当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
<   2005年 03月 ( 51 )   > この月の画像一覧

2005年 03月 16日
【国境警備】 与那国島と防空識別圏 【西方シフト】
さて、「台湾と我が国の防空識別圏問題」ついては、まずちょっと長いですが平成十六年十一月一日の第161回国会衆院外務委員会議事録から自民党谷本龍哉議員の質疑を抜粋引用します。
第161回国会外務委員会議事録 平成十六年十一月一日 (衆議院外務委員会)
○谷本委員
 イラク復興へ向けての、国民を思っての取り組みに今後期待をしたいと思います。
 では、質問通告どおりの質問に入りたいと思います。一問目は、沖縄、特に与那国島の関係について質問をさせていただきます。
 先月、十月の四日から衆議院のこの外務委員会の視察で沖縄を訪問してまいりました。そのときには、米軍ヘリの墜落現場の視察あるいは普天間飛行場の視察、こういったことで与那国には行かなかったんですが、実は、個人的な予定がその後ありまして、そのまま残って与那国島を訪問してまいりました。
 そこで、島民の方々ともいろいろな話をしながら思ったことは、沖縄について、確かに基地問題というのが非常に大きな問題として議論に上ることというのは多々あるんですけれども、やはりもう一つ重要な問題として、国境の問題、これもやはり沖縄については同時にもっと考えなきゃいけないのではないかということを実は実感をいたしました。
 そういう中から幾つか聞きたいと思うんですが、まず、防空識別圏というものがございますが、これの定義をお聞かせ願いたいと思います。

○大古政府参考人
 お答えいたします。
 防衛庁で設定している防空識別圏につきましては、我が国周辺を飛行する航空機の識別を容易にしまして、もって領空侵犯に対する措置を有効に実施するため、我が国を囲むような形で定めた一定の空域でございます。
 当該空域を飛行する自衛隊機の機長に対し、その空域に進入する予定地点、予定時刻等をレーダーサイト等に報告せしめている
ところでございます。

○谷本委員
 それでは、続きまして、その防空識別圏というのはどのようにして決められているのかを説明願いたいと思います。

○大古政府参考人
 我が国の防空識別圏につきましては、もともと米軍が我が国の防空及び航空管制を実施していたころに設定したものでございます。防衛庁は、昭和四十四年でございますが、米軍の防空識別圏の線引きをほぼ踏襲する形で訓令を定めまして、防空識別圏を規定しているところでございます。

○谷本委員
 では、ちょっと確認したいんですけれども、ということは、例えば隣接する国と協議をして線を引くとかそういうことではなくて、独自に決めてあるということですか。

○大古政府参考人
 防空識別圏につきまして、米軍から防衛庁が引き継ぐ際には、関係諸国と協議したということはございません。

○谷本委員
 今、ございませんですか、ございますですか。(大古政府参考人「ございません」と呼ぶ)ございませんでいいですか。はい。
 それでは、この与那国島周辺、このあたりの防空識別圏は現状どういうふうになっていますか。

○大古政府参考人
 与那国島の、これは東西に長い島でございますけれども、西側部分の三分の二あたりの上空に防空識別圏が線引きされているという状況でございます。

○谷本委員
 ということは、その島のちょうど真ん中ではないですけれども三分の二のところ、島の上に防空識別圏がある。ということは、では、例えば防空識別圏の外側の部分は他の国の防空識別圏になっているんですか。

○大古政府参考人
 与那国島の領土の上空に防空識別圏がございまして、日本側でない部分については台湾側の防空識別圏であるというふうに承知しております。

○谷本委員
 では、その台湾側に日本の何らかの飛行機が進入して台湾からスクランブルを受けたということは過去にありますか。

○大古政府参考人
 自衛隊機につきましては、過去すべての記録があるわけではございませんが、ここ数年において台湾側からスクランブルをかけたという事実はございません。

○谷本委員
 詳しい、ちょっと確かな情報ではないんですが、昭和五十九年に一度スクランブルがあったという話を伺ったことがあるんですが、これは何を言いたいかといいますと、日本の領土である与那国島、その上に、しかも三分の二のところで防空識別圏が分かれている。ということは、島の方にとっては、感覚として、日本であるのに空の部分は何分の一かはほかの国が管理をしている。これに対する不安といいますか、なぜそうなっているんだ、こういう素直な疑問が出てきて当然だと私は思います。
 この防空識別圏、先ほど、他の近隣諸国と話し合いをして決めたわけではないと。そういう意味では独自で決められるという理解だと私は思いますし、実際、防衛庁の訓令で決まっているということですが、この識別圏を、例えばしっかり与那国島をすべて日本側にできるような変更措置というのはできないものなのでしょうか。

○大古政府参考人
 現在の防空識別圏を与那国島の部分において見直すことにつきましては、台湾との関係等諸般の事情を考慮しつつ慎重に検討する必要があると思っています。
 ただ、御理解いただきたいのは、防空識別圏といいますのは、基本的に自衛隊の飛行機がそのそばに入るときにいろいろレーダーサイトなりに通報するための線引きの線でございます。与那国島の上空につきましては、これは領土、領空でございますので、そういうところに、防空の観点から、進入するような飛行機があればいずれ適切に侵犯の対処をするということは当然だと思っております。

○谷本委員
 当然島の上は領空であるということは理解もしておりますし、ただ、やはり島の方々としては、たとえ自衛隊の飛行機の通行のためとはいえ、その管理、防空識別圏という管理の線引きがなぜ島の上にあるのか、我々の部分は当然日本がやって当たり前じゃないかと思うのは、恐らく素直な感情だと思います。通告にはありませんが、町村大臣、この問題についてもしっかりと取り組んでいただきたいと思いますが、一言答えていただけますか。

○町村国務大臣
 防空識別圏の件、大変重要な点でございます。また、さらに、これは日中関係ということも念頭に置きながら、しかし、さはさりながら、日本のまさにこれも国益という観点から、しっかりと取り組んでいきたいと思っております。
■この中にこの問題のエッセンスが全て入っていると言ってもいいほどの質疑ですね。
谷本議員の言う

