当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2005年 01月 11日
【国内時事】 共産党と住居侵入 【なんのかんの】
「津波避難ビル」指定、内閣府が指針策定へ 1月11日3時13分 (読売新聞)
 内閣府は、津波発生時の避難先として「津波避難ビル」を地方自治体が指定する際の指針の策定を進めている。

 インドネシア・スマトラ島沖地震での津波被害を受けて、今後の作業を急ぎ、3月中に完成させる方針だ。

 「津波避難ビル」は、住民が津波を避ける高台などがない海岸地域の自治体が、比較的高層の建物の所有者の協力を求め、避難場所に指定する仕組み。宮城県気仙沼市や静岡市、高知県須崎市などが既に、病院や漁協、自治体庁舎の屋上、ホテルやマンションなどを指定している。

 しかし、内閣府が昨年11月、海岸線を持つ全国630の市区町村にアンケートを実施したところ、9割近くがこうした制度を持っていなかったため、全国的な指針を策定し、制度の導入を促すことにした。

 これまでの検討では、指針には、〈1〉避難勧告・指示は震度4以上とする〈2〉ビルのカギの管理について所有者と住民、町内会、自治体があらかじめ協議する――などを盛り込む方向となっている。ビルへの案内看板も全国共通のデザインを決める予定だ。
■早速教訓を取り入れるのはよいことですね。
地震大国である我が国にとって津波対策というのは死活問題である訳で、災害を防ぐ「防災」というのは人災を除けば自然災害に対しては事実上不可能です。
リスクコントロールと言っても自然災害というリスクはどうしようもない訳ですね。

ですから、リスクは必ず起きると想定して「ダメージコントロール」でダメージを極力減らすという方向に切り替えるべきではないでしょうかね。
我が国でも謙虚にインドネシアの教訓を取り入れて災害が起きても被害を減らす「減災」に取り組んで頂きたいと思います。

情報衛星小型化へ 北の監視強化 政府、研究に着手 1月11日2時46分 (産経新聞)
 政府は、北朝鮮核施設などの監視強化を目的に平成二十二-二十三年度に打ち上げる「第四世代型」の情報収集衛星を大幅に小型化し、機動性を高める研究に十七年度から着手する。地上を写真撮影する衛星が、少ないシャッターチャンスで多くの画像情報を入手できるようにするのが狙い。十四年度に打ち上げた現行衛星は重さ約二トン。第四世代型は材質の軽量化や太陽電池パネルの効率向上などにより一・二トンまでスリム化させる考えだ。
 現在、衛星(光学衛星、レーダー各一機)は時速約二万九千キロで地球を南北に周回。シャッターチャンスは衛星が北朝鮮上空を通過する二日に一回、わずか数分間に限られている。衛星の重量がネックとなって方向転換の動作が遅く、ミサイル基地や核施設など複数の施設を短時間に撮影することが困難だった。小型、軽量化で切り替えのスピードが向上し、北朝鮮上空を一度通過しただけで撮影できるようになるという。
 政府は十七、十八年度に現在の衛星と同じ機能を持つ「第二世代型」を打ち上げる予定。二十一年度に打ち上げる「第三世代型」では、五十センチ大の物体の識別を可能とするよう能力アップを図る。第四世代型もこの機能を引き継ぎ、駐機中の戦闘機がミサイルを搭載しているかどうかや、基地に出入りする車種の違いなども判別できるようになるという。
■日本の科学技術がこう言う分野で生かされるんですねぇ。

「女性天皇」共産党が容認、市田書記局長が会見で表明 1月11日19時40分 (読売新聞)
 共産党の市田書記局長は11日の記者会見で、政府が近く女性天皇の是非の検討に入ることに関して、「もともと天皇が男性でなければならない合理的な根拠はない。女性天皇を含めた検討がされることには賛成だ」と述べ、女性天皇を基本的に容認する考えを明らかにした。

 同党は昨年1月に改定した綱領で、天皇制存続を当面容認する方針を打ち出したが、女性天皇の是非については明言していなかった。
■うほっw
とうとう共産党まで天皇制を容認しましたか・・・
で、
ビラ配りで共産党支持者起訴=違法性高いと東京地検-男は「政治活動」主張 1月11日20時0分 (時事通信)
 東京都葛飾区のマンションに無断で侵入し、共産党のビラを配ったとして、東京地検は11日、住居侵入罪で同党支持者の僧侶の男(57)を起訴した。男は「政治活動のために入った。罪になるのはおかしい」と供述したという。地検は、住民が無断侵入に不安を覚えた上、各戸の玄関前まで立ち入っていることから、実質的な違法性が高いと判断。さらに、男が反省していない点も考慮し、起訴に踏み切った。
■さて、「【縮小版】 裁判所の中の人も・・・ 【差し替え】」でも勘違いバカについて語りましたが、この前の判決を勘違いしたアカが・・・もとい、アホが訳の分からんことを言っています。

男は「政治活動のために入った。罪になるのはおかしい」と供述したという。

この男は政治活動の為なら住居侵入罪が罪になるのはおかしいと言っている訳です。
・・・「バカにつける薬はない」って事ですか。

南野法相、ハンセン病の差別的表現繰り返す(読売新聞) 1月11日0時37分 (読売新聞)
 南野法相は10日、島根県平田市であった島根県議(自民)の新春の集いで、ハンセン病に言及し、「法務省でも『らい』の問題について啓発が必要なので予算をお願いしました」などと、旧病名の「らい」との差別的表現を3回繰り返した。

 元患者の団体は「人権問題を扱う法相として認識不足だ」と批判している。

 南野法相は「看護職にあった長い期間、ずっと使われてきた名称だったので使ってしまったが、差別や偏見の意識は全くない。今後はハンセン病という名称に統一したい」と釈明している。

 伝染性が強いとの誤った考えからハンセン病患者を隔離してきた旧らい予防法は1996年廃止され、「らい」という表現も法律上、消滅している。

南野法相、ハンセン病の差別的表現繰り返す 1月11日19時30分 (読売新聞)
 南野法相は11日、東京都東村山市のハンセン病国立療養所・多磨全生園を訪れ、ハンセン病に言及した際に旧病名の「らい」という差別的表現を使ったことについて、入所者たちに謝罪した。

 法相は報道陣に「差別で使ったつもりはなかったが、不用意な単語を使ったと謝罪した」と述べた。

 同園入所者自治会長の平沢保治さん(77)は「法相はハンセン病を身近に考えている人で、失言もつい出てしまったものと聞いた。謝罪もあったので、発言についてこれ以上は問わない」と語った。

 法相は同日の閣議後会見でも、「ハンセンという言葉を失念し、長い間看護をしてきたこともあり、つい出てきた言葉で反省している。心からおわびしたい」と述べた。
■習慣というのは恐ろしいというべきなんですかね。

何故「癩(らい、以下ひらがな)病」と呼ばれていたかと言えばこの病気を引き起こす菌が「らい菌」と言うからだそうで、「らい菌」の引き起こす病気だから「らい病」と。
で、この「らい菌」は結核菌に類似したグラム陽性で抗酸性の細長い桿菌(かんきん)で人工培養が困難で細菌学的な性状は詳細には究明されていないそうで、1874年ノルウェーのハンセンが発表しました。
現在ではこの発見者の名前を取って「ハンセン氏病」「ハンセン病」と呼ばれております。

しかし、長い間行われた強制隔離政策が「らい」という語に本来完治する伝染病であり感染力は非常に弱いにもかかわらず「不治の病」「遺伝病」というイメージをつきまとわせ、恐ろしい伝染病という恐怖感を植え付け、排除と差別の用語となってしまいました。

でまぁ念の為に付け加えておきますれば、この「らい菌」の感染力や繁殖力は過去の患者隔離政策において、療養所の職員の中から一人のハンセン病患者も出ていないことからも、感染力・発病力は非常に弱く公衆衛生状態の改善により「らい病」の発生率も大幅に低下しています。
また今では「プロミン」等の特効薬が発見されたことにより「完治する病」になりました。

1952年に「全国国立癩療養所患者協議会」は政府に「ハンゼン氏病」と改めるように要望し、1953年には「全国国立ハンセン氏病療養所患者協議会」と改称されましたが厚生省は「癩」から「らい」とひらがな修正したのみでした。
以後患者側は「ハンセン氏病」と呼び、厚生省は「らい」と呼ぶ状態が続きましたが、患者側は1959年から「ハンセン氏病」、1983年から「ハンセン病」と呼び一般的な病名となってきました。
長い間厚生省や日本らい学会は「らい」という病名を使いつづけてていましたが、1996年に病名を「ハンセン病」に改め、「日本ハンセン病学会」と改称しました。

一番最後まで使い続けてきたのは医学界とお役所だったんですね。


詳しいことは
歴史から学ぶハンセン病とは(厚生労働省)
<特集 ハンセン病>(熊本日日新聞)
ハンセン病(Wikipedia)
をどうぞ。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-11 00:00 | 国内時事問題
2005年 01月 10日
【縮小版】 緊急事態基本法案概要 【東南アジアと日本】
任務格上げ法案成立目指す 自衛隊の国際協力業務 1月11日0時11分 (共同通信)
 【シンガポール10日共同】大野功統防衛庁長官は10日夜(日本時間同)、シンガポールで同行記者団と懇談し、自衛隊の国際平和協力業務を、国土防衛と並ぶ自衛隊法の「本来任務」に格上げする自衛隊法改正案を21日召集の通常国会に提出し、成立を目指す意向を表明した。
 同法改正をめぐっては、自衛隊派遣を随時可能にする「恒久法」の検討作業が遅れており、一時見送り方針を固めたが、スマトラ沖地震の自衛隊派遣など国際平和協力活動のニーズの高まりを背景に、大野氏が通常国会への提出を強く指示した。
 大野氏は記者団に「どんなことがあっても本来任務化は次期国会でやりたい。恒久法も一緒に整備するのが望ましいが幅広い問題があり、少し時間をかけて議論しないといけない」と述べた。
■んん?一旦見送ったのを再復活ですか。
これに関連して
海上テロ対策の協力表明 シンガポールに大野長官(共同通信) 1月10日16時19分 (共同通信)
 【シンガポール10日共同】大野功統防衛庁長官は10日午前(日本時間同)、シンガポールの国防省でテオ・チーヒエン国防相と会談した。大野氏は「海上の安全保障で、防衛庁、自衛隊としてどんな協力ができるか事務的に話をしたい」と述べ、テロの危険性が指摘されるマラッカ海峡のテロ対策に協力する考えを表明した。
 同時に在日米軍再編問題で(1)沖縄など基地負担の軽減(2)米軍の抑止力維持-の原則を強調。「アジアには(紛争発生が懸念される地域の)『不安定の弧』があり、米軍のプレゼンス(存在)は重要だ」と指摘した。国防相は「日本と見方を共有している」と応じた。
 大野氏は、昨年末に決定した新防衛大綱や武器輸出3原則の緩和を説明し「専守防衛を維持して新たな脅威に対応する」と強調。自衛隊の国際平和協力活動を自衛隊法の「本来任務」に格上げする考えをあらためて示した。
■日本の役割を東南アジア諸国も好意的に受け止めているようですね。
中国の軍事的活動注視 大野長官 1月10日20時52分 (共同通信)
 【シンガポール10日共同】大野功統防衛庁長官は10日午後(日本時間同)、シンガポールでリー・シェンロン首相、ジョージ・ヨー外相、リー・クアンユー顧問相と相次いで会談した。大野氏は中国について言及し「脅威と見ているわけではないが、領海侵犯事件や日本の排他的経済水域(EEZ)での調査船の活動、16年連続の国防費2ケタ増などは注視しなければならない」と強調した。
■中国は日本のと言うよりアジア諸国の潜在的仮想敵ですな。

緊急事態で「統合情報会議」設置…自公民の基本法案 1月10日12時38分 (読売新聞)
 自民、公明、民主の3党は9日、大規模テロや大災害などに対処する政府の基本方針を定める「緊急事態基本法案」の概要を固めた。

 首相の権限を強化するとともに、首相の迅速な意思決定を可能にするため、内閣で情報を一元的に分析・評価する組織として閣僚級の「統合情報会議」と、専門家からなる「統合情報本部」を新設することを盛り込む。3党は近く同法案の具体的な条文作りに入り、通常国会での成立を目指す。

 同法案については、緊急事態への対応能力を一段と向上させることを目的に、昨年春、3党が今年の通常国会で成立を図ることで基本合意していた。


 3党がまとめた概要によると、大量破壊兵器によるテロや大規模な災害など国家的な緊急事態が発生した場合、閣議の手続きなどを簡略化し、首相が機動的に自衛隊や警察、各省庁を指揮できるようにする規定を法案に明記する。

