当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 03月 13日 ( 1 )

2005年 03月 13日
【誤射?】 伊記者の護送車写真発見 【陰謀?】
<イタリア首相>米国に誤射事件の真相究明を要請 3月10日10時17分 (毎日新聞)
 【ローマ支局】バグダッドでイタリアの治安当局員や女性記者が米軍の銃撃を受けて死傷した事件で、ベルルスコーニ伊首相は9日、上院で報告し、米国に対し「真相を究明し、責任の所在を明確にするため、最大限の協力」を要請したことを明らかにした。
 治安当局員は4日、武装勢力から解放された女性記者とともにバグダッド空港に向かう途中、米軍の銃撃を受けて死亡した。首相は報告で、治安当局員らを乗せた車両は低速で走行し、ライトを浴びて停車したと説明。猛スピードで近付き、警告を無視したとする米側の主張に反論した。
 また、治安当局員が空港に向かう途中、空港で米当局者とともに待機していた伊当局者に連絡を入れていたことも明らかにした。ただ、首相は「真相究明にはなお時間が必要だ。米政府も真相を隠すようなことはしない」と述べた。
 一方、伊大統領府は9日、ブッシュ大統領がチャンピ大統領に親書を送り、「両国が共同で悲劇的な事故について徹底的な調査を行う」と約束したことを公表した。
■さて、そろそろ注目されなくなったこの話題をまた取り上げますが「ファブリッツィオ・クアトロキ氏の対極」(反MSM)に撃たれたイタリア側のクルマの写真がありました。

b0062429_9145931.jpg
Repubblica.it/Galleria : Sgrena, le foto dell'auto:


写真を発見したのは「反MSM」というブログなんですが、その写真の出所はイタリアの新聞Repubblicaのギャラリーで、写真は全部で6枚あるんですがクルマの全景がうつってるのはこの一枚。

え~とりあえずこの写真から分かるのは

・左助手席の窓ガラスが割れている。
・左前輪がパンクしている。
・数百発も撃たれた様には見えない。


ことですかね。
この写真では窓ガラスは空いてるだけかの様にも見えますが5枚目の写真から割れていることが分かります。
また1枚目の写真からフロントガラスにも弾痕らしきモノがあることが分かります。

またTVを見る限り彼女は「戦車(装甲車?)に撃たれた!」と言っているという報道もありますが私には少なくとも戦車から撃たれた弾痕とは思えません。
例えば

M1A2エイブラムズ戦車
・120mm滑空砲
・12.7mm機関銃
・7.62mm機関銃

M2/3ブラッドレー歩兵戦闘車
・25mm機関砲
・TOW対戦車ミサイル
・7.62mm機関銃

を装備しているわけですが、彼女が証言するように「米軍が暗殺を企図」していたと仮定しましょう。
私が暗殺指揮官であれば何の迷いもなく120mm滑空砲かTOW対戦車ミサイルを選択しますねw
まぁどんな武器を選択したとはいえ少なくとも第一撃で撃ち漏らした彼女と二人の情報部員は確実に仕留めるでしょうね。

車載であれば120mmや25mmなら木っ端みじん、12.7mmや7.62mmでも木っ端みじんの一歩手前の蜂の巣になりますから、そうなると発砲したのは検問所にいた歩兵と言うことになるでしょう。
となればM-16小銃M249ミニミ機関銃と言うことになりますが、ピンポイントで当たっていて複数の弾痕が見えないので恐らくはM-16による警告射撃じゃないかなと推測します。

さて、前述のブログではこう言う記述もありました。

Scared Monkeysが車の写真をみた後、考えられる3つのシナリオを示した:

>1.アメリカ兵は複数の弾丸を同じ穴に通す事ができる素晴らしい射手である。
>2.アメリカ兵は車に向かって300~400発撃ってそのほとんどを外す酷い射手である。
>3.ズグレナはアメリカ嫌いの自身の目的のため事故を利用している嘘つきの腐れ共産主義者である。


さて、真実はどれでしょう?w
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-13 00:00 | 海外時事問題