>日本の領土である与那国島、その上に、しかも三分の二のところで防空識別圏が分かれている。
>ということは、島の方にとっては、感覚として、日本であるのに空の部分は何分の一かはほかの国が管理をしている。
>これに対する不安といいますか、なぜそうなっているんだ、こういう素直な疑問が出てきて当然だと私は思います。


というのはまさしく素直な気持ちだと思います。

と、この様に与那国島の西側2/3は日本の領空・領土でありながら台湾の防空識別圏に入っていて、我が領空であるにもかかわらず民間機が台湾側に許可や申請なく飛び立てば台湾の戦闘機がスクランブルをかけてくると言う非常に奇っ怪な空域であるのです。
与那国島に我が方が兵力を推進するのなら、この問題は是非解決していただきたいと思います。

さて、与那国島に数個小隊程度の警備隊を推進して一番喜ぶのは誰でしょうか?
私は台湾ではないかと思います。

台湾海峡で中台の衝突が始まった際に一番キーになるのは米海軍の世界最強の空母戦闘群ですね。
例えば中共が台湾に軍事的恫喝を行っても、米海軍空母戦闘群が台湾海峡に入れば一九九六年の台湾海峡危機の際と同じで軍事的プレゼンスが完全に打ち消されてしまいます。
中共は二個空母戦闘群で黙らされた事を彼らは忘れていません。

彼らとしてはできればグアムの辺りで足止めし台湾を制圧する時間を稼ごうと企図しているわけです。
その結果が旧ソ連製「ソブレメンヌイ」級ミサイル駆逐艦の購入・中台海峡への配備であり、中共海洋調査艦の我がEEZの不法海洋調査であり、この前の漢級原潜の領海侵犯な訳ですね。

但し、ゾブレメンヌイに射程百数十キロの「SS-N-22サンバーン」超音速艦対艦誘導弾が積んであると言ってもゾブレメンヌイでは40~50kmの探知が精一杯で百数十キロ先の敵を発見して攻撃できない、ゾブレメンヌイと航空機が組み合わさったときに初めて力を発揮するのであって、ソヴレメンヌイのミサイルを過剰評価することはない。
という意見もありますが・・・。

さて、地図を見れば分かりますが
b0062429_19954100.gif

「日本列島~西南諸島~先島諸島~台湾」がすっぽりと中国を覆っていることが分かります。

中国海軍は大きく三つの艦隊からなります。

北海艦隊
司令部は青島。
青島・・・原子力潜水艦(夏級・漢級×5)
旅順・・・水上戦闘艦
葫芦島・・・従来型潜水艦(形式不明×15)

東海艦隊
司令部は寧波。
・象山・・・通常型潜水艦(キロ級×4・宋級×3)
・舟山・・・水上戦闘艦艇(杭州・福州など)

南海艦隊
司令部は湛江。
・湛江・・・水上戦闘艦(広州・蘭州・武漢など)
・楡林(海南島)・・・通常型潜水艦(明級×6)

の三つに分かれていますが、殆どの海軍基地がこの「日本列島~西南諸島~先島諸島~台湾」の弧の中にあり、この「弧」の中に中共海軍-特に潜水艦-を閉じこめることができれば空母戦闘群はフリーハンドで活動でき中共の軍事的プレゼンスを事実上無力化できます。

そして、かつて我が国の対潜水艦戦部隊の仮想敵はソヴィエト海軍でした。
ハッキリ言って沿岸海軍に毛の生えた程度の中共海軍など恐るるにたりません。

沖縄へのF-15配備は決定しました、下地島へのF-2配備や先島諸島への陸自展開も楽しみです。

・・・相変わらずまとまりのない日記ですねw

参考リンク
「与那国きび刈り日記」国境の島に自衛隊を「与那国きび刈り日記」 七尾みつを

下地島空港沖縄県の空港.INDEX
石垣空港
宮古空港


自衛隊誘致 「反米軍」の余波で難航日米安保50年
緊急発進の限界 防空圏 全土に及ばず

偶然でかけた先島群島の現況兵頭二十八ファンサイト半公式

下地島空港に関する質問主意書衆議院HP
下地島空港に関する質問に対する答弁書
下地島空港の軍事利用に関する質問主意書
下地島空港の軍事利用に関する質問に対する答弁書

【報道管制の見本】 下地島空港共用化へ 【原則論の応酬】
【国家緊急事態法】 南西諸島有事と防災訓練 【法治国家?】

Chinese Defence Today

【イラクなど】 中共「最新鋭」誘導弾駆逐艦来る! 【インドネシア派遣】
72:気になるロシアのソブレメンヌイ級駆逐艦対中輸出(日本財団図書館)

【質問】 海自は中国の対艦ミサイルに対応できますか?軍事板常見問題
【質問】 対艦ミサイル3M80Eに、海上自衛隊は対処できるの?
【珍説】 「中国海軍の艦対艦ミサイルはロシア製だから,かなり強い」???
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-16 01:00 | 国防・安保問題
2005年 03月 16日
【国境警備】 自衛隊と先島諸島 【前進配置】
沖縄・先島諸島に陸自部隊配置=中国にらみ前方展開-防衛庁検討 3月15日21時2分 (時事通信)
 防衛庁が陸上自衛隊の普通科(歩兵)部隊を沖縄県先島諸島の石垣島か宮古島に配置することを検討していることが15日、分かった。中国を念頭に置いた南西諸島の防衛が目的。次期中期防衛力整備計画(中期防、2005~09年度)の期間中に予定される第1混成団(司令部・那覇市)の旅団格上げに合わせたい考えだ。
■おお、ついに普通科を先島諸島に前進配備ですか。
恐らく西部方面普通科連隊(三個中隊基幹)もしくは対馬警備隊(二個中隊基幹)の様な離島の防衛警備及び離島災害派遣に特化された部隊が配備されるのではないでしょうか。

