当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2004年 11月 29日 ( 1 )

2004年 11月 29日
【イラク派遣】 呆れた民主党支持者の日記 【民主主義とは?】
結束問われる自民「3K」 延長反対に同調広がらず 11月29日19時25分 (共同通信)
 自衛隊のイラク派遣延長に異論を唱える自民党の加藤紘一、古賀誠両元幹事長、亀井静香元政調会長の「3K」が党内で孤立し始めている。
 大野功統防衛庁長官が自衛隊撤退の目安を来年12月と表明するなど、来月10日に見込まれる延長の閣議決定に向けた「環境整備」が着々と進められているためだ。党内でも「民主党と同じようなことは言えない」と同調者が増えず、逆に3人の影響力や結束力が問われている格好だ。
 加藤氏らは今年1月の自衛隊派遣の承認案採決で造反した経緯がある。今月9日に小泉純一郎首相に「現地情勢は厳しい」と慎重対処を申し入れ、24日には外務、防衛両省庁の幹部を呼び付け「あなたたちは平和ぼけだ」(古賀氏)といら立ちをぶつけた。
■はい、と言うことで恙なくイラク派遣は延長されるようですね。

>党内でも「民主党と同じようなことは言えない」と同調者が増えず

その民主党支持者の衝撃の日記をどうぞ。
自衛隊のイラク派遣について 2004/11/27 (paintboxさん)
対米追従路線をとる自民党政権がイラクの自衛隊派遣延長を考えるのは理解できますが、これを支持する日本人がどうも多数いらっしゃるようなので、私がどう思うかを書いておくことにします。

端的に私の結論を述べると、自衛隊派遣延長をなさりたいとおっしゃる方は危ないイラクにご自分でいらっしゃればよろしい(あくまで逆説です、行かないでくださいね)、というのが私の言いたいことです。

イラクに派遣されている陸上自衛隊の方は、戦闘部隊の方ではなくて施設部隊の方であるというお話しを伺っています。大砲や戦車を持って行ってテロリストと戦うわけではなくて、あくまで水道の確保を任務として派遣されているわけです。仮に派遣が延長されるとしても、日本の現行法では、1月に予定されるイラク選挙の警備を担当することすらできないのです。

派遣される隊員の方にマイクが向けられると日本の国益のためにというような声が帰ってきますが、内実はなぜ攻撃を受けた場合の自己防衛の手段も持たずに遠地に連れて行かれなければならないのか、と不安に思っていらっしゃる方もいるというようなお話しも伺いました。自衛隊員の方にもご家族がいらっしゃいます。自衛隊派遣延長に気軽に賛成される方は、万一のことがあったときに、任務だから当然だろ、とか、命令に従うのが当然だろ、とか、おっしゃるのでしょうか?だったら、自衛隊員でなくて、おまえが行けばいいだろ、と申し上げたい。

日本は既に大きな経済援助をイラクに対して行ってきており、またこれからも行う予定があるそうです。日本の現在の法律ではこの方が遙かにイラクのためになるのではないでしょうか?自衛隊がサマワに駐留していてもさしたる貢献はなく、どちらかと言うとシンボリックな意味合いなのだ、というような意見もありますが、ただシンボリックというだけで命の危険にさらされる側はたまりませんね。
(後略)
■もう突っ込みどころ満載な訳ですが・・・

>イラクに派遣されている陸上自衛隊の方は、戦闘部隊の方ではなくて施設部隊の方であるというお話しを伺っています。
>大砲や戦車を持って行ってテロリストと戦うわけではなくて、あくまで水道の確保を任務として派遣されているわけです。


これは誤解を招く表現ですね。

まず第一に施設科(工兵)とはいえ「自衛隊員」ですから普通科(歩兵)には及ばないものの戦闘訓練は受けています。
そこら辺のNGOよりはよっぽど戦闘のプロです。

第二に施設科は水道の確保だけが仕事ではありません。
イラク復興支援活動は道路補修や学校建設など任務は多岐にわたっています。

第三にイラクに派遣されている自衛隊員約600人全てが「施設科」ではありません。
大半は警備任務の「普通科」です。


>仮に派遣が延長されるとしても、日本の現行法では、1月に予定されるイラク選挙の警備を担当することすらできないのです。

これも間違いです。
イラク特措法の正式名称はご存じでしょうか?
「イラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法」

安全確保支援活動が警備任務にあたります。
今や「やっていない」だけなんですよ。


>内実はなぜ攻撃を受けた場合の自己防衛の手段も持たずに遠地に連れて行かれなければならないのか、

これもそうですね、イラクに派遣される隊員は全て志願制です。
連れて行かれるというのはどういう表現技法なんでしょうか?


