当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 08月 18日
【吉本?】 これが大阪クオリティー 【お笑い?】
社民党 土井氏の出馬 辻元氏当選のための苦しい判断 8月17日10時17分 (毎日新聞)
 社民党は衆院選に、勇退とみられていた土井たか子前党首と、秘書給与詐欺事件で離党した辻元清美元衆院議員を出馬させる。複雑な事情を無視する形で両氏を擁立するのは、同党が「消滅」のがけっぷちに立たされているためだ。ただ、遮二無二立てた土井氏に用意したのは、比例近畿ブロックの名簿最下位。土井氏の当選は厳しく、本人も「捨て石」と語る。長年の党の顔にはむごい仕打ちにも映るが、勢いに勝る辻元氏の当選を優先させる苦しんだ末の判断のようだ。
 「退任したいと思っていた。でも憲法を守るのが社民党。党の灯を消すわけにはいかない」。12日夜、兵庫県西宮市内。解散後初めて地元に戻った土井氏は支持者十数人を前に続投を表明した。
 土井氏は03年の前回、衆院兵庫7区で34年守った議席を失い、比例で復活当選した。組織の弱体化もあり「次は勇退」が暗黙の了解だった。
 ところが、突然の解散で状況は一変。党は土井氏に出馬を要請した。
 一方で、辻元氏にも出馬を要請した。同氏は昨年の参院選大阪選挙区に無所属で出馬。落選したが71万票余を獲得、根強い人気を示した。「辻元のキャラクターがなければ党は生き残れない」(隅田康男党大阪府連代表)との判断だった。

 兵庫7区は協力関係にあった民主党が新人を擁立する。土井氏は比例単独にしたが、近畿ブロックで社民党が前回得たのは1議席だけで、土井、辻元両氏の名簿順位が問題になった。
 結局、15日の党近畿ブロック協議会では、土井氏の希望で、比例名簿最下位での出馬とした。大阪10区から立候補する辻元氏は比例1位。会議には「捨て石になっても構わない。若い人の当選のため頑張る」との土井氏の言葉が伝えられた。
 辻元氏は16日の大阪府内での記者会見で「私が小選挙区で勝って土井氏当選を後押ししたい」と述べたが近畿では前回、小選挙区は全敗。
 横光克彦副党首が民主党からの立候補を目指して離党するなど、党を取り巻く状況は一層悪い。【山田夢留、渋江千春】
■横光氏の離党はちょっとびっくりしたわけですがまぁ沈没船からネズミが逃げる現象の一つだと思えばさもありなんと言う気がします。
前回は34年間議席を守り続けた土井王国に殴り込みをかけた自民党大前氏が拉致被害者家族の援護射撃もあって見事敵将を討ち取った-まぁ結局悪運強く比例で復活した-わけですが前回協力関係にあった民主党も今回は候補を擁立し、社民党も中川智子の秘書や福島瑞穂の後援会事務局長などを歴任した坂本洋子氏を擁立する方向のようで。


敷島の 大和心を 人とはば 朝日に匂う 山桜花


ではありませんが、まぁ散り際は斯くありたくないといういい例なんでしょうな。
また今回もニヤ(・∀・)ニヤ出来そうですね。

>一方で、辻元氏にも出馬を要請した。同氏は昨年の参院選大阪選挙区に無所属で出馬。落選したが71万票余を獲得、根強い人気を示した。「辻元のキャラクターがなければ党は生き残れない」(隅田康男党大阪府連代表)との判断だった。

「辻元のキャラクターがなければ党は生き残れない」って、政治はキャラクターじゃないだろうと。
これじゃ小泉首相を「パフォーマンス政治」などと非難する資格はありませんね。
で、執行猶予中だから立候補は違法じゃないですよ?
でもそれは法的な問題であって野党お得意の道義的責任は全く済んでいないんじゃないですか?
執行猶予が着いていようと「有罪」であり「前科」であることに変わりはないわけで、しかもその罪状が公金詐取ですよ。
公の身分である議員が公金を詐取していて、それによって有罪判決を食らったにもかかわらず執行猶予中にのうのうと選挙に顔を出す。

いや別に出馬するなと言ってるんじゃないんですよ。
「罪を憎んで人を憎まず」と言いますし「過ちを犯した人がやり直しやすい社会を作る」(By社民の中の人)と言う言葉の趣旨は理解できますからね。
でも取り敢えずやり直しは刑期を全うしてからにしろと言いたいわけで、それが道義的責任の第一歩なわけで。

もう辻元には「道義的責任」を問いつめたい、小一時間問いつめたい。

いつもは「道義的責任!」と声高に叫ぶ野党が今回は「法的に問題ないからいいんだ」というのは明らかにダブルスタンダードですよねぇ。

で、これであの辻元清美犯罪者が当選したら「また大阪民国か」って言われるんだろうなぁ・・・orz

大阪の皆さん、
そろそろ「オモロい」を基準に投票するの
やめまへんか?w

[PR]

by bosc_1945 | 2005-08-18 00:00 | 国内時事問題


<< アスペルガーpaintbox氏へ。      第三日目。 >>