 また、緊急事態に備えた政府の情報分析・評価体制について、3党は「各省庁がばらばらに情報の評価などを行う現状を改め、政府として統一した対応をすべきだ」との見方で一致。〈1〉官房長官を議長とし、外相、防衛長官ら関係閣僚が加わる統合情報会議を新たに設ける〈2〉統合情報会議が定期的に、政府が集めた情報を分析・評価し、政府の対応を決定する――との規定を盛り込むことにした。統合情報会議は、特定の情報を優先的に収集するよう関係省庁に指示したり、警察や自衛隊の出動を首相に進言したりできるようにする。

 また、同会議の下に統合情報本部を設け、情報担当の専門家らが警察庁や外務省、防衛庁などの集めた情報を一括して分析・評価する体制を整える。内閣情報調査室の陣容を拡大し、同本部に再編する案が浮上している。
これに伴い、官房長官を議長とする既存の「内閣情報会議」、各省庁情報担当幹部らによる「合同情報会議」は新組織に再編・吸収されることになる。

 同法案には、これとは別に、危機管理対応組織を内閣に新設することも盛り込む。この組織は、武力攻撃事態法や国民保護法に基づき各省庁や地方自治体の活動を指揮・調整するほか、平時にはさまざまな緊急事態を想定した対処方針を作成する。内閣危機管理監や内閣官房副長官補らを中心とした現在の危機管理体制を強化するのが目的だ。
■着々と内務省復活が始まっていますねw

しかし

>首相の権限を強化するとともに、首相の迅速な意思決定を可能にするため、内閣で情報を一元的に分析・評価する組織として閣僚級の「統合情報会議」と、専門家からなる「統合情報本部」を新設することを盛り込む。

ってあーた結局は政府系情報機関の強化でしょうがw
内閣情報調査室」の拡充は去年の三月に平成18年を目処に1000人規模に増員-今までは外務省や警察庁からの出向者とプロパーの84~150人?-すると報道されていましたが、それがこれですかね?
やっとこれで
政府系情報機関「統合情報本部」
軍系情報機関「情報本部」

という、二本柱が出来そうです。
で、一番目を引いたのが

>同法案には、これとは別に、危機管理対応組織を内閣に新設することも盛り込む。

この記述。
これって小川和久氏が「冷めたピザ」こと故小渕首相に提言した「日本版FEMA(連邦緊急事態管理庁・Federal Emergency Management Agency)」ですか?
と思いきや

>この組織は、武力攻撃事態法や国民保護法に基づき各省庁や地方自治体の活動を指揮・調整するほか、平時にはさまざまな緊急事態を想定した対処方針を作成する。

残念・・・orz
「日本版FEMA」については

危機と戦う―テロ・災害・戦争にどう立ち向かうか
危機と戦う―テロ・災害・戦争にどう立ち向かうか
小川 和久【著】
販売価:1,575円(税込)
ISBN:4104501018
新潮社 (2001-11-15出版)


こちら本をどうぞ。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-10 00:00 | 国防・安保問題
2005年 01月 09日
【日韓条約】 実尾島と議事録公開 【684部隊】
シルミド事件: 韓国国防省が真相究明へ 2005年1月7日18時31分 (毎日新聞)
 【ソウル堀信一郎】韓国国防省は7日、映画「シルミド(実尾島)」で脚光を浴びた実尾島事件の真相を究明することを明らかにした。

 実尾島事件は、北朝鮮の金日成(キムイルソン)主席暗殺を目的に、韓国・実尾島で68年に結成された特殊部隊が計画実行直前に中止命令が出たため、71年にソウルで政府軍と交戦した事件。作戦が国家機密だったため、特殊部隊はただの「反乱兵士」という汚名を着せられたが、映画が大ヒットしたことで、真相解明を求める声が高まっていた。

 国防省は昨年、実尾島事件に関する資料を収集しており、4月に専門家で構成する真相究明委員会を発足させる。事件資料を真相究明委で分析し、誰の指示で特殊部隊が結成され、命令中止の後、どのような経緯で特殊部隊殺害指令に至ったのかなどについて事実関係を明らかにする方針だ。

 国防省によると、実尾島の特殊部隊は、68年の北朝鮮特殊部隊による青瓦台(大統領官邸)襲撃事件に報復するため31人で結成され、訓練中に7人が死亡。特殊部隊の行動を鎮圧しようとした韓国政府軍との交戦で20人が死亡し、4人が生き残った。4人は72年の軍事裁判で死刑執行されている。
■このニュースと・・・
韓国:日韓条約締結の議事録公表へ 1月17日に 2004年12月28日19時37分 (毎日新聞)
 【ソウル堀山明子】韓国政府は28日、日韓が国交樹立した1965年の日韓条約締結に向けた交渉記録のうち、請求権をめぐる議事録など5件を1月17日に公開すると発表した。日韓条約の交渉に関する外交文書は日本では非公開で、韓国での公開も初めて。韓国政府は、文書公開を機に改めて被害者団体などから戦後補償問題が提起されると想定し、被害者支援策を検討する対策チームを近く発足させる。

 公開される文書は、日韓条約交渉の第6次会談(61~64年)と第7次会談(64、65年)の外交文書のうち、日韓請求権経済協力協定に関する文書5件で、議事録、訓令、公電など1200ページ以上。同協定は、日本の植民地支配に対する「過去の清算」について、日本が無償3億ドル・有償2億ドルの経済協力を行う代わりに、韓国が財産および個人請求権を放棄することで合意した文書。6次、7次会談の議事録には請求権をめぐり日韓政府が妥結した経緯が記されているとみられる。

 韓国の請求権消滅を確認するため韓国の遺族や被害者団体が同協定に関する文書公開を求めた裁判で、ソウル行政裁判所は今年2月、文書5件の公開を命じた。今回公開されるのはこの5件で、外交通商省は控訴していたが、自主公開した。

 李秀赫(イスヒョク)外交通商次官補は同日会見し、「国民の知る権利を満たす決定で、日本から特別な異議は提起されなかった」と説明した。今後、議事録公開の範囲を拡大する方針という。補償問題については「条約締結自体を問題提起する状況ではなく、外交問題化することはない」と述べ、予想される補償問題も韓国政府が対応する考えを示した。

 日韓両政府とも30年を経過した外交文書は公開対象とする制度が外務省内の規定にあるが、日韓条約に関する文書を公開した場合、日朝国交正常化交渉に影響するとの懸念から両政府の合意の下、公開してこなかった。

 日韓条約を研究する高崎宗司津田塾大教授は「研究分野では非公式に議事録などを入手しており、大筋で新たな事実の発見はないかもしれないが、激しく対立したとされる条約仮署名前後の交渉の経過が判明する可能性がある」と述べた。

(後略)
■このニュース、どうも関連があるような気がするんですがねぇ。

どちらも朴正煕時代の事件ですねぇ。
シルミド事件の「真実」を暴く→朴正煕の悪事が暴露
日韓条約締結の議事録公表→日帝と妥協した朴正煕は売国奴


で、朴正煕の娘「朴槿恵」はハンナラ党の党首・・・

いやいや、まさかねぇw

詳しい説明はJSF.さんの「日韓基本条約締結の議事録公表へ 」をご覧頂くとして、いつののようにどうでもいい方向の話をしてみましょうw

シルミドの登場する通称「684部隊」は正式には「空軍2325戦隊209派遣隊」というらしく映画でも描かれていたように空軍の管轄の特殊部隊です。
映画では死刑囚や無期懲役囚などの犯罪者ばかりが集められたように描かれていますが、実際は空軍の志願兵や一部問題のある軍人、そして一般人であったそうで。
映画の中で死刑囚や無期懲役囚などの犯罪者ばかりが集められたように描かれた事に対して684部隊遺族、『実尾島』上映「取りやめ」求めると言うこともあったようですね。
しかし

>事件資料を真相究明委で分析し、誰の指示で特殊部隊が結成され、命令中止の後、どのような経緯で特殊部隊殺害指令に至ったのかなどについて事実関係を明らかにする方針だ。

この記事では「特殊部隊殺害指令」は事実のように書かれていますが、たしか実際には特殊部隊殺害指令は出ていなかったような気が。
毎度お馴染み「軍事板常見問題」で探したところこんな記事が紹介されていました。
映画「シルミド」の見方 平成16年6月6日 (戦略情報研究所メールマガジン Vol. 16)
(前略)
 あらすじはあちこちで紹介されているのでそれをご参照いただきたいが、
一つだけ指摘しておきたいことがある。この映画の中で一番大事な「国家に
よる部隊の抹殺命令」が作り話だということだ。確かに隊員は1971年8月23日
にバスを乗取ったが、それは待遇の悪化への反抗であり
、バスも自爆ではなく、
持っていた手榴弾の扱いを誤って爆発させてしまったものと推定されている。
また、ほとんど囚人で作られた部隊というのも誇張らしい。

(中略)
 
 684部隊は実在の部隊であり、1968年には青瓦台ゲリラの後にこれとは別
の韓国陸軍の特殊部隊(HID)が報復として休戦ラインを越え北に侵入、いく
つかの軍事施設を爆破している。
これに対し10月には北朝鮮が韓国東海岸の
蔚珍・三渉に120名の特殊部隊を侵入させた。当時は休戦協定以来最も南北関
係が緊張していたときだったが、本当は今も基本的な構造は変わっておらず、
あくまで南北間は「休戦」でしかないのである。映画でも部隊創設の経緯や
訓練などについてはほぼ事実に近い描かれ方をしているようで、その部分だ
けでもこの映画から南北関係の緊張の一端を知ることはできる。
■ここにはハッキリと

>この映画の中で一番大事な「国家による部隊の抹殺命令」が作り話だということだ。

と書かれていますね。
しかし、

>1968年には青瓦台ゲリラの後にこれとは別の韓国陸軍の特殊部隊(HID)が報復として休戦ラインを越え北に侵入、いくつかの軍事施設を爆破している。

と言うのが真実であれば「684部隊が邪魔になった朴正煕が抹殺指令を出した」と言う主張の根底が崩れますね。
で、さらに調べてみるとこんな現代コリアにこんなコラムが。
現代コリアコラム 映画「シルミド」を評す (金智慧)
 (某S氏注・国家権力が、特殊部隊の抹殺を指令した問題についての)結論をいうなら、南北の関係改善の障碍になる恐れができたので「シルミド部隊員」を抹殺せよとの指令は存在していなかったのだ。何故なら当時の朴正熙大統領が、今日の金大中ら左翼政権のように平壌(金正日)の機嫌を窺って「シルミド部隊」の存在を消すようにした可能性はゼロだからである。

  朴政権時代を韓国で生きた人間なら、どんな立場の人でも朴政権が、緊張緩和のために「シルミド部隊員」「抹殺指令」を出したなど信ずるものはいない。いたとしたら共産主義と毅然として戦ってきた朴正熙政権時代を意図的に知らせない、また、知ろうとしない人たちであろう。

 また、同じ時期に、同じ特殊部隊が陸軍と海軍に存在していたし、今でも存在している。

 この事実こそが、過去の権力者が、国際情勢の変化を理由に「シルミド部隊員」が邪魔になったから「抹殺指令を出した」という嘘を、完膚なまでに打ち砕く証拠である。

 金大中政権出現以来、最も憎むべき平壌の野蛮的独裁体制の批判はせず、歴史的には「反日」、唯一の同盟国米国に対する「反米」だけでなく、やがて自分の国の正統性をも否定する反逆、自殺行為に走ったのである。
■こちらにも

