当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
カテゴリ:コミケ関連( 6 )

2005年 08月 14日
第三日目。
さていよいよ三日目な訳ですが。
昨日、一昨日の雨とはうって変わって今日に限って晴 れ や が り ま し たガッティム!
真夏の日差しが容赦なく照りつけます、海の真横という事で風も吹いているようですが人垣の前には殆ど無力です。
友人曰く「これが神様がヲタに与えた試練ってもんよ」との事。
また友人に言わせると「これぐらいの試練がないと参加したって気がしねぇなぁ」・・・orz

まぁ言われてみれば前回の一日目は雪が舞ってまるで冬ソナの情景でしたしその前の夏は全日雨によって極寒だったそうです。
参加自体が試練じゃねえのかと言うツッコミはさておき、ものの見事に快晴ですねシャイセ!
お陰で半袖状に日焼けしましたよ、こんがりいい色ですw

この日は主に男性向けという事で私は獅子奮迅の大散財を敢行して日本経済活性化に一役買った訳で。
で、白頭山に輝く星にして我らが領導者、百戦百勝鋼鉄の霊将我らが偉大なる将軍様・・・もとい、彼女様も私が東館で二件ほど頼んだのを購入した後に西館に転進して大散財を敢行なされた御様子。
彼氏も彼氏なら彼女も彼女と言う事でしょうか・・・。

取り敢えず買う物も買って友人Iとその車に便乗してきたMに友人Nに合流しまして感動の再会を果たしました。
残念ながら友人Nは時間の都合であまり長話できませんでしたが「また半年後に」と言い合い、お互いのサークル当選を祈って別れました。

で、水上バスで浜松町に移動し貿易センタービルでレンタカーを借りて秋葉原に移動。
友人Iと合流、ウロウロしつつ発見した駅近くの一皿130円寿司で飯を食おうという話になりましたが「その前に風呂屋に行こう」という事で友人Iがカーナビで探したのが都電荒川車庫前近くの銭湯。
これがビンゴなんですねぇ。
もう何というか、かの名作「三丁目の夕日」に出てきそうな絵に描いたような「下町の銭湯」でして、近所のお爺ちゃんお婆ちゃんや子供らがとてもよく似合う銭湯でした。
染みる腕を気にしながら湯船に浸かり友人らと頻りに「これはとてもよい銭湯でつね」と言いつつ戦塵を洗い落としました。
入浴料400円、石鹸とシャンプーにタオルとあかすりの入浴セットが50円という値段設定にもびっくりしました、ワンコインでこの雰囲気を味わえるとはなかなかお買い得です。

で「さっきの寿司屋に行こう」と言う事になり秋葉原にUターンしたんですが残念ながら10:00で閉店しており、道路向かいのお洒落な飯屋に移動してノンアルコールの大宴会が始まりました。
イベント参加のせいでアドレナリンが出ているのか、もうそれは盛り上がりに盛り上がりハイテンションで騒ぎまくる事二時間。
そろそろ帰阪の時間と相成りまして解散という事になりました。
友人Iは明日まで秋葉原にいるとの事、お互いの無事帰阪を祈り帰路につきました。

と言う事で、まぁ大して-もしかすると全く-面白くもない日記をお送りしてきたわけですが、ここからは昨日の日記で告知した読者プレゼントについて。

流石に応募される方の年齢が分かりませんのでエロはダメ。
まぁこのブログを見に来ている人はメカミリならOKだろうと言う事で西地区「よ-08a」の「くまきち商店」さんで発見したくまきちさんのポストカード8枚セットという事にしました。
ノーマークだったこのサークルさんですが一目見てその絵柄に惹かれ「これは買いだ」と取り敢えず「並んでるの全部下さい」と非常に傍迷惑な事を言いまして、特に気に入ったポストカードだけ二枚買いして読者プレゼントと相成りました。

実はそのほかにもオススメメカミリ同人誌-しけたみがの氏とこがしゅうと氏の新刊計4冊-を数冊買い込んでいたのですが、嗅覚鋭く友人Iに「読者プレゼントより大恩ある俺に売れ」と言われてしまいポストカードのみとなりました。
誠に申し訳ない(汗)

と言う事でこんなしょぼいプレゼントでも欲しいと仰る方は

・郵便番号
・住所
・氏名
・年齢
・職業
・メールアドレス
・このブログを初めて見たきっかけ
・このブログの感想


等々お好きなことをお書きになった上で「しょぼい読者プレゼント希望」と言うタイトルで「bosc1945@csc.jp」までお送り下さい。
一応今月末までの受付とし、厳正なる抽選の結果当選者の方にはメールでお知らせします。

さぁ、何通の応募がくるのかなw
[PR]

by bosc_1945 | 2005-08-14 01:35 | コミケ関連
2005年 08月 13日
第二日目。
と言うことで二日目です。
今日は主に中小サークルのメカミリ系に行く予定なのでホテルで朝食-無料、しかもこれが意外と旨い。焼きたてクロワッサン最高w-を食べてから会場に向かいました。
「腹が減っては戦ができぬ」と言いますし、朝飯は基本中の基本ですからね。

