当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 03月 23日
【治安維持?】 豪州外相ダウナー氏訪日 【陸自警護?】
イラクで緊密な協力要請 日豪外相会談 3月22日20時34分 (共同通信)
 町村信孝外相は22日夜、オーストラリアのダウナー外相と都内で会談し、陸上自衛隊が活動するイラク南部ムサンナ州への部隊派遣をオーストラリア政府が決めたことを踏まえ「インテリジェンス(情報)を含め密接な連絡を取り合いたい」と、現地での緊密な協力を要請した。ダウナー氏は「非常によい協力関係を構築できる」と約束した。
 ダウナー氏がこれに先立つ小泉純一郎首相との会談で打診した日豪間の自由貿易協定(FTA)の「実現可能性の研究」について、町村氏は「ハワード首相が来日される時(4月下旬)までに結論を出したい」と表明。ダウナー氏が「前向きな回答をうれしく思っている」と応じた。
■なんつーかまぁ

>ダウナー氏がこれに先立つ小泉純一郎首相との会談で打診した日豪間の自由貿易協定(FTA)の「実現可能性の研究」について、町村氏は「ハワード首相が来日される時(4月下旬)までに結論を出したい」と表明。ダウナー氏が「前向きな回答をうれしく思っている」と応じた。

ギブアンドテークって奴ですかね。
外交って言うのは善悪じゃなくて損得とはよく言ったもんです。
<小泉首相>豪外相と会談 サマワ追加派遣に謝意 3月22日20時50分 (毎日新聞)
 小泉首相は22日、ダウナー豪外相と首相官邸で会談し同国がイラク南部サマワで活動する陸上自衛隊の警護などのために豪軍の追加派遣を決めたことに謝意を表明した。ダウナー外相は最近の同国内の世論調査で派遣反対が多かったと説明したうえで「必ずしも支持を得る決断ではないが、イラクの安全確保のため」と述べた。

豪兵死んでも日本に責任ない…来日の外相、明言 3月22日21時0分 (読売新聞)
 来日中のダウナー・オーストラリア外相は22日、都内で演説し、陸上自衛隊の駐留するイラク南部ムサンナ県サマワの治安維持任務を担当するため増派される豪軍兵士の間に死傷者が出ても、「増派は豪州の決断であり、日本に責任を取らせるようなことは決してない」と述べた。

 ダウナー外相は、「イラクを見捨てて暴徒とテロリストの手に渡すわけにはいかない」と話し、約450人の豪軍増派は「安全保障と戦略分野の協力における豪州の強い決意を示すものだ」と強調した。


 豪軍は近くサマワに派遣され、英軍とともに治安維持にあたる。

 外相はまた、国連安保理常任理事国の拡大について、「日本の常任理事国入りを支持する」と明言した。
■さて、毎日と読売でで事実に関しての記述で面白い差がありますね。

>同国がイラク南部サマワで活動する陸上自衛隊の警護などのために豪軍の追加派遣を決めた(毎日)

>イラク南部ムサンナ県サマワの治安維持任務を担当するため増派される豪軍兵士(読売)

豪軍が行うのは「サマーワの治安維持」であって「サマワで活動する陸上自衛隊の警護」ではありません。
サマワでの基地警備や活動中の警護は陸自自身が行います、豪軍が自衛隊の警護に関与しているとすればサマーワの治安を維持することによって間接的に自衛隊を警護していると言うことになりますからね。

よって毎日の「陸上自衛隊の警護などのために」と言う書き方では明らかに語弊があるわけです。
しかしまぁ

「増派は豪州の決断であり、日本に責任を取らせるようなことは決してない」
「イラクを見捨てて暴徒とテロリストの手に渡すわけにはいかない」
「安全保障と戦略分野の協力における豪州の強い決意を示すものだ」


キッパリと言い切ってくれましたよ。
しかしまぁ勇ましいですね。

「イラクを見捨てて
暴徒とテロリストの手に
渡すわけにはいかない」

[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-23 02:00 | 自衛隊・イラク関連


<< 【防衛事務次官】 tell m...      【日帝?】 下地島空港と大揺れ... >>