当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 03月 07日
【サマーワ情勢】 英軍へ権限引き継ぎ 【本来任務化延期】
サマワの治安維持に自信=7日に引き継ぎ-英軍司令官、陸自活動地域で 3月6日23時0分 (時事通信)
 【サマワ6日時事】オランダ軍に代わってイラク南部ムサンナ州サマワの治安維持を担当する英国軍の司令官ティム・ウイルソン中佐が6日午後(日本時間同日夜)、州警察本部を訪れ、カリーム本部長と会談した。同中佐は「これまでの陸上自衛隊宿営地などへの攻撃の情報をオランダ軍から十分引き継いでおり、安全確保には自信がある」と記者団に話した。
 さらに同中佐は、英軍司令部がある同国南部バスラと比較して、「ムサンナ州の治安は非常に安定している」と述べた。

 サマワでは7日午後(日本時間同日夜)、撤収するオランダ軍から英軍に治安維持任務が引き継がれる。オランダ軍宿営地「キャンプスミッティ」では式典が行われる予定で、同中佐が出席する。式典には陸自も招待されている。

治安権限、きょう移管 オランダ軍から英軍へ 3月7日1時4分 (共同通信)
 【サマワ6日共同】陸上自衛隊が活動するイラク南部サマワを中心とするムサンナ州の治安維持の権限が7日、2003年のイラク戦争後から駐留してきたオランダ軍から英軍に移管される。
 約1400人が駐留していたオランダ軍はすでに順次撤退を始めており、来月には完了。代わって英軍が展開、オーストラリア軍も5月ごろにはサマワに駐留を開始する予定。
 ムサンナ州は「イラク国内でも最も治安の安定している州の一つ」(英政府当局者)とされてきたが、英軍の駐留開始が治安情勢にどのような影響を与えるか、注目されている。
■ここまでは何事もなく引き継げてますね。

>ムサンナ州は「イラク国内でも最も治安の安定している州の一つ」(英政府当局者)

と言うのも頷けます。
さて
自衛隊国際協力の本来任務化 今国会提出見送り 政府方針 3月5日2時38分 (産経新聞)
 政府は四日、自衛隊の国際平和協力活動を、現行の「付随的任務」から国土防衛と並ぶ「本来任務」に格上げする自衛隊法改正案について、今国会への提出を見送る方針を固めた。特別立法なしで自衛隊の海外派遣を可能にする「恒久法」とセットでの法整備を主張する公明党から、合意を取り付けられなかったためだ。
 大野功統防衛庁長官は同日の記者会見で「(公明党に)理解してもらえるよう努力する」と、なおも改正案の提出に意欲を示したが、防衛庁幹部は「法案の作成作業は進めているものの、提出は難しくなった」と述べた。
 政府は昨年十二月に閣議決定した新たな「防衛計画の大綱」で本来任務化の方針を明記。防衛庁は、国際社会の安定に向け積極姿勢をアピールし、派遣される自衛隊員の士気を高めるという観点から本来任務化の意義を強調。インド洋大津波の支援で自衛隊の活動が高い評価を得たことも追い風に、提出を目指していた。
 自民党も積極的だったが、公明党は国政選挙並みに重視する東京都議選を七月に控え、平和の党を強調する狙いもあり、「本来任務化は海外派遣の恒久法と同時に整備すべきで、時期尚早だ」(幹部)と反対。十五日の法案提出期限が迫り、与党内の調整も進んでいないため提出が絶望的となった。
■とほほ・・・orz
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-07 01:00 | 自衛隊・イラク関連


<< 【ピレネーの壁】 第40回「バ...      【誤射?】 米軍と伊記者の証言... >>