自民党宇野治議員によれば

>陸自対馬警備隊を視察。ブリーフィングでは隊員の半分以上が対馬出身者であり若者の就職先として大きなものであり,市長からは増員拡大を要望されている事を聞き部会としても対応を考えねばとの声も上がった。
自衛隊部隊視察 2004.09.21

と隊員の半数がジモティー(地元民)であるというのは貼り付け部隊の対ゲリラ戦では非常に有効ですね。
また、何の本で読んだか忘れましたが災害に際して「我が家で死ぬ!」と言い張るお年寄りを地元の消防団員が一人一人説得して回って全員避難させたという話を読んだことがありますが、赤の他人よりはどこどこの誰々も息子、孫の方が-特にまだ村社会の影響力の強い先島諸島では-有効かもしれません。

で、石垣島と宮古島どっち?といわれれば既に空自南西航空警戒管制隊第53警戒群の防空レーダーがある宮古島の方が確率が高いと思います。
特にこの頃注目されている下地島のすぐ隣という利点と宮古島から下地島に隣接する伊良部島まで「伊良部架橋」を建設することも決まっているそうで、2005年着工・8~10年後に開通見込みだそうな。
ちなみに伊良部=下地島の電力は宮古島の火力発電所から海底ケーブルで供給されているそうで、以前通信用の海底ケーブルが何者かによって切断されるという事件がありましたが、下地島に基地を設営する際はこの点はどうにかした方がいいと思います。

さて、その下地島では
自衛隊誘致で緊急動議 伊良部町議会が可決の見通し 3月16日10時36分 (琉球新報)
 下地島空港については「軍事利用しない」とする琉球政府と日本政府との間の「屋良覚書」があり、軍への反感が濃い県民感情もあり、可決されれば新たな基地問題として大きな波紋を呼びそうだ。
 推進派議員らは、自衛隊誘致が現実化することで経済効果がもたらされ、財政が潤うとの考え。そのため同町を含む宮古5市町村が推進している合併の動きにも影響を与え、合併賛成から離脱に傾く議員も出てきそうだ。18日に5市町村の各議会で行われる合併決議への影響が懸念される状況となってきた。
 町議会の動きに対し、下地島空港施設労働組合など3団体は14日、浜川健町長と町議会に誘致反対の要請文を提出。町内に立て看板を設置するなど反対運動を開始した。浜川町長は「信ぴょう性のない話。事実だとしても宮古は市町村合併を控えており、新市で検討すればいいと思う」などと述べている。
 伊良部町では2001年、町当局が提案した自衛隊機訓練誘致決議案を町議会が全会一致で可決し、町当局は要請活動を展開した。だが反対論が急速に強まり、03年には町当局も誘致を断念、市町村合併が浮上するなどしたため、いったんは沈静化していた。

<ニュース用語>屋良覚書(確認書)
 1971年、下地島飛行場(空港)について琉球政府の屋良朝苗行政主席と丹羽喬四郎運輸相との間で交わされた文書。(1)下地島飛行場は琉球政府が所有・管理し、使用方法は管理者である琉球政府(復帰後は県)が決定する(2)運輸省として、航空訓練と民間航空以外に使用する目的はなく、これ以外の目的に使用させることを琉球政府に命令する法令上の根拠を持たない。
■と、こう言うことがあったそうで。
念願のF-2配備にまた一歩近づきましたねw

しかし、以前の日記でもお伝えしたように国境の島・与那国島・下地島と石垣島・宮古島では国防に対するものすごい温度差があります。

>宮古市町村会会長の伊志嶺亮平良市長は「最近の防衛庁は、われわれが守ってきた平和憲法の理念に逆行する考え方を持っており、今回のことも危険な兆候だと思う」と指摘。「アジアの国々と平和に共存できる関係をつくるべきで、仮想敵国を想定した政策を展開するのはおかしい。このような動きには断固として反対だ」と語気を強めた。

>与那国町の尾辻吉兼町長は「有事への対応を考えるのは当然のこと。いくら与那国町の人口が少ないからといっても国民なのだから国として国民を守る義務がある。実際にはそのような有事が起こるとは思わないが、転ばぬ先の杖(つえ)として必要なことだと思う」と話した。


ですから、ひねくれ者の私としてはあれほど宮古島をプッシュしたにもかかわらず敢えて与那国島をオススメしますw

空港も石垣空港写真)の滑走路は1500m級で旅客数・貨物量(平成一五年で1,808,091人・10,587t)も年々緩やかな右肩上がりとなっています。
次に宮古空港写真)は2000m級ですがこちらも旅客数・貨物量(平成一五年で1,071,203人・9,953t)は緩やかな右肩上がりか横ばいとなっています。
しかし、与那国空港写真)は現在の所滑走路は1500m級ですが平成13年度より2000m級に滑走路延長事業に着手し平成18年度供用開始予定であり、旅客数・貨物量(79,338人・363t)も石垣・宮古とは比べものにならないぐらい低いわけです。

滑走路は2000m級であればB-767でも離着陸することが可能だそうで無論自衛隊が運用している早期警戒機E-767も離着陸できます。
自衛隊機ではB-747-400を除けば残り全ての航空機が離着陸できます。

1500m級でも戦闘機であれば十分運用できるので与那国島の価値がますます高まるわけですね。
しかも、与那国島では度々自衛隊の配備を国に陳情していますから「渡りに舟」とはこの事です。

その際の問題点としては「台湾と我が国の防空識別圏問題」があげられます。

【国境警備】 与那国島と防空識別圏 【西方シフト】へ続く)
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-16 00:00 | 国防・安保問題
2005年 03月 15日
【金東煥の壁】 第42回「バカの壁・再」33 【越えられない壁】
第42回「バカの壁・再」33

