当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 08月 05日
【浮上不能】 「ちよだ」派遣へ 【米英も支援】
ロシア潜水艇、カムチャツカ半島沖で浮上不能=防衛庁、海自救難艦艇4隻派遣 8月5日23時1分 (時事通信)
 ロシア極東カムチャツカ半島沖で4日、7人が乗ったロシア太平洋艦隊の深海潜水艇が浮上できなくなり、同艦隊司令部は5日、日本と米国に緊急支援を要請した。これを受け、防衛庁は国際緊急援助隊派遣法に基づき、海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」(3650トン)など4隻を派遣した。海自艦艇が外国艦艇の救助活動を行うのは初めて。
 タス通信や防衛庁などによると、現場はカムチャツカ州の州都ペトロパブロフスク・カムチャツキーの沖合70キロ。潜水艇はAS28型(長さ13メートル、高さ6メートル)。水深約190メートルの海底で、水中に設置されたアンテナを点検中、ワイヤをかじに絡ませ動けなくなった。
 乗組員7人は付近の船舶と交信し、救助を要請。食料や水は5日分あり、艇内でパニックは起きていないという。インタファクスによれば、海軍高官は艦内の酸素は24時間分だと語った。

b0062429_5243648.jpg

潜水艦救難母艦「ちよだ」
ロシア極東カムチャツカ半島沖で浮上不能となったロシア太平洋艦隊の深海潜水艇の救助活動のため派遣される海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」(海自提供)(時事通信社)22時03分更新

このニュースを見ていて発見したんですが、ロスケの潜水艇を助けるために我が軍・・・もとい海自の潜水艦救難艦が派遣されるとは時代は変わったものだなぁと。
で、最初に写真の方を発見したので、以前のクルスク事故が思い浮かびまして原潜でも遭難したのかと思ったら深海潜水艇だったんですね。

国際緊急援助隊派遣法ってのはこう言うときにも使えるんですね、自然災害だけと思っていたので初めて知りました。
空気の残りは一日、ちよだの到着は2~3日後と言うことで作業をするとすれば遺体収容かもしれませんね。
[PR]

by bosc_1945 | 2005-08-05 00:00 | 海外時事問題


<< 【ガラスの心】 第75回「バカ...      【kimdongsung】 第... >>