>同じ時期に、同じ特殊部隊が陸軍と海軍に存在していたし、今でも存在している。

と言う形で抹殺指令の虚構が指摘されています。
私も個人的にはいくら邪魔になったとはいえあの朴正煕が抹殺指令を出すとは思えないんですねぇ。
で、「日本革命的共産主義者同盟中央委員会」と言ういかにも電波ユンユンな所に面白い記事がありました。
韓国は、いま 映画「実尾島」 ()
 ところが映画を見て気がかりになった。北韓は特殊部隊である124軍部隊所属の最精鋭現役将校31人を南派して青瓦台(韓国大統領府)襲撃事件をひきおこしたが、なぜ韓国は軍番号も階級もない市井の人々によって684部隊を編成したのだろうか。684部隊の最後の訓練兵ミノのセリフのように、国家は「だれにも知られず使い、だれにも知られず消してしまう計画」だったのだろう。
 また別の構造的原因は当時、韓国軍の戦時・平時の作戦統制権が、すべて駐韓国連軍司令部にあったからだ。北韓軍の対スパイ浸透作戦に対する韓国と米国の対応作戦も国連軍司令部司令官の責任下で遂行された。ところが1968年1月21日の青瓦台襲撃事件と1月23日の発生した米国情報艦プエブロ号拉北事件(注2)の処理をめぐって韓国と米国が衝突した。国連軍司令部司令官が青瓦台襲撃事件にはいかなる対応もしないうえ、プエブロ号拉北事件に対してはデフコン2を発令し、戦争直前の段階にまでいった。
 このような米国の二重的態度に怒ったパク・チョンヒ大統領は韓国軍が報復攻撃の一環として北進することができる、と脅した。これにあわてた国連軍司令部は韓国軍の単独北進を阻もうとして韓国軍に対する油類の補給統制を強化したりした。
 当時、韓国軍にも最精鋭の特殊部隊要員らがたくさんいたけれども、中央情報部は1968年4月、実尾島に階級も軍番号もない民間人たちを緊急に集め、キム・イルソン暗殺訓練をさせたのは作戦統制権がなかったからではないだろうか。「実尾島」には684部隊員31人の凄惨な運命と軍隊の作戦統制権を異邦人に委ねた1968年の大韓民国の凄然たる姿が重なっている。(「ハンギョレ21」第493号、1月29日付、クォン・ヒョクチョル記者)
■電波ユンユンな名前にしては面白い分析ですね。

当時、韓国軍の戦時・平時の作戦統制権は国連軍司令部にあった。

国連軍司令部司令官は青瓦台襲撃事件を黙殺。

しかし、プエブロ号拉北事件に対してはデフコン2を発令し戦争直前に。

朴正煕激怒、青瓦台襲撃事件の報復として韓国軍で北進すると脅迫

国連軍司令部は韓国軍の単独北進を阻もうとして韓国軍に対する油類の補給統制を強化。

朴正煕さらに激怒、国連軍司令部の作戦統制の及ばない684部隊の創設を命令。


まぁなかなか面白い分析ですね。
シルミドの真実はさらけ出されるし、日韓間最大の懸案事項だった戦後補償問題も解決しようとしている。
これからの韓国が楽しみですw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-09 00:00 | 北韓・南朝鮮関連
2005年 01月 08日
【初の統合調整】 第31回「バカの壁・再」22 【補給艦夜話】
津波支援で派遣の自衛隊千人規模、「統合調整」初発令 読売新聞 (2005/1/8/00:45)
 大野防衛長官は7日夜、インドネシア・スマトラ島沖地震と津波の被害に対する人道支援のため、陸上自衛隊と海上自衛隊に国際緊急援助隊派遣法などに基づく派遣命令を出した。先に派遣された空自と合わせ、派遣規模は全体で1000人規模となる。

 また、陸海空3自衛隊の運用の一体化を図るため、統合幕僚会議に「統合調整」を行うよう指示した。防衛庁設置法に基づき、防衛長官が統幕に「統合調整」の指示を発令したのは初めて。

 派遣部隊は、陸自が医療・防疫活動に約60人、ヘリコプター5機の運用と管理要員に約160人で、計約220人。海自は輸送艦「くにさき」、護衛艦「くらま」、補給艦「ときわ」の3隻で約640人。

 統幕の連絡調整要員約10人と、今月5日に派遣命令が出ている空自のC130輸送機2機の要員約100人(待機含む)を合わせると、合計で1000人規模となった。
■おお~。
ようやく日本版「統合参謀本部」を目指したものの名前倒れになってしまった「統合幕僚会議」(以下統幕会議)と持ち回りの名誉職に終わってしまった「統合幕僚会議議長」(以下統幕議長)が活用されていますね。

さて、統幕会議の所掌事務の中には

・防衛出動時、治安出動時、警護出動時及び統合運用が必要な場合において統合部隊が編成された場合における指揮命令の基本及び統合調整
・統合部隊の運用についての防衛庁長官の指揮命令に関すること
(統幕HPより)

と言うのがありまして、今回の人道支援は「統合運用が必要な場合」の「国際緊急援助活動など」若しくは「災害派遣」に該当するようです。
で、その人道支援の為に陸・海・航自の部隊のいずれか2以上から成る「統合部隊」が編成され、その「統合調整」を統幕会議が行います。

で、実際の命令は統幕議長の職務

・防衛出動時、治安出動時、警護出動時及び統合運用が必要な場合において統合部隊が編成された場合は、当該部隊への防衛庁長官の命令は議長がとり行います。(統幕HPより)

によって統幕議長が行う訳です。

何でこんなにややこしいかと言えば、防衛庁・自衛隊の組織図を見て貰えば分かるように、自衛官の最上位であるとされている統幕議長と三自衛隊のトップである各幕僚長は組織上は同列だからです。

米軍のように合衆国大統領という文民の最高司令官の下に武官である統合参謀本部議長が「統合軍」として陸・海・空・海兵隊の四軍の指揮権を握っている訳ではないからなんですねぇ。


簡単に指揮系統を書けば

米国
大統領⇒国防長官⇒統合参謀本部議長⇒統合軍

日本
内閣総理大臣⇒長官⇒各幕僚長⇒各部隊  
内閣総理大臣⇒長官⇒統幕議長⇒統合部隊

日本の場合は各自衛隊が単独で行動する場合と「統合部隊」として行動する場合では指揮命令系統が異なるんですねぇ。
で、立場の違いはと言うと

統合参謀本部議長
大統領、国家安全保障会議、国防長官の最高軍事顧問
・軍の最高位の軍人
・国家安全保障会議の軍事顧問
統合軍の指揮は議長を通じて行う。
・参謀本部の代表権を有する。

統合幕僚会議議長
統幕会議として長官を補佐
・自衛官の最上位
総理が必要と認めるとき、安全保障会議に出席して意見を述べる。
統合部隊の指揮は議長を通じて行う。
・統幕会議の議決は合議制、議長は統幕会議の会務を総理する。

ずいぶん立場が違うことがおわかりでしょうか。
これでは最初に言ったように名前倒れの「統合幕僚会議」と持ち回りの名誉職の「統合幕僚会議議長」と言われても仕方ないんですねぇ。

・・・ああややこしいw

で、船は結局消去法で残った補給艦「ときわ」と輸送艦「くにさき」護衛艦「くらま」の3隻が派遣されるようですね。

インドネシア共和国への国際緊急援助隊(医療・航空援助隊及び海上派遣部隊)の派遣について(防衛庁HP)

昨日訂正記事を書いて消去法で補給艦を探している時にJSF.さんが探してきて下さっていましたね。
感謝感謝(-人-)...

第31回「バカの壁・再」22

30回を超えても「バカの壁」は健在です。
皆さん、脳内ECMの準備はいいですか?w
管理人より@ぼたんの花 2005/01/08 07:56 AM (ぼたんの花)
某S氏さんが、提示した数字を読んで
やはり日米地位協定は見直さなくてはいけない、
と再認識しました。

あの数字をどう読むか、がまさに地位協定の問題点。
■つまりは数字は公平に見るのではなくて、自分に主義主張に合わせて読むのだそうです。
で、この発言に繋がります。
自分の掲示板はろくに開けない癖に他人の掲示板には頻繁に書き込みに来るという卑怯っぷりは無視してご覧下さい。
Re[2]:近代国家と在沖米兵と沖縄(01/07) 2005年01月08日 12時33分 (ぼたんの花)
通りすがりさん

(中略)

私は、米軍の家族だろうが、そうでなかろうが人一つで括ります。そいう前提でお話します。

(中略)

そして彼の提示した数字を改めて読んで、『これは日米地位協定を見直さなくてはいけない!』ととても感じたしだいです。

あの数字は、沖縄県人より倍近いという数字が現れていますね。それは地位協定を踏まえて読むと、妄想ではなく、現実の数字として間違いなく『沖縄県民より、異常に犯罪が多い』ということです。
■私は平均的な日本語力を持っていると自任していましたが、ぼたんの日本語らしきものを読んでいると自分の日本語能力を疑いたくなりますw

>私は、米軍の家族だろうが、そうでなかろうが人一つで括ります。そいう前提でお話します。

つまり、多面的なモノの見方は出来ないということですか。
それに、彼女は執拗に「日米地位協定」(以下地位協定)の話に持って行きたがる癖にその地位協定上は米軍人・軍属の家族等米国の軍法に服しない者が罪を犯した場合については、日本人が罪を犯した場合を同様に扱われる(地位協定第17条1項b)と言うところを完全にすっ飛ばしていますね。
地位協定が問題になる米軍構成員等の犯罪と言えば「17条1項a」により米国側が裁判権を持つ「合衆国の軍法に服するすべての者=米軍軍人及び軍属」なんですがねぇ。

恐らくいつもの如く地位協定など読んだこともないのではないでしょうかね。
誰かが「日米地位協定が問題だ」といっているから付和雷同してみようと言う程度ではないでしょうか。

で、今回の問題はここ。

>あの数字は、沖縄県人より倍近いという数字が現れていますね。
>それは地位協定を踏まえて読むと、妄想ではなく、現実の数字として間違いなく『沖縄県民より、異常に犯罪が多い』ということです。


いやはや、全く意味不明ですね。
まず根本的に

>あの数字は、沖縄県人より倍近いという数字が現れていますね。

具体的にどの数字ですか?
「あの数字」では意味が分かりません。

そもそも135万県民に対して米軍構成員は約5万人、割合で言えば3.7%なんですよ。
その3.7%の米軍構成員が全てにおいて沖縄県人の倍近い数字など一つもなかったはずですが?
そのカラクリは後段を見れば分かるようになっているんですねぇ。

>それは地位協定を踏まえて読むと、妄想ではなく、現実の数字として間違いなく『沖縄県民より、異常に犯罪が多い』ということです。

これは過去のぼたんの言動を元に少し意訳が必要かもしれません。
意訳すると

それは事件があっても全てが検挙できるわけではなく、調査をマトモにさせないのが地位協定、そんな地位協定を踏まえて読むと、確か事件の半分はうやむやにされるとのことでしたから妄想ではなく、現実の数字として間違いなく『沖縄県民より、異常に犯罪が多い』ということです。
(太字部分は過去の言動から某S氏が追加)

いや、そう言うのを妄想って言うんだってw
まぁこれなら一応-合理性は別にして-話の筋が通りますね。
しかし、その前提条件として
・日本側による米軍人・軍属の犯罪調査をマトモにさせないのが地位協定。
・その地位協定によって事件の半分はうやむやにされる。

と言う前提がなければ成り立たないんですがね。

まぁ、彼女にその前提を証明して見ろと言っても過去の経験上不可能でしょうがw
まぁこれも「私は一面でしかモノを見れない、そう言う前提でお話しする」と言いきる彼女にとっては些細なことでしょうw

「補給艦夜話」

で、おまけと言う程ではありませんが「補給艦夜話」と題していつもの如くつまらない話でもしてみようかと。

現在、海自が保有している補給艦は
「さがみ」型 さがみ
「とわだ」型 とわだ・ときわ・はまな
「ましゅう」型  ましゅう
の5隻です。
しかし「ましゅう」の竣工は平成16年3月15日、舞鶴鎮守府・・・もとい、舞鶴基地に配備されたのが同26日ですから、配備された一年程前から実戦投入出来るようになったつい最近まで実働4隻だったんですねぇ。

これは海上自衛隊の自衛艦隊の中にある護衛艦隊の「護衛隊群」が4つある為で、元々「はまな」型(二代目)は初代「はまな」の代替と各護衛隊群に補給艦が1隻づつ随伴できる態勢を整備するため-さがみ+とわだ型3隻-に建造されました。

実は補給艦は数の上ではイージス艦と同じぐらい貴重なんですよね。

ところが、湾岸戦争以来俄に「国際貢献」なる言葉が大手を振って世間を罷り通るようになると今までなら各護衛隊群に随伴するだけで良かった補給艦も「国際貢献」だの「人道支援」だの「対テロ戦争」に駆り出される訳ですねぇ。

基本的に一隻がインド洋で常時補給活動を行う為には、交代途上の一隻、内地で補給と整備を受ける一隻の最低でも3隻が必要です。
しかし「さがみ」は「とわだ」型よりもやや旧式で小型-さがみ5000t・とわだ8100t-で、平成16年度中に除籍予定?とのことでインド洋に派遣されていません。
と言うことで実質は「とわだ」型3隻をフル回転させてやりくりしていました。
補給・輸送協力支援活動等の実績について」や「派遣艦艇出入港記録」(両方とも海上自衛隊HPより)を見れば分かるように本当にフル回転ですね。
もし、内地で何かあった時には除籍寸前の「さがみ」か補給整備に戻ってきている「とわだ」型しかいないと言う状況もあった訳です。

