当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 03月 20日 ( 2 )

2005年 03月 20日
ぼたんの花著作権違反の連絡へご協力願いたい
この楽天広場戦争反対へも多数投稿している「ぼたんの花」という者がいる。

この者については悪質な著作権侵害の常習者であるが、著作権者からの侵害情報削除要請を無視し、その後もまったく反省無く著作権侵害を継続している。

そのため以前よりこの者のブログについては楽天広場の健全化のために著作権侵害ブログは追放すべきと訴えてきたのだが、今回は著作権侵害ブログ追放に本気で取り組むべく、また忙しい皆様の為にも新たに「ぼたんの花」著作権侵害の連絡用のテンプレートを用意した。

楽天広場が健全な運営になるようぜひご協力願いたい。




著作権侵害の連絡先
http://plaza.rakuten.co.jp/hlp/?doc=contentsfeedback


■問題が発生しているURL
http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/


■問題となっているユーザーのニックネーム等
ぼたんの花


■問題の内容
・著作権侵害及び楽天広場規約違反

楽天広場規約より
(禁止事項)
楽天広場では、利用者に下記の行為を禁止しています。

1) 法律により禁止されている行為
・ 第三者の著作権、肖像権、商標、特許法、工業所有権等の法律によって保護されている知的財産権を侵害、侵害の助長、もしくは侵害する恐れのある行為(サーバへの登録、投稿、掲載、配信など)

2)健全なサービス運営のため楽天が禁止する行為
・他の楽天広場利用者の利用の妨げや不快と思われる行為、もしくはそれらの恐れのある行為
・楽天広場の運営を妨害する行為、楽天の信用を毀損したり、その他の不利益を与える行為、その他楽天が不当と認めた行為、または恐れのある行為


(具体例)
掲載されている侵害情報
1,某S氏さんの暴論
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8000

2,某氏Sさんの最新判
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8001

3,某S氏再々新版
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8002

4,某S氏さんのバカの壁 A~G
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8003
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8004
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8005
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8006
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8007
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8008
  http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/8009

「ぼたんの花」管理人ぼたんの花(以下ぼたんの花)は「お互い様」であると称して「某S氏」の著作権物を「許可なく転載」すると言明している。
引用は無断でできるが、引用以外に他人の著作物を複製して利用する場合は著作権者に許可を得なければならない。
「某S氏」は「ぼたんの花」に対し当方著作物の「転載」の許可は与えていない為、「ぼたんの花」が「某S氏」の著作物を「許可なく転載している」と言う認識であればその行為は「某S氏」の著作権を侵害している。

著作物の引用に関しては

 (1) 出所(著作者名や作品名など著作物を特定できるもの)を明示して
 (2) どこからどこまでが引用かはっきりわかるように(『』を使うとか、段落や字体を変えるとか)
 (3) 改変なく
 (4) 自分の著作物が主、引用部分が従になるように
 (5) 複製は必要最小限を
  http://homepage2.nifty.com/hebicyan/main/cho1.html#ss13aより。

と定められている。


「某S氏さんの暴論」に関して
「某S氏」の著作物からの引用部分が「従」で自ら作成する著作物が「主」であるように内容的な主従関係が必要であるが「分量・内容的」に自ら作成する著作物が「主」であるとは言い難い。
よって著作権法第32条の「引用」とは言えない為、引用以外の方法で他人の著作物を複製して公衆に提示する「転載」にあたる。
だが、「某S氏」はに対し当方著作物の「転載」の許可は与えていない。

「某氏Sさんの最新判」「某S氏再々新版」「某S氏さんのバカの壁 A~G」に関して
「某S氏」の著作物からの転載しかないため内容的な主従関係がなく、著作権法第32条の「引用」とは言えない。
「ぼたんの花」の行為は引用以外の方法で他人の著作物を複製して公衆に提示する「転載」にあたるが、「某S氏」は「ぼたんの花」に対し当方著作物の「転載」の許可は与えていない。



