当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
<   2004年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2004年 11月 30日
【ぼたんの花】 第27回「バカの壁・再」18 【徹底追求企画】
これは11/30の日記です。

第27回「バカの壁・再」18

豚野郎 November 30, 2004 13:03 (ぼたんの花さん)
傍観者さん
>ぼたんの花さん
>>傍観者さん
>>あのね、実際にあっても誰にも話せないんですって。
>以下、略。

>なんか色々言ってますが結局
>>>イスラームの女性たちが、自分の夫や子供殺した米兵、自分を強姦した米兵を
>>>何人殺したかで、婚資金代わりにするようです。

>は、貴方が勝手な想像で書き込んだって事を認めるんですね?
-----
何を言ってるか!普通に暮らしているように
見えている女性でもアブグレイブで起きたことは
誰にも話せず暮らしている人が多いんだって!

女子供を連れて行き、自分の娘を目の前で強姦して
民間人の父親を脅迫する!

そんなゲス野郎の米兵を擁護する貴方、恥を知れ!!!
■なんの証拠もなく、証言の信憑性すら確かめることなく米兵の犯行であると断定して「ゲス野郎」呼ばわりすると名誉毀損ものだと思うんですが。

そう言えば前も米兵がヘリコプターからイラク女性をつり下げてどうのと言って周りから「証拠を出せ」と言われていたような。
・・・進歩してないんですね。
売国奴!!! November 30, 2004 13:05 (ぼたんの花さん)
むにゅう!さん
>ぼたんの花さん
>>話をそらさない!
>話をそらしているのは、あなたです。

>イラクで特定の病気が増加しているという証拠をみせてください。
>それが無ければ、すべては根拠の無い妄想です。


>そんなに偽薬を売ってもうけるのを助けたいのですか?
-----

イラクへ行って調査しているプロ市民は沢山いるのに

なんでウヨク野郎は一人も行かないの?
清廉潔白を証明するために行ってきなさい!

シロウト市民ども!S
( ゚Д゚)ポカーン

前々からちょっとどこかおかしいとは思ってましたがついに本性が見えましたね。
「知」→「智」→「痴」になるいい例というべきなんでしょうか。

で、いつもの黄金パターンに突入しました。

妄想発信→証拠出せと指摘される→暴言連発→掲示板閉鎖

懲りな言う人だw

上の民主党支持者といい、こういう偽情報に騙されやすいインテリジェンス水準の低い人が問題を声高に語る愚かしさは何とかならないんだろうか。
・・・いつまでたっても日本人のインテリジェンス水準は低いままだな。


そうはなりたくない人にお薦めの一冊。
情報と国家
情報と国家 -収集・分析・評価の落とし穴-
著者: 江畑謙介
出版社:講談社現代新書
ISBN:4061497391
本体価格:720円 (税込:756円)

英語であれば「Data」「Information」「Intelligence」に分けられるものでも日本では「情報」と一括りに言われることが多いですね。
例えば「雨の降り方」と比べると差は歴然とする訳ですね。
雨には色んな降り方があるために色々な名詞があります。
例えば、秋雨、大雨、霧雨、小雨、五月雨、時雨、驟雨、通り雨、菜種梅雨、にわか雨、春雨、氷雨、村雨、夕立、雷雨・・・
如何に農耕民族である日本人にとって「雨」が重要であったかと言うことが分かりますね。
[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-30 01:00 | 「バカの壁」シリーズ
2004年 11月 30日
【無知?】 呆れた民主党支持者の日記(その2) 【不適切?】
さて、件の呆れた民主党支持者paintboxさんですが「おまえの意見はオマエの日記でやれ」というので昨日の日記を書きましたところ、反論投稿は削除するわトラックバックは消すわ、いつもの黄金パターンに突入しましたw
Re[3]:paintboxブログの運営方針(11/27) 2004/11/30 02:14 AM (永遠の14歳さん)
paintboxさん はじめまして

意見の根拠があやふやな伝聞であると認めた分だけ、誰かと違って潔い姿勢だと思います。
ただし、根拠を示した上で間違いを指摘されたならば、自分なりに確認した上で文章を書き換えるなり、指摘が有った事を付記するなりして、読者が事実を誤認してしまう事を避ける義務が書き手には有るのではありませんか?

それと、「議論したくない」人が何故議論可能なブログを書いているのでしょうか?
だまって民主党に投票するだけなら、誰も貴方と議論しようなんて思いません。
「自分がここで誰かや何かに意見を言う事は自由だが、誰かが貴方に意見を言う自由など認めたくない」というのであれば、それこそ民主主義的な態度とは思われないと思いますが、いかがでしょうか?
■さて、管理人の返事は???
Re[4]:paintboxブログの運営方針(11/27) 2004/11/30 03:29 AM (paintboxさん)
永遠の14歳さん

私のような人間にアクセスして頂いて、まあ嬉しくもありますが、私が個人のエリアをどう運営しようとあなたにとやかく言われる筋合いのものではありません。私の自由にやります。民主主義を守るのは、民主党にお任せします。私は意見を言うだけに留め、民主主義の恩恵を享受させて頂くだけで結構です。何度でも言いますが、私は議論がしたいのではありません。議論したければ、公開討論会でも企画されたらいかがですか?

それと、どうしてこのトピックスで間違いと認めたことになるのかなあ。言い方が下手なのは認めるけれど、どこもあやふやではないし、どこも間違えてはいませんけどね。
このトピックスで事実を誤認する恐れなんてどこにもありませんね。あなたが誤認しているだけでしょう。
見解の相違をいくら言っても時間の無駄ですとしか言いようがないですが。民主党は大らかな政党なので、あなたの意見も前向きに聞いてくれると思います。でも、民主党は多種多様な生き方・考え方を持つ人間が公正なルールの下で自由に伸び伸びとした競争をして行くことにより、強い日本を目指す、ということも言っています。あなたが意見を言えば、あなたの意見をとやかく言うことはありませんが私も言わせて頂く、ということです。

その他の方へ

時間のムダです。おやめください。削除するだけです。
■いやはや、質問に一切答えないどころか開き直って「オマエが誤認してるんだ!」とは盗っ人猛々しいにも程があります。
明らかな自らの無知を具体的に指摘されても

>言い方が下手なのは認めるけれど、どこもあやふやではないし、どこも間違えてはいません

おやおや、言い方が下手だった事にしてしまうようですね。
問題は言い方以前の根本的な無知によるものなんですが、認めようとしないのはなぜでしょうか。
まさかとは思いますが

「"認めたら負けかな"と思ってる」(教師 48歳)

とでも言うんでしょうか?
その上こんなことまで言い出しました。

>このトピックスで事実を誤認する恐れなんてどこにもありませんね。あなたが誤認しているだけでしょう。

このトピックとは「政治について」の事ですが政治については事実を誤認する恐れなんてどこにもありませんと言うのは何かの達の悪い冗談ですか?
こんな人が

>もちろん、明らかな間違いがあれば直します。

と言っても信憑性がこれっぽっちもありませんね。
最もこの直後には

>小宮山洋子議員のセミナーの書き込みも、修正してくださいという連絡を頂いて修正しています。

と書いています。
なるほど味方からの指摘以外は無視と。
まぁ、それ以前に「俺が間違いと認めない限り間違いじゃないんだ」とでも言う気なんでしょうか?