>日本は既に大きな経済援助をイラクに対して行ってきており、またこれからも行う予定があるそうです。
>日本の現在の法律ではこの方が遙かにイラクのためになるのではないでしょうか?


え~大金を出した挙げ句感謝すらされなかった湾岸戦争の教訓から何も学んでいないのでしょうか?

paintboxさん、自分の考えを述べて、何かを批判するのは大いに結構な事です。
しかし、正確な判断は正確な知識から導き出されます。
正確な知識を身につけて下さいね。


閑話休題紆余曲折

paintboxさんの書き込みより抜粋 2004/11/29 11:57 PM (paintboxさん)
もしかして、あなたは、自衛隊が治安任務について、テロリストから攻撃を受けて、自衛隊がそれに応酬することにより、日本国民が戦争やれ!というように意識昂揚することを望んでいるのかも知れませんが、それは日本の取るべき道ではないというのが私の考えです。自民党でさえ、3K以外でも殆どの議員がそう考えるのではないでしょうか。そうであれば、自衛隊の正当防衛行使を想定すること自体誤りと申し上げたい。自衛隊が正当防衛を行使するような局面があってはならないというのが私の立場であり、その可能性が寸部でも残っているならイラクに自衛隊を派遣してはならない、というのが私の主張です。

掲示板を私がなぜ公開しているかというと、仲間、同志を求めているからです。
あなたに求めているわけではありませんけれど。私は、目的を持ってブログを運営しています。
掲示板その他の利用法について、提供者の楽天株式会社が配慮を求めてくるなら考えますが、あなたにとやかく言われる筋合いはありません。
■真面目に反論するのが莫迦らしくなってきましたが気を取り直して。

>自衛隊の正当防衛行使を想定すること自体誤りと申し上げたい。

正当防衛すら行使してはいけないとは、どういう事ですか?
自衛隊は撃たれたら死ねと言うんでしょうか?
「緊急避難」と「正当防衛」は人間が本来持つ「生存権」ですが・・・。
しかしまぁ意見がころころぶれますね。
先程までは

>仮に砲弾が飛んでくるような事態になっても、憲法9条に反するような行動を自衛隊員の方が行えるはずがありません。
>攻撃されてもそれに応戦することができない自衛隊員の方が選挙の警備などに出て行けばどれだけ生命的な危険を伴うかということをあなたはお考えにならないのでしょうか。


と、明らかに「自衛権」「正当防衛」「緊急避難」すら否定していましたね。

私が「こちらからは撃てないが、撃たれたら撃ち返す事はできます。」と指摘した途端に「自衛隊が正当防衛を行使するような局面があってはならない」と言い出すのはどういう事ですか?

「行えるはずがない」と「自衛隊が正当防衛を行使するような局面があってはならない」の間にはかなり距離がありますが。


>掲示板を私がなぜ公開しているかというと、仲間、同志を求めているからです。

それは意見表明はしたい、私の意見を補強するのに有益な投稿-賛成意見?-は見たいし仲間や同志は欲しいが、間違いの指摘や反対意見は聞きたくないと言う事ですか?

それは民主主義とは言いませんよ。
意見を言う「自由」には反論される「リスク」が伴うのは民主主義の前提ではないでしょうか。
そして、自由闊達な「議論」こそ「民主主義」ではないでしょうか。

paintboxさんの書き込みより抜粋 2004/11/29 11:57 PM (paintboxさん)
異なる意見は、自民党の方からもういやというくらいに拝聴致しております。
楽天ブログを散策していても、へえ、そんな風に考えてしまうんだ、と思うことが多々あります。私には、それで充分です。
私は意見を闘わせようと思っているのではありません。
民主党の議員というのであれば、意見を言って反論されるリスクも覚悟する必要があるとは思いますが、私のような一小市民が意見を言うリスクですか?そんなリスクはごめんですね。
私は民主主義の構成要員ではあっても、民主主義を守るための要員ではないですから。

民主主義を守ってくれるように、民主党の国会議員にお願いするというだけです。
■いやもう正直呆れましたね。

>私は民主主義の構成要員ではあっても、民主主義を守るための要員ではないですから。
>民主主義を守ってくれるように、民主党の国会議員にお願いするというだけです。


日本国憲法 第3章 国民の権利及び義務
第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。


・・・いやもう正直反論する気力も失せました。
しかし、ハッキリ一つだけ言えることがあります。

民主党の支持者はこの程度なんですか?
[PR]

by bosc_1945 | 2004-11-29 00:00 | 「バカの壁」シリーズ