当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2004年 12月 07日 ( 1 )

2004年 12月 07日
【まだまだサドル】 呆れた須尾実日記 【対中武器禁輸】
日本人は陸自撤退求めよ サマワのサドル師派幹部 12月7日16時40分 (共同通信)
 【サマワ7日共同】陸上自衛隊が活動するイラク南部サマワで、イスラム教シーア派の反米指導者サドル師派幹部ガジ・ザルガニ師は7日までに「陸自は占領軍」との認識をあらためて表明、「日本国民は、日本政府に陸自撤退を求めるべきだ」と述べた。共同通信サマワ通信員のインタビューに応じた。
 日本政府は9日の閣議で自衛隊の1年間の派遣延長を決定する方針だが、今年8月まで中部ナジャフなどで民兵組織を率い、米軍など各国軍部隊と戦闘を繰り返してきたサドル師派の動向は、今後もサマワの不安定要因となりそうだ。
 ザルガニ師は、日本政府がオランダ軍撤退後の治安維持を要請している英軍について「彼らは誠実ではなく、イスラムを敵視している」「われわれは占領者を打ちのめす」と対決姿勢を強調した。
■まぁ、イラク問題をトレースしている人ならこのガジ・ザルガニ師が

「自衛隊の活動で利益を享受しているのは州政府高官と雇用を請け負う契約者だけだ。聖地ナジャフの事務所とも意見交換したが、米・英軍同様、占領者であるとの結論に達した」

時事通信とのインタビューで言ったことは記憶に新しいですね。
ですから今回も

「『自分達に利益をもたらさない』陸自は占領軍」

「日本国民は、日本政府に『自分達に利益をもたらさない』陸自撤退を求めるべきだ」


になりますね。
前回も書きましたが俺たちにも利益分配しろ!さもないと攻撃するぞ!ってさすがアラブ系と言いましょうか、何ともな理由ですねw

自衛隊の派兵延長か否か? 2004年11月29日 (須尾実)
自衛隊の派兵継続をしてもよいのか?

イラク・サマワでは、来年3月にオランダ軍が撤退しますが、その後の警備担当も明確にしないまま、自衛隊の派兵を延長しようとしています。
オランダがなぜ撤退するのか? 
スペイン、フィリピン、中米3カ国、タイなどはすでに撤兵しており、ウクライナは撤兵予定、ポーランドも来年の選挙後に大幅削減をする予定です。
アメリカ、イギリス、韓国、日本の「悪の枢軸兄弟」のみが熱心に駐留にこだわっています。(侵略戦争に参加している国は多くありますが、自分から率先して好き好んで行っているわけではありません。)

(中略)

オランダ軍もこれ以上の泥沼から足を洗って堅気になりたいということで撤退するのでしょう。
日本は自衛隊がいるところは安全?!というオーム真理教のような支離滅裂な詭弁で、サマワ残留を望んでいますが、オランダはそこが危険だからやめると言います。


自衛隊という日本軍(アルジャジーラのHPでは、ジャパニーズ・アーミーとハッキリ呼んでいます。)へのロケット砲の攻撃は、最初は離れていましたが、だんだんと距離が近づいています。最近では設備にまで命中しています。警告を発しているのでしょう。さらに近づいてきます。

(中略)

イラクの人たちのために、自衛官のために、日本国民のために、アメリカ人の為にもすべての軍隊はイラクから撤退して、本来の国連軍と適正な選挙後の政府によるイラク人自身の自治によって、復興を遂げていって欲しいと切願します。
■さて、アホらしいので日記に取り上げるつもりはなかったんですが彼方から宣戦布告されちゃ黙っている訳にはいきません。
専守防衛をモットーとする私としては非常に心苦しいのですが、火に油を注いだのは彼のですから、徹底的にやらして貰いましょう。

>アメリカ、イギリス、韓国、日本の「悪の枢軸兄弟」のみが熱心に駐留にこだわっています。(侵略戦争に参加している国は多くありますが、自分から率先して好き好んで行っているわけではありません。)