民主主義とは我々一人一人の不断の努力によって保たれるものであり、維持は人任せにして恩恵だけに与ろうというのは民主主義の恩恵に与る資格はありません。
こんな人に民主主義がどうのと言われると、何だかもうやるせない気分になります。
憲法は九条だけじゃないんですよね。

「権利」ばかりを教えられ「義務」を果たそうとしない典型的な戦後民主主義教育の害悪ですね。

アナーキスト教師といいB-87といい、我々の上の手本となるべきな大人の世代にこういう人が多いのは少し日本の将来を絶望視させられます。
まぁ、その代わり尊敬すべき大人や誇るべき同世代がもいるのは事実ですが???
能動的学びに取り組むNPO 2004/11/30 (paintboxさん)
やけにカウンタが進んでいるなと思ったら総攻撃の様子ですが、一向にめげずに書き続けます。私を叩いても、私は民主党員でもないし、もう未来も希望も失った人間なので無意味だと思いますが、叩かれ慣れているのでどうぞご自由に。ただ、私の管理エリアに書き込んで頂いても削除するだけなので時間のムダです。ご自分のところでどうぞご随意に。

カウンタを進めて頂いて感謝致しておりますが、私みたいな最低生活者を相手にせずに、もう少し時間を大切になさってはどうかと思います。防衛問題では、民主党の前原誠司さんあたりに論戦を挑まれたらいかがでしょうかね。
■悪びれもせずなにか、根本的に勘違いしているようですね。

民主党員だから、もう未来も希望も失った人間だから叩かれているのではなくて貴方の意見が間違っているから叩かれているんですね。
この手の人の得意技ですが、自分に都合の悪い指摘を総攻撃と言い換える辺りが姑息と言うか、卑怯というか???(苦笑
まぁ、いつものことですね。

あまりこの様なことは言いたくないんですがあの政党にしてこの支持者ありと言うことなんでしょうか???。

追加。
Re[6]:paintboxブログの運営方針(11/27) 2004/11/30 05:50 AM (paintboxさん)
永遠の14歳さん

細かい表現には不適切な点があったかも知れませんが、それは私が政治のプロではないから、ということです。

自衛隊はイラクに戦闘を目的として行ってはいないでしょう。施設造営を目的として派遣されているわけでしょう。新聞によく書かれているのは水道施設でサマワの人にはかなり感謝されているということですよね。
治安維持を行うことができない、ということについては、毎日新聞のコラムにも書かれていて、そちらの方がプロが書いていて適切かも知れないので、私もそのコラムと同意見のつもりで書きました。
あやふやな点はありません。

そんなに細かく一字一句まで考えなければ政治に関して発言できない、という指摘に対して、参政権を持っている以上、私はそうは考えないと申し上げています。
■あくまで細かい表現に不適切な点があったけど、間違っていないというつもりのようですね。
これ、自民党議員とどう違うんでしょうかw

しかし、大分当初とは意見もずれてきましたね。

>自衛隊はイラクに戦闘を目的として行ってはいないでしょう。
>施設造営を目的として派遣されているわけでしょう。
>新聞によく書かれているのは水道施設でサマワの人にはかなり感謝されているということですよね。


最初はこう書いていました。

>あくまで水道の確保を任務として派遣されているわけです。

「あくまで水道の確保を任務として派遣」「施設造営を目的として派遣」では180度違いますね。
こう言うのを日本語では「間違っている」と表現するのですが、彼とは言語が違うんでしょうか?

まぁ、とりあえず自分のミスを認めて意見を変えたというところで一歩前進ですね。
それでも細かい表現に不適切な点があっただけで自分の非を認めようとしないし、訂正する気もない様ですが。
[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-30 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2004年 11月 29日
【イラク派遣】 呆れた民主党支持者の日記 【民主主義とは?】
結束問われる自民「3K」 延長反対に同調広がらず 11月29日19時25分 (共同通信)
 自衛隊のイラク派遣延長に異論を唱える自民党の加藤紘一、古賀誠両元幹事長、亀井静香元政調会長の「3K」が党内で孤立し始めている。
 大野功統防衛庁長官が自衛隊撤退の目安を来年12月と表明するなど、来月10日に見込まれる延長の閣議決定に向けた「環境整備」が着々と進められているためだ。党内でも「民主党と同じようなことは言えない」と同調者が増えず、逆に3人の影響力や結束力が問われている格好だ。
 加藤氏らは今年1月の自衛隊派遣の承認案採決で造反した経緯がある。今月9日に小泉純一郎首相に「現地情勢は厳しい」と慎重対処を申し入れ、24日には外務、防衛両省庁の幹部を呼び付け「あなたたちは平和ぼけだ」(古賀氏)といら立ちをぶつけた。
■はい、と言うことで恙なくイラク派遣は延長されるようですね。

>党内でも「民主党と同じようなことは言えない」と同調者が増えず

その民主党支持者の衝撃の日記をどうぞ。
自衛隊のイラク派遣について 2004/11/27 (paintboxさん)
対米追従路線をとる自民党政権がイラクの自衛隊派遣延長を考えるのは理解できますが、これを支持する日本人がどうも多数いらっしゃるようなので、私がどう思うかを書いておくことにします。

端的に私の結論を述べると、自衛隊派遣延長をなさりたいとおっしゃる方は危ないイラクにご自分でいらっしゃればよろしい(あくまで逆説です、行かないでくださいね)、というのが私の言いたいことです。

イラクに派遣されている陸上自衛隊の方は、戦闘部隊の方ではなくて施設部隊の方であるというお話しを伺っています。大砲や戦車を持って行ってテロリストと戦うわけではなくて、あくまで水道の確保を任務として派遣されているわけです。仮に派遣が延長されるとしても、日本の現行法では、1月に予定されるイラク選挙の警備を担当することすらできないのです。

派遣される隊員の方にマイクが向けられると日本の国益のためにというような声が帰ってきますが、内実はなぜ攻撃を受けた場合の自己防衛の手段も持たずに遠地に連れて行かれなければならないのか、と不安に思っていらっしゃる方もいるというようなお話しも伺いました。自衛隊員の方にもご家族がいらっしゃいます。自衛隊派遣延長に気軽に賛成される方は、万一のことがあったときに、任務だから当然だろ、とか、命令に従うのが当然だろ、とか、おっしゃるのでしょうか?だったら、自衛隊員でなくて、おまえが行けばいいだろ、と申し上げたい。

日本は既に大きな経済援助をイラクに対して行ってきており、またこれからも行う予定があるそうです。日本の現在の法律ではこの方が遙かにイラクのためになるのではないでしょうか?自衛隊がサマワに駐留していてもさしたる貢献はなく、どちらかと言うとシンボリックな意味合いなのだ、というような意見もありますが、ただシンボリックというだけで命の危険にさらされる側はたまりませんね。
(後略)
■もう突っ込みどころ満載な訳ですが・・・

>イラクに派遣されている陸上自衛隊の方は、戦闘部隊の方ではなくて施設部隊の方であるというお話しを伺っています。
>大砲や戦車を持って行ってテロリストと戦うわけではなくて、あくまで水道の確保を任務として派遣されているわけです。


これは誤解を招く表現ですね。

まず第一に施設科(工兵)とはいえ「自衛隊員」ですから普通科(歩兵)には及ばないものの戦闘訓練は受けています。
そこら辺のNGOよりはよっぽど戦闘のプロです。

第二に施設科は水道の確保だけが仕事ではありません。
イラク復興支援活動は道路補修や学校建設など任務は多岐にわたっています。

第三にイラクに派遣されている自衛隊員約600人全てが「施設科」ではありません。
大半は警備任務の「普通科」です。


>仮に派遣が延長されるとしても、日本の現行法では、1月に予定されるイラク選挙の警備を担当することすらできないのです。

これも間違いです。
イラク特措法の正式名称はご存じでしょうか?
「イラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法」

安全確保支援活動が警備任務にあたります。
今や「やっていない」だけなんですよ。


>内実はなぜ攻撃を受けた場合の自己防衛の手段も持たずに遠地に連れて行かれなければならないのか、

これもそうですね、イラクに派遣される隊員は全て志願制です。
連れて行かれるというのはどういう表現技法なんでしょうか?