おしらせ 2005年3月15日 2時15分14秒 (kimdongsung)
たいへん心苦しいのですが某S氏さんはコメントを当分の間ご遠慮ください。
その乱暴な言葉遣いやマナーの悪さは、いい加減手に負えません。
しかし、いきなり出入り禁止にするのもフェアではありません。
明日(といっても日付がかわったので今日ですね)私がパートの仕事から
帰ったときくらいに設定したいと思いますので、それまでの間、
弁明の機会を与えることにします。
なにか言いたいことがあれば(↓)にどうぞ。
■おやおや、とうとう言論統制ですか。
しかも

>いきなり出入り禁止にするのもフェアではありません。

って、言論の自由という言葉の意味を辞書でひくべきですねw
結局はあの人この人その人と同じだったということですね。

まぁそれ以前に

>某S氏さんのマナーの悪さはあちこちで問題になっています。とりわけ女性やご年配の方への汚い表現・マナーの悪さには許せない行為と思っております。
>そのため自分の意見をゴリ押ししているような印象を受けてしまうのです。しかし、あまりそれをたしなめる人が少ないのも残念です。
>あと某S氏さんに限りませんが私に対する差別発言もかなりあります。(日本に住んでいる人に向かって「自分の国に帰れ」とか)
2005年03月14日 17時44分14秒

と、CELLOとという全く今までの流れを知らない「いっちょかみ」の書き込みの尻馬にダボハゼよろしく食い付いていきなり本題と関係ない「日記の内容と全く関係の無い中傷」を言い出しても

>私が愚痴(いうなれば独り言を)言っただけですけど?ですから、すぐに話が逸れたので本題に戻そうとしたのです。
>軽く流してくれればいいものを、執拗にからんできたのは、まさに「痛いところを突かれた」からでしょうか。
>ああ、某S氏さんは中傷と受け取ったのですね。でも本当のことを指摘したまでです。

2005年03月15日 02時10分45秒

「誹謗中傷じゃなくて愚痴、すぐに本題に戻したらOKで、私が誹謗中傷しても貴方が軽く流せばいい、軽く流さずに執拗にからんできたのは、誹謗中傷されたからじゃなくて痛いところを突かれたから」などと言う人がマナーを言っても片腹痛いだけですね。
そう言えば朝鮮半島の中の人も自分のことを棚に上げて相手を指摘する癖がありますが偶然ですが良く似ていますね。

どうか、日本人なら日本人らしく、朝鮮人でも人間として最低限の礼節と議論のエチケットを身につけてから議論に参加してください。

で、書き込みでも。
良言耳に難し 名無しさんは創氏改名中さん (2005年03月15日 03時34分16秒)
言葉遣いは兎も角、マナーで言えば管理人、貴女が一番悪い。
自分に都合の悪い書き込みはすべて無視し、都合の良い書き込みにだけは即座に反応する。
そのような態度ばかりを続ける人間がマナーをいいますか?

極端に言えば、貴女は賛同者を集めたいだけの精神的自慰に耽っているだけの人間です。

とうとうやってしまいましたね Pulfieldさん (2005年03月15日 06時45分07秒)
今まで貴方がぼたんの花氏やピレネー山脈氏より勝ってた唯一の美点を自ら捨てて、彼らや米国自民党氏と同レベルまで堕ちてしまいましたね。
結局貴方も持論が受け入れられないから言論統制に走る訳ですね。失望しました。
上記の名無しさんは創氏改名中さんのコメントが短いながらも全てを表してます。
結局貴方も軍を否定して平和を唱える自分に酔ってるだけです。

終了? 観客さん (2005年03月15日 08時48分36秒)
ピレネー山脈氏やぼたんの花氏同様、遂にkim氏も某S氏の足元にひれ伏すことになりましたね。 
危険な状況から逃げ出すというのは人間の防衛本能ですから私はkim氏に対して何も言いません。


でもほかの左派系ブロガーのように殻に閉じこもって念仏を唱え続ける姿を想像すると、あまりにも不憫でなりません・・・
■Pulfieldさんも仰っているように名無しさんは創氏改名中さんの書き込みは秀逸ですね。

まぁ反論されるのが嫌ならチラシの裏にでも書いてなって事ですよ。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-15 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 03月 14日
【イラン核開発】 オペレーション・バビロン再び? 【イスラエル】
イスラエル、イラン核施設への奇襲を計画=英紙 3月14日12時49分 (ロイター)
 [ロンドン 13日 ロイター] 13日付の英サンデー・タイムズ紙は、イスラエルが、イランの核開発計画断念に向けた外交努力が失敗した場合に備え、イランの核施設を奇襲攻撃する計画を立てていると報じた。
 同紙は、シャロン・イスラエル首相と首相の非公式の諮問委員会が、先月の私的会合で、イランに対する一方的な攻撃の「初期権限」を承認したと伝えた。
 一方、米国は、外交努力が失敗に終わった場合は、イスラエルの行動を阻止しないとの姿勢を示唆しているという。

 同紙はイスラエル治安筋の発言として、「イランの核兵器製造計画を断念させるためのあらゆる努力が失敗した場合、米国はイスラエル政府に対し、攻撃を承認するだろう」と伝えた。
 イラン政府は、核計画は発電目的に限定されるとしているが、欧米は、イランがこのプログラムを核兵器製造に転用する可能性がある、と懸念している。


イスラエル、イラン核施設への奇襲を計画=英紙
3月13日、英サンデー・タイムズ紙は、イスラエルがイランの核施設を奇襲攻撃する計画を立てていると報じた。
写真は昨年10月、イラン中央部に建設中の重水炉。共同取材写真(2005年 ロイター)
(ロイター)12時49分更新