ええ、まぁ面白そうなので便乗してみました。
次はダボハゼKimが食いついてくると予想。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-20 01:00 | 「バカの壁」シリーズ
2005年 03月 20日
【全頭検査?】 ライスと牛丼 【非科学的?】
米国務長官、牛肉輸入早期再開を要請 首相、時期明言せず 3月20日2時54分 (産経新聞)
対北緊密連携では一致
 小泉純一郎首相は十九日午後、東京・麻布台の外務省飯倉公館でライス米国務長官と会談した。ライス長官が米国産牛肉を早期に輸入再開するよう要請したのに対し、首相は再開時期の明言はせず、決着は先送りされた。
 会談では、ライス長官が米国産牛肉の輸入再開問題について「緊急に解決すべき問題だ。一九八〇年代の貿易摩擦の雰囲気に逆戻りしないように努力すべきだ」と述べ、早急な対応を求めた。これに対して、首相は「食の安全の視点からしっかりと国内手続きを踏んで進めていく必要がある」と指摘。食品安全委員会の審議を踏まえて判断する考えを強調する一方、日米関係の阻害要因とならないように対処する考えも示した。
 対北朝鮮政策では、首相が昨年六月から中断している北朝鮮の核開発問題を話し合う六カ国協議について「早期に再開したいと考えている。緊密に連携したい」と述べ、ライス長官も同調した。

 首相は会談後、東京・東五反田の公邸前で記者団に対し、「(米国産牛肉の輸入再開問題で)日米関係を悪くしたくない。国内産業を保護するために故意に遅らせているわけではない。手続きを理解してもらい、早期に貿易再開できる環境をつくっていこうということを話した」と述べた。
 これに先立って町村信孝外相とライス長官が会談し、さきの日米安全保障協議委員会(2プラス2)で合意した「共通戦略目標」に基づいて具体的な再編案の協議を加速することで一致した。
 日本人拉致事件では、町村外相が、北朝鮮に対する経済制裁を求める声が日本国内で高まっていると指摘。ライス長官は日本の立場を支持する考えを示した。また、町村外相が日本の常任理事国入りを含む国連改革の必要性を訴えたのに対して、ライス長官は日本の常任理事国入りを支持する考えを示した。
 大野功統防衛庁長官も十九日午後、ライス長官と会談。大野長官は在日米軍基地再編問題に絡み、米軍横田基地などを念頭に、「在日米軍基地と自衛隊基地の共同使用を検討してほしい」と要請した。これに対し、ライス長官は「同盟の近代化を進め、人々の支持を得られるようなことも考えたい」と負担軽減に一定の配慮をする意向を示唆。その一方、「ドイツから米軍が撤退した際、地域経済に影響が及ぶとの声があった」と述べ、基地返還に伴い、基地用地を提供する地主の収入減など地元経済に影響が出る可能性を指摘した。
     ◇
 ■外相との会談要旨
 町村外相 食品安全委員会のプロセスが政治や海外からの圧力で曲げられたり、科学的知見が犠牲になれば、早期解決や再開後の米国産牛肉消費にも悪影響を与える。期限を設けたり、具体的時期は明示できないが、早期解決に取り組む。
 ライス長官 米国では昨年十月に解決したと考えていた。米国産は国際基準を満たし安全だ。一九八〇年代にあった貿易問題は影を潜めていたが、制裁論が出てきた。時期を明示できないにしても早急な進展が不可欠だ。時間がかかればかかるほど大きな問題になる。日米関係に悪影響をもたらしつつある。
 外相 国内産業保護を考えているわけではない。食品安全委は独立した存在で担当閣僚でも介入できない。最近会合の開催頻度は高まっている。日本産牛肉の米国輸出も認められていない。
 長官 それは残念だが、この問題は結果が出ることが重要だ。
■ライスだけに牛をのせれば牛(PAMPAMPAM

さて、私はあんまり詳しいことはよく分かりませんが、今日の「そこまで言って委員会」を見ていると日本の牛を全頭検査するのにかかる費用は35億円で牛肉1g当たり約1円で済むんだそうな。
例えば20ヶ月以下の牛は現在の検査を行ってもBSEの検出はできないから全頭検査は非科学的であっても我が国の消費者が全頭検査をすることによって納得するんならするべきだと思います。
将来的に検出技術が向上して20ヶ月以下の牛でも検出できるようになればより安全性が高まるわけですしね。
例え非科学的であっても国民が納得する方法を選択することが「食の安全性」というものだと思ううんですけどね~。
しかし

>日本産牛肉の米国輸出も認められていない。

ってどういう事なんですかね?
おまえんとこの牛肉は買わないけれどうちの牛肉は買えって事ですか?

で、私は根本的に牛肉嫌いで魚大好きなんでこの輸入再開に関してはどっちでもいいですw
吉野家の牛丼も食べないしw

結局は、日本の消費者がどう思うかでしょうね。
米国産牛肉の輸入を再開しても、米国産が安全と思う人は買うだろうし安全と思わない人は少々高くても全頭検査する国産牛肉を買うでしょう。
ただそれだけのことではないでしょうかねぇ。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-20 00:00 | 国内時事問題