的には(1)監視システムの強化(2)海洋調査、気象調査の拡充(3)灯台の設置――などを検討。海面上昇に備えて陸地部分を維持する長期対策も練っている。国土交通省、経済産業省、外務省などで構成する連絡会議は、8月ごろまでに、06年度政府予算案に盛り込む具体策について取りまとめる方針だ。

 政府は2月、東シナ海・尖閣諸島の魚釣島の灯台を海上保安庁が保守、管理することを決めるなど、海洋権益の確保に積極的な姿勢を見せている。

 これらの背景には、自民党内を中心に海洋権益をめぐる議論が活発化していることがある。同党は昨年10月、天然ガス田開発問題などを受けて、海洋権益特別委員会を設置。今月には対処方針をまとめる方針だ。
■さてさて面白くなってきました。
東京新聞が一番最初にこの問題をスクープして以来この上なく国民の関心を集めているわけですが、国民の関心を集めている問題に政府として対策を打たない訳が無く、政府が対策を打とうと予算を付ければ官僚も仕事をしだすと。

>海面上昇に備えて陸地部分を維持する長期対策も練っている。

沖ノ鳥島は、高さ約一メートル、直径わずか数メートルの北小島と東小島からなります。
この二つの小さな日本領を波による侵食を受けないように直径約50mの鉄製の鉄製の消波ブロックやコンクリートでガードし、東小島には約8億円のチタン製のフタを使うなど総工費約50億円をかけて護っています。

この小さな日本領が生み出すEEZは日本の面積よりも2万平方キロも大きい約40万平方キロ。
小さな沖ノ鳥島は日本よりも大きなEEZを護っているのです。

さて、そんな沖ノ鳥島にも住所があるようで、北小島が東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地、東小島が東京都小笠原村沖ノ鳥島2番地だとかw
とりあえず、補修工事で波の浸食を食い止めるとして、もし満潮時に海面下に没する「岩」になったらコンクリで固めて上に漁民の避難場所でも作ったらどうでしょうかw
さて
東シナ海ガス田 試掘、海保が保護 外国船の臨検・拿捕も 民主法案 3月2日2時40分 (産経新聞)
 中国が東シナ海の日中中間線付近で進めているガス田開発に待ったをかける民主党の「資源探査規制法案」(仮称)の概要が一日、分かった。日本の排他的経済水域(EEZ)内で日本企業が海洋資源を試掘する際に、海上保安庁巡視船によって保護することなどが柱。政府の海洋調査を後押しするもので、自民党も同様の法整備を検討しており、両党は超党派による法案の今国会提出を視野に、本格調整に着手する。
 民主党の法案は、日本企業がEEZ内で海洋資源を試掘する場合の巡視船による保護措置のほか、巡視船による臨検、拿捕(だほ)など、中国側のEEZ内の資源探査を取り締まる手段を確保することや、中国が実施する海洋資源に関する科学的調査を日本政府が許可する場合の具体的な手続きについて、規定を明記する。政府が一体となって海洋権益の保護に取り組むべきだとの観点から、「海洋権益対策閣僚会議」(仮称)の設置も盛り込まれる方向だ。
 EEZ内での海洋活動をめぐっては、天然ガスや鉱物資源など非生物資源の開発については、取り締まる効果的な国内法がないのが現状だ。
 鉱物資源の開発については鉱業法があるが、領土・領海内での鉱山開発を前提としており、「EEZ内での違法開発への有効な規制に疑問がある」(内閣官房筋)との不備が指摘されている。
 政府はこれまで、海洋権益に関する国連海洋法条約の「最終的な合意への到達を危うくし、妨げないためにあらゆる努力を払う」との規定に基づき、民間企業からの日本側EEZ内での鉱業権申請を留保。企業側からも海保などの保護がなければ試掘に踏み切れないとの声が出ていた。
 だが、中国側は日本側に鉱脈が続いているとみられる春暁ガス田など海底資源開発について情報提供を行わず、「中国に気を使っている間に資源を吸い取られている情けない状況」(民主党中堅)にある。このため国内法の整備に踏み出した。
 一方、自民党の党海洋権益特別委員会(武見敬三委員長)は、政府が日中中間線付近で実施している海底資源探査が終わる三月下旬に先立ち、同月中旬には対応方針を策定。国益保護の観点から民主党とも法案のすり合わせを進めていく。武見氏は「国際的に認められた主権を明確にする施策を行うためには、国民の理解が必要だ」としている。
 ただ、北朝鮮の核開発をめぐる六カ国協議の再開に向けて、ホスト国の中国と協調関係を維持する必要から、今国会での提出に慎重な向きもある。
■試掘に向けての第一歩ですかね。

