当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2004年 10月 17日
【速報!】 北は既に核兵器を保有 【国内時事など】
「北すでに核兵器保有」 プルトニウム型、細田長官が明言 10月17日3時8分 (産経新聞)
 細田博之官房長官は十六日、島根県内で開かれた自民党県連の会合で講演し、北朝鮮の核開発問題について「北朝鮮はもう、核兵器をほぼ開発している。プルトニウム爆弾という長崎型の原爆はできている。すぐに廃棄させなければダメだ」と述べ、北朝鮮の核兵器保有を明言した。日本政府高官が北朝鮮の核兵器保有を断言したのは初めて。拉致問題や核開発問題で誠意を見せない北朝鮮に厳しい姿勢で臨むべきだとの国内世論の高まりを受けたものとみられる。
 細田氏は、「(北の核開発をめぐる六カ国協議で)今問題になっているのはウラン型の原爆、広島に落ちた方だ。どうもこれは初期というか、中期の段階だ」と指摘。北朝鮮が十一月の米大統領選をにらんで引き延ばしを図っているとの認識を示したうえで、「パキスタンなどと協力してやっている。けしからんから、合わせて廃棄させなければいけない」とし、廃棄を強く迫っていくべきだとの考えを示した。
 細田氏は、北朝鮮がプルトニウム型の核爆弾を所有しているとする根拠は示さなかった。しかし、この時期にあえて、北朝鮮のプルトニウム型の核爆弾に言及したのは、核、ミサイルに加え、拉致問題でも「誠意を見せない」(政府高官)北朝鮮に対し、厳しい姿勢で臨むべきだとする国内世論の強まりが背景にある。
 政府内でも、町村信孝外相が北の核開発や拉致問題に絡んで経済制裁の可能性に言及。今月八日の日朝国交正常化交渉に関する関係閣僚会議専門幹事会(議長・杉浦正健官房副長官)でも、対北朝鮮政策の基本方針である「対話と圧力」のうち「圧力」をより強めていくことを確認している。
 政府が十一月中旬に平壌で開かれる日朝実務者協議で、「北朝鮮に対する経済制裁を求める日本国内の厳しい声」を北朝鮮側に伝え「誠意ある対応を求めていく」ことを決めたのも、こうした国内世論を意識したものだ。
 プルトニウム型の核爆弾をめぐっては昨年四月、北京で行われた米国、中国、北朝鮮の三カ国協議で北朝鮮が保有を認める発言をしているほか、米中央情報局(CIA)がプルトニウム型の核爆弾一、二個を保有している可能性を指摘していた。
     ◇
 プルトニウム型原爆とウラン型原爆 核兵器は、高濃縮ウラン型とプルトニウム型の2種類に分けられる。長崎に投下されたプルトニウム型は広島に投下されたウラン型よりも軽量化が可能でミサイルの弾頭に適している。プルトニウムの抽出は使用済み核燃料を再処理することで得られるため、天然ウランを大規模な施設や電力で高濃縮しなければならないウラン型よりも製造が容易だ。ただ、核実験なしには本当に爆発するかどうか確信が持てないといわれる。
ついに来るべきものが来ましたか・・・

>北朝鮮の核開発問題について「北朝鮮はもう、核兵器をほぼ開発している。プルトニウム爆弾という長崎型の原爆はできている。すぐに廃棄させなければダメだ」と述べ、北朝鮮の核兵器保有を明言した。日本政府高官が北朝鮮の核兵器保有を断言したのは初めて。

まぁいよいよ来るべきものが来たという感じですね。
記事の中にもあるように、三カ国協議で北韓が核兵器保有を示唆したり米帝CIAが核兵器保有を指摘した事から、北韓ウォッチャーの間では薄々持っているだろうなと思われていました。
が、我が国の政府高官が北韓核兵器保有を明言するのは初めてです。
しかし

>細田氏は、北朝鮮がプルトニウム型の核爆弾を所有しているとする根拠は示さなかった。

と、根拠を示さなかった事から北韓の核武装をまだ事実として確定する訳にはいきませんが、今まで明言を避けてきた政府高官-しかも官房長官-が明言するのは我が国政府機関がそれなりに精度の高い情報を得たからではないでしょうか。
個人的に根拠には非常に興味があります。
一刻も早く根拠を示して頂きたいものですね。

日本海波高しと言ったところでしょうか。

領土問題進展へ準備加速 19日日ロ次官級協議 10月17日16時39分 (共同通信)
 日本、ロシア両国政府は19日、モスクワで次官級協議を行い、来年2月にも想定されるプーチン大統領来日に向け準備を加速させる。
 日本側は大統領来日時の首脳会談で北方領土交渉に弾みをつけることを目指している。次官級協議では領土問題を解決し、日本と平和条約を締結することが経済面などでロシアの利益につながることを強調し、前向きな姿勢を引き出したい考えだ。
 日本側から外務省の田中均外務審議官や小松一郎欧州局長ら、ロシア側からアレクセーエフ外務次官らが出席する。
 北方領土交渉で、日本側は4島の帰属を一括して確認できれば、返還時期などには柔軟対応する方針を伝えているが、ロシア側は歯舞、色丹の2島返還だけで決着させたいのが本音とされ、平行線をたどっている。
■さて、どうