当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 01月 12日 ( 2 )

2005年 01月 12日
おまけ 「日本のぉぉぉぉ!鑑識技術はぁぁぁぁ!世界一ぃぃぃぃ!!!」
津波被災地に鑑識36年の技、警視庁OBが活躍 1月12日12時49分 (読売新聞)
 【クラビ(タイ南部)=河村武志】インド洋津波で被災したタイの遺体安置所で、鑑識一筋36年の経歴を持つ警視庁OBが、日本の鑑識チームの一員として活躍している。タイ国家警察の士官学校で教べんを執る戸島国雄さん(64)だ。

 警視庁時代に培った独特な指紋採取による遺体の身元判別法を、他国の鑑識チームも取り入れるなど、その高い技術力で貢献している。


 戸島さんは、警視庁鑑識課を定年退職後の2002年4月に、国際協力機構(JICA)のシニアボランティアとして、以前出向したことのあるタイ国家警察に赴任した。現在は科学捜査部鑑識班に配属され、バンコクの士官学校教官として鑑識捜査の指導にあたっている。

 津波発生直後、生徒20人とともにカオラックの安置所に派遣されて身元不明遺体の確認に携わり、8日からは日本鑑識チームに合流した。

 主な役割は指紋採取。腐敗が進んで膨張した遺体は指先が大きく変形し、そのままでは指紋採取は困難だ。戸島さんは、遺体から指の皮を丁寧に削り取って自分の指にかぶせ、印鑑のようにインクを付けて紙に押し当てる方法で、確実に採取を進めている。警視庁時代、水死体の身元確認などに使っていた手法だ。

 現地でともに活動しているカナダやオランダなど欧米の鑑識チームは、戸島さんのアドバイスを受け、同じ方法を取り入れ始めた。タイ警察の教え子たちも、各地の遺体安置所で戸島さんの教えを実践している。

 採取した指紋はデータベース化される。タイでは15歳以上の国民の指紋は登録されており、これと突き合わせることで、身元判別の重要な手掛かりになっている。


 戸島さんは、群馬・御巣鷹山で520人が犠牲となった1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故でも、遺体搬送にあたった。今回、1000体以上の遺体を相手に黙々と作業を続けるうち、「やはり猛暑の中、おびただしい遺体を目の当たりにしたあの時の光景がよみがえってくる」という。

 日航機事故の時は、散乱する遺体を前に、一時はぼうぜんと立ち尽くしたが、「一刻も早く遺族と対面を」という一心で約1か月間、休まず作業にあたった。

 「遺族の嘆き、悲しみはタイ人も日本人も変わらない。御巣鷹の経験も生かし、遺体を残らず遺族の元に帰せるよう全力を尽くす」と力を込める。安置所の作業が終わるまで、戸島さんは現地にとどまる決意だ。
■日本の警察は優秀だと聞いていましたが、まさかこんな分野でも活躍しているとは驚きですね。
「この人は誰なのか?」「何故死んだのか?」を調べるというのであれば、確かに遺体の死因や身元を判明させる過程は災害時でも犯罪捜査でもそう違いはないのかもしれませんね。

しかも、欧米の鑑識チームにまでアドバイスし欧米側が取り入れるとは「日本のぉぉぉぉ!鑑識技術はぁぁぁぁ!世界一ぃぃぃぃ!!!」と言うことでしょうかw

鑑識一筋36年、犯罪者の痕跡と戦い続けた現役時代を追えて、余生は教官として東南アジア諸国の鑑識技術の向上に当たる。
何だがいろんな意味で頭が下がります<(_ _)>

