当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2004年 10月 07日
【緊迫!中朝国境?】 中国様下手に出るw 【国連の中の人も】
中国軍、北朝鮮国境に3万人 北も呼応?憶測呼ぶ 10月7日3時3分 (産経新聞)
 中国の人民解放軍が、十月初旬から北朝鮮との国境線である鴨緑江沿いに三万人以上の兵力を集結させていることが六日、明らかになった。日中関係筋が明らかにしたもので、日本政府も衛星写真などで確認している。
 また、別の関係筋によると、北朝鮮軍も中国軍の動きに呼応する形で精鋭部隊を鴨緑江沿いに急派したとの情報もあり、中朝国境地帯では両軍の動きが活発化している。
 今回の中国軍の動きに関し、日中関係筋は、「大規模訓練実施の前触れか、増加を続ける北朝鮮からの脱出者を国境線で食い止める対策の一環として配置した可能性が高い」としている。
 一方で、北朝鮮の核問題を話し合う六カ国協議が、中国のたび重なる説得にもかかわらず、開催されないままになっているなど、中朝関係の冷却化が顕著なことから、(1)北朝鮮が弾道ミサイル発射や核実験に踏み切らないよう牽制(けんせい)(2)金正日総書記の後継者問題がこじれ、内戦状態に陥る場合などに備えた警戒-の可能性もあるとしている。
 このため日本政府は、米国などからの情報も総合して慎重に事態の推移を見守る構えだ。中国は昨年九月、中朝国境地帯の警備任務を人民武装警察から正規軍に移管。中朝国境に近い中国東北部では、軍事演習や訓練を活発化させていた。
■中朝国境異常ありですか。
まぁ脱北者の阻止という表の面とイザ戦争になった時の難民流入阻止という面もあるんでしょう。
何にせよ朝鮮半島が焦臭くなってきましたね。

東シナ海開発で実務者協議=中国大使が提案 10月7日13時2分 (時事通信)
 自民党の与謝野馨政調会長は7日午前、党本部で中国の王毅駐日大使と会談した。同大使は、中国が進める東シナ海での天然ガス採掘に日本が反発している問題について「実務者協議を一日も早く開催しよう」と述べ、日中間の対話を通じて事態の打開を図るべきだとの考えを示した。
 中国が進めるガス田開発は、日本の排他的経済水域(EEZ)の境界線(日中中間線)近くに位置する。王氏は「中間線は日本の主張で、中国には中国の立場がある。二国間で交渉しよう」と述べた。
( ゚Д゚)ポカーン・・・

>実務者協議を一日も早く開催しよう
>中間線は日本の主張で、中国には中国の立場がある。二国間で交渉しよう

今まで散々無視していたものがメジャーが去った途端これですかw
やはり中国だけでは海洋ガス田の開発は資金的にも技術的にも無理だったようですね。

中国様には謹んで

「ええかげんにせんかい!」

「ざまーみろw」


の二言を送りたいと思いますw
A級戦犯合祀が問題 靖国参拝で王毅大使 10月7日14時2分 (共同通信)
 民主党の岡田克也代表は7日、中国の王毅駐日大使と党本部で会談した。
 王氏は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題に関連して「A級戦犯の問題が、靖国参拝ということよりも大きな本質的な問題だ」と述べ、A級戦犯の合祀(ごうし)が問題との認識を示した。
 これに対し岡田氏は「そういう中国側の基本的な認識に対する日本側の理解も深まってきたのではないか」と述べた。
 また王氏は、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議について「米大統領選後に動きが出てくる」と述べ、次回協議は11月の米大統領選後になるとの見通しを示した。その上で「(これまで)北朝鮮と辛抱強く対話を続けてきた。これからも対話を続けて朝鮮半島問題を解決したい」と協議を継続する考えを強調した。
■聞きましたか奥様、売国奴岡田の反論を。

>そういう中国側の基本的な認識に対する日本側の理解も深まってきたのではないか

ホントにもうアボガドバナナかと。
さて、めんどくさいのでいきなり結論から言います。


所謂A級戦犯分祀案に対する靖國神社見解

結論から申し上げますと、このような分祀はありえません。

(中略)

なお、中曽根氏の発言によれば、過去靖國神社の神官の頭が固いために、分祀案が成就しなかったと述べられているようですが、時の今昔にかかわらず、靖國神社の信仰は今後も変ることはありません。所謂A級戦犯の方々の神霊の合祀は、昭和二十八年五月の第十六回国会決議により、すべての戦犯の方々が赦免されたことに基づきなされたものです。過去の歴史認識に対しては、夫々のお気持ちがあると思いますが、靖國神社は国家のために尊い生命を捧げられた神霊をひたすらお慰めし、顕彰する神社であります。

