当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 04月 17日
【興禅の足掻き】 第53回「バカの壁・再」41(第一部) 【対興禅三部作】
第53回「バカの壁・再」41(第一部)
~ビビってるのは誰だ~

ビビっているということです 2005.04.17 03:54:27 (興禅)
 最後の警告を出したのにもかかわらず、某S氏とコメント欄で対話を試みてしましたが、やはりラチがあきませんね。全く話しが進展しない。脱力。というわけで彼の最後の4連発寝言コメントは削除し、日記内で私は語っていこうと思います。

 なんだか本人は、例の犯罪の件については決着したと言っていますが、自分とお仲間たちの意見だけが全てと思っているようですね。まぬけなはなしです。素人が束になっていろいろと言っても、訴訟を起こす意義があると著作者の方が思われた場合、某S氏は実際に法廷に立たされることになるのです。著作者の方はその準備中かもしれませんね。ま、せいぜい訴えられないことを靖国神社で祈っておく方が良いでしょう。


(略)

 某S氏は、色んな人に因縁をつけてまわっていますが、よっぽど自分が正しく素晴らしいことを言っているのだと考えているようですね。そうでなければあれほど粘着できないですもの。しかしそれは途方もない勘違いであることをとりあえず指摘しておきなす。(原文ママ)
■いやはや・・・開いた口がふさがらないとはこの事ですね。

>全く話しが進展しない。脱力。というわけで彼の最後の4連発寝言コメントは削除し、日記内で私は語っていこうと思います。

相手のコメントは「寝言」といい削除し、自分は日記で語ることにするってビビって逃げてるのは誰だと。

しかも、話が進展しないのは肝心の著作権やプライバシー権のことに全く触れず、どうでもいい枝葉に返事するからでしょうが。
彼が度々日記で断定している「某S氏の犯罪」とやらについて、私やその他の方々が度々反論していますね。
やれやれ・・・ 2005.04.13 10:30:28 (某S氏さん)

>自分の明白な犯罪を指摘されたらもうしどろもどろです。
-----
まったくしどろもどろではありませんが。

最初から言っているように彼のメールが「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」とは認識していません。

また貴方の引用している東京高裁の判決も

>著作物を「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と定義し、特に「手紙」を除外していないから、右の定義に該当する限り、手紙であっても、著作物であることは明らかである。

とあるように「手紙」であっても「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」であれば著作権を主張できると言っているに過ぎません。
よって

>メールが『手紙』であることは疑いようもなく、この東京高裁の判断によると著作物と判断できるようです。

と言うのは些か早計でしょう。
正しくは
「東京高裁の判断によると著作物と判断できる場合もあるようです。」
が正解ですね。
しかし現実はJSFさんの挙げられた判決-管理人氏によって削除されていますが-にもあるように「手紙=著作物」と主張するのは極めて困難です。

続き 2005.04.13 10:30:44 (某S氏さん)
で、問題はプライバシー権になりますが
・彼には最初から私信であろうとなかろうとすべて公開する旨伝えている。
・彼から公開を拒否する旨の書き込みは一度たりとも貰っていない。

これらの事実から、公開すると告げていてるにもかかわらず、拒否の意思表示もせずに続けて送ってくると言うことは公開されてもいいと認めたと取られても仕方ないんですよ。
彼が公開を拒否するなら何故最初に公開すると告げられた段階でそうしなかったのか。
それは公開を拒否していなかったからでしょう。

一方通行であってもこちらが公開する旨繰り返し通告し、相手から拒否する旨の反応がなければ同意があったとみなしても構わないでしょう。

まぁしかし、もともとは貴方の「誣告」から端を発したことですが、インターネットの匿名性を笠にきて何でもありだとする風潮は、これからは厳に戒めていかねばならないと思いますね。
匿名を笠にきて、あることないこと勝手に法律を解釈してこじつけて平気で「犯罪」と断定する人が多くて困ります。
当事者でもないにもかかわらずね。
■という風に。

この書き込みに対して彼が反応したのは

>匿名を笠にきて、あることないこと勝手に法律を解釈してこじつけて平気で「犯罪」と断定する人が多くて困ります。
>当事者でもないにもかかわらずね。

こどもだったんですね・2005.04.14 01:58:15)

と、全く本論である「著作権・プライバシー権」に触れていない部分です。
しまいには

>名誉を毀損?(´,_ゝ`)プッ 匿名だと名誉毀損は成立しませんが。
(略)
>いずれにせよ名誉毀損はお互い様ですから、今頃になって泣き言は言わないことですね。そもそも最初にこのホームページに対してアヤをつけてきたのはあなたです。どうやってそのおとしまえをつけるつもりなんですか?聞かせてもらいましょうか。