>日本は既に大きな経済援助をイラクに対して行ってきており、またこれからも行う予定があるそうです。
>日本の現在の法律ではこの方が遙かにイラクのためになるのではないでしょうか?


え~大金を出した挙げ句感謝すらされなかった湾岸戦争の教訓から何も学んでいないのでしょうか?

paintboxさん、自分の考えを述べて、何かを批判するのは大いに結構な事です。
しかし、正確な判断は正確な知識から導き出されます。
正確な知識を身につけて下さいね。


閑話休題紆余曲折

paintboxさんの書き込みより抜粋 2004/11/29 11:57 PM (paintboxさん)
もしかして、あなたは、自衛隊が治安任務について、テロリストから攻撃を受けて、自衛隊がそれに応酬することにより、日本国民が戦争やれ!というように意識昂揚することを望んでいるのかも知れませんが、それは日本の取るべき道ではないというのが私の考えです。自民党でさえ、3K以外でも殆どの議員がそう考えるのではないでしょうか。そうであれば、自衛隊の正当防衛行使を想定すること自体誤りと申し上げたい。自衛隊が正当防衛を行使するような局面があってはならないというのが私の立場であり、その可能性が寸部でも残っているならイラクに自衛隊を派遣してはならない、というのが私の主張です。

掲示板を私がなぜ公開しているかというと、仲間、同志を求めているからです。
あなたに求めているわけではありませんけれど。私は、目的を持ってブログを運営しています。
掲示板その他の利用法について、提供者の楽天株式会社が配慮を求めてくるなら考えますが、あなたにとやかく言われる筋合いはありません。
■真面目に反論するのが莫迦らしくなってきましたが気を取り直して。

>自衛隊の正当防衛行使を想定すること自体誤りと申し上げたい。

正当防衛すら行使してはいけないとは、どういう事ですか?
自衛隊は撃たれたら死ねと言うんでしょうか?
「緊急避難」と「正当防衛」は人間が本来持つ「生存権」ですが・・・。
しかしまぁ意見がころころぶれますね。
先程までは

>仮に砲弾が飛んでくるような事態になっても、憲法9条に反するような行動を自衛隊員の方が行えるはずがありません。
>攻撃されてもそれに応戦することができない自衛隊員の方が選挙の警備などに出て行けばどれだけ生命的な危険を伴うかということをあなたはお考えにならないのでしょうか。


と、明らかに「自衛権」「正当防衛」「緊急避難」すら否定していましたね。

私が「こちらからは撃てないが、撃たれたら撃ち返す事はできます。」と指摘した途端に「自衛隊が正当防衛を行使するような局面があってはならない」と言い出すのはどういう事ですか?

「行えるはずがない」と「自衛隊が正当防衛を行使するような局面があってはならない」の間にはかなり距離がありますが。


>掲示板を私がなぜ公開しているかというと、仲間、同志を求めているからです。

それは意見表明はしたい、私の意見を補強するのに有益な投稿-賛成意見?-は見たいし仲間や同志は欲しいが、間違いの指摘や反対意見は聞きたくないと言う事ですか?

それは民主主義とは言いませんよ。
意見を言う「自由」には反論される「リスク」が伴うのは民主主義の前提ではないでしょうか。
そして、自由闊達な「議論」こそ「民主主義」ではないでしょうか。

paintboxさんの書き込みより抜粋 2004/11/29 11:57 PM (paintboxさん)
異なる意見は、自民党の方からもういやというくらいに拝聴致しております。
楽天ブログを散策していても、へえ、そんな風に考えてしまうんだ、と思うことが多々あります。私には、それで充分です。
私は意見を闘わせようと思っているのではありません。
民主党の議員というのであれば、意見を言って反論されるリスクも覚悟する必要があるとは思いますが、私のような一小市民が意見を言うリスクですか?そんなリスクはごめんですね。
私は民主主義の構成要員ではあっても、民主主義を守るための要員ではないですから。

民主主義を守ってくれるように、民主党の国会議員にお願いするというだけです。
■いやもう正直呆れましたね。

>私は民主主義の構成要員ではあっても、民主主義を守るための要員ではないですから。
>民主主義を守ってくれるように、民主党の国会議員にお願いするというだけです。


日本国憲法 第3章 国民の権利及び義務
第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。


・・・いやもう正直反論する気力も失せました。
しかし、ハッキリ一つだけ言えることがあります。

民主党の支持者はこの程度なんですか?
[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-29 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2004年 11月 28日
【安保理付託は回避】 中国様と小日本 【イラク情勢など】
韓国核問題が決着=安保理付託を回避-「深刻な懸念」と議長総括・IAEA理事会 11月27日1時3分 (時事通信)
 【ウィーン26日時事】国際原子力機関(IAEA)理事会は26日、2日目の協議を行い、韓国がウラン濃縮実験などを申告せずに行っていたことに「深刻な懸念」を表明した議長総括を承認した。これで韓国の核問題は国連安保理への付託が見送られ、今後の検証で新たな疑惑が浮上しない限り事実上の決着を見た。
■ちっ・・・と思った人はどれぐらいいるんでしょうねw
少なくともここに一人いますw

「日本は核兵器保有国に」=政府研究院、02年に報告書-中国 11月27日7時0分 (時事通信)
 【北京26日時事】中国政府の直属研究機関「中国工程院」が、「日本は原材料、技術、資金の面で、核兵器製造への障害はない。1年以内に使用できる核兵器を造ることも可能であり、核兵器保有能力があると認識されている」などとする報告書を作成していたことが26日分かった。中国が日本の軍事大国化に懸念を強める背景に、日本の核兵器保有への警戒感があるのは確実だ。
 日本政府も、近く策定の「防衛計画の大綱」で中国軍近代化の脅威に「注目する」と指摘。双方で強まる相手国への警戒感が、日中関係に悪影響を及ぼす可能性は高い。
 報告書は、中国工程院の工程物理研究院科学技術情報センターが2002年に「核武器と高技術」と題して作成。約60ページのうち9ページにわたって日本の核原料、核兵器の設計・製造能力などについて詳述している。
■そうですか、中共は我々がニュークリアレディー国であると認識しているんですか。
いくら我々が「非核三原則」などと声高に叫んでも敵は能力ベースで判断するという最たる例でしょうね。
しかしまぁ、これぞ無形の抑止力ですね。

そう考えれば新しい憲法に「非核三原則」を盛り込むというのはちょっとどうかと思いますね。
あくまで政府政策としての非核三原則であればニュークリアレディー国としての抑止力になりますが、憲法に盛り込んでしまうとねぇ。

