当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 03月 26日
【実話】 THE GREAT ESCAPE 【リアル】
「大脱走」を未然に阻止 拘束施設でトンネル発見 3月26日9時57分 (共同通信)
 【ワシントン25日共同】「間一髪で大脱走阻止」--。イラク南部の米軍基地「キャンプ・ブッカ」で拘束されているイラク人らが脱走用に掘った約180メートルと90メートルのトンネル2本が25日までに見つかった。
 基地には反米武装勢力のメンバーら6000人以上を収容。映画「大脱走」ばりの脱出劇を寸前で防ぐことができたという。
 米メディアによると、トンネルは手製のスコップなどで掘ったとみられ、ガソリン缶を切断した急造バケツで土を運び出し、トイレに流していた。トンネルの入り口にはベッドの板を敷き詰め、床のようにカムフラージュしていた。
 イラク駐留多国籍軍のケーシー司令官が視察に訪れる数時間前に、定期巡回中の若い女性技術兵が偶然発見。ケーシー司令官は女性兵士に勲章を授与した。
■いやまぁ洋の東西を問わず捕虜収容所の中の兵士が考えることは同じとw

>トンネルは手製のスコップなどで掘ったとみられ、ガソリン缶を切断した急造バケツで土を運び出し、トイレに流していた。
>トンネルの入り口にはベッドの板を敷き詰め、床のようにカムフラージュしていた。


もうまるで映画ですねw

「これは実話である。
登場人物や時、場所に多少の脚色はあるが、
脱走の手順は細部に渡り、事実を再現している。」



参考リンク
THE GREAT ESCAPE
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-26 00:00 | 海外時事問題


<< 【パキスタン】 ファイティング...      【開業1周年】 KTX開業1年... >>