( ゚Д゚)・2005.04.15 01:35:51)

自分で「匿名だと名誉毀損は成立しません」と言った直後に「いずれにせよ名誉毀損はお互い様」って、あんたも匿名だろと。
しかも「名誉毀損はお互い様」って、自分が相手の名誉を毀損したこと認める発言が飛び出しましたよ。
結局は「あいつがさいしょにぼくのにっきをけなしたからぼくもやったんだようぼくはわるくないんだよう」って事ですか。

で、最終的に

>そもそも最初にこのホームページに対してアヤをつけてきたのはあなたです。どうやってそのおとしまえをつけるつもりなんですか?聞かせてもらいましょうか。

となります、考え方がどこまでもおこちゃまで呆れますね。
「アヤつけてきたのはオマエだろう、どうやって落とし前つけるんだ」とはまるでヤクザ・・・もとい暴力団関係者ですね。
恐らく本職の方々でも暴対法施行以来こんなことは言えないでしょうが。
で、

>なんだか本人は、例の犯罪の件については決着したと言っていますが、自分とお仲間たちの意見だけが全てと思っているようですね。まぬけなはなしです。

なんだか彼は、例の犯罪の件については度々断定していますが、自分の意見だけが全てと思っているようですね。まぬけなはなしです。
見事なマホカンタですね。

>素人が束になっていろいろと言っても、訴訟を起こす意義があると著作者の方が思われた場合、某S氏は実際に法廷に立たされることになるのです。著作者の方はその準備中かもしれませんね。ま、せいぜい訴えられないことを靖国神社で祈っておく方が良いでしょう。

素人が束になってと言うがって、あんたも素人だろうがw
しかもその素人にすら受け入れられてない意見が公の場で受け入れられると思うのかい?

訴訟の準備中?
素晴らしい冗談ですね、もし彼が私を訴えるために自分のメールの内容を弁護士に見せるのなら、喜んで提供しますよ。
でもまぁ、大方の判断は都合が悪くなったので他人を焚き付けて逃亡中だと思うがねw

ところで、山脈逃亡宣言以来B-87の活動が活発化しています。
「2005/04/17 05:01:19 PM」現在掲示板も空いているようです。
片方が居なくなると片方が出てくる、不思議なこともあるのですね。
さて

>某S氏は、色んな人に因縁をつけてまわっていますが、よっぽど自分が正しく素晴らしいことを言っているのだと考えているようですね。そうでなければあれほど粘着できないですもの。しかしそれは途方もない勘違いであることをとりあえず指摘しておきなす。

よっぽど反論されたのが悔しかったのか、相手の反論は因縁と言う一言で片付けていますね。
繰り返し言いますが、彼は日記の中で述べている「某S氏の犯罪」についての私の「著作権・プライバシー権」からの反論について一切反論できずにいます。
上で触れているように彼が反論したのは全く関係ない枝葉のみです。
名無しさんは創氏改名中さんの日記「【斜め上】香ばしいヒト【越えられない壁】其の1 」にもありますが

>それに、某S氏のコメントの中には著作権とプライバシー権に関するものがあったはずですが、それに関しては一言も述べていませんよね?
>それが貴方の限界、反論できずに都合の悪いことはなかったことにしているだけです。
>最後に、貴方の日記から貴方に送る言葉を引用しましょう。
>「よっぽど自分が正しく素晴らしいことを言っているのだと考えているようですね。」(2005.04.17 04:21:13)


これに「そうでなければあれほど粘着できないですもの。しかしそれは途方もない勘違いであることをとりあえず指摘しておきなす。」と付け加えれば完璧です。
これもまた見事なマホカンタですね。

また最後に指摘しておきますが、彼は反論のトラックバックを「キモチワリー」の一言で全て削除しています。
付け加えて、彼の掲示板では彼の指定する当事者以外書き込みができないので私の当該反論日記のアドレスを書き込んだところこれも「キモチワリー」の一言で削除しています。

どこかのブログで「自分の意見に絶対の自信があるなら、安易な削除はすべきではない。」と言う記事を読んだ記憶がありますが、全く同意見です。
無論明らかな荒らしや宣伝は削除すべきですがね。

社会通念的に見て正しいことを言っていると主張する人間が社会通念的に見て正しいことを言っている場合、この様な特定の人間以外に言論の自由を与えない行為を行うでしょうか?
また、自分の意に反する言論は全て弾圧する行為を行うでしょうか?

答えは明白ですね。


第二部へ続く

[PR]

by bosc_1945 | 2005-04-17 00:00 | 「バカの壁」シリーズ


<< 【興禅の足掻き】 第53回「バ...      【BB弾テロ】 愛国無罪 【銃撃?】 >>