東ホールは頼まれていた大手が二軒だけだったので早々に西に転進しましたが
もう西「よ」列はヤバいですw(*´д`*)ハァハァしっぱなしでしたw
個人的なオススメは「つく突く法師」さんですかね。

しかもS藤D輔二次創作本を発見したときにはもういろんな意味で逝ってしまいましたねw
でも島中で行列ってどういう事だとw

で、まぁ概ね昼前までに私の散策&散財wは終了して白頭山に輝く星にして我らが領導者、百戦百勝鋼鉄の霊将我らが偉大なる将軍様・・・もとい、彼女様のお帰りを約束の場所で戦果確認しながら待ち、「お台場・有明ぐるりきっぷ」を使って水上バスとゆりかもめで一旦ホテルに戻り、汗を流した後にお台場や汐留あたりをぶらぶらし、夕食は銀座と洒落込みました。

ちなみに「お台場・有明ぐるりきっぷ」は大人900円ですが

>■ゆりかもめ全線
>■りんかい線全線
>■水上バス下記航路
> 日の出桟橋~お台場海浜公園
> 日の出桟橋~船の科学館
> 日の出桟橋~東京ビッグサイト
> 日の出桟橋~パレットタウン
> 東京ビッグサイト~パレットタウン


で一日中使うことができます。

わざわざ国展・国展正門駅や有明客船ターミナルで並んで切符を買う必要がない-特に三日目の切符売り場はエラいことになります-のでオススメです。
往復だけなら往復切符を買えばいい訳ですが、国展での散策&散財の後に改めてお台場などを散策をする場合にはオススメです。

で、予め調べておいたかき揚げ蕎麦の旨い店「泰明庵」は夏休み休業中と言う見事なオチが付きまして、とりあえず以前知り合いに教わった「銀座天国」-『てんごく』ではなく『てんくに』と読むらしい-の天丼を食しました。
後でこの店は宮沢賢治の童話「貝の火」にその名前が出ている明治18年創業の歴史ある有名店と言うことを知りましたが、もうなんつーか金額にもびっくりしましたがそれ以上にその旨さに驚きましたね。

まぁ急な変更にもかかわらず白頭山に輝く星にして我らが領導者、百戦百勝鋼鉄の霊将我らが偉大なる将軍様・・・もとい、彼女様も御満足なさいましてペロリとB天丼-2100円也-完食、私もかき揚げ丼-2835円也-を美味しく頂きました。
(-人-)ごちそうさまでした...

どうやら友人は合コン明けでこちらに直行してくるらしく、明日の朝着くと言うことで国展現地合流と言うことになりました。
いよいよ決戦は金曜日・・・日曜日ですw

追伸
メカミリを回っているときにふと思い立って身銭を切って読者プレゼントを企画しています。

まぁ大したものはプレゼントできませんが、何もないブログをいつも見てくださっている方々にせめてもの感謝の形と言うことでご笑納下されば幸いです。

応募方法やプレゼント内容など詳しくは後日発表します、お楽しみに。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-08-13 00:00 | コミケ関連
2005年 08月 12日
第一日目。
さて、昨日は暫くお休みといいましたが何と今回泊まったホテルには無料のPCが4台も備え付けてありました。
しかもフロントの横にある宿泊スペースへのエレベーターホールには部屋のカードキーがないと入れない仕組みですよw
いろんな意味ですごい、すごいぞ汐留w
さすがビジネスマンの町ですね(ヲイw

ということでそれを使わせていただいての日記更新です。

昨日は雨は降っていましたが小雨がぱらつく程度で、かといって照るつける太陽は雲の上。
湿度は高く蒸し暑いことは蒸し暑いけど適度に風が吹いていたのでまぁそれなりに涼しく、太陽がカンカン照りになったり本降りになるよりはマシと言う事でそれなりに過ごしやすい一日でした。

会場で紙袋一杯にタンマリ買い込んでホクホク顔の白頭山に輝く星にして我らが領導者、百戦百勝鋼鉄の霊将我らが偉大なる将軍様・・・もとい、彼女様は終始ご機嫌麗しゅう在らせられまして、一旦ホテルに戻ってきてシャワーで汗を流してから夕食として汐留ラーメンをお召上がりあそばされました。
豪華ディナーを想定して財布の中身を心配していた私としては安堵の夕食となりましたとさw

…しかしこの汐留ラーメンですが味のほうはまぁいいとしても接客態度がなんとも言えませんね。
TVで取り上げられて有名になって忙しいのはわかりますがびしょ濡れのテーブルに客を通すなと。
しかもテーブルを拭いて濡れているのではなく、明らかにコップの痕と分かる大きさの丸がいくつもついているんですよね。