■うわ・・・もはや脅しと思えないw
あの国はガチでマジですからね、何と言っても国是が「殺られる前に殺れ」で、イラクの原子炉を吹っ飛ばした実績がありますから。

まぁちなみにそのとき吹っ飛ばした原子炉に技術提供していたのはイラク戦争に反対したフランスという皮肉w

まぁ完成して操業中の原子炉を吹っ飛ばすと色々とややこしいから、やるとすれば完成前、そうなれば時間は限られてきますが・・・。

参考リンク
イスラエルWikipedia
バビロン作戦パックス ジャパニカーナ
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-14 02:00 | 海外時事問題
2005年 03月 14日
【国連疑獄】 数百万ドルと正しい報告 【フセインの暗躍】
国連高官へ贈賄図る 旧政権「数百万ドルの用意」 査察担当者証言 3月12日2時50分 (産経新聞)
 【ニューヨーク=長戸雅子】イラクの旧フセイン政権が、同国の大量破壊兵器査察を担当していた国連高官に、政権に有利な報告をする見返りに巨額のわいろの提供を持ちかけていたことが分かった。
 国連の「イラク石油食糧交換プログラム」をめぐる不正事件を調査している独立調査委員会(ボルカー委員長)の関係者の話としてロイター通信が十日伝えたもので、独立委員会が、一九九〇年代にイラクで活動していた国連大量破壊兵器廃棄特別委員会(UNSCOM)のロルフ・エケウス委員長(当時)から事情聴取して判明した。
 エケウス氏によると、国連との交渉を担当していたイラクのアジズ副首相(当時)が「正しい報告をすれば数百万ドルを用意する」と持ちかけたが、エケウス氏は「これは(母国の)スウェーデンでの仕事のやり方ではない」と断った。
 エケウス氏は先月、オランダのハーグで独立委員会からの聴取を受けた。
 独立委員会は二月に発表した暫定報告書で、プログラムの最高責任者だった国連幹部に「倫理的に不適切な行為」があり、不明朗な現金収入が存在することを指摘したが、この幹部が個人的に利益を得たかどうかについては結論を示さなかった。
 しかし、エケウス氏の証言は、旧フセイン政権が国連高官にわいろ攻勢をかけていたことを示すもので、こうした接触がどこまで行われていたのか、今後の調査が注目される。

 独立委員会の関係者はまた、同委員会が来週にも、同プログラムをめぐる不正関与の疑惑が浮上しているアナン国連事務総長の息子についても報告を発表する予定だとしている。
■まぁ国連の中の人も大変ですね。
個人的には調査が進んで日本人の国連幻想が払拭できればと思いますが、まぁ報道されないでしょうな。
さて

>「正しい報告をすれば数百万ドルを用意する」

一つだけ言えることは正しい報告に賄賂はいらないってことですねw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-14 01:00 | 海外時事問題
2005年 03月 14日
【浄水場】 ODAとサマーワ情勢 【救急車】
浄水場改修、初めて着手=処理能力倍増、5万人に供給-サマワ近郊で陸自 3月13日17時0分 (時事通信)
 【サマワ13日時事】イラク南部サマワで活動中の陸上自衛隊は12日、サマワ郊外のワルカ浄水場の改修工事に着手した。陸自はこれまで学校や道路などの補修はしているが、浄水場の改修は初めて。防衛庁によると事業費は約1億円。工期は約3カ月で、浄水能力は現在の1日当たり4000トンから8000トンに倍増し、付近の住民約5万人に供給する。
b0062429_13114046.jpg
イラク派遣・浄水場改修、初めて着手
イラク南部サマワで活動中の陸上自衛隊は12日、サマワ郊外のワルカ浄水場の改修工事に着手した。
陸自はこれまで学校や道路などの補修はしているが、浄水場の改修は初めて。
写真は工事の開始状況を確認する隊員(時事通信社)16時41分更新

■言うまでもありませんが本来は自衛隊による復興支援は非効率的です。
では、何故自衛隊がイラクまで出張っているのかといえば、ご存じのようにイラクの治安状況は民間企業の活動を許さないからですね。

治安状況さえ良好とは言わないまでも普通であればこう言う比較的大規模な事業は民間にやらせる方が費用対効果の面からも有効なのです。
例えば道路・橋や病院・学校を直すと言うのは軍隊の工兵が最も得意とするところですが、例えば電力不足を解消するために発電所を建てるとなると能力を超えます。
ここにイラク・サマーワで自衛隊の抱えるある種のジレンマがあります。

それを根本的に解消するためには、例えば過去日記で取り上げた「自衛隊、警察官、海上保安官、文民専門家などの海外派遣恒久法」・・・私は勝手に「国際平和協力活動基本法」と呼んでいますが、その法案の骨子に

・政府開発援助(ODA)が開始されるまでの「つなぎ」として現地部隊による無償資金供与制度を新設。

と言う一文がありましたがこう言う形で文民が活動できるまでの間、軍隊に代行させると言うことも必要になるわけです。
これがまさしくサマーワ・ジレンマを繰り返さない為の根本的治療法なのですが、この法案は公明党の強い反対に遭い今国会への法案提出は見送られましたとさ。

どっとはらい。

参考リンク 
【田英夫】 自衛隊海外派兵断固反対! 【と言ってみるw】
国際平和協力本部事務局

救急車32台供与=ODAでサマワの病院などに 3月14日9時1分 (時事通信)
 【サマワ14日時事】イラク南部ムサンナ州サマワの陸上自衛隊宿営地で13日、日本政府の政府開発援助(ODA)で購入された救急車32台(約1億4000万円)の州保健局への供与式が行われた。州内の4つの病院と救急センターに配置される。
 州保健局長は「外務省による医療機材の提供と、自衛隊による医療支援に心から感謝したい」とお礼の言葉を述べた。陸自業務支援隊長の岩村公史1等陸佐は「救急車には無線機もついており、患者を迅速に医療機関に搬送できる」と話した。
b0062429_13124687.jpg
イラク派遣・救急車を引き渡し
日本の政府開発援助(ODA)で購入された救急車がイラク側に引き渡され、
宿営地を出発するのを見送る陸上自衛隊員(13日、イラク南部サマワ)
(時事通信社)09時18分更新

■まぁ我が国としてやれることはやっているわけですね。
しかし、我が国が供与した救急車に日の丸が一つも付いていないのはどうしてなんでしょうか?