まぁ厳密に言えば「ニュークリアレディー」とは「その気になれば九十日以内に原子爆弾が開発できる国」と言う意味ですから我が国の場合は「準ニュークリアレディー国」とでも言うべきでしょうかね。
しかし、大前研一氏はSAPIOの10月13日号のなかで

日本のよからぬ勢力が狙っているのは、常任理事国入りに乗じた核保有である。
彼らにとって核保有は長年の悲願であり、原子力開発の技術的に言うと、実はすでに日本は30年ぐらい前、核弾頭の模擬実験やウランの濃縮技術などをすべて完成させている。


と-但し真偽不明-言っています。
これが真実だとすれば中共の考えている以上に我々はニュークリアレディーだと言えるんではないでしょうか。
しかしそう考えると、なぜ我が政府が「核燃料サイクル推進」「高速増殖炉・プルサーマル推進」なのかというのも非常に興味深いですねぇ。
日本からのODAなしでもやって行ける=中国外相 11月28日14時4分 (ロイター)
 [ビエンチャン 27日 ロイター] 町村外相が日本による中国への政府開発援助(ODA)を近い将来廃止すべきだとの認識を示したことについて、中国の李肇星外相は27日、「中国国民は自国の力、知恵、決意、自信だけに頼る必要がある」と述べ、自力で国家を発展させることができる、との認識を示した。
東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の合間、記者団に述べた。
ただ、中国は「友好国からの支援で恩恵を受けている」とも述べ、他のODA提供国を刺激する発言は避けた。
■感謝の言葉すらなく、自分でやれるって豪語しやがったよ。

ほんと不思議なんだが、なんで今までこんな国にODA出してきたんだろうねぇ。
こいつらはホントに日本からのODAなしで経済が発展するとでも思ってるんだろうか?

向こうからいらねぇって言ってるんだ構うこたぁねぇ、2010年と言わず来年から0にすりゃぁいいんだよなぁ。

イラク派遣の自衛隊「来年12月が一つの区切り」 11/28 12:59 (産経新聞)
 大野功統防衛庁長官は28日、NHKの討論番組で、12月14日に期限を迎えるイラクへの自衛隊派遣期間の延長問題に関し、「来年12月で多国籍軍の任務が終了する。それが一つの区切りではないか」と述べ、国連安全保障理事会決議がイラクの多国籍軍の駐留期限とした2005年12月が、自衛隊撤退時期の目安になるとの認識を示した。

 政府は来月上旬に派遣期間の1年間延長を閣議決定する方針だが、イラクの治安情勢悪化などを理由に与野党内に慎重論・反対論が根強くある。大野氏の発言は、自衛隊派遣の「出口」に触れることで延長に理解を得る狙いがあるとみられる。

 大野氏は「隊員の安全確保ができなくなれば撤退となるが、サマワはイラクの他の地域とは違う」と、治安情勢に問題はないとの認識を強調。自衛隊員に死傷者が出た場合に即時撤退するかどうかについては「一概には言えない。安全確保は一生懸命やっている」と述べるにとどめた。(共同)
■まぁ、妥当なところではないかなと思います。
撤退するチャンスとしては

・来月14日の特措法期限切れ。
→まぁイラクの状況を考えれば百害あって一利なしですね。
困っているときに助けるからこそ、真の友人たり得る訳です。

・来年3月の蘭軍撤退。
→これに関しては不可避ですので蘭軍撤退後の治安維持は英軍に要請しているそうです。
ジョンブルと共同戦線とは日英同盟以来ですねw

・国民総選挙実施後


・新政権発足後


と、急用ができたのでこの続きはまた明日。

イラク派遣延長、来月10日に閣議決定=対迫撃砲レーダー配備も-政府方針 11月27日3時0分 (時事通信)
 政府は26日、12月14日で期限切れを迎えるイラクへの自衛隊派遣の延長について、同月10日に閣議決定する方針を固め、最終調整に入った。延長期間は1年。またサマワの陸上自衛隊の宿営地を狙った攻撃に対処するため、砲弾の軌跡を捕捉する対迫撃砲レーダーを今後、配備する考えだ。
 警備強化のため派遣人員を現在の600人から50人増員する案も検討されているが、与党内にもある派遣延長の慎重論を踏まえ、今回は見送られる可能性が出ている。
■こういう政治的決着で現場が困るのはもうやめにしてほしいなぁ・・・。

米軍の秘密兵器は「ヘヴィ・メタ」 ファルージャ掃討 11月27日15時22分 (産経新聞)
 【ロサンゼルス=岡田敏一】イラクのファルージャで戦闘中の米兵が、軍用車などから「メタリカ」や「AC/DC」といったヘヴィ・メタル・バンドの楽曲を大音響で鳴らし、イラク兵に精神的な苦痛を与えるという心理作戦を展開している。メタリカのメンバーはこの心理作戦について先ごろ、米のラジオ番組に出演した際、この件について「文化が違うので、武器になるのだろうか…」と困惑まじりのコメントを述べた。
(後略)
■いやだからさぁ、そこはヴァルキューレの騎行を大音量でならしつつUH-1イロコイで攻撃だろうと小一時間w

<テロ対策>図上訓練を30日実施へ、国民保護法に基づき 11月27日19時46分 (毎日新聞)
 政府は30日、国民保護法に基づくテロ対策の図上訓練を初めて実施する。実際に自衛隊や消防が出動する実動訓練ではないが、都内で有毒化学剤による同時多発テロを想定したもの。日本の武力攻撃や大規模テロの際に警報の放送や被災者の救援が義務づけられるテレビ・ラジオ局、日本赤十字社などの指定公共機関も参加する。
■いや、こういう図上演習はとてもよい事ですね。
「計画→図上演習→演習→計画見直し」と言うサイクルを重ねていけば、いざというときに役に立つ計画ができると言うものです。

「これは政府にとっては小さな一歩だが、日本国にとっては大きな第一歩だ」と言う事ですね。
[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-28 00:00 | 中国・東シナ海関連
2004年 11月 27日
【どうした朝日w】 トリミングとメディアリテラシー 【愛国三銃士】
自衛隊駐留支持が8割、4割に「不満」も 朝日新聞調査 朝日新聞 (11/25 20:14)
 自衛隊が駐留するイラク南部サマワなどムサンナ州で、朝日新聞は地元紙ウルクと共同で世論調査をした。自衛隊駐留を支持する回答は84%を占めた。一方、宿営地への攻撃が続く中で住民の間に自衛隊への不満があるかどうかたずねたところ、4割が「不満が存在する」と答えた。

 19~22日、サマワなど3市で戸別訪問による面接方式で調べた。有効回答数は1125。主権移譲直前の6月下旬に行った前回調査に続くもの。

 自衛隊駐留について「大いに賛成」は60%、「おおむね賛成」は24%。前回はそれぞれ64%、21%の計85%で肯定的意見は横ばいといえる。否定的意見は「おおむね反対」6%(前回8%)、「全く反対」11%(同5%)だった。

 自衛隊は3月から医療、給水、学校改修などの人道支援活動をしている。活動が住民の利益になるかという質問に「大いに利益になる」は43%。「ある程度利益になる」を加えると76%が好意的に評価した。前回は85%だった。

 こうした活動が目にとまっているかを尋ねたところ、「頻繁に見ている」「時々見ている」が計42%となり、前回の32%を上回った。しかし「全然見ていない」「ほとんど見ていない」が6割を占めており、今回も印象の薄さは否めない。

(後略)
■へ~自衛隊駐留支持が8割か、どこの調査結果かな?
数字的には産経臭が濃厚なんだけどな~

・・・朝日新聞・・・Σ(?Д?;≡;?д?)