身につけた技術の他にも職人魂みたいなものを後輩に伝えて欲しいですね。

JICAシニアボランティア、(*^ー゚)b グッジョブです!!
[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-12 01:00 | 災害関連
2005年 01月 12日
【縮小版】 戦争と災害と選民 【ご都合主義】
【第66話】 10年後の神戸 ひらやんさま
(前略)
 閑話休題。
 日本中を震撼させた阪神淡路大震災から間もなく10年を迎えようというとき
に、今度は新潟を大地震が襲いました。他にも自然災害の多かった昨年ですが
、暮れにはまるで災害の年にトドメを刺すかのように、スマトラ沖地震が発生
し大津波による死者が15万人を超えようとしています。日本政府は復興支援の
一環として、800名余規模の自衛隊を派遣することを決定しました。

 さて、ここでひとつの疑問が湧きませんか。

 カンボジアのPKOに始まる自衛隊の海外派遣に目くじら立てて反対してい
た勢力が、今回はまるで何事もなかったように鳴りをひそめています。いつの
海外派遣でも、彼らが反対理由としていたのは「自衛隊を海外に派遣するこ
と」だったはず。スマトラ沖地震の復興支援が「人道支援」ならば、イラクへ
の派遣も「人道支援」です。戦争で傷ついた人を救うことと、災害で傷ついた
人を救うことのどこに違いがあるのでしょう。自衛隊の海外派遣に反対する日
ごろの態度とは180度違うご都合主義の感が拭えないのは私だけでしょうか。


(ひら☆やんさま)

「ひらやんのブツクサ独り言」バックナンバー
 http://hirayan.okigunnji.com/
■いつも拝読し勉強させて頂いているひらやんさまのメルマガですが今回も禿同!と言いたいですね。

例えばご都合主義の代表例はこの人、毎度お馴染みkimdongsungさん。
インド洋大津波と国際政治 2005年1月7日 (kimdongsungさん)
日本としても、当然、自衛隊を被災地に派遣することが国益につながると思います。現地で日の丸を振って大いに目立つとなおさらいいかも。被災統計の数字は膨らみ続ける一方だから、それに乗じてイラクにいる自衛隊も津波の被災地に移してしまうと最高だと思います。

被災地で活動する自衛隊の姿には、現地の人もみんな違和感がないようですね。

「自衛隊はこういう事をすればいいんだ」と、日本国民が考えてくれれば喜ばしい限りです。
■はい、まさしくひらやん様の言っていることですね。

>被災統計の数字は膨らみ続ける一方だから、それに乗じてイラクにいる自衛隊も津波の被災地に移してしまうと最高だと思います。

要はイラクの人々に助ける価値はなくてスマトラの人々には助ける価値があると断言しています。

もっとキツく言えば「災害に乗じて自分の政治的願望を達成させよう」という人間として疑わざるを得ないことを真顔かつ本気で言っているんです。

ものすごい選民思想ですね。
で、結局こう言うことになります。
自衛隊を災害救助隊にしてみては 2005年1月9日 (kimdongsungさん)
以前自衛隊を災害救助隊にしてみたらどうかという意見を書いたところ多くの賛同や批判の意見をいただきました。
連休でもあるので、いろいろと考えているところです。

たとえばこんな意見がありました

仮に「災害救助隊」なるものを創設するとすれば、それは現在の自衛隊と
何ら変わりない規模の人員を必要とし、訓練や生活のために広大
なスペースを用意しなければならない。

だから災害救助隊なんて無意味ということなんだそうです。
しかし少し考えてみれば分かりますが、人員の規模は今より小さくできます。
軍事訓練は行なわず、救助訓練だけを行なえばいいのですから、当然、同じ人数なら自衛隊員より災害救助で有能になるでしょう。


軍隊や自衛隊にやらせるのはかなり効率が悪いですね。

専門であるべき元戦闘地域での地雷除去についてさえ、それを専門とするNGOのほうが上手です。

今、イラクで給水作業を行っている自衛隊にかかっているコストの1/100で、同じ量の給水をNGOはこなせます。

危険地域でも、NGOにはそれなりに知識と経験があるものです。NGOは単なるボランティア集団ではないのです。

アフガニスタンでタリバン政権が倒れた後、暫定政権樹立まで、NGOは外交の仲介役としても活躍しています。激しい戦闘地域からは外交官すら立ち退きます。最後まで残っているのはNGOとジャーナリストで、地域の有力者たちへの連絡方法について最新の情報を握っているのも彼らです。