でまぁ、2000年に海自最大級の13500tクラスの補給艦の計画を立て、予算が通りやすいようにと考えたのか「人道支援」にも使えるように給水設備を追加してみたり速度を2ノット速くしてみたり集中治療室を追加してみたりヘリ格納庫と追加してみたりして、しっかり予算を頂いてを建造していた「ましゅう」が配備されてやっとこ4隻体制になり、平成17年3月には「ましゅう」型2番艦「おうみ」が竣工予定ですのでこの忙しさももう少し?半年程度かもしれません。

しかし「ましゅう」の実戦配備・投入が絶妙のタイミングでしたね。
「ましゅう」の配備が遅ければ、インドネシアに補給艦を送り込む為には除籍寸前の「さがみ」に最後の御奉公させるかインド洋のローテーションを崩すしかないですから。

いや、いつもの如く中身もなくオチのない、とりとめのないつまらないお話でした(汗)
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-08 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 01月 07日
【初の統合運用】 第30回「バカの壁・再」21 【珍言徹底追求!】
津波支援で3自衛隊が初の「統合運用」実施へ 2005/1/6/03:09 (読売新聞)
 防衛庁は5日、インドネシア・スマトラ島沖地震と津波の被害に対する自衛隊の緊急援助活動について、陸海空3自衛隊の部隊の指揮・命令系統を一元化する「統合運用」を事実上初めて実施する方針を固めた。

 輸送活動や、任務の調整、燃料補給・機体整備などを陸海空一体で実施することで、迅速・効率的な支援を行う狙いがある。防衛庁は自衛隊法改正を経て、来年3月に新設する「統合幕僚監部」に3自衛隊の運用部門を併合する統合運用体制に移行する予定で、今回の活動をテストケースにする考えだ。


 今回の派遣規模は、〈1〉陸上自衛隊の輸送ヘリ5機と医療チーム(約200人)〈2〉海上自衛隊の輸送艦、護衛艦、補給艦の計3隻(約600人)〈3〉航空自衛隊のC130輸送機1機か2機(約40人)――で、海外への災害派遣では過去最大の800数十人となる見通しだ。

 物資輸送については、空自のC130がタイ・ウタパオ基地からスマトラ島の拠点まで水、食料などを運んだ後、陸自のCH47輸送ヘリ3機とUH60多用途ヘリ2機が被災地に届ける。現地に安全な陸自ヘリの拠点を確保することが困難なため、海自輸送艦を同島北部沖に停泊させ、陸自ヘリの発着基地にするとともに、隊員が寝泊まりする「ホテルシップ(宿泊艦)」として運用する。

 防衛庁は、米軍など各国が拠点としているウタパオ基地に設置する「現地連絡・調整本部」で、統合幕僚会議の幹部らが中心に3自衛隊の活動内容を調整する方針だ。

 現行の自衛隊法では原則、3自衛隊の各幕僚監部が独立して部隊を指揮・命令する。従来は、陸自部隊について、空自の輸送機がイラクに輸送したり、海自の輸送艦が東ティモールの国連平和維持活動(PKO)に輸送した例などがあるが、現地で長期間、3自衛隊が一体的に活動したことはない。

 また、防衛庁内では、現地活動が軌道に乗った後、自衛隊法の規定する「統合部隊」を初めて編成し、1人の司令官が陸海空の全部隊を指揮する方式を導入する案も浮上している。
■なるほど、三軍・・・もとい、三自衛隊が活動する今回の緊急救援活動では指揮系統がバラバラだと自衛隊間の連絡・調整の問題が発生しますが統合運用してしまえば指揮系統が一元化出来ますから連絡・調整も不要になりますね。

現地に安全な陸自ヘリの拠点を確保することが困難なため、海自輸送艦を同島北部沖に停泊させ、陸自ヘリの発着基地にするとともに、隊員が寝泊まりする「ホテルシップ(宿泊艦)」として運用する。

ヘリの離発着ができて陸上自衛隊の輸送ヘリを5機収容出来る輸送艦と言えば・・・「おおすみ型」ですか?

補給艦で可能性があるのは「とわだ型」かちょっとがんばって「ましゅう型」でしょう。

個人的には最新鋭補給艦「ましゅう」に声がかかるのではないかと推測しています。
「ましゅう」型は「とわだ」型の補給装備に加えて、給水装置、集中治療室の設備が追加されていますし「ましゅう」型にはヘリコプター格納庫がありますからね。
まぁ格納は「おおすみ」型だけで事足りると判断されれば「とわだ」型かもしれません。

が、ちょっと斜めから見て邪推すると「おおすみ」がトルコ大地震の際に仮設住宅を輸送して一躍脚光を浴びたことを考えれば最新鋭補給艦「ましゅう」のお披露目があっての不思議ではありませんねぇ。

と書いたところ・・・
Re:【初の統合運用】 第30回「バカの壁・再」21 【珍説徹底追求!】(01/07) 2005.01.07 05:05 (JSF.さん)
>個人的には最新鋭補給艦「ましゅう」に声がかかるのではないかと推測しています。

マシュー(こう書くと英名みたいで格好良い)はインド洋で対テロ戦支援任務に付いたばかりです。有り得ません。

>ヘリの離発着ができて陸上自衛隊の輸送ヘリを5機収容出来る輸送艦と言えば・・・「おおすみ型」ですか?

前部車輛格納庫に、ブラックホークなら6機入ります。しかし元々ヘリ格納庫ではないので一杯に積めるのは大変で、主に露天駐機になると思います。すると運用が苦しい。

ですから、随伴の護衛艦をDDH(ヘリコプター護衛艦)にするのかもしれません。そうすればこちらへ3機積めます。
■と言う書き込みを頂きました。

で、調べてみましたらタイ近海で捜索活動を行った護衛艦「きりしま」「たかなみ」補給艦「はまな」と交代したのがイージス艦「ちょうかい」護衛艦「おおなみ」補給艦「ましゅう」だったんですね。

インド洋における補給艦「ましゅう」洋上補給開始について(海上自衛隊HP)

ろくに調べずに書くとこうなるという良い例です(汗)

インド洋に派遣されている艦船は「補給・輸送協力支援活動等の実績について(海上自衛隊HP)」を見れば分かるようになっているんですね。
しかし、インド洋に複数回派遣されているのは案の定貴重な補給艦なんですよねぇ。
抜き出すと

はまな(第4回)
とわだ(第4回)
ときわ(第3回)

となります。

ローテーションとしては「はまな→とわだ→ときわ」で各艦3回ずつインド洋に行き、四回目で「とわだ(4)→はまな(4)→ましゅう(1)」と言う風になりました。

つーことで、スマトラ大地震救援に派遣される補給艦はローテーションから外れた「ときわ」の確率が高そうですね。

第30回「バカの壁・再」21

いやはや、記念すべき30回目ですよ奥様w
つーか、こんな長寿企画になるとは思ってもいませんでしたよ、はい・・・orz
追記 2005/01/06 10:17 PM (ぼたんの花さん)
でもね、何でも提示すればいいのかというと
そうでもないな、と思っています。

(中略)

それから沖縄にいる米兵の犯罪。
某S氏さんが出した資料について、大分前に反論が新聞でありましたよ。

こんなことまで、話題になるとは思わなかったので
それこそ出典が提示できませんが。

あの数字を見て『米兵の犯罪はそんなに多くない』と錯覚してしまうという
反論がね。


あの数字を見て、ん・と思う人も多いと思いますよ。

石原都知事ならすぐ、その数字の分析をして批判すると思います。

あの資料を某S氏さんのところでみたのは、会社のお昼休みだったので
詳しくは読んでなくて、彼の抜粋した数字だけを見たのですが
あれは、検挙した数字ではないでしょうか?

問題は、事件があっても全てが検挙できるわけではい、
というより、その調査をマトモにさせないのが地位協定です。

確か、事件の半分はうやむやにされるとのことでした。

犯罪は、その数の倍はある、そして強姦などは
女性がなき寝入りする場合が、多い。

それは日本人による犯罪でも同じですが
女性が、それをおおやけにするというのは
ごくごく一部です。勿論家族が知っても隠すことは多いですね。
■いや~数字に対しての反論がこれですか。

>それから沖縄にいる米兵の犯罪。
>某S氏さんが出した資料について、大分前に反論が新聞でありましたよ。
>こんなことまで、話題になるとは思わなかったので
>それこそ出典が提示できませんが。
>あの数字を見て『米兵の犯罪はそんなに多くない』と錯覚してしまうという
>反論がね。


まず、その新聞とやらに関して提示出来ない資料にどのような意味があるんですか?
貴方の記憶であったけど提示出来ないでは資料として何の価値も持ちません。

で、検挙件数はあくまで検挙された件数で、認知件数とは違うと言いますが、そもそも沖縄県警にも米軍構成員等の犯罪認知件数の資料がありませんから比較出来ません。
比較出来ない以上は比較出来る資料で比較するのが普通ですね、資料はないけどたぶんこうだろうからこうだでは科学的とは言えません。

追記 2 ぼたんの花さん (2005/01/06 10:18 PM)
ですから、提示すると中をよく読まない、分析しないで、それこそ
その部分だけ鵜呑みにしてしまう危険性があります。

自分で調べると次々に新しい発見があります。

もちろん、それらを読んで受け入れるか入れないかは
そのことが大きな事件になる以前から興味を持っていて、見逃しそうな
記事も頭の片隅にないと、発見もないです。

貴方の言っている資料は、多分、あのことだと思いますが
昨日、転載の許可をいただきましたので
その内容を少しずつ、書いていこうと思います。
■・・・。

>自分で調べると次々に新しい発見があります。

おまえが言うなよ。
チャールズ何とかの本を読んで「チャールズ何とかさんはこう言っていた」と言うだけでは調べたとは言わないんだよ?

ちなみにこの反論?を見たある人は・・・
Re:まいったまいった・・・ 2005/01/06 10:54 PM (FAQの中の人さん)
某S氏さん

 たった一言,「思う,だろう,では単なる感想文です.論足りえるためには論拠を明確にしてください」で済みますね.
■お見事。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-07 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 01月 06日
【ぼたんの花】 第29回「バカの壁・再」20 【徹底追求!】
第29回「バカの壁・再」20

Re[1]:管理人答え(12/23) 2005/01/05 08:40 PM (ぼたんの花)
某S氏さん
>ぼたんの花さん
>>琉球新聞社説より
>-----
>米兵も人間である以上一定の割合で性犯罪は起きると言っているんですよ。
>その一定の割合で起きる犯罪をことさら強調して米兵はみんな強姦魔だというのは間違っているし差別だと言ってるんです。理解できる?

>という答えになっていませんね。
>しかも他人の意見をまんまコピペしただけで自分の意見がまったくない。

>この書き込みは削除ですか。
>都合の悪いのは即削除なんだね。
-----

貴方のあっ着込みは、別に都合悪い書き込みでは、ありませんよ。
貴方の書き込みは、迷惑なんですよ。

何回も言っていますが、私は貴方との意見交換はできません。
だいたい、意見交換にきている態度とは、貴方の態度は、思えません。少なくとも貴方が日本人であり、これから日本の子供たちを教育する立場にある人がする態度とは思えませんね。

それは、貴方のここに書き込む時の言葉使い。
これは、私のHP以外での書き込みも含めてです。

ピレネーさんは、貴方と同レベルでやりあってしまった、まだ、社会人でもない学生である貴方と大人気なかったというようなことをメールでくださいました。

私は、それは違うと思います。貴方のような無礼極まりない態度の人達、そういう態度に対して、ガツンと言って諫める大人の男、本当の男がいないのが今の日本の現状です。


日本男児が、昼夜を問わず人のHPを観察して自分の知識の無さを露呈してるのも気がつかずに一日を過ごす。

というわけで、今、劣化ウランによる被爆について話しています。
■相も変わらず日本語として成り立っておらず意味不明ですが何とか読解してみましょう。

>貴方のあっ着込みは、別に都合悪い書き込みでは、ありませんよ。
>貴方の書き込みは、迷惑なんですよ。


都合が悪くないのに迷惑だと。
普通は都合が悪いから迷惑となるんですがね。


>何回も言っていますが、私は貴方との意見交換はできません。
>だいたい、意見交換にきている態度とは、貴方の態度は、思えません。少なくとも貴方が日本人であり、これから日本の子供たちを教育する立場にある人がする態度とは思えませんね。


あ~そっくりそのまま熨斗をつけてお返ししましょう。

「劣化ウラン弾の中には、日本のそれも含まれているのではないか」と合理的に疑うにたる資料はどうなったんですか。
貴方が「劣化ウラン弾の中には、日本のそれも含まれているのではないか」と言いだしてからずっとソースを提示してくれと言ってるんだが一切提示しませんね。
何回も言っていますが、意見交換をしようという態度とは、貴方の態度は思えません。
少なくとも貴方が日本人であり、私の倍以上生きてきたという態度とは思えませんね。


>ピレネーさんは、貴方と同レベルでやりあってしまった、まだ、社会人でもない学生である貴方と大人気なかったというようなことをメールでくださいました。

ホントに大人げないですね、彼は。
当HPを荒らした前科を忘れてノコノコと書き込みに来たんですよ。

で、言うことと言えば

>お互い相手に関する内容の記載を削除する。
>何か分かるでしょ??
>互いにメリットがないでしょ。
>断っておくけど、ぼたんさんはマジで裁判用に
>控えているのだよ。
>すでに弁護士と相談済みである事を忘れないようね。
ピレネー山脈

彼は貴方の何ですか?
代理人?
相談した弁護士?
旦那?
息子?
知り合い?