計算してみましょう、現在イラクに派遣している国とイラクから既に撤退した国、これから撤退する国。
簡単な引き算です。
好き好んで行っている訳ではないとはどういう事なんでしょうか?
もう、耳にたこができるぐらい言ってきましたが、イラク復興への貢献は国連安保理決議による国連加盟国への要請なんですがね。


>オランダ軍もこれ以上の泥沼から足を洗って堅気になりたいということで撤退するのでしょう。

全く違います。
昨年8月から始まったオランダ軍の駐留期限は当初は今年7月まででしたが、オランダ議会は6月に米国の強い要請などから来年3月までの駐留延長を決定しました。
しかし、来年3月以降の派遣延長については、国民世論の半数以上が撤退を要求し、議会も猛反発した-オランダの場合、海外派遣の決定は政府の権限で、法律上は議会の承認は必要ないが、オランダではこの種の重要決定は伝統的に議会の同意が不可欠-ことから駐留再延長の選択肢がなくなった事による撤退です。

そしてそれは今年8月我が国の超党派議員団がオランダ国防相から通告を受け決まっていたことです。


>日本は自衛隊がいるところは安全?!というオーム真理教のような支離滅裂な詭弁で、サマワ残留を望んでいますが、オランダはそこが危険だからやめると言います。

ここにもマスゴミの「非戦闘地域=安全地帯」という情報操作に騙されている人がいますね。
「自衛隊がいるところは安全」と政府が言ったことはありません。

おや?オランダが「サマーワは危険だからやめる」といつ言ったんでしょうか?
先日来日したオランダ国防相はサマワについて「戦闘もなく、敵もいない非戦闘地域だ」と指摘したうえで「自衛隊が(他国の軍隊に)守られる必要があるとは思わない」と述べ、オランダ軍が撤退する3月中旬以降も治安状況に問題はないとの考えを示したそうです。
重ねて言えば、撤退決定に至る背景を詳述したオランダ政府の議会報告書「来年3月にはイラク人部隊だけで治安を維持できる」によればと撤退理由を述べているそうですね。


>アルジャジーラのHPでは、ジャパニーズ・アーミーとハッキリ呼んでいます。

ずっと前から自衛隊は海外では「ジャパニーズ・アーミー」「ジャパニーズ・ディフェンス・フォース」と呼ばれ軍隊と認識されています。
今更何を言っているんですか?


>イラクの人たちのために、自衛官のために、日本国民のために、アメリカ人の為にもすべての軍隊はイラクから撤退して、本来の国連軍と適正な選挙後の政府によるイラク人自身の自治によって、復興を遂げていって欲しいと切願します。

ええ、ですから国連安保理決議に基づく「多国籍軍」が「適正な選挙を実施する為」にイラクに展開していますが。
国連軍ではないといけない理由などありますか?
国連軍なら米軍が主体でも構わないんですか?

さて、彼のHPにはこう書かれています。

>福祉住環境コーディネーター・福祉・医療・住宅改修・バリアフリー・その他なんでも自由に語り合える場が欲しいと感じていました。
>どんなことでも気楽に語りあえていけたらと思います。


都合の悪い意見は即削除と言う事はこれはただ書いてあるだけなんでしょうか?

<川口首相補佐官>EU諸国に対中武器禁輸措置継続を要請 12月7日22時19分 (毎日新聞)
 全欧安保協力機構(OSCE)外相会議出席のためブルガリアを訪問している川口順子首相補佐官は7日、EUが中国に対する武器禁輸措置解除を検討していることについて、日本政府として正式に反対の姿勢をEU諸国に伝えたことを明らかにした。また同会議に出席しているEU各国の外相にも同様の意向を伝えた。
■うほっいい川口w

日本政府として正式に反対の姿勢をEU諸国に伝えたことを明らかにした。
日本政府として正式に反対の姿勢をEU諸国に伝えたことを明らかにした。
日本政府として正式に反対の姿勢をEU諸国に伝えたことを明らかにした。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 川口!川口!
 ⊂彡

・・・首相補佐官しっかりお仕事してるじゃんw
[PR]

by bosc_1945 | 2004-12-07 00:00 | 「バカの壁」シリーズ