当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2005年 03月 01日
【過去の真実】 謝罪と賠償と和解 【真摯な努力】
日本は「心から謝罪」を 式典演説で盧武鉉大統領 2005/03/01 11:42 (産経新聞)
 韓国の盧武鉉大統領は1日、ソウルで行われた「三・一独立運動」記念式典での演説で「過去の真実を究明し、心から謝罪し、賠償することがあれば賠償し、そして和解しなければならない」と訴え、日本政府に「真摯(しんし)な努力」を求めた。

 盧大統領はこれまで過去の問題を外交的争点にしないとしてきた。

 歴代の韓国大統領は反日独立運動を記念する同式典の演説で日韓関係に言及してきたが、この日の演説は、全体の7割もの部分を日韓関係に割く異例の内容となった。(共同)



 韓国の盧武鉉大統領が1日、「三・一独立運動」記念式典で行った演説の要旨は次の通り。

 一、日韓は東アジアの未来を一緒に切り開いていかなければならない運命共同体である。

 一、日韓両国の国民の間をふさいでいる心の障壁を崩し、本当の隣人として生まれ変わらなければならない。

 一、法的、政治的な関係の進展だけで、両国の未来を保証することはできないだろう。それ以上の実質的な和解と協力の努力が必要だ。

 一、日韓関係の進展を尊重し過去の問題を外交的な争点にしないと公言してきた考えは変わらない。

 一、われわれの一方的な努力で解決できることではない。日本は過去の真実を究明し、心から謝罪し、賠償することがあれば賠償し、そして和解しなければならない。

 一、(日本の植民地支配による韓国国民への被害補償に関し)韓国政府に足りない点があった。被害者としては国家が個人の請求権を一方的に放棄することは納得し難い。政府は補償に向けて努力する。(ソウル共同)
■まぁ相変わらずな訳ですが・・・

「過去の真実を究明し、心から謝罪し、賠償することがあれば賠償し、そして和解しなければならない」

真実の究明って、ホントにやっていいんですか?w

謝罪って、歴代首相があれほど謝ってもまだ足りませんか?w

賠償って、日韓条約で「日韓両国が財産、権利及び利益並びに日韓両国及びその国民の間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認」しているはずですがw

和解って、冗談は勘弁してくださいw

まぁつまらん冗談はさておき、一歩前進かなと思えるのは

>(日本の植民地支配による韓国国民への被害補償に関し)韓国政府に足りない点があった。
>被害者としては国家が個人の請求権を一方的に放棄することは納得し難い。
>政府は補償に向けて努力する。


韓国政府がついに自分達の責任を認めましたね。
しかも自分達で補償すると明言しています。
まぁ細かいところを突っ込めば

>被害者としては国家が個人の請求権を一方的に放棄することは納得し難い。

放棄したのは韓国側の賠償請求権だけじゃなくて同時に日本側の財産請求権も放棄したってとこですかね。

これに関しては過去日記でも検証していますが終戦時に韓半島の南半分に残してきた日本の民間資産は6兆6367億円でした。

ここから今まで払った経済協力全額とは言いませんから3億ドルの無償経済協力だけを差し引くと5兆5567億円になります。

ああ、忘れていました。
韓半島で唯一の合法政府であると「自称」する韓国政府ですから韓半島全域分請求しないといけませんね。

過去日記からGHQ民間財産管理局の調査で「軍事用資産を除き計53億ドルであった」とされています。
1ドル=15円で換算して

53億ドル×15=795億円(当時)

民間総資産×総合卸売物価指数(190)=民間総資産(現在価格)
795億円×190=15兆1050億円

韓半島全域では15兆1050億円です。

勿論、韓半島で唯一の合法政府である韓国政府は「全額」払いますよねぇw

とりあえず何か言いたいことがあるなら最低でも5兆5567億円は返していただきますよ?w

もしごねるようであれば15兆1050億円請求してもいいんですよ?w


まぁとりあえず責任を認めただけでも盧武鉉はやれば『ちょっと』できる子だったんですね(´Д⊂グスン

さて、こちらの社説をどうぞ。
【社説】日本にまた賠償を要求するのか 2005.03.01 20:08 (中央日報)
盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が三・一独立運動記念式典の演説で「日本は賠償することがあれば賠償しなければならない」と明らかにした。 日本植民地支配下の徴用など被害者への補償金が個別的に伝えられなかったという事実に対する問題提起のようだ。

1965年に締結された韓日基本条約で、両国は植民地支配による被害補償を「請求権」の概念で締めくくることに合意した。 協定文は「…協定の成立時に存在する両国および両国民の財産と両国及び両国民間の請求権に関する問題は…完全にそして最終的に解決されたものとする」と書かれている。 当時の政府が交渉をうまくやったかどうかについては、意見はまちまちである。 経済発展の土台を築いたという前向きな評価と、わずかな金で日本に免罪符を出した拙速交渉だという否定的な評価が共存している。

われわれは、盧大統領の賠償金問題提起が仮に妥当性を持つとしても、すでに両国が国家的に決着をつけた問題をまた提起できるのかについて、議論がなければならないと考える。 その当時の協定が、われわれの意思とは関係なく強制的な不平等条約だったのならともかく、そうでない場合は国家間で結ばれた協定や条約は守られなければならないからだ。 政府は永続性があるものだ。 政府が代わったからといって「違う声」を出せば、相手国はもちろん、国際社会はわれわれをどのように見るだろうか。

盧大統領は「過去の問題を外交的争点にはしない。この考えには変化はない」と言っており、紛らわしい。 賠償問題を提起する発言をしながら、過去の歴史を外交争点にしないと言うのは、一体どうすることなのか分からない。 このため、賠償関連発言は「国内用」という言葉までも出てきている。 盧大統領がこうした紛らわしいメッセージを送るのは、韓日関係にも国内的にも望ましくない。

盧大統領が、植民地支配下の強制動員被害者に対する政府レベルの補償を積極的に推進すると明らかにした点は望ましい。 どんな方法であれ、補償は行われなければならない。
■いや、とても良い社説ですね。
例えば

>1965年に締結された韓日基本条約で、両国は植民地支配による被害補償を「請求権」の概念で締めくくることに合意した。
>協定文は「…協定の成立時に存在する両国および両国民の財産と両国及び両国民間の請求権に関する問題は…完全にそして最終的に解決されたものとする」と書かれている。


日韓条約の一番重要な部分もしっかり抑えていますし

>当時の政府が交渉をうまくやったかどうかについては、意見はまちまちである。
>経済発展の土台を築いたという前向きな評価と、わずかな金で日本に免罪符を出した拙速交渉だという否定的な評価が共存している。


日韓条約締結についての肯定意見と否定意見の両論を併記しています。

>その当時の協定が、われわれの意思とは関係なく強制的な不平等条約だったのならともかく、そうでない場合は国家間で結ばれた協定や条約は守られなければならないからだ。
>政府は永続性があるものだ。 政府が代わったからといって「違う声」を出せば、相手国はもちろん、国際社会はわれわれをどのように見るだろうか。


この部分も当然至極ですね。
この内容から考えると、結構硬派な新聞だと思いますから産経か読・・・

ゑっ?・・・中央日報!?


・・・( ̄□ ̄;)!!




中央日報の中の人はやればかなりできる子だったんですね(´Д⊂グスン

参考リンク
【試掘開始?】 財産請求権と朝鮮半島 【16兆9300億円!】
[PR]

by bosc_1945 | 2005-03-01 00:00 | 北韓・南朝鮮関連


<< 【結果的経済制裁】 改正船舶油...      【サマーワ情勢】 イラクから中... >>