朝日新聞の中の人に何かあったのでしょうか?w
しかしまぁ、記述の端々には朝日らしさも見えています。

>こうした活動が目にとまっているかを尋ねたところ、「頻繁に見ている」「時々見ている」が計42%となり、前回の32%を上回った。しかし「全然見ていない」「ほとんど見ていない」が6割を占めており、今回も印象の薄さは否めない。

広大なムサンナ州のサマーワにたった500人ばっかりの自衛隊で何をどうしろと言うのでしょうか。
「印象の薄さは否めない」ってあんた、1.5????の六甲のおいしい水に100竓程度の紅茶入れといて「紅茶の薄さは否めない」って言うようなもんでしょうがw

<イラク派遣延長>治安悪化は障害にならず 特別委で首相 11月25日22時38分 (毎日新聞)
 衆院イラク人道復興支援活動特別委員会は25日、小泉純一郎首相に出席を求め、12月14日で期限切れを迎える陸上自衛隊のイラク派遣の延長問題を審議した。小泉首相は自衛隊が活動する同国南部サマワの治安情勢について、サマワの治安が悪化する可能性があっても、派遣延長の障害にはならないとの認識を示した。
■さて、結論から言えば首相の発言は当然の事を言っているにすぎないんです。
ではなぜ当然なのか?

話はそれますが昨日の永遠の14歳さんの書き込みをまずはどうぞ。

>彼の主張「正しい論理能力の持ち主とはオレの事だ!」がたとえ正しいとしても、入力が足りなかったり狂っていたりするならば、出力が正しくなるはずも無い。
>たとえば最近話題になってるこれ
>「戦闘地域=(イラク特措法に定められた)戦闘行為が行われている地域」
>であるはずにも関わらずマスコミがカッコ内を省略して伝え、野党が国会で「特措法の条件を満たしていない」と主張すれば、首相の答弁はどう聞いてもイカサマ臭く感じてしまう。
>秀先生の一連の経緯を見れば、「情報操作に踊らされて誤った判断をしてしまった」という事は明白なのだがな。(2004年11月27日 03時12分)


記事とこの書き込みを見て「あれ?何かおかしいゾ?」と思った方はスルドイ、そう、おかしいんですね。

この日記をずいぶん前から読まれている方には耳タコかも知れませんが、イラク特措法には治安が悪化すれば撤退するとは書いてないし、そもそも治安が安定しているから自衛隊を派遣している訳ではないんですね。

イラク特措法の中は「戦闘行為」を「国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為」と定義し、具体的に「国または国に準ずる者による組織的計画的な攻撃」と政府解釈をしています。
そして

>人道復興支援活動又は安全確保支援活動については、我が国領域及び現に戦闘行為が行われておらず、かつ、そこで実施される活動の期間を通じて戦闘行為が行われることがないと認められる外国の領域・公海・及びその上空において実施するものとする。

と書かれています。
敢えて解説は省きますが、だから首相の発言は当然の事を言っているにすぎないんです。

拡声機音量を抑えよ、万景峰号入港に新潟県異例の条件 11月27日3時9分 (読売新聞)
 新潟県は26日、新潟市の新潟西港に12月1日に入港を予定している北朝鮮の貨客船「万景峰(マンギョンボン)92」号に対し、港内で拡声機の音量を一定以下に抑えることや、来年以降、同船が日本などの損害保険に加入することを条件に岸壁使用を許可した。

 岸壁使用は知事に許認可権があるが、同県ではこれまで岸壁使用の申請があればそのまま許可してきた。
■新潟県泉田知事、早速北韓にジャブをお見舞いしていますw
「受け入れ拒否はできないけどよ、前任者とは違いきっちり言う事は言わせて貰うぜ」
・・・カコイイw

  _  ∩
( ?∀?)彡 泉田!泉田!
 ⊂彡

さて軍曹様の所で感銘を受けた言葉をご紹介。

   Do the likeliest, and God will do the best.
   (最も正しい事をすれば、神も最善を尽してくれる)

   分かったな、お嬢さん方?アカの前県知事と違い、拉致事件にもきっちり関心を
   示している新潟の泉田県知事も「経済制裁を前提にした交渉を」と小泉首相に
   宛てて要請文を出した。

   少しずつだが、確実に変わっては来ているんだ。
   アカどもやナルシストどもはネットで喚く貴様等を無力だ無意味だと嘲るが、逆に
   言やぁ国民の支持を得ずに力を持てる元首など民主主義国家には存在せん。

   アカと売国奴の脳天をブチ抜いてやるという芯をケツに突っ込んで、今後とも
   自由社会の勝利とシナや南北コリアンとの対決の為に血の汗流せ。


全く同感です。
アカと売国奴の脳天をブチ抜いてやるという芯をケツに突っ込んで、今後とも自由社会の勝利とシナや南北コリアンとの対決の為に血の汗流しましょうw

対中ODA減額明言 外相、近い将来「打ち切り」も 11月27日2時50分 (産経新聞)
 町村信孝外相は二十六日の参院本会議で、中国に対する政府開発援助(ODA)について、「中国の経済発展が進む中で、わが国からの中国向けODA供与については減少させていく。近い将来、中国がODAの卒業生になることが適当と考える」と述べ、打ち切りを視野に対中ODA供与額を減少させていくとの考えを示した。町村外相が供与額削減を明確に打ち出したのは「今回が初めて」(外務省幹部)
(後略)
■ウホッ!いい町村!w
ポンコツ原潜のときは駐日中国大使を呼べなくて弱腰に見えたけど言うときは言うじゃんかw

  _  ∩
( ?∀?)彡 町村!町村!
 ⊂彡

実はこんなところからも援護射撃が。
「五輪、万博で卒業を」 対中ODAで高村氏 11月25日21時44分 (共同通信)
 自民党の高村正彦元外相(日中友好議員連盟会長)は25日夜、都内で開いた自らのパーティーで、中国への政府開発援助(ODA)について「日本も韓国も五輪、万博をしたころに外国からの援助を卒業した。2008年の北京五輪、10年の上海万博で『卒業おめでとう』とできるのではないか」と述べ、10年までには打ち切るべきだとの考えを示した。
 同時に「(日中両国は)一方が一方にぺこぺこするのでなく、対等な主権国家同士の安定した関係を築くべきだ」と強調した。
■ウホッ!いい高村!w
2010年からと言わずに来年からでもいいですよw

この記事のキーポイントは高村氏の肩書き日中友好議員連盟会長と言うところですね。
「真の友好とは隷属ではない」という最たる例でしょうか。

さて、本日三回目ですがいつものやつで締めくくりですw

  _  ∩
( ?∀?)彡 高村!高村!
 ⊂彡

<原潜領海侵犯>台湾からの通報説 副外相らが否定 11月25日15時29分 (毎日新聞)
 逢沢一郎副外相は25日午前の衆院安全保障委員会で、中国の原子力潜水艦による日本領海侵犯事件に関し、台湾の陳水扁総統が台湾当局から原潜発見を日本に通報したと発言したことについて「そのような事実はない」と述べた。今津寛防衛庁副長官も台湾からの情報提供を否定した。いずれも民主党の武正公一氏への答弁。
■ガセネタなのか・・・orz
[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-27 00:00 | 自衛隊・イラク関連
2004年 11月 26日
日本語のお勉強。
さて、今日は日本語の読解の勉強をしましょう。
まずは以下の書き込みを読みなさい。