どっちにせよ、私は荒らしに普通の来訪者と同じ権利を与える程寛容ではありません。


>私は、それは違うと思います。
>貴方のような無礼極まりない態度の人達、そういう態度に対して、ガツンと言って諫める大人の男、本当の男がいないのが今の日本の現状です。


え~
・ソースを出せと言われてものらりくらり出さない。
・平気で他人の著作権を侵害する。
・著作権侵害を指摘されてものらりくらりと放置。
・都合が悪くなったら訳の分からない理由で書き込みを禁止してナチも顔負けの言論弾圧を平気で行う。
・子飼いのピレネーの脅迫まがいの書き込みを止めようともしない。

・・・無礼極まりないのはどっちですか?


>日本男児が、昼夜を問わず人のHPを観察して自分の知識の無さを露呈してるのも気がつかずに一日を過ごす。
>というわけで、今、劣化ウランによる被爆について話しています。


昼夜問わずってさぁ、自意識過剰じゃねぇ?
俺だってあんたに四六時中構える程暇じゃないんだよ。
彼女のご機嫌も取らないといけないし、バイトだって行かなきゃならない。

・・・なんか勘違いしてねぇ?

しかも、前段と後段の繋がり無いしさぁ。
なんか田中真紀子の答弁聞いてるみたいだよね、話があっちこっち支離滅裂で、突然突拍子もないことを言い出す。

で、結局なにが言いたいのか理解出来ないまま次の書き込みへ移動。
追加 2005/01/05 08:54 PM (ぼたんの花)
一定の割合を超えていると言っているの。
解る

それは、他の国に駐留している米兵よりも多いとチャルマーズ・ジョンソンさんが書いているから
本でも買って読んでください。


こういうニュースは、改憲、イラク戦争なんかになる、ずーーーーっと前から日米地位協定の問題は議論されているんですよ。

それは本当の右翼さんたち、そしてあの石原慎太郎さんさえも問題にしているのですよ。
そういうことを全て受け入れる、米兵が日本の未来ある女の子にした、卑劣な行為も好意的に見る、例えそれが、『一定の割合で起きる犯罪』でも抗議するのが普通の愛国心ある国民の感情じゃないの?
貴方は平気で『一定の割合の犯罪』というんだからだから貴方達はプロ奴隷というネーミングなんですね。


で、貴方のHPに書き込んだ、ピレネーさんの書き込みを貴方は削除したんですって?

どんな反論でも受け付けます、と言ってなかったっけ?
それから言論の弾圧という言葉、使い方、意味を知らないようですね。


少なくとも、むにゅうさんは、米軍に依存している部分が大きいから仕方がない、と書いてますよ。

私はそれおうは思いません。それこそ自虐的な感情で支配されていますね。

一年前も書きましたが、米国にとって日本に駐留する意味のほうが大きいのです。冷戦時代は特にね。ギブ&テイクのお国柄ですからね。
■さて、またもや電波ユンユンですね。
さて皆さん、脳内ECMの準備はいいですか?w

>一定の割合を超えていると言っているの。
>解る?
>それは、他の国に駐留している米兵よりも多いとチャルマーズ・ジョンソンさんが書いているから
>本でも買って読んでください。


この文章の中で言ってることが矛盾しているの理解しているのかなぁ?
まず根本的に「一定の割合」と言うのが何か示されていないんですが、それはおいておきましょう。

「米兵の犯罪は一定の割合を超えている」
「それは、他の国に駐留している米兵よりも多いからだ」

これって当然のことだよねぇ。

例えば仮に米兵の犯罪率を5%としましょうか。
1000人駐留していれば「1000×0.05=50」で1000人中50人が犯罪者と。
これが5000人だと「5000×0.05=250」で5000人中250人が犯罪者と言う事になります。

もう、数学というか算数の段階なんですが一定の割合で犯罪が発生するとすれば駐留している米兵の数が多ければ犯罪者の数は多くて当然ですよね?

そもそも、「米兵の犯罪は一定の割合を超えている」と言う主張の根拠も怪しいんですよね。
ある方は

>10万人あたりの検挙件数は沖縄県民は約405件、
>http://www.nga.gr.jp/kisodata/new_kiso_data_2002/4-8_data.pdf
>それに大して米軍構成員の犯罪検挙件数は01年で70件(by赤旗)
>そういった事実は考慮されないんでしょうね。


と仰っていましたが、実際の所どうなんだと調べてみましたところ以下の様な事実が判明しました。

・沖縄県の総人口は2004年12月1日現在推計で1,359,525人とされています。(資料1)

・在沖米軍構成員は平成15年9月末の段階で50,826人。(資料2)
 内訳
  正規軍人 26,282人
  軍  属  1,679人
  家  族 22,865人

・米軍構成員等による犯罪検挙件数は平成15年12月末現在で112件、133人(資料3)
 →但し資料2から分かるように「米軍構成員」とは米軍軍属と米軍軍人の家族も含まれている。(資料4)

・沖縄の全刑法犯検挙件数は6,227件、4,005人(資料3)

さて、ここからは簡単な算数の問題です。

沖縄県民の犯罪率(刑法犯)を求める数式は「4,005÷1,359,525×100=0.2945・・・」と言うことで・・・
沖縄県民の犯罪率(刑法犯)は概ね0.29%

在沖米軍構成員の犯罪率(刑法犯)を求める数式は「133÷50,826×100=0.2616・・・」と言うことで・・・
在沖米軍構成員の犯罪率(刑法犯)は概ね0.26%

・・・いや、驚きました。
米軍側に不利な資料を使っても在沖米軍の犯罪率は沖縄県民の犯罪率とほぼ同じか少し低いと言う結果が弾き出されました。
公正を期す為に言っておきますと、「米軍構成員」とは上記のように純粋に在沖米軍人のみの数ではありませんから、純粋に米軍人の犯罪となれば割合はもう少し下がります。

ぼたんの花さん。

数字の前には貴方の妄想など相手ではないのですよ。

資料リンク
沖縄県HP
 統計資料閲覧室
  沖縄県の人口
   推計人口
   →資料1と呼称

沖縄の米軍及び自衛隊基地(統計資料集)平成16年3月より(沖縄県総務部知事公室基地対策室)
Ⅰ 基地の概況
 2.本県の米軍基地の状況
  (7)在沖米軍人・軍属・家族数の推移(P21・PDF文書)
  →資料2と呼称

Ⅳ 演習・訓練及び事件・事故の状況
 2.事件・事故
  (2)米軍構成員等による犯罪検挙状況(P85・PDF文書)
  →資料3と呼称

ああ、米軍構成員…(「行ってみた沖縄」より)
 →資料4と呼称
しかも「それは、他の国に駐留している米兵よりも多いからだ」つーのにいたって自分で調べてない他人の受け売りに過ぎないんだよねぇ。
チャールズ何とかの本を読めば「チャールズなんとかさんはこう言っていた」後藤田の本を読めばすぐに「後藤田さんはこう言っていた」
すぐに影響される癖はどうにかした方がいいよ、みっともないし。


>そういうことを全て受け入れる、米兵が日本の未来ある女の子にした、卑劣な行為も好意的に見る、例えそれが、『一定の割合で起きる犯罪』でも抗議するのが普通の愛国心ある国民の感情じゃないの?
>貴方は平気で『一定の割合の犯罪』というんだからだから貴方達はプロ奴隷というネーミングなんですね。


一定の割合の犯罪であるというのは上で証明しました。
それに、いつ私が「米兵が日本の未来ある女の子にした、卑劣な行為も好意的に見る」と言ったんでしょうか?
私はこう言っているんですよ。

米兵も人間である以上一定の割合で性犯罪は起きる、これは確率論の問題。
その一定の割合で起きる犯罪をことさら強調して「米兵=強姦魔」というのは正しい事かね。

米兵の犯罪は憎むべきで、法に則って厳重に処罰すべきだが、善良な一般米兵まで強姦魔に仕立て上げるのは「謂われなき差別」だ。
それは間違っているんだ。
貴方は、私の倍以上生きている人生の先輩ですよね?
そんな人間の基本的なルールが解らないんですか。


>で、貴方のHPに書き込んだ、ピレネーさんの書き込みを貴方は削除したんですって?
>どんな反論でも受け付けます、と言ってなかったっけ?


以前うちのHPを荒らした前科者の書き込みを消しただけです。
荒らしに普通の来訪者と同じ権利を与える程、寛容ではありません。
それに書き込みを削除するのは貴方の得意技でしょう?


>それから言論の弾圧という言葉、使い方、意味を知らないようですね。

まさかとは思いますが、権力の側によるものではないから「言論の弾圧」ではないとでも言う気ですか?

私は自分に都合が悪いから書き込みを削除したりする貴方とは違いますよ。
自分は書き込めるのに他人には書き込ませない、他人の書き込みを勝手に削除する。
貴方のやっていることは十分ナチも真っ青の言論弾圧です。

おまけ。

<片山参院幹事長>中国向けのODA、見直しもやむを得ず 1月5日21時45分 (毎日新聞)
 自民党の片山参院幹事長は5日、岡山市内のホテルであいさつし、中国向けの政府開発援助(ODA)について「日本は中国への経済協力をしてきたが、彼らは感謝しているのか。日本の国連安保理常任理事国入りに一番反対しているのは中国だ」と述べ、ODA見直しもやむを得ないとの考えを示した。
■まぁ当然だわな。
毎年大金貰っておいて感謝一つしないって言うんだから、いくら温厚な日本人でもキレるってw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-06 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 01月 05日
【空襲警報】 地震と国際緊急援助隊 【地下帝国】
緊急時にTVが自動起動し避難命令…システム整備へ 2005/1/4/14:34 (読売新聞)
 政府は4日、弾道ミサイル発射などの武力攻撃事態や、地震や津波などの警戒警報について、国民が保有しているテレビやテレビ付き携帯電話を自動的に起動させて避難命令などを速報するシステムを整備する方針を固めた。

 住民に一刻も早く避難を促すため、国が自治体を経由せず、直接知らせる情報伝達体制を構築するためだ。2011年にテレビが地上デジタル放送に完全移行するのに合わせ、順次導入する考えだ。

 有事の際の住民避難は現在、2004年に成立した国民保護法に基づき、国から自治体経由で原則的にはサイレンで警報を知らせる仕組みとなっている。だが、弾道ミサイルが仮に朝鮮半島付近から発射された場合は着弾まで十分程度しかない。情報を早く、確実に伝えることが、被害を最小限に抑えるカギになる。

 また、津波警報などに関しては現在、強制的にテレビを起動させて文字と音で知らせる緊急警報放送システム(EWS)があるが、これには特別の受信機が必要だ。

 このため、政府は地上デジタル放送の電波を利用して各家庭のテレビを遠隔操作のように強制的に起動したり、視聴している番組を中断できる技術の開発に取り組み、実用化にほぼ見通しをつけた。テレビ本体の主電源を切った場合は起動できないが、リモコン操作で待機状態にしていれば強制起動が可能だという。

 現在、政府は「高齢者が寝ていた場合でも、遠くのサイレンは聞こえなくても、近くのテレビが鳴り出せば気づきやすい」(内閣官房副長官補室)として、避難対象地域などを文字や地図情報、音声で指示するシステムの検討に入っている。今後、実用化に向け、放送事業者と協議を始める。