>「外務省による医療機材の提供と、自衛隊による医療支援に心から感謝したい」(ムサンナ州保健局長)
>「救急車には無線機もついており、患者を迅速に医療機関に搬送できる」(業務支援隊長岩村1佐)

心から感謝してくれるのは嬉しいんですが、もっと一般市民にも我が国の貢献だと理解できるように適切に対策を講じていただきたい訳です。
無線機の前に日の丸つけろと小一時間。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-14 00:00 | 自衛隊・イラク関連
2005年 03月 13日
【誤射?】 伊記者の護送車写真発見 【陰謀?】
<イタリア首相>米国に誤射事件の真相究明を要請 3月10日10時17分 (毎日新聞)
 【ローマ支局】バグダッドでイタリアの治安当局員や女性記者が米軍の銃撃を受けて死傷した事件で、ベルルスコーニ伊首相は9日、上院で報告し、米国に対し「真相を究明し、責任の所在を明確にするため、最大限の協力」を要請したことを明らかにした。
 治安当局員は4日、武装勢力から解放された女性記者とともにバグダッド空港に向かう途中、米軍の銃撃を受けて死亡した。首相は報告で、治安当局員らを乗せた車両は低速で走行し、ライトを浴びて停車したと説明。猛スピードで近付き、警告を無視したとする米側の主張に反論した。
 また、治安当局員が空港に向かう途中、空港で米当局者とともに待機していた伊当局者に連絡を入れていたことも明らかにした。ただ、首相は「真相究明にはなお時間が必要だ。米政府も真相を隠すようなことはしない」と述べた。
 一方、伊大統領府は9日、ブッシュ大統領がチャンピ大統領に親書を送り、「両国が共同で悲劇的な事故について徹底的な調査を行う」と約束したことを公表した。
■さて、そろそろ注目されなくなったこの話題をまた取り上げますが「ファブリッツィオ・クアトロキ氏の対極」(反MSM)に撃たれたイタリア側のクルマの写真がありました。

b0062429_9145931.jpg
Repubblica.it/Galleria : Sgrena, le foto dell'auto:


写真を発見したのは「反MSM」というブログなんですが、その写真の出所はイタリアの新聞Repubblicaのギャラリーで、写真は全部で6枚あるんですがクルマの全景がうつってるのはこの一枚。

え~とりあえずこの写真から分かるのは

・左助手席の窓ガラスが割れている。
・左前輪がパンクしている。
・数百発も撃たれた様には見えない。


ことですかね。
この写真では窓ガラスは空いてるだけかの様にも見えますが5枚目の写真から割れていることが分かります。
また1枚目の写真からフロントガラスにも弾痕らしきモノがあることが分かります。

またTVを見る限り彼女は「戦車(装甲車?)に撃たれた!」と言っているという報道もありますが私には少なくとも戦車から撃たれた弾痕とは思えません。
例えば

M1A2エイブラムズ戦車
・120mm滑空砲
・12.7mm機関銃
・7.62mm機関銃

M2/3ブラッドレー歩兵戦闘車
・25mm機関砲
・TOW対戦車ミサイル
・7.62mm機関銃

を装備しているわけですが、彼女が証言するように「米軍が暗殺を企図」していたと仮定しましょう。
私が暗殺指揮官であれば何の迷いもなく120mm滑空砲かTOW対戦車ミサイルを選択しますねw
まぁどんな武器を選択したとはいえ少なくとも第一撃で撃ち漏らした彼女と二人の情報部員は確実に仕留めるでしょうね。

車載であれば120mmや25mmなら木っ端みじん、12.7mmや7.62mmでも木っ端みじんの一歩手前の蜂の巣になりますから、そうなると発砲したのは検問所にいた歩兵と言うことになるでしょう。
となればM-16小銃M249ミニミ機関銃と言うことになりますが、ピンポイントで当たっていて複数の弾痕が見えないので恐らくはM-16による警告射撃じゃないかなと推測します。

さて、前述のブログではこう言う記述もありました。

Scared Monkeysが車の写真をみた後、考えられる3つのシナリオを示した:

>1.アメリカ兵は複数の弾丸を同じ穴に通す事ができる素晴らしい射手である。
>2.アメリカ兵は車に向かって300~400発撃ってそのほとんどを外す酷い射手である。
>3.ズグレナはアメリカ嫌いの自身の目的のため事故を利用している嘘つきの腐れ共産主義者である。


さて、真実はどれでしょう?w
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-13 00:00 | 海外時事問題
2005年 03月 12日
【サマーワ情勢】 スマトラ支援と軍隊と 【スーダンPKO】
自衛隊向け活動、豪軍360人が担当…最高司令官 3月12日1時43分 (読売新聞)
 【シドニー=樋口郁子】オーストラリア軍のピーター・コスグローブ最高司令官は11日、連邦議会委員会で、イラク南部ムサンナ県に派遣される豪軍増派部隊計約450人について、「戦闘部隊約360人が自衛隊のための治安維持活動にあたる」と語った。残りはイラク軍の訓練を担当するとしている。

 また、ヒル国防相は同日、増派部隊隊長に、イラクやアフガニスタン、東ティモールでの活動経験があるダーウィンの第二機甲連隊のロジャー・ノーブル連隊長(中佐)を任命した。
■豪軍主力の任務はあくまでサマーワの治安維持と言うことですね。
さて
スマトラ支援で自衛隊撤収=6千人診察、空輸242トン 3月10日7時1分 (時事通信)
 インドネシア・スマトラ島沖の巨大地震と津波で、最も大きな被害を受けた同島アチェ州で、約2カ月間にわたって被災地支援活動を続けてきた陸海空3自衛隊がすべての活動を終了し、10日に撤収。計1000人の隊員は今月下旬までに帰国する。
 防衛庁によると、陸自はスマトラ島で約6000人を診察、約2300人に予防接種。マラリアなど感染症予防のため、東京ドーム10.3個分に当たる約13万平方メートルを消毒した。空自は救援物資242トンを空輸し、405人を運んだ。海自は輸送艦のホーバークラフトで復旧工事に必要な重機などを同島西海岸の被災地へ運んだ。
■本当にお疲れ様でした。
活動実績を引用しますと