ある書き込み
「1>イラク特措法には「戦闘行為」の規定があり、「戦闘行為」が行われている地域では活動しないと言う判断基準が全てと言う事になる。

この文章を読んだにもかかわらず

2>彼は、ここで、イラク特措法の「戦闘行為の行われていない地域」というものの概念つまり定義が、「判断基準ではない」と書いてある。

と読み取るのは読解力が決定的に欠如しているか、無理矢理こじつけようとしているかのどっちかだ。」

確かに、最初の1の文から、2の文のような読みとりをするのはおかしい。しかし、それは彼が勘違いしているからだ。僕が2のような読みとりをしたのは、

「「戦闘行為の行われていない地域」=「非戦闘地域」と言う概念-戦闘地域に非ず-の用法は正しいもののそれが判断基準ではない。」

という文章からなのだ。これは、意識的に間違えたのか、分からなくて本当に間違えたのか、どちらかは分からないが、いずれにしても彼の読解レベルを物語るものだろう。
■まとめ。
この書き込みをふまえて以下の指摘を読みなさい。

Aさんの指摘
前提:
1>イラク特措法には「戦闘行為」の規定があり、「戦闘行為」が行われている地域では活動しないと言う判断基準が全てと言う事になる。

2>彼は、ここで、イラク特措法の「戦闘行為の行われていない地域」というものの概念つまり定義が、「判断基準ではない」と書いてある。

指摘:
確かに、最初の1の文から、2の文のような読みとりをするのはおかしい。
しかし、それは彼が勘違いしているからだ。僕が2のような読みとりをしたのは、

「「戦闘行為の行われていない地域」=「非戦闘地域」と言う概念-戦闘地域に非ず-の用法は正しいもののそれが判断基準ではない。」

という文章からなのだ。


Bさんの指摘
前提:

>つまりはイラク特措法の言う所の「戦闘行為の行われていない地域」=「非戦闘地域」と言う概念-戦闘地域に非ず-の用法は正しいもののそれが判断基準ではない。


>なぜなら「法律の文章というものはその書いてある単語が全てでありそれ以上でもそれ以下でもない」と言う事は、イラク特措法には「戦闘行為」の規定があり、「戦闘行為」が行われている地域では活動しないと言う判断基準が全てと言う事になる。


>彼は、ここで、イラク特措法の「戦闘行為の行われていない地域」というものの概念つまり定義が、「判断基準ではない」と書いてある。

指摘:
彼は2の部分を無視して1から3を読み取ったと主張しているわけだが、まず1と2の文章の無駄な部分を省くとこうなる。


>イラク特措法の言う所の「戦闘行為の行われていない地域」=「非戦闘地域」と言う概念の用法は正しいもののそれが判断基準ではない。


>なぜならイラク特措法には「戦闘行為」の規定があり、「戦闘行為」が行われている地域では活動しないと言う判断基準が全てと言う事になる。

1の部分で言っていることは普通に読解すれば

イラク特措法の「戦闘行為の行われていない地域」を「戦闘地域に非ず」言う意味で「(いわゆる)非戦闘地域」と言う概念で呼ぶことは、言葉の用法としては正しいがイラク特措法には「非戦闘地域という概念」はあっても「非戦闘地域という言葉」はないので、法律には無い言葉である「非戦闘地域」は判断基準にはならない。

こういう意味に読み取れるはずだ。
そしてそれに続くの2の部分

イラク特措法に「戦闘行為」の規定があり「戦闘行為」が行われている地域では活動しないと言う判断基準がある以上は「戦闘行為が行われている地域では活動しない」と言う判断基準が全てと言う事になる。

結論としては1でも2でもどっちにしてもこの文章を読んで彼の3という解釈にはつながらないと言うことではないだろうか?


問題1:
上記の文章からAさんとBさんのどちらが行った指摘が正しいかを答えなさい。

問題2:
Aさんは「これは、意識的に間違えたのか、分からなくて本当に間違えたのか、どちらかは分からないが、いずれにしても彼の読解レベルを物語るものだろう。」と言っていますが、AさんとBさんのどちらの読解レベルが低いか答えなさい。

皇紀26XX年南極第4帝国士官候補生学校、選択第二外国語授業「日本語」よりw


さて、余談になりますがこう指摘された彼の反応はこうでした。

全く関係のない、些末な法律論。

・・・法律論ではなく読解力の話なんですが。
┐(´ー`)┌????

と言う事で、ようやくPC環境も整ってきたので今週末辺り、遅くても来週頭から通常営業に戻りますw

まとめてになりますが、丁寧なお見舞いの言葉を頂いた皆様には心から御礼申し上げます<(_ _)>

故障期間中ろくに更新もしないHPを見に来て下さった皆様に心からの感謝を<(_ _)>

アナーキストへのレクイエム
僕の批判の方法は、論理的な面は三浦つとむさんから学び
現実の事実をもとにした批判の方法は本多勝一さんから学びました。

実際には、彼のような末梢的な知識などは何もなくても正しい判断が出来る。
まともにものを考える力さえあればいいのである。
知識よりも、論理能力の方が大事なのである。
知識などは、あとからいくらでも調べられるのであるから。

詳しくは
まとめページ

[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-26 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2004年 11月 25日
日本語読解力テスト
次の文章を読みAさんとBさんの会話を聞いて、この文章をより正しく解釈していると思う人を答えなさい。

ある書き込み
つまりはイラク特措法の言う所の「戦闘行為の行われていない地域」=「非戦闘地域」と言う概念-戦闘地域に非ず-の用法は正しいもののそれが判断基準ではない。
なぜなら「法律の文章というものはその書いてある単語が全てでありそれ以上でもそれ以下でもない」と言う事は、イラク特措法には「戦闘行為」の規定があり、「戦闘行為」が行われている地域では活動しないと言う判断基準が全てと言う事になる。

Aさん
ある書き込みの筆者は、ここで、イラク特措法の「戦闘行為の行われていない地域」というものの概念つまり定義が、「判断基準ではない」と書いてある。

Bさん
筆者はイラク特措法の言う所の「戦闘行為の行われていない地域」を「戦闘地域に非ず」という意味で「非戦闘地域」と言う概念で呼ぶことは、言葉の用法としては正しいがイラク特措法には「非戦闘地域」という言葉はないので「非戦闘地域」は判断基準にはならないと言っている。
さらに後半では、イラク特措法に「戦闘行為」の規定があり「戦闘行為が行われている地域では活動しない」と言う判断基準がある以上はイラク特措法にはない「非戦闘地域」と言う言葉ではなく「戦闘行為が行われている地域では活動しない」と言う判断基準が全てと言う事になるとも言っているのでAさんの言っていることはおかしいのではないか?