また、もし仮にすべてのご遺族が分祀に賛成されるようなことがあるとしても、それによって靖國神社が分祀することはありえません。

以上

平成十六年三月三日 靖國神社社務所


全国戦友会連合会HPTOPより。
(赤太字等は某S氏による)

イラク情勢、要員派遣には危険すぎる=国連職員組合 10月7日12時5分 (ロイター)
 [国連 6日 ロイター] 1月のイラク選挙支援を求める国際的圧力が強まっているが、6万人以上が加盟する国連職員組合は6日、イラクに職員を派遣するには危険過ぎるとの見解を示した。
 組合はアナン事務総長に書簡を送付し、「たった1人の職員でも多すぎる」と指摘。公正で適切な時期の選挙実施を目指す米国と国連の期待に水を注した格好。
 書簡は、現在派遣している数十人の職員を撤退させ、治安情勢が回復するまで新たな要員を送らないよう求めている。
 また書簡は、アナン事務総長に新たな職員派遣を求める「極めて強い政治的圧力」がかかっていることを認めながらも、現状では職員の安全を保証できる計画が存在しない、と指摘している。
危険だから行かないって、あんたら国連職員でしょうが・・・。
国連高官、1億円以上の利益得る=イラク旧政権から石油販売権-米紙 10月7日11時1分 (時事通信)
 【ニューヨーク6日時事】6日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、イラクのフセイン政権時代の国連石油・食料交換計画をめぐる不正疑惑で、同計画の事務局長だったベノン・セバン氏が、石油販売権獲得に絡み120万ドル(約1億3000万円)相当の利益を得ていたと報じた。イラク国家石油販売機構(SOMO)が今年2月にまとめた機密扱いの報告書に記されているという。
危険な事は一切せずに甘い汁だけ吸うってどういう事ですかw

国連の中の人も色々とお忙しいようで大変ですねw
国連決議に応じないイラクに問題、日本政府の対応に正当性=官房長官 10月7日14時7分 (ロイター)
 [東京 7日 ロイター] 細田官房長官は、午前の記者会見で、米調査団がイラク戦争開戦時に大量破壊兵器が存在しなかったとの報告書を米議会に提出したことについて、当時国連安保理決議などに応じなかったイラクの姿勢に問題があったと指摘したうえで、日本政府の対応に誤りはないとの考えを強調した。

細田官房長官は、イラクには戦争開戦時、大量破壊兵器が存在しなかったと報告されたことについて、「(存在しなかったとの報告は)非常に結構なことではないか」との考えを述べた。
また、過去において、イラクで核開発が行われていたことや、クルド人への化学兵器の使用が確認されているとしたうえで、イラクに対して核開発施設や化学兵器の製造施設を廃棄するよう求めた国連安保理決議を、イラクは遵守するべきだったと指摘した。
さらに、日本政府の対応について、「米国政府は、その報告書で(大量破壊兵器が)存在しなかったとされていることによって、(イラク攻撃の)正当性が否定されるものではないとの立場だが、日本政府も(米国政府と)同じだ」と述べ、日本政府の対応の正当性を強調した。
■はい、またこれで反米バカ共が「大儀なき戦争」と騒いでいますが、かつて大義ある戦争があったのかというのは言いっこなしでw
さて、重要なのはこの部分

>過去において、イラクで核開発が行われていたことや、クルド人への化学兵器の使用が確認されているとしたうえで、イラクに対して核開発施設や化学兵器の製造施設を廃棄するよう求めた国連安保理決議を、イラクは遵守するべきだったと指摘した。

まぁ簡単に言えばイラクはアメリカの出方を読み違えたという事ですなぁ、しかもフセインのオッサン勝てるとトチ狂ったのか米帝の最後通牒も無視してたしね。

お手軽に大量破壊兵器を製造・使用してクルド人・南部シーア派の自国民やイラン兵を大量虐殺した前科が有り、国際的な契約-つまり国連安保理決議-の違反を屁とも思ってない独裁者の自己申告を信用するほど米帝様は甘ちゃんでは無かったと言う事です。

極論を言えば「殺られる前に殺れ」「一発だけなら誤射かもしれない」の間で右往左往七転八倒するのが外交ってもんで、ブッシュの脅しをはったりとみたフセインのオッサン判断ミスと言えるかもしれません。

意味の分からない人は、国連安保理決議1441をモニターに穴が空くまで読み返して下さいw

ちなみに、疑惑の解明をするべきはイラク自身であり、国連査察団や国際社会にはその責任はありません。

まぁ、ぶっちゃけ米帝がもう一歩努力して武力行使容認の国連安保理決議を採択させていればもう少し状況は違ったと思うんですがね。

まぁ、所詮は歴史の後知恵ですがね。
[PR]

by bosc_1945 | 2004-10-07 00:00 | 中国・東シナ海関連


<< 【日本の足跡を】 頑張れ経産省...      【人権法案可決】 ガツンと言え... >>