やはり今の日本に必要なのは自衛隊よりも、NGOを中心にして災害復旧に精通した専門的組織を作ることだと考えます。
■実はこの人、以前の日記でも同じようなことを言い出して猛反論にあいました。
自衛隊をどうするか 2004年10月25日 (kimdongsungさん)
(前略)
軍事費以上に公共土木工事に税金を注いできたのに、
毎年自然災害で何人もぎ死者が出つつづけているのは不思議でなりません。
「自衛隊を災害救助隊に」という案は昭和30年代から聞いているような気がします。
ただそのためには明確に救助隊として自衛隊から分離しないと
自衛隊の宣伝活動になってしまいます。

じっさい災害救助に自衛隊が出動した地域では自衛隊への評判が良いようです。
助けてもらったのですから当然ですがそういう人たちが自衛隊の
軍隊という真の顔を何処まで考えた上で評価しているかは
別物のようです。

(後略)
■まぁ日記本文に対するコメントを読めば分かりますが突っ込まれ放題です。

ちなみにKim氏が

>阪神大震災の被災者として言わせてもらえば
>今のままの自衛隊では、ほとんどお役に立ちません。


と言ったにもかかわらず実はkim氏は被災地に住んでいた訳ではなく、震災発生後すぐに東京に引き返したから自衛隊を見る事は物理的にほぼ不可能と言う事実が発覚した発端はこの日記ですw
しかも「具体的にどう自衛隊は役に立たないんですか?」と言う質問には未だ答えて頂けておりませんがね。

話がそれました。
それでも懲りずに
自衛隊分割案 2004年10月28日 10時55分 (kimdongsungさん)
みなさんの言い分もなるほどと思うところがあるのですが
私は自衛隊の分割・縮小、災害救助隊への変質を、何としても実現させたいのです。
これは国民にもアピールしやすく、実効性のある方法だと思います。

(中略)

知り合いが一人で黙々と考えた自衛隊分割案は、
下記の通りです。
私もまだざっと一読しただけで、細かい検討はしていませんが、
軍縮についての国民的合意と強い意志が前提になっているようです。

自衛隊は、国土防衛隊と災害救助隊に2分し、
国土防衛隊を防衛庁、災害救助隊を国土交通省の帰属とする。
災害救助隊は、国土交通大臣の統括により、災害救助の専門家で組織される。
国土防衛隊を対テロ部隊と本土衛隊から編成する。

防衛庁内に軍縮委員会を創設、
軍縮委員会は、民間の平和学者などで編成される外部
の第三者機関のチェックを義務づけられる。
軍縮委員会には軍備会計監査部門を創設。
専守防衛上、好ましくない軍事費を削減、国庫に戻した後、
社会保障費にあてるか、自然災害の国家保障費にあてるものとする。

自衛隊分割案2 2004年10月28日 10時56分 (kimdongsungさん)
軍縮委員会は、国防と軍縮をセットとし、
軍縮にベクトルを向けることを軍縮委員会の規約に謳う。
軍縮委員会の目的は、非武装平和とし、この理念のもとに、
あらゆる角度から防衛費の削減と軍縮に腐心するものとする。
軍縮委員会の諮問機関に、国土防衛隊非軍事化プロジェクトチームを置く。

防衛庁と警察庁、海上本土防衛隊と海上保安庁との間に、
相互の意見交換をする連絡評議会を設け、縦割り行政の弊害を除去する。

非核三原則、武器輸出三原則の堅持。
PKOからの全面撤退。
国連協力隊を外務省に創設。

国連協力隊と民間NGOとの協力体制を強化し、
紛争地帯の民間NGOと日本国としての国家機関による活動を区分けし、
とともに、相互のノウハウの提供を義務付ける。

民間NGOは、現場での国連協力隊と、活動上で干渉を受けない。
国連常任理事国入りへの当面に見送り。
PKOの費用を国連協力隊や国連援助費、民間NGOへの助成金に振り分ける。