皇紀26XX年南極第4帝国士官候補生学校試験問題よりw

アナーキストへのレクイエム

僕の批判の方法は、論理的な面は三浦つとむさんから学び
現実の事実をもとにした批判の方法は本多勝一さんから学びました。

詳しくは
まとめページ

[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-25 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2004年 11月 24日
大学より。
つー事で、今日はバイト明けで大学に来たのでそのついでに、更新していないにもかかわらずこのHPを見に来てくださる方がおられるので頑張って更新でも。

昨日は夜勤のバイトで働いていましたところ、なんと拉致被害者の地村保志さんのお父さん地村保さんがバイト先に来られました。
ブラウン管越しで拝見することは度々あったんですが、直にお会いできるとは思いもよりませんで、驚いていたところなんと不肖この私が接客させていただきましたw

生で拝見すると、ブラウン管越しに思っていたよりもずいぶんと小柄な普通のどこにでもいる人のいい好々爺と言う印象でした。
こんなどこにでもいる普通の人に「拉致」と言う国家犯罪を一方的に犯した北韓と我が国に巣食う売国奴達の「罪」-これは野党与党を問わない、また今まで無視してきた私も含め我々国民一人一人の『原罪』でもある-に対する憎しみと怒りが改めて湧いてきました。

アナーキストへのレクイエム

僕の批判の方法は、論理的な面は三浦つとむさんから学び
現実の事実をもとにした批判の方法は本多勝一さんから学びました。

詳しくは
まとめページ

[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-24 00:00 | 「バカの壁」シリーズ
2004年 11月 23日
お知らせ。
PC故障中につきしばらく日記をUPできません(汗
ただいま復旧に全力を挙げて取り組んでいますが、原因がネットワーク関係のようで復旧は困難を極めています。
都道府県知事なら何の躊躇いもなく自衛隊の災害派遣を要請したいぐらいにw


アナーキストへのレクイエム

僕の批判の方法は、論理的な面は三浦つとむさんから学び
現実の事実をもとにした批判の方法は本多勝一さんから学びました。

詳しくは
まとめページ

[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-23 00:00 | 書きかけ・分類不能
2004年 11月 20日
【武器輸出三原則】 迷走漢級、謎深まる 【銃後の守り】
大野防衛長官、武器輸出3原則の緩和を表明 11月20日13時8分 (読売新聞)
 【ワシントン=小川聡】大野防衛長官は19日(日本時間20日未明)、米国防総省でラムズフェルド米国防長官と会談し、ミサイル防衛システム(MD)に関する日米共同技術研究について、「共同開発・生産の問題が出てくるので、武器輸出三原則についても日米安保の効果的な運用の面から検討を進めている」と述べた。

 今後、MDの開発・生産の準備を進めるとともに、国外への武器などの供与を禁じている武器輸出三原則を緩和する考えを表明したものだ。
(後略)
■つーか武器輸出三原則をよくよく読めば、三木総理のときの「武器輸出に関する政府統一見解」さえ変更すれば、武器輸出三原則のままでも輸出できるんですがね。
要は政府の決断次第、つまりは政府の政策判断って事ですよ。

中国原潜の領海侵犯、第1報は台湾から!?陳総統明言 11月19日23時32分 (読売新聞)
 【台北=石井利尚】日本の領海を侵犯した中国の原子力潜水艦について、台湾が、日本より先に動向を察知し、日米両国に通報していたことが19日わかった。台湾の陳水扁総統が、台北を訪問した日本の対台湾窓口である財団法人・交流協会の服部礼次郎会長との会談の中で明らかにした。

 陳総統は「原子力潜水艦の関連情報を台湾から日本と米国に提供し、その後の(原潜の領海侵犯)発見につながり、大変光栄だ」と述べた。「情報」の中身は明らかにしなかった。台湾国防部(国防省)は、本紙に対し「コメントできない」として詳細は不明だが、台湾軍が、中国を出港した原潜を早い段階からマークしていた可能性もある。
(後略)
■ふむ、台湾が第一報ですか。
しかしこういう情報もある様で・・・
グアム島沖から石垣島へ 日本領海侵犯の中国原潜 11月16日14時6分 (共同通信)
 日本領海を侵犯した中国海軍所属の原子力潜水艦が、石垣島の南海域で海上自衛隊のP3C哨戒機に捕捉される前、米グアム島沖から米海軍のP3C哨戒機の追尾を受けながら先島諸島・石垣島周辺まで進んでいたことが政府関係者の証言で16日、分かった。海自が所在を確認する以前の中国原潜の行動が明らかになったのは初めて。
 米第七艦隊の潜水艦などが太平洋で最初に発見した可能性が高いという。米軍事衛星は、これ以前に今回の中国原潜と同型の「漢(ハン)級」原潜が中国を出港するのを確認している。
 中国原潜は、少なくともグアム島沖からは浮上航行しておらず、米P3Cが海上から追尾した位置情報を基に、海上自衛隊のP3Cも潜水艦用の水中聴音機(ソノブイ)を投下。9日未明、石垣島南方で原潜の位置を確認していた。
■・・・ますますややこしくなってきました。
と書いた途端に
台湾の対潜哨戒機が発見か 中国原潜の領海侵犯事件 11月20日13時29分 (共同通信)
 【台北20日共同】20日付の台湾紙、中国時報は消息筋の話として、日本の領海を侵犯した中国の原子力潜水艦を最初に発見したのは、台湾海軍のS2T対潜哨戒機だったと伝えた。
 同紙によると、S2Tは今月初め、台湾東部海域を航行している原潜を偶然発見。通報を受けた巡洋艦が監視を続け一度は浮上させようと試みたが、原潜は追尾を避け、日本領海に侵入したため日本側に通知したとしている。
 陳水扁総統は19日、台湾が最初に原潜の動向を確認し、日米に情報提供したとの認識を示したが、国防部(国防省)は詳しいコメントを避けている。
■と言う情報が飛び込んできました。
もう何が何やら訳が分かりませんw
どれが真実で、どれがディスインフォメーションなのか分かりにくくなってきましたが、今までの情報をとりあえず箇条書きにするとこの通り。

・台湾が日本より先に中共漢級攻撃型原潜(以下漢級)の動向を察知し日米両国に通報していた。
・台湾が台湾東部海域を航行している原潜を偶然発見、通報を受けた巡洋艦が監視を続け一度は浮上させようと試みたが、原潜は追尾を避け、日本領海に侵入したため日本側に通知した。
・米帝軍事衛星は今回の中国原潜と同型の漢級が中国を出港するのを確認。
・米グアム沖から米海軍のP3C哨戒機の追尾を受けながら先島諸島・石垣島周辺まで航行。
・米側追尾情報を基に海自のP3Cが、9日未明石垣島南方で原潜の位置を確認。
・日米の衛星情報や電波情報などで漢級が中国青島付近姜哥庄(ジャングウジャン)潜水艦基地に入港したことを確認。

この情報の取捨選択と時系列で並べるのは難しいのですね(汗)
しかし、台湾が発見したという情報が本当だとすると、漢級原潜の航路がますます分からない。
青島→グアム→台湾東部?→石垣島?