>陸自はスマトラ島で約6000人を診察、約2300人に予防接種。マラリアなど感染症予防のため、東京ドーム10.3個分に当たる約13万平方メートルを消毒した。
>空自は救援物資242トンを空輸し、405人を運んだ。
>海自は輸送艦のホーバークラフトで復旧工事に必要な重機などを同島西海岸の被災地へ運んだ。


約一個大隊程度という比較的少ない人数で非常に良くやっていただけたと国民の一人として感謝致しております。

まぁ毎度お馴染みあの人にはとやかく言われましたが、特に海自のLCAC(ホバークラフト)を使ったの活動は過去日記でも取り上げたように軍ならではの支援と言えます。
繰り返し言っているように軍隊の災害時の役割は「大規模人員投入能力=マンパワー」「ヘリコプターなどによる輸送力」で、これらの能力は他の公的機関にはない軍隊特有の能力です。
他の公的機関にこれらの能力がないのは平時には何の役にも立たないからで、軍隊が平時から無駄の保持を許されているのはひとえに「軍隊の第一義的役割はそこに存在することによる抑止力」だからですね。
平和主義者の方々は良く勘違いされますが、軍隊が実際に武力を用いるのはあくまで第二義的な役割と言うことです。

そう言う意味では、我が国の自衛隊は世界一優秀な軍隊と言えます。
何と言っても先の戦争が終わって以来一度たりとも戦争をこちらからすることなく向こうからされることもなく、一部心ない罵詈雑言に耐え日々任務に精勤することによって我が国の平和と安定と繁栄に大きく寄与してきたからですね。

例えば米軍とかイスラエル国防軍みたく始終ドンパチやっている軍隊というのは確かに「精強」で「優秀」だろうけれど、根本的な本質的な所で何か間違ってんじゃないかと思う今日この頃、まだまだ勉強が足りません。

さて、同じ人道復興支援でもアメリカが関わると全否定されるのが
心臓病の5歳女児を搬送 イラクから空自輸送機で 3月6日16時58分 (共同通信)
 先天性心臓疾患のイラク人女児(5つ)に米国で手術を受けさせようと、航空自衛隊が2月、C130輸送機でイラク南部タリル空港からクウェートまで女児を運んでいたことが6日分かった。空自はクウェートを拠点にイラクとの間で米兵や物資を運んでいるが、イラク人患者の輸送は初めて。手術は成功し女児は米国で療養中だ。
 防衛庁航空幕僚監部は「今回はまさに人道復興支援活動。条件が整えば今後も積極的に取り組みたい」と話している。
■イラク人道復興支援です。
これも前々から言ってきたようにイラク復興支援は国連安保理決議に基づく国連安保理の国連加盟国への貢献の要請なんですね。

日本でイラク支援が語られる際にはいつもこの肝心な客観的な大義名分がいつも抜けてその代わり米帝のポチと言うどうでもいい主観的な意見が入り込んでくるわけですねぇ。

しかも

「貴国(日本・某S氏注)は安保理決議の要請に応え、窮状に立ち向かうイラクに対し、称賛されるべき連帯姿勢を示した。復興に対して寛大な貢献を表明。困難な議論を経て、人道復興支援のためサマワに自衛隊を派遣した。」国連事務総長 国会演説 東京 2004年2月24日(仮訳)・外務省HP)

というアナン国連事務総長の演説は無視されていますw
そりゃあ何の法的拘束力はないとはいえ国連事務総長たる人が「人道復興支援のためサマワに自衛隊を派遣した」って言っちゃぁねぇw

参考リンク
【総力特集】 多国籍軍参加問題 【徹底解説】
【総力特集】 多国籍軍指揮権問題 【徹底解説】(「バカの壁」避難所)

スーダンに調査団派遣 PKOで治安情勢把握 3月8日21時6分 (共同通信)
 政府は8日、スーダンで国連平和維持活動(PKO)が行われる見通しになったことを踏まえ、現地の治安情勢などを把握するため、スーダンと、隣接するケニアの両国へ担当者を派遣した。調査結果を踏まえ、PKO派遣の国連決議後に、派遣問題について政府内で正式に検討する方針。
 派遣されたのは内閣府国際平和協力本部事務局、外務省総合外交政策局、同中東アフリカ局の3人で、10日まで現地に滞在して治安情勢や生活環境、現地のニーズなどを探る。
 治安情勢への不安などから大規模な自衛隊の部隊派遣には防衛庁を中心に慎重意見が根強い。外務省幹部は「スーダン情勢を把握するための派遣であり、自衛隊派遣を決めているわけではない」と強調した。
 これに先立ち細田博之官房長官も、国連のゲーノ事務次長(平和維持活動担当)との会談で「検討を始めたばかりで、結論を言う段階にはない」と述べるにとどめた。
■いつも不思議に思うんですが

>派遣されたのは内閣府国際平和協力本部事務局、外務省総合外交政策局、同中東アフリカ局の3人

何で自衛隊の武官は一人も派遣されないのでしょうか?
内閣府や外務省のお役人文官にどうやって現地の脅威度・治安状況・軍事的脅威の有無を見分けろと言うんでしょうか?