まぁそこは白頭山に輝く星にして我らが領導者、百戦百勝鋼鉄の霊将我らが偉大なる将軍様・・・もとい、彼女様のご機嫌を損なわない様に紙ナプキンで拭いて事無きを得ましたがそれぐらい基本中の基本だろうと。
しかもカウンター席に私が座るとちょうど目の前のラーメンを置く位置に水差がおいてあるんですよねw
これを食えと?w

どうもこれらの事を総合すると「私が座った客席テーブルで水差から水を注いで他の客席に持っていって、その際に客席テーブルがびしょ濡れになっているにもかかわらずそのまま客を通した」ということになる訳なんですがw
まぁ何つーかちょっと複雑なディナータイムであったことは間違いないですw

で、政界では足下・元総理が引退に追い込まれたりと、とても面白そうですね。

純ちゃん、大物食いで撃墜確実3機ですよw
ヨーダ・大勲位に続いて中国の女スパイと寝たことにあると言われている足下・元総理まで引退に追い込むとは中々の刺客っぷりですねw


2005.8.16追記
「大勲位・足下の2機」を「大勲位・足下・ヨーダの3機」に内容訂正、「足元総理」を「足下・元総理」に誤字訂正しました。
YOU兄さん、JFSさん御指摘有難うございました<(_ _)>


しかしまだ紅の傭兵がくたばってないのが何ともなぁ…。

まぁそれはさておき。

とりあえずまだ彼女は寝ています。
ホテルの朝食はサービスで0700時から食べる事ができるそうなので、今から寝ている彼女を叩き起こして食べた後会場に向かおうと思います。
昨日の書き込みを見ると同じ戦線に参戦しているカメラーデンもいるようですね。
今日も今現在は小雨がぱらついているようですが本降りにならず、かといって晴れないように祈りたいものです。

ではでは。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-08-12 00:00 | コミケ関連
2005年 08月 11日
突然ですが・・・
旅に出ます、探さないでください。


・・・と言うのは冗談で悪友のイベント手伝いも兼ねて暫く東京に行ってきます。
今年は休みが取れるか分からなかったのでどうしようか迷っていましたが、白頭山に輝く星にして我らが領導者、百戦百勝鋼鉄の霊将我らが偉大なる将軍様・・・もとい、彼女が「行ってみたい」と言い出したので上司に無理を言って何とか休みを強奪・・・もとい、頂いて参りました。
その分後半は休み無し・・・orz
郵政民営化だけではなくここでも報復の嵐が・・・w

しかも密かに目論んでいた「チキチキ第3回終戦記念日だよ全員集合!靖国参拝ツアー!運がよければ純ちゃんとツーショット!?」も休みの都合で前倒しになりそうな予感。
決して大陸と半島の圧力に屈したわけではありませんのでw

まぁ一人から二人になると色々面倒です。
交通費も倍ですし、一人だと別に安ホテルでもカプセルでも構わないんですが流石にコブ付きではそうもいかず。
仕事場のコネも駆使して一泊1.5kという従来の三倍の予算を投じて-しかも全額負担-汐留のおしゃれなホテルが取れました。
と言うことですでに予算オーバー気味で予備費にまで手をつけている緊急事態。
北韓の経済を笑えないほどにレッドアラートが鳴っているわけですが、一人だと気楽なんだけどなぁ・・・orz

とまぁ諸事情で不定期更新にもかかわらず暫くお休みです。

それでは帰省される方も家族サービスという名の強制労働に赴かれる方、何もしない方も皆さんもよいお盆を。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-08-11 00:00 | コミケ関連
2004年 12月 30日
30日の日記
東京に旅行中の為、楽天広場にメール更新した内容を転載します。

さて、今日もメール更新。

最初からかなり深刻と伝えられていましたが、スマトラは想像を上回る状況でかなり大変みたいですね。

最初旅行に出る前に見た新聞では、まだ死者数は一万五千人程度でしたが刻々と情報が集約されると、死者数も続々と増えて今や六万人とか。

いやはや、津波の恐ろしさを改めて再確認しました。


海沿いで地震に遭遇した場合、震度の強弱に関わらず念の為に高台などに避難してください。
何れの場合も車での避難は極力避けてください。
[PR]

by bosc_1945 | 2004-12-30 00:00 | コミケ関連
2004年 12月 29日
29日の日記
東京に旅行中の為、楽天広場にメール更新した内容を転載します。

お知らせ。 (AM 12:55)
今日は大阪の知り合いに連れられて東京に来ております。
お陰でメール更新に挑戦する機会を得ましたので試しにやってみます。

で、東京まで何をしにきてるのか。
友人…もとい悪友に騙されて朝の五時から雨にうたれながら寒さと死闘を繰り広げました、ここは八甲田山かとw

正直、寒さだけでも十分キツイのに何時しか雨が加わり、寒さは雨を雪に変えました。
まんま八甲田山の真似事をやってました。
正直、ここで死ぬかとw

しかし、残念な事に私は生還しましたw
心の中で舌打ちした人、残念!
悪運は強いですから!w
[PR]

by bosc_1945 | 2004-12-29 00:00 | コミケ関連