もしかして、ホントに技術上の問題で迷走していたんじゃないかと思いますw

ちなみに、台湾が発見したと言っているS2T対潜哨戒機とはグラマンS-2(T)「トラッカー」と言う飛行機で、原型のS-2「トラッカー」のレシプロエンジンをターボプロップに換装したかなり古臭い、骨董品と言ってもいい様な機体ですが、中身は最新装備に改装されているそうです。
台湾海軍やオランダ海軍の中古機を受領したトルコ海軍などは現在も運用しており、21世紀になっても当機の活躍は当分続くとの事。
しかしまぁ、機体の小ささから来る機材の搭載量が少ないのは否めませんから探知能力は自衛隊のP3Cの比ではないでしょうね。
まぁ、おんぼろ原潜の漢級とはいえよく探知できたもんですw

漢級についての追加情報として、国際評価戦略センターリチャード・フィッシャー氏によれば

>確かに1970年代に漢級が最初に建造されたときは、艦内の原子炉の開発がうまく進まないなどの支障もあったが、90年代には旧ソ連の技術で原子炉や兵装システムが大幅に改良され、別の潜水艦の様に生まれ変わった。それでも米海軍には探知されやすいが、台湾周辺の海上封鎖では極めて有用な潜水艦だ。(04/11/20・産経6面記事中より)

と言う評価もあります。
また同氏は同じ記事の中で

>中国はしかも、漢級よりずっと強力な攻撃型原潜を開発中である事に注目すべきだ。

と言い、漢級の経験をふまえた次世代攻撃型原潜の中共側呼称「タイプ093」NATOコード「清級(Qing Class)」に注目すべきだと言っています。
この093級はロシアのヴィクターIII級を元にしたと言われていますが、アクラ級の教訓をずいぶんと取り入れているらしく、最新情報によれば船体中央部に対艦巡航誘導弾を有する攻撃型巡航誘導弾搭載原潜(SSGN)です。

セイル内部には対空誘導弾を装備し、655mm魚雷(ロシア製大型対艦魚雷?)20発以外に上記の旧ソ連ソブレメンヌイ級も搭載しているYJ-12対艦ミサイルの改良型を12-16発搭載していると言われている。
対韓誘導弾そのものの射程は1000浬だが400浬内に接近した敵艦船を誘導弾による飽和攻撃で撃破できると言われている。
水中排水量は9000tで、新型原子炉・水中抵抗の少ない船体・ポンプジェット推進の採用で速力40ノットを発揮。
一番艦はすでに進水しており、二番艦、三番艦が建造中で、これらが完成すれば脅威となる事は間違いありません。


---追加ここから---

2005/09/20追加

訂正線のある部分は【質問】 中国の潜水艦の種類は?に掲載されましたがスペックが間違っているとの指摘があったそうです。

改めて情報元を調べたところあのいろんな意味で有名な軍事評論家神浦氏に寄せられたメールが情報源でした・・・orz
元々は「『中国海上精鋭部隊』世界航空航天博覧社」と言う本がソースだそうですが・・・。

と言うことで改めて調べたところ、05年4月の軍事研究に以下のような記述がありました。
軍事研究2005年4月号 P59~60
091型「漢」級SSNの後継艦として093型の建造が1990年代末に開始され、すでに一番艦は進水して公試を実施しているとのことである。ソ連/ロシアの第二世代SSNである「ヴィクターIII」Victor III級(1978~92年に26隻就役)と同様な規模および性能を有していると言われているので、満載排水量は6000トン程度であろう。
搭載武器は有線誘導ホーミング魚雷、水中発射対艦ミサイル、機雷であり、このほかにも対潜ミサイルや陸上攻撃巡航ミサイルの搭載も予想される。ロシア製をベースに中国海軍が開発した潜水艦発射巡航ミサイルとしては、HN2C(射距離1400キロ)およびHN3(射距離2000~3000キロ)の存在が伝えられている。
093型のSSNの一番艦就役は早ければ2005年で、合計2~4隻が建造され2010年代初めから091型「艦」級と順次交代することになるだろう
■ほかにも排水量が4500トンと言う資料もあったり-清級の参考元であるヴィクターIII級は基準排水量4950トン・水中排水量6997トン/最大7250トンであることから、おそらく基準(水上)排水量と水中排水量の違いで両方正解ではないかと思われる-とまだまだ未知数な潜水艦です。

70年代のヴィクターIII級が参考元でロシアの協力も得ていると言う事で漢級よりはずっとマシになるでしょうが、やはりヴィクターIII級の基本設計が70年代というのは否めないわけでロシア海軍でも第一線級任務からは外され解体待ちの状態だとか。
ソ連太平洋艦隊を仮想敵として訓練に励んできた我が対潜水艦部隊の脅威になるかと言えば「まぁ漢級よりは脅威じゃねぇ?」ってところでしょうか。

参考資料
ヴィクターIII(後期型)
Type093(Hyper Arms 陸海空現代兵器)

新型原子力攻撃潜水艦(093型)
HN-3巡航ミサイル(日本周辺国の軍事兵器)

参考サイト
中華人民共和國人民解放軍海軍 - PLAN

---追加ここまで---

昨日も言った様に地政学上、大陸国と海洋国の利害は永遠に一致しません。
また、歴史上においても我が国と極東の-特に大陸の-帝国が真の友好国であった事は一度もない訳ですね。
永遠の仮想敵・中国に対抗すると言う考え方を軸にすれば日・米・台三国同盟ってのもまんざら冗談ではなくなってくるんですがね。
まぁ、まずは憲法改正かなw

こういう様々な状況を考えれば、平成の大軍縮とも言うべき財務省案がどのような結末をもたらすのかというのは自明の理ですね。

我々は先の戦争の貴い犠牲の教訓からなにを学んだんでしょうか。

陸自隊員の新妻、孤独な死 初七日終え、再びサマワへ 11月20日5時55分 (共同通信)
 イラク南部サマワに駐留中の陸上自衛隊第3次派遣部隊の陸曹(35)の妻(33)が、関東地方の留守宅マンションで9月下旬、ひっそりと亡くなった。一昨年春に結婚し、夫婦2人だけの生活をしていた。陸曹は急きょ帰国したが「ここでやめたら、妻にも同僚にも顔向けできなくなる」と、初7日を終え再びサマワに赴いた。
 兵庫県出身で高校卒業後に入隊。155ミリりゅう弾砲などを扱う部隊にいたが、数年前に東日本の精鋭部隊に移った。当時上司だった一佐は「黙々と任務を行い、間違いのない人間」と評価し、派遣部隊に推薦した。任務は宿営地や移動する隊員の警備だった。
 イラク入りから約1カ月が過ぎた9月下旬、妻からの電子メールが途絶えた。1週間に1人10分間だけ話せる部隊の携帯電話で、留守宅を何度も呼んだが応答がない。そのまま3日が過ぎた。
 留守宅で倒れている妻を発見したのは、陸曹に頼まれ留守宅を見に行ったかつての同僚の元自衛官だった。
■・・・古臭いかも知れないけれど、この奥さんも「銃後」で亡くなった戦死者だよねぇ。

ご冥福をお祈り致します(-人-)...

アナーキストへのレクイエム

僕の批判の方法は、論理的な面は三浦つとむさんから学び
現実の事実をもとにした批判の方法は本多勝一さんから学びました。

僕は某S氏君の書き込みを言いがかりだと思っているから、
それに便乗して書き込んでくる匿名の無責任な書き込みはほとんどすべて「ゴミ」だと疑ってかかっている。
「ゴミ」ではないと直ちに理解できるのは、そこに論理的な匂いが感じ取れる時だ。
めるさん、mechaさん、k-nanaさん、シカゴブルースさん、K子さんが書くものは、直ちにそれが分かった。
しかし、初めて見る他の書き込みは、直ちに「ゴミ」と断定できるものもあるが、なかなか難しいものもある。
そういうのは、本当に信用できるまでは、僕は態度を保留する。

詳しくは
まとめページ

[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-20 00:00 | 中国・東シナ海関連