「餅は餅屋」という諺がありますが、どうやら軍事の分野ではまだまだのようです。
で、繰り返し日記で言ってきたようにソマリアPKOの時のように「はじめに派遣ありき」で調査団を派遣されても実際に派遣される現場はたまったものじゃない訳ですが今回は

>スーダン情勢を把握するための派遣であり、自衛隊派遣を決めているわけではない

とのことでとりあえずは安心しています。
まぁ「政治の貧困が国民や兵士に犠牲を強いる結果に繋がる」と言う最悪の事態が起きないように、私は「任務遂行のための武器使用」を認めない限りPKF本体業務には参加すべきではないと陳腐なアジテーションを飛ばし続けるのです。

「PKOでもPKFでも任務完遂してみせるわ。
でも法律で手足を縛るのだけはかんべんね。」
(By防衛庁・自衛隊の中の人)

[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-12 00:00 | 災害関連
2005年 03月 11日
【サマーワ情勢】 治安維持はイラク人の手で 【ドラコビッチ】
「イラク人の手で治安を」=宿営地近くに警察学校-陸自サマワ 3月11日7時1分 (時事通信)
 【サマワ11日時事】イラク南部ムサンナ州サマワの陸上自衛隊宿営地近くに警察学校が10日完成し、開所式が行われた。カリーム・ミナヘル州警察本部長は「イラク人の手で治安を維持できるようにしたい。これまで訓練を指導してくれたオランダや英国軍に感謝したい」「イラク人の手で治安を維持できるようにしたい。これまで訓練を指導してくれたオランダや英国軍に感謝したい」と述べた。
 式典にはオランダ軍と英軍の司令官も参加した。警察学校は陸自宿営地の東約2キロの旧イラク軍基地跡地を整備して、建設された。
b0062429_0405798.jpg
宿営地近くに警察学校-陸自サマワ
サマワの陸上自衛隊宿営地の東約2キロの旧イラク軍基地跡地に
建設された警察学校の開所式で、行進するイラク警察特殊部隊。
式典にはオランダ軍と英軍の司令官も参加(10日、イラク)
(時事通信社)09時04分更新

■いや~

>イラク人の手で治安を維持できるようにしたい。これまで訓練を指導してくれたオランダや英国軍に感謝したい

こう言う心意気が復興への第一歩ですね。
一方蘭軍宿営地の返還も・・・
サマワ郊外からも撤収=宿営地1カ所に-オランダ軍 3月10日7時0分 (時事通信)
 【サマワ9日時事】陸上自衛隊が活動するイラク南部ムサンナ州で治安維持活動をしてきたオランダ軍は9日、サマワ郊外のルメイサ市の宿営地から撤退した。宿営地はイラク警察に返還された。
 これにより、同州内で治安維持任務に当たる多国籍軍の宿営地は、オランダ軍に代わって英軍が駐留を開始したサマワのキャンプ・スミッティだけとなった。
■順調のようです。

一部には英国がイラクの旧宗主国と言うことで住民感情の悪化も言われていましたが・・・
「住民の感情悪化ない」 英軍移管で陸自指揮官 3月8日20時42分 (共同通信)
 イラク南部サマワで活動する陸上自衛隊第5次イラク復興支援群の太田清彦群長(48)は8日、同部隊の主力の第10師団司令部がある守山駐屯地(名古屋市守山区)と現地を結ぶテレビ電話で記者会見した。
 現地の治安維持任務が7日にオランダ軍から英軍に移管され、情勢悪化が懸念されることについて、「サマワ住民の感情悪化は感じられない」と強調。英軍は、オランダ軍約1400人に対し約600人で治安維持に当たるが、「イラク治安部隊の成長を見つめる必要がある。人数の変化は治安に影響しない」と述べた。
 また、隊員は日本のニュースを現地で知ることができると紹介。「殺人事件などが多く、サマワの方が安全なのかなという気もする」と話した。
 同駐屯地でのテレビ電話会見は初めてで、今後は月2回程度開かれる。
■影響はないとのこと、イラク治安機関の成長も治安の安定に一役買っているようです。
治安の安定は復興への大きな鍵ですからね。

さて、こんなニュースも飛び込んできました。
講演会:元米軍医、劣化ウラン被ばくの調査報告 自衛隊員の被害懸念--京都 /大阪 3月11日17時5分 (毎日新聞)
 ◇イラク・サマワ派遣の米帰還兵が被ばく
 イラク・サマワへ派遣された米国の帰還兵が劣化ウランに被ばくし、体調を崩したとの調査結果を、「ウラニウム医療研究センター(UMRC)」のアサフ・ドラコビッチ所長が9日、京都市上京区の同志社大で報告した。同地に駐留する自衛隊員への健康被害を懸念した。
 UMRCは米国などに拠点をおく民間研究機関。ドラコビッチ所長によると、ウラン汚染が確認されたのは、イラク戦争が終わった後の03年6月から2カ月、サマワに滞在した米兵。検査した9人のうち4人の尿から劣化ウラン、7人から人工のウラン236を検出した。放射能を帯びた空中の微粉末を吸い込んだとみられる。米軍が劣化ウラン弾など放射性兵器を使った証拠だという。「ガンや遺伝子異常につながる」と警告した。
 またUMRCは03年9月、イラク国内の10都市で住民たちも検査した。激しい地上戦のあった南部バスラの住民から、高濃度の劣化ウランとウラン236を検出した。ドラコビッチ所長は「罪のない市民が犠牲になっているのに、政治家は事実を隠そうとしている。科学的な事実で、彼らのうそを暴かなければならない」と訴えた。
 ドラコビッチ所長は元米軍医で放射線医学が専門。湾岸戦争(91年)から帰還した米兵の劣化ウラン被ばくを研究、治療したため軍を解雇された。96年にUMRCを設立。日本では「UMRCイラク・ウラン被害調査カンパキャンペーン事務局」(ファクス072・331・1919)が活動を支援している。【花岡洋二】

3月11日朝刊
■はて、アサフ・ドラコビッチ・・・どこかで聞いたような・・・?

ああ!私の記憶が正しければこの人の研究所からは他の研究所では出ない検査結果が出ることで有名だったと思いますが・・・w
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-11 00:00 | 自衛隊・イラク関連
2005年 03月 10日
お知らせ。
花粉症が酷いのとHDDのパテーション吹っ飛ばしたので暫く更新お休みします。
余力があれば更新しますが期待しないでください・・・orz
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-10 00:00 | 書きかけ・分類不能