 さらに、放送のデジタル化により、携帯電話端末でもテレビ放送を安定して受信できるようになる。携帯電話の各事業者はデジタル放送を視聴できる端末を売り出す予定だ。

 停電で家庭のテレビは使えなくても、一人一人が身の回りに置いている携帯電話端末のスイッチが入っていれば警報伝達が可能になる。

(後略)
■空襲警報と言えばサイレンとかラジオ放送が代名詞ですが家庭用TVや携帯電話端末で代用しようとはなかなかいいアイディアです。
しかも

>避難対象地域などを文字や地図情報、音声で指示するシステムの検討に入っている。

いやはやハイテクですねぇ。
でまぁ、これは仕方ないんですが

>テレビ本体の主電源を切った場合は起動できないが、リモコン操作で待機状態にしていれば強制起動が可能だという。

節電だと言ってテレビの主電源を切っていて気付かなかったという笑えないジョークもありそうw

インド洋大津波 自衛隊800人超派遣 先遣隊が出発 最悪被害に最大支援 1月5日3時15分 (産経新聞)
米軍1万2600人、被災者500万人
 インド洋大津波の被災国支援を協議する日米中、ASEAN、国連などの緊急首脳会議が六日にジャカルタで開かれる。国連によると、死者は約十五万人で被災者は五百万人を超え、いまだに約二百万人が助けを求めているという。米軍は過去最大規模の一万二千人を超える部隊と空母を展開し、救助活動を開始した。日本政府も八百数十人の自衛隊部隊を派遣する方針だ。世界各国が拠出を表明した支援金はこれまでの調べで約二十三億五千万ドル(約二千四百二十億円)にのぼり、人類史上最悪の災害に対し、“史上最大の支援作戦”になるもようだ。
 米国では総勢一万二千人を超える部隊が救援活動を始めた。緊急派遣された米軍の大型ヘリがこうした被災者に食料などを運んだ。
 スマトラ島沖など被災地域に展開した米太平洋軍は、空母エーブラハム・リンカーンなど艦船二十一隻だ。航空機約八十機を投入し、水や食料、医薬品の搬送など救援活動を行っている。米国防総省によれば、東南アジアで米軍の今回の活動は、ベトナム戦争以来最大規模になるという。
 ブッシュ米大統領はすでに、父親のブッシュ元大統領、クリントン前大統領に対して、全米からの義援金集めに協力するように要請したが、これほどの規模で支援を展開したのは米国の存在感を国際社会にアピールする狙いがあるものとみられている。一方、ジャカルタの支援会議には、ブッシュ大統領の弟でフロリダ州知事のジェブ・ブッシュ氏がパウエル米国務長官と復興支援団を率いて出席する予定だ。
 日本の防衛庁は四日、インド洋大津波の救援のため陸海空三自衛隊で過去最大の八百数十人規模の部隊を派遣する方針を固めた。大野功統防衛庁長官は陸海空自衛隊幕僚長に対し国際緊急援助隊派遣法に基づく自衛隊部隊の派遣準備を指示。これを受けて四日午後五時過ぎ、事前の調査・調整にあたる陸海空各自衛隊員ら二十一人の先遣隊が成田空港を出発、タイのバンコクに向かった。
 小泉純一郎首相は六日にジャカルタで開かれる緊急首脳会議に出席し、五億ドル(約五百十億円)を被災国などに無償供与する方針を表明し、アナン国連事務総長とも支援策を協議する。町村信孝外相も首相に同行し、パウエル米国務長官との間で救援物資の輸送や医療面での連携支援を確認する。また、ロイター通信などによると欧州連合(EU)が三千百万ドルの拠出方針を示しているほか、フランスやドイツ、英国など域内加盟国が個別支援に乗り出すなど支援に躍起になっている。ノルウェーやデンマーク、スウェーデンも緊急援助の大幅増額を申し出ている。
 これに対し、中国はインドネシア、タイ、スリランカなどへ総額二千百六十三万元(約二億八千万円)相当の緊急援助物資の提供に続き、五億元(約六十五億円)の緊急援助を発表した。韓国政府も被災国に今後三年間で計五千万ドル(約五十一億円)を支援することを決めた。
■世界各国の支援をまとめようと思ったら今日の産経2面に丁度いい感じで表がありました。
その表を引用すればこんな感じ。

・日本 5億ドル 被災4カ国に国際緊急救助隊が展開。護衛艦など3隻に加え輸送機派遣も準備
・米国 3億5000万ドル 艦船21隻と輸送機14機をタイ、インドネシア、スリランカに派遣。軍の要員は1万2600人
・カナダ 6600万ドル チャーター輸送機2機と軍の災害援助部隊をスリランカに派遣へ
・英国 9600万ドル
・欧州連合(EU) 3129万ドル 6日の緊急首脳会議で増額表明へ
・フランス 6638万ドル タイとスリランカに救援物資35万トン輸送。長期的内容支援表明
・ドイツ 2721万ドル プーケット島に救助チーム派遣
・イタリア 9500万ドル
・スペイン 6802万ドル
・デンマーク 7500万ドル 国連を通じて輸送船や車両の提供。野外病院スタッフ派遣
・ノルウェー 3億4400万ドル
・オーストラリア 4648万ドル 空軍輸送機で緊急物資や医療チームをスマトラ島などへ
・中国 6042万ドル DNA鑑定専門家、医療チームなどを派遣。100人の医療チームが待機
・韓国 5000万ドル 民間を含めた総合支援協議会が医薬品や生活必需品を発送する計画
・台湾 525万ドル これまで3.5トンの緊急物資をインドネシアへ輸送
・世界銀行 2億5000万ドル
 【※各国政府の正式表明額ベース。ロイター通信などから集計】(2005/1/5 産経新聞2面)

まぁ、米国のように空母機動部隊を投入するようなことは出来ませんが日本も国際緊急援助隊を関係各国に派遣して頑張ってるんですね。
スリランカに派遣した国際緊急援助隊は一番乗りだったというのは既に紹介しましたし「対照的な2つの「楽園」 モルディブ支える日本隊」こういう報道もあるようです。

でまぁ当然こういう声も出てくるだろうなと思っていました。
で、そんな人は「国際緊急援助隊の派遣に関する法律(houko.comより)」を読んでみましょう。
国際緊急援助隊の派遣に関する法律 houko.com
第1条
 この法律は、海外の地域、特に開発途上にある海外の地域において大規模な災害が発生し、又は正に発生しようとしている場合に、当該災害を受け、若しくは受けるおそれのある国の政府又は国際機関(以下「被災国政府等」という。)の要請に応じ、国際緊急援助活動を行う人員を構成員とする国際緊急援助隊を派遣するために必要な措置を定め、もつて国際協力の推進に寄与することを目的とする。
■もう何が言いたいか分かりましたね。

「国際緊急援助隊」であれ、ある人が創設しろと言う「緊急災害派遣隊」であれ、派遣は被災国政府等の要請に基づくという大原則です。

まぁそう言う意味では今回はとても迅速だったのではないでしょうかね。

外務省のスマトラ沖大地震及びインド洋津波被害ページのプレスリリースやJICAのインドネシア・スマトラ島沖地震、津波災害に対する情報(国際緊急援助隊ページ)を見ても分かるように、国際緊急援助隊の救助チームや医療チーム、緊急援助物資等出来ることはやっているわけですね。

また、テロ対策特別措置法に基づきインド洋で外国艦船への給油を行い日本への帰国途中だったイージス艦「きりしま」、護衛艦「たかなみ」、補給艦「はまな」もタイ政府からの要請に基づいてタイ近海で捜索活動を行いました。
12月29日にタイ南部のプーケット島西方の沖合で1体を発見し、31日からは、同島の北北西約70キロの海域で計56体を収容しタイ側に引き渡したそうです。
また、30日には艦載ヘリコプターで日本の国際緊急援助隊員12人をカオラックからピピ島に運び、今月1日にタイ政府から依頼された海域での捜索を終え防衛庁長官からの活動終結命令を受けて帰国の途につきました。
インド洋での活動に続いてタイ近海での捜索活動ご苦労様でした<(_ _)>

地震が発生した26日夜にはスリランカの要請を受け、国際緊急援助隊の医療チーム約20人を派遣決定していますし、スリランカ以外の国の要請に備え、追加派遣やテントなど緊急援助物資の発送準備開始しています。
スリランカに到着した国際緊急援助隊の医療チームは一番乗りだったようですし付近を航行していた海自艦艇も遺体捜索に派遣しています。

もう一度聞きますが、何が遅いんでしょうかね?

有事に備え8200の地下施設=長期戦にも対応-北朝鮮 1月5日13時1分 (時事通信)
 【ソウル5日時事】韓国の通信社・聯合ニュースは5日、同国情報当局の話として、北朝鮮が有事に備え、これまでに鉱山の坑道などを含め約8200の地下施設を建設したと報じた。また、最近180の重要軍需工場を地下化し、定期的に動員訓練を実施しているという。
 同当局によると、北朝鮮が昨年4月配布した「戦時事業細則」で、有事の際に人民武力省や地方機関などの指揮所を地下に置くことを規定。食堂や汚水処理施設なども備え、長期戦に対応できるようにすることを求めている。
■まぁ、軍事施設の地下化は基本中の基本、兵力では勝るものの質で絶望的に劣る北韓側は徹底した陣地構築で防御態勢を引かないと、いざっちゅう時に米帝の尋常一様じゃない火力で叩き潰されますからねぇ。
まぁアフガン・イラク戦争を見ている限りでは地下化しても米帝のハイテク兵器の前には無駄とも思えますが、ハイテクにローテクで何とか対抗しようと努力している姿は結果的に無駄になったとしても微笑ましいものですw

しかし・・・

>北朝鮮が有事に備え、これまでに鉱山の坑道などを含め約8200の地下施設を建設したと報じた。

濠太剌利の露天炭坑みたいなのじゃなければ鉱山の坑道って元から地下にあると思うんですがw

おまけ。

北朝鮮、インド洋津波の被災国に15万ドルの支援表明 1月5日17時39分 (ロイター)
 [ソウル 5日 ロイター] 北朝鮮が、インド洋津波の被災国に総額15万ドルの緊急支援を行うと表明した。
 国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は、「北朝鮮政府と国民は、被災国の政府と国民に同情と哀悼の意を示し、地震と津波の影響が完全に消えるよう願っている」と伝えた。
■このニュースをふまえて次のニュースをどうぞ。
シューマッハ10億円寄付 2005/1/5 (スポーツニッポン)
 F1界のスーパースター、ミハエル・シューマッハ(ドイツ、フェラーリ)がスマトラ沖地震による津波被害の復興のため1000万ドル(約10億4000万円)を寄付すると4日、シューマッハの個人マネジャーが明らかにした。ロイター通信によるとシューマッハは「多くの人々に恐ろしいことが起きた。目をつぶるわけにはいかなかった」と本人のホームページにコメントを寄せた。

 「皇帝」の異名を持つシューマッハは昨季、圧倒的な強さで史上初となる5年連続7度目の年間総合優勝を果たした。年収は数十億円とみられ、世界のスポーツ選手の長者番付の上位に常に名を連ねている。(共同)
■・・・( ´,_ゝ`)プッ
腐っても一国家が15万ドルで一個人が1000万ドルw
北韓も頑張って苦しい-無い?-財布から引っ張り出したんだよねw
善意なんだから笑っちゃいけない笑っちゃいけない( ´,_ゝ`)プクスゲラw

与党議員団の訪中延期 中国要請、李氏訪日影響か 1月5日11時21分 (共同通信)
 今月9日から12日まで予定されていた自民党の額賀福志郎前政調会長ら与党議員による訪中が中国側の要請を受け延期になったことが5日、明らかになった。台湾の李登輝前総統への訪日に際し日本政府が入国査証(ビザ)を発給したことが影響した可能性があり、訪中団団長の額賀氏らは6日、中国大使館関係者から真意を聞く。
 与党幹部によると、自民、公明両党と中国共産党との「日中与党交流協議会」を北京で10日から2日間の日程で初めて開く予定だったが、4日になって中国大使館から「準備が不十分」として延期の要請があった。
 額賀氏は「中国側から『与党協議は大事なので成果を挙げなければならない。協議すべきテーマが多いので今回は延期してほしい』と要請があった。突然で驚いており、真意をよく聞きたい」としている。
■まぁなんつーかね・・・
脊椎反射というか、律儀というかw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-05 00:00 | 災害関連
2005年 01月 04日
【地震と教訓】 第28回 「バカの壁・再」19 【防衛省昇格!】
100年前の津波の教訓生きる 震源地海インドネシアの島 2005/01/04 20:28 (産経新聞)
 インドネシア・アチェ州のシムル島はスマトラ沖地震の震源に最も近い位置にありながら、犠牲者は8人にとどまった。同島の住民は、多数が死亡した1907年の津波被害の教訓が生かされたためだと話している。