>日本の排他的経済水域(EEZ)内で日本企業が海洋資源を試掘する際に、海上保安庁巡視船によって保護することなどが柱。
>政府の海洋調査を後押しするもので、自民党も同様の法整備を検討しており、両党は超党派による法案の今国会提出を視野に、本格調整に着手する。


との事。

>日本企業がEEZ内で海洋資源を試掘する場合の巡視船による保護措置のほか、巡視船による臨検、拿捕(だほ)など、中国側のEEZ内の資源探査を取り締まる手段を確保することや、中国が実施する海洋資源に関する科学的調査を日本政府が許可する場合の具体的な手続きについて、規定を明記する。

う~ん、海上の警察権は第一義的には海上保安庁にある訳ですが、相手は駆逐艦まで出してくる国ですから巡視船で十分ですかね?
まぁ、一応海保での対処が「不可能、もしくは著しく困難」な場合には
自衛隊法82条(海上における警備行動)(法庫)
 長官は、海上における人命若しくは財産の保護又は治安の維持のため特別の必要がある場合には、内閣総理大臣の承認を得て、自衛隊の部隊に海上において必要な行動をとることを命ずることができる。
■この規定に基づいて海上警備行動を発令すればいいと思いますが、まぁ一応は巡視船のみならず自衛隊の艦船も派遣できるようにしておいた方がいいと思いますがね。

ぶっちゃけた話、訓練名目で自衛艦を調査近海に遊弋させておく事もできますしw

まぁ、権益保護は与野党関係なく国家として取り組むべきですから、政府の施策が甘いと思えば容赦なくケツを蹴り上げるべきです。

参考リンク
~日本最南端を訪ねて~沖ノ鳥島写真集
04/05/18【中国は南沙の人工島改造を忘れたか 沖ノ鳥島めぐる身勝手な言い分 杏林大学教授・平松茂雄】
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-04 02:00 | 中国・東シナ海関連
2005年 03月 04日
【軍拡中共】 中共軍事費前年比12.6%増 【軍縮日本】
中国国防予算、12.6%増の2477億元に=全人代報道官 3月4日14時41分 (ロイター)
 [北京 4日 ロイター] 全国人民代表大会(全人代=国会に相当)の姜恩柱・報道官は4日、記者会見し、今年の国防予算が前年比12.6%増の2477億元(299億ドル)になると述べた。
国防予算の数字は、5日から始まる全人代に提出される予算報告の中に含まれている、としている。
台湾が正式に独立を宣言した場合、軍事侵攻する構えから、人民解放軍の近代化のため、中国の国防予算は過去15年間着実に増加してきている。
b0062429_656944.jpg
中国国防予算、12.6%増の2477億元に=全人代報道官
3月4日、中国全国人民代表大会の報道官によると、今年の国防予算は前年比12.6%増となる。
写真は、パレードの中国兵。共同取材写真。昨年8月撮影 (2005年 ロイター)
(ロイター)14時41分更新

中国、国防費17%増 台湾にらみ装備充実か 3月4日19時12分 (共同通信)
 【北京4日共同】中国全国人民代表大会(全人代=国会)の姜恩柱・報道官は4日の記者会見で、国務院(政府)が2005年度の国防費として前年度当初予算比17%(実績比12・6%)増の約2477億元(約3兆1530億円)を提案することを明らかにした。
 昨年度の国防費が同14・2%だったのに比べて高い伸び率で、台湾をにらんだ軍装備の充実などが背景にあるとみられる。
日米両国をはじめ中国への警戒感が強まりそうだ。
 報道官は、国防費増の理由として(1)経済発展に伴う兵士の給与引き上げ(2)退役軍人の社会保障(3)装備の近代化--などを挙げ「他の大国と比べれば相当低い水準」と強調した。だが、中国は研究開発予算を国防費以外の経費として計上しており、米国などの軍事専門家の間では、実際の国防費は発表額の倍以上との見方が支配的だ。
■ふと疑問に思いました。
軍事費が1989年以来、17年連続で2ケタ増の国から軍国主義国と言われる我が国の防衛費は毎年どのぐらい延びてるんですかと小一時間・・・orz
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-04 01:00 | 中国・東シナ海関連