(後略)
■なるものを持ち出してきてさらに猛反論を浴びました。
しかも文頭にいきなり結論が書いてあります。

>私は自衛隊の分割・縮小、災害救助隊への変質を、何としても実現させたいのです。

結局、この人の本音はここなんですね。
で、出すたびに猛反論を浴びたにもかかわらずの今回です。

Kim氏に対する反論は私もずいぶんとお世話になったある本からちょっとなg引用しましょう。
こうも使える自衛隊の装備 江畑謙介著・並木書房
 よく自衛隊を災害支援専門部隊に改編しろとか、平和維持活動専門組織にせよという主張がある。これは世界の現実から見て、間違っていると断言できる。
 確かに自衛隊は災害救援活動に派遣され、大きな力となっている。陸上自衛隊の施設科部隊は土木建設機材を持ち、カンボジアのPKOでも道路建設に活躍した。だが、それらは現代の戦闘組織として必要とされる機能と装備だから、災害救援や平和維持・復興活動にも応用できたもので、土木建築専門集団ではない。
 もし、陸上自衛隊を土木建築を専門とする組織に改編したらどうなるだろうか。このような組織は、その技術を維持し、隊員を訓練しておくために、常に何らかの土木建築作業を行なっていなければならない。それは民間土木建築産業を圧迫するだけではなく、その能力が必要な場合は、ただちにそれまで行なってきた作業を中止して、いつ戻れるか分からないままに、災害地や平和復興を必要としている場所に派遣されてしまう。道路を造っていたら、その工事は中止になったままである。逆に堤防工事を行なっている時には、すぐに別の場所に行けと言われても、ある程度作業を完成させなければ、その場所が洪水の危険に見舞われる場合もあるだろう。そのような部隊を保有するのは不可能である。
 平和維持活動専門部隊でも、いつどれだけの規模でどのような任務に派遣されるか分からないのに、常に隊員を訓練し、装備を整えておかねばならない。平和維持・復興活動といってもいろいろで、その国や場所によって平和維持・復興活動に派遣される部隊の規模、能力などに差が生まれる。およそあらゆる非常事態を予想して、それに対応できる能力を持っているのは軍隊であり、そのような組織を「実際に使わないために」平時から維持するのが正当化されるのは、国防軍だけである。
「実際に使わないため」が基本的役割であっても、必要な時には使える能力がない限り、抑止力は生まれない。それゆえ、突発する災害や平和維持活動のような任務にも対応できる能力がある。

 だから平和維持活動には、各国が、その軍隊から、国家安全保障が大きく阻害されない範囲で供出するのであって、軍隊を廃止して平和維持活動専門の部隊や、災害派遣専門組織にした国は、世界のどこにもない。にもかかわらず、日本では災害救援専門部隊だの、平和維持活動専門部隊だのの構想が、何の疑問も持たれず、あたかも現実的な案のように論じられてきた。

 自衛隊の装備形態は変わらねばならないだろうし、既存の装備も多様な使い方をされる必要があるだろう。だが、それは国家防衛の武装組織としての自衛隊の本質を変えなければならないというものではないし、戦車やミサイルをなくせというものでもない。それを踏まえた上でも、なお自衛隊の装備とその使い方には、現実の世界の変化に則した変化をする余地があるだろうと思われる。
 そのような議論をするにあたり、本書が何らかのご参考になれば、筆者としてこれに勝る喜びはない。(おわりにより抜粋)
■どちらの意見がより現実的かつ正しいかの判断は読者の皆さんに委ねようと思います。

いいぞ ベイべー!
突っ込まれて逃げるやつは売国奴だ!
突っ込まれて逃げないやつは、よく訓練された売国奴だ!

ホント 楽天は地獄だぜ! フゥハハハーハァー!

[PR]

by bosc_1945 | 2005-01-12 00:00 | 災害関連