 4日付のインドネシア紙レプブリカによると、同島は07年に強い地震に見舞われ、津波で住民の大半が死亡。住民は子供たちに教訓を学ぶよう伝えてきた。

 「強い地震が起きたら、海面を見なさい。海水が遠くに引けば、津波がやって来る。高い所に避難しないといけない」。同島サラン地区の中学校教師アリ・アクバルさんは同紙に対し、子供たちに伝えられている内容をこう説明した。

 スマトラ沖地震の震源は同島の西約40キロ。アクバルさんによると、地震直後に一部の住民が浜辺に行って海岸線の状況を調べ、海水が遠くまで引くのを確認。高い所に避難するよう大声で叫んで連絡したという。

 丘や山に逃げた住民たちは、自分の家や建物の大半が津波にさらわれるのを目撃。サラン地区では警察署が残っただけだった。

 同島は人口約6万9700人。今回の津波で8人が死亡、1人が行方不明となった。アチェ州全体では9万人以上の死者が確認されている。(共同)
■我々日本人には「地震=津波=恐い」という感覚が染みついていますが、これはやはり先人たちの貴い犠牲と被害極限への必死の努力の結晶によるモノなんですね。
今日の産経29面の記事によれば、シムル島の近くのニアス島というところでは海水の引いた海岸に残った魚を捕りに出た人が多数居て227人もの死者を出したそうです。
およそ100年前の貴い犠牲を教訓とし、言い伝えという形で伝承しそれを忘れなかったからこそ震源地の近くにありながら結果的に8人死亡という奇跡とも言うべき結果に繋がったのではないでしょうかね。

先人の知恵恐るべし・・・。
自衛隊のインドネシア派遣表明へ=小泉首相、ジャカルタに向け5日出発(時事通信) 1月4日21時1分 (時事通信)
 小泉純一郎首相は5日夕、インドネシア・スマトラ島沖大地震に伴う津波被害の復興支援策を話し合う被災国復興支援首脳級会合に出席するため、ジャカルタに向け出発する。首相は6日開かれる同会合で、当面の措置として5億ドル(約510億円)の無償資金供与や自衛隊の追加派遣を柱とする支援策を正式表明。国際社会と協力しながら最大限の支援を行う方針を伝える考えだ。
 これに関連して4日、大野功統防衛庁長官は国際緊急援助隊派遣法などに基づき、陸海空の3自衛隊に派遣準備命令を発令した。防衛庁は先遣隊による現地調査を踏まえ、今週中にも北スマトラ地域を中心に米軍などとも連携し医療・防疫や物資輸送などを開始する。
■いや~こういう危機管理に「完璧」だとか「完全」という言葉はあり得ない訳です。
危機管理が必要になっている時点で既にマイナスな訳で、あとはそこからミスがある度に減点式で加算は一切ありません。
危機管理とはずいぶん分の悪い-そして減点が人命に直結する試験な訳ですね。

そんな中で

>首相は6日開かれる同会合で、当面の措置として5億ドル(約510億円)の無償資金供与や自衛隊の追加派遣を柱とする支援策を正式表明。
>国際社会と協力しながら最大限の支援を行う方針を伝える考えだ。


小泉総理の表明した「カネも出す人も出す」という姿勢は国際社会の一員として、また未曾有の災害に苦しむアジア同胞への援助として「最もベター」な対応だったのではないかと思います。

日本が5億ドル出すと表明したお陰?で中国・韓国も増額、米国に至っては初期額の10倍の3億5千万ドルに増額しました。
純一郎の見事な釣っぷりに、乾杯w

第28回「バカの壁・再」19

了解!! ピレネー山脈さん (2005.01.04 00:42)
(前略)
そろそろいがみ合い止めたら??
お互い相手に関する内容の記載を削除する。
何か分かるでしょ??
互いにメリットがないでしょ。
断っておくけど、ぼたんさんはマジで裁判用に
控えているのだよ。
すでに弁護士と相談済み
である事を忘れないようね。
■いやはや、ぼたんの花のHPに来させまいとこのHPを荒らした張本人がどの面下げて来たんですかねと思いきや・・・
また、アホな書き込みですねぇ。

>そろそろいがみ合い止めたら??

啀み合いってさ、俺が求めてるのは「劣化ウラン弾の中には、日本のそれも含まれているのではないか」というぼたんの花の発言のソースを出せってずっと言ってるんだが。
理解できる?
合理的に疑うにたる資料だよ、ぼたんの花の脳内ソースじゃなくてね。


>お互い相手に関する内容の記載を削除する。

まずさ、ぼたんの花の行為をしっかりと見ろよ。

某S氏さんのボー論
某氏Sさんの最新判
某S氏再々新版
某S氏さんのバカの壁 A
某S氏さんのバカの壁 B
某S氏さんのバカの壁 C
某S氏さんのバカの壁 D
某S氏さんのバカの壁 E
某S氏さんのバカの壁 F
某S氏さんのバカの壁 G

で、俺の日記を無断転載するのは著作権を侵害していると指摘したら

楽天管理人様

こう言う言い訳をしたんだよね。
その中にはこう書いてある。

>某S氏さんの日記は、著作権=思想感情を創作的に表現したもの=「多事某論」の日記バカの壁シリーズという楽天管理人さんの判断と成り得るのなら、ぼたんの花HPの削除もやむを得ないと管理人ぼたんの花は考えております。楽天管理人様より)

つまりは自分で自分の行為の善悪を判断出来ないと言うんだね。
しかも、自分から削除する気はさらさら無いし、Web上にUPされた日記が著作物かどうかと言う事も自分では判断出来ないらしい。

さて、ここで読者の皆様の為の判断材料を提供しましょう。

・多事某論「バカの壁」シリーズに著作権はあるのか?
 Q.掲示板に投稿されている文章に、著作権はありますか?(「逮捕されない著作権法」より)

・ぼたんの花の行為は「引用」か?
 Q.引用って何ですか?(同上)

・今までの経緯
 「バカの壁」避難所 付・日記、コンテンツ保管庫。

さて、大人なら分かるよね、どっちが悪いことをしているかぐらいは。

ぼたんの花が自分のHPでやっているのは俺の日記の「無断転載」なんだよ。
俺の引用は著作権法の定める引用に該当している-少なくとも俺はそのように努力している-からどこの誰からも咎められることはないよ。

俺が法律の範囲で引用した日記について、君やぼたんの花と取引してお互い相手に関する内容の記載を削除する理由は一切ないんだよね。
そもそも俺とぼたんの花の立場は対等じゃないの、理解できる?


>何か分かるでしょ??
>互いにメリットがないでしょ。


お互いにメリットってさ、それはお互いの立場が対等で初めて言える事なんだよ。
俺は法律で認められた範囲での「引用」をしていて、ぼたんの花は俺の日記を丸々「無断転載」をしている。
しかも、一部には引用元のアドレス提示さえないね。

何度でも言うが立場は対等じゃないんだよ、大人ならまずそこんところを良く理解しなって。
自分の立場を理解せずにドンキホーテはかっこ悪いよ。


>断っておくけど、ぼたんさんはマジで裁判用に控えているのだよ。
>すでに弁護士と相談済みである事を忘れないようね。


これまた幼稚な脅し文句だねw
「裁判」とか「弁護士」を持ち出せば相手がびびって言うとおりになるとでも思った?
それとも、永遠の14才さんの言うように散々厭がらせをして相手に訴えさせて面と住所を確認しようってかい?

大人大人という割には、やることが幼稚だね。
で、弁護士にはなんて言われたのかな?w
是非聞きたいよw

ピレネーよ、自分の立場を弁えなって。

「防衛省昇格」法案、次期国会提出へ…公明が容認方向(読売新聞) 1月4日3時7分 (読売新聞)
 政府・与党は3日、防衛庁を省に昇格させる「防衛省設置法案」を次期通常国会に提出する方向で調整に入った。

 同法案に慎重姿勢を示していた公明党が提出を容認する方向となったためだ。法案が成立すれば、国民の生命、財産を守る重要な行政組織でありながら、内閣府に属する1機関と位置付けられている同庁が、ようやく主要各国と同様の組織体制を整えることになる。

 防衛庁が省に昇格すれば、閣議案件を独自に提案できるようになるほか、独自の予算要求や省令の制定が可能となる。主要国のほとんどは国防を担当する省を設置しており、自民党や防衛庁は「防衛庁を省とすることで、国の根幹である安全保障や危機管理の体制が強化される」として省への昇格を強く求めている。

 公明党が同法案提出に前向きに対応する方向となったのは、〈1〉今後、防衛庁を中心として有事関連法に基づく危機管理体制を整える必要がある〈2〉イラク復興支援などで自衛隊の幅広い活動が求められている――などの判断によるものだ。これに関連し、同党幹部は「防衛庁の省昇格について、一定の環境が整いつつある」と述べ、政府・与党内の調整を進める考えを示している。

 同法案は、防衛庁設置法の内容を基本的に踏襲した上で、防衛省の設置や、防衛長官の呼称を「防衛相」とするなどの内容が盛り込まれる見通しだ。自民党は同法案を議員立法として提出したい考えだ。ただ、一部には「行政機関の在り方を決める法案なので、内閣提出法案とする方が適切だ」との意見も出ており、提出方法には流動的な面もある。
■いや~ようやく悲願の防衛省昇格ですか。

>同法案は、防衛庁設置法の内容を基本的に踏襲した上で、防衛省の設置や、防衛長官の呼称を「防衛相」とするなどの内容が盛り込まれる見通しだ。

う~ん・・・国防省と国防大臣にはならないのかねぇ。
防衛省と防衛大臣って語呂と語感が・・・w
おまけ。

陸自の評価で世論調査 サマワのサドル師派 1月4日9時7分 (共同通信)
 【サマワ4日共同】イラク南部サマワに駐留する陸上自衛隊の復興支援活動の評価について、イスラム教シーア派の反米指導者サドル師派のサマワ事務所が、同市民を対象に世論調査を行っていることが4日、明らかになった。
 サドル師派は陸自部隊を「占領軍」と規定し、即時撤退を求めている。同事務所の広報担当者は「われわれの主張に共鳴する人が多いことを証明するのが狙いだ」と話している。
 サドル師派の聖職者は先月、市内での金曜礼拝の説教で、武力以外の方法で陸自駐留への反対運動を行う構えを示しており、世論調査をこうした運動に利用する考えとみられる。
 調査結果は同事務所の機関紙の「アンナーティカ」(週刊紙)の7日付紙面に掲載される予定。
 調査はサマワ市内で1日から開始、一般市民に聞き取りを行っている。対象者数は不明。
■結果が楽しみですね~
思ったような結果にならなければ発表しないとかも有り得るし、ともかく続報を待ちましょう。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-04 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 01月 03日
【縮小版】 地震と政府批判 【離島防衛】
小泉首相またか 地震後に映画と食事 2004/12/28 (スポーツニッポン)
 小泉純一郎首相に27日、再び危機管理の面での批判の声が上がり始めた。

 スマトラ沖地震津波が発生した26日、小泉首相は午後3時50分ごろから都内の映画館で、映画「隠し剣 鬼の爪」を観賞。観賞中に津波被害は広がっていた。その後も、銀座で作家の宮尾登美子さんらと会食。公邸に戻ったのは午後9時半を過ぎていた。

 その間に、津波による死者は3000人を超えたとニュースでは報じられていた。しかも被災地は人気のリゾート地でもあり、日本人への被害も心配されていた。

 ある野党議員は「これでは、01年にえひめ丸事故で、ゴルフを続けて批判を浴びた森喜朗前首相と同じだ」と批判。ほかにも「新潟県中越地震の際にも対応の遅れが指摘されていたのに…」と話す政界関係者もいる。

 映画「隠し剣…」は今年10月に見る予定だったが、新潟県中越地震が発生したため、舞台あいさつなどの途中に退席。この時も、被災を知りながら映画祭会場を退席したのが約1時間後だったことが問題視された。

 ≪官房長官「渡航自粛を」≫政府は27日、タイ、スリランカ両国で大使館員を被災地などへ派遣し、旅行者や在留邦人に関する安否確認や情報収集を続行した。細田博之官房長官は記者会見で「大変大きな被害を受けているので、渡航の自粛もお願いしたい」と要請した。

 被災国への支援について、外務省の竹内行夫事務次官は会見で「既に動きだしている緊急援助に加え、被害の大きさを踏まえた2国間支援、国際的なアピールを踏まえた支援をできる限りしていきたい」と述べ、本格的な追加支援を検討する方針を示した。
■まぁいつもの如く政権批判ですね。
もう飽き飽き、お腹いっぱいって言う人も詳しくはgoriさんの「年の最後にソースロンダリング」を見て下さいな。

一部抜粋させて頂くとですね
年の最後にソースロンダリング Irregular Expressionより
26日PM3:00
 外務省領事局に緊急連絡室を設置
 大使館や領事館を通じて日本人の安否確認や情報収集

26日夜
 スリランカの要請を受け、国際緊急援助隊の医療チーム約20人を派遣決定
 スリランカ以外の国の要請に備え、追加派遣やテントなど緊急援助物資の発送準備開始
    
27日午前
 町村外相からの状況説明
 現地大使館員を現場に派遣
     
27日午後
 被災地域への渡航自粛要請 追加支援を検討
 被災した6カ国の首脳に対し哀悼のメッセージ
 被災地向けに緊急の無償資金協力を実施するよう検討
     
27日夜
 外国医療チームとしては一番最初に日本の緊急援助隊医療チームがスリランカ到着
 国連防災世界会議でインド洋の津波対策を緊急提言する方針を固める
     
28日
 タイへ医療救助チームを派遣決定
 自衛艦3隻を支援の為タイ南部のプーケット島に派遣決定
 支援の為にNGO連合に10億円拠出
■地震発生は日本時間で12月26日(日)午前10時頃ですがね、一体どこが遅いんだと。

でまぁ、一応小泉総理のコメントもどうぞ。
スマトラ沖大地震及びインド洋津波被害に関する総理コメント 外務省HP
スマトラ沖大地震及びインド洋津波被害に関する総理コメント


平成17年1月1日


私は、アジア各国を襲った今回の未曾有の災害に際し、同じアジアの一員である我が国として、その責任に見合った最大限の支援を差し延べる決意と連帯、そして具体的措置を表明するため、6日にインドネシアで開催されるASEAN主催緊急首脳会議に出席することとした。


日本としては、資金、知見、人的貢献の3点で最大限の支援をしたい。

(1) 今回の被害に対する緊急支援措置として、我が国は、当面5億ドルを限度とする協力を、関係国及び国際機関等に対して無償で供与する。


(2) 我が国は、インド洋地域における津波早期警戒メカニズムを速やかに構築するため、その知見・科学技術を活用し、関係国・機関との協力を推進する。18日から22日に神戸で開催される国連防災世界会議において、本件のための「特別セッション」を設けることを提案する。


(3) 人的貢献の面においても、既に各地に国際緊急援助隊を派遣しているが、今後、消防のヘリ・人員等を活用した更なる貢献を行う。また、自衛隊の航空機・艦船・人員を活用した追加的貢献の実施を早急に検討する。



また、今回の事態によって被災国の社会基盤等が深刻な打撃を受けたことに留意し、各国における事情・状況を踏まえて、関係国・機関との協調の下に、復旧復興面においても最大限の支援を行うこととする。
■まぁ、支援が遅いだのなんだの言われているようですが、決してそんな事ありませんよ。

まぁ、金だけ出してりゃそれでいいって言う人がなんというか楽しみですが「ヒト・モノ・カネ」全部出してこそ感謝される訳ですよ。
まぁ「カネ」の部分については援助トップクラスの「5億ドル」と言うに留めておきましょう。
「モノ」についても

スマトラ沖大地震およびインド洋津波被害に対するわが国の支援について
インドネシアにおける地震・津波被害に対する緊急支援の実施について
スリランカにおける津波災害に対する緊急援助について
モルディブにおける津波災害に対する緊急援助について

しっかりやってます。
最後、今まで一番やれてこなかった「ヒト」の部分についても国際緊急援助隊は世界各国の先駆けて到着したって言うし海自の護衛艦も急行したってことでOK。
あとはこれから出てくるであろう被支援国の様々なニーズにどうやって答えていくかですね。

「ヒト・モノ・カネ」全部揃ってようやく先進国として、そしてアジアの一員としての「義務」を果たしたと胸をはって言えそうです。


しかし奥様聞きましたか。

>アジア各国を襲った今回の未曾有の災害に際し、同じアジアの一員である我が国として、その責任に見合った最大限の支援を差し延べる決意と連帯、そして具体的措置を表明する

ですって。
日本の首相として近年まれに見るなんて力強いお言葉でしょう(´Д⊂グスン

最後は去年大活躍のギター侍で締めましょうw

べべべべん べべべべん べべべべん べべべべん・・・

簡単に5億ドルって言うじゃな~い

・・・でもあんた、5億ドルの無償供与って国連希望額20億ドルの1/5ですから~~!残念っ!

米帝様でも3500万ドル斬りっ!

でも、もう既に国際緊急援助隊派遣して総額約5,000万円相当の緊急援助物資の供与を決定してますから~切腹!

お粗末でしたw

中国原潜侵犯 離島防衛、日米で強化 共同訓練・拠点を協議 2005年1月3日 (産経新聞)
 中国原子力潜水艦の領海侵犯を受け東シナ海の離島防衛を強化するため、防衛庁は二日、「離島侵攻」を想定し、離島への共同輸送拠点設置や共同訓練の実施など、陸上自衛隊と米軍の共同対処を強化する方針を固めた。近く本格化する米軍の「変革・再編」をめぐる日米協議でも、軍事力を増す中国が主要テーマとなり、中国が南西諸島に侵攻する危険性を想定した共同対処が議論される見通しだ。

 昨年十二月に決まった次期中期防衛力整備計画(平成十七年度から五年間)で海上・航空自衛隊について空中給油・輸送機、ヘリ搭載護衛艦、P3C哨戒機の後継機などの整備が盛り込まれた。しかし、陸自と米陸軍・海兵隊の将官レベル協議では、中国原潜が領海侵犯した先島諸島(南西諸島の一部)に陸自が駐屯していないことに双方が懸念を示し、「領空・領海侵犯」にとどまらず「離島侵攻」も念頭に陸自と米軍が統合部隊として対応する必要があるとの認識で一致した。

 具体的には、三千人規模の第一五旅団(沖縄県)や離島対処部隊として相浦駐屯地(長崎県)に配置されたレンジャー隊員中心の西部方面普通科連隊(約六百六十人)と、沖縄に駐留する有事即応部隊の米第三一海兵遠征部隊(約二千人)の連携を強化する。

 有事に備え、離島で日米共同訓練を実施することも検討している。当面は災害対処を想定した訓練から開始する方針で、地形が複雑な離島では不具合が生じやすい無線・衛星通信の試験や、中継施設の設営も進める。

 現地に陸上部隊を迅速に派遣するため、先島諸島に輸送機の離着陸が可能な共同輸送拠点も設ける。具体的には、三千メートルの滑走路を持つ下地島空港(伊良部島・下地島)を利用する案が浮上している。

 また、陸自は離島侵攻対処で九州の西方普通科連隊を含め西部方面隊(総監部・熊本市)などから約九千人を投入すると見積もっているが、先島諸島には弾薬や食料、燃料も常備されていない。このため、これらの「事前集積拠点」も設置する方針で、沖縄本島に近い宮古島が候補地に挙がっている。

 離島防衛の対処能力を高めるため、陸自はすでに、有事に緊急展開する「中央即応集団」の新設を決めている。
■なるほど、フィリッピンへ向かう米軍機が下地島で給油したのはこう言う事だったんですね。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-03 00:00 | 災害関連
2005年 01月 02日
【縮小版】 イラクと東南アジア 【縮小版】
東南アジアから見たイラク派遣=竹之内満(アジア総局) 2004/12/10 (毎日新聞)
b0062429_15585011.jpg
自衛隊車両の前で笑顔を見せるサマワの子ども=今年9月


 ◇変わる自衛隊への認識--活動実績踏まえ評価

 「自衛隊のイラク派遣をめぐる日本国内の議論は透明性がある。日本政府は繰り返し派遣目的を復興支援と説明しており、事実、サマワの活動はその通りだ。なぜ東南アジアの国々が、自衛隊を警戒する必要があるのか」

 最近、タイ海軍幹部がこう語るのを聞き、東南アジアにおける自衛隊への認識が変わりつつあると感じた。実際、イラク開戦後、この地域から「自衛隊派遣反対」の声はほとんど聞こえてこない。理由は、02年の東ティモール平和維持活動(PKO)派遣をはじめ、カンボジア、シリア・ゴラン高原など、10年以上にわたり自衛隊が実績を積み上げてきた結果と、私は素直に評価したい。

 外から見る日本の国会は「非戦闘地域」といった言葉の定義づけをめぐり、1年前も現在も、出口のない議論を延々と続けているように見える。時にはアジア諸国の“抵抗感”が、派遣反対論の補強に使われることもある。しかし第二次大戦時、日本軍が甚大な被害を与えた東南アジアでさえ、自衛隊の効果的な貢献を求めている、というのが偽らざる実感である。

 東南アジア側が変化したのには、理由がある。端的に言えば、「テロとの対決」だ。
世界最大のイスラム教国インドネシアは、02年10月のバリ島爆弾テロ以降、イスラム過激派ジェマー・イスラミア(JI)のテロに悩む。フィリピンの分離主義グループも活発だ。タイ南部ではここ数年、国軍基地襲撃などイスラム系住民による暴動が絶えない。カンボジアに約100万人暮らすムスリム社会は、国際テロ組織への武器・資金経由地と疑われ、監視と取り締まりの対象だ。

(中略)

 9・11米同時多発テロが、各国政府の対テロ強硬姿勢を後押ししているのは明らかだ。それは何もブッシュ米政権への追従ではない。東南アジアのリーダーたちは、治安ばかりか政権維持のため米国による「外圧」を利用しながら、その一方で「テロリストを野放しにしている」という米国の批判をテロ対策実績で排除しようとしている。

 この地域の治安確保に中央情報局(CIA)、麻薬取締局(DEA)など米捜査当局の協力が不可欠なのは事実だ。しかし各国政府とも、独自の治安政策をいかに確保するか、腐心している。だからこそ03年のASEAN首脳会議で、テロなど国境を越える犯罪に地域で対処する「安全保障共同体構想」(インドネシア提案)が出てくる。さらにASEANは、米国と並ぶもう一つの軸として中国、日本を重視している。「重し」はいくつあっても良い、と考えるからだ。自衛隊イラク派遣を好意的に受け止める姿勢は、その延長線上にある。

 タイ首相の安全保障顧問を務めるチュラロンコン大学のパニタン助教授はこう語る。「自衛隊派遣は、日本が国際社会でより大きな役割を果たすため、対米協調が最善策と判断したことの表れだ。ASEANにとって日本は、ドイツのように米国と仲たがいしない方が好ましい」

 このような立場の背景には昨年2月、海上自衛隊の輸送艦がタイ軍兵のアフガニスタン移送を担当したように、自衛隊は東南アジアの助力となる、との現実的な計算もあるだろう。自衛隊を見つめる東南アジア各国の視線は、確実に変わっている。

 イラク南部サマワでは、治安維持を担当するオランダ軍が来年3月に撤退する。自衛隊の活動は今後、代替の部隊確保が前提となる。その上で、派遣延長にあたって真に議論すべきは、この1年間の総括とこれから「何をなすべきか」という展望である。

 今、イラク駐留の自衛隊が求められているのは、下水道施設の本格整備といった地域の雇用創出につながる施策の実施だと思う。現地の実情に合わせ、支援・復興内容の「次元」を引き上げるべきだ。欧米列強のはざまで、戦火から復興の道を歩んできた東南アジア諸国は、イラクでの自衛隊の活動ぶりを注目している。
■いや、毎日新聞がここまで素直な記事を書けるものかと感心しましたが、何よりも

>実際、イラク開戦後、この地域から「自衛隊派遣反対」の声はほとんど聞こえてこない。
>理由は、02年の東ティモール平和維持活動(PKO)派遣をはじめ、カンボジア、シリア・ゴラン高原など、10年以上にわたり自衛隊が実績を積み上げてきた結果と、私は素直に評価したい。


この言葉は一国民として非常に嬉しい。
自衛官の皆さんが一部国内の心ない罵詈雑言に耐え、現場で必死にニースに答えようと汗を流した結果がアジア諸国の揺るぎない信頼に繋がったと言う事は本当に素晴らしい事だと思う。

不言実行の日本人がまだ居たんだなぁと、我々は彼らのような日本人を誇りに思うべきなんじゃないかなとも思いますね。

詳しくは「自衛隊ではなく海上保安庁を派遣すべき???」をご覧下さい。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-02 00:00 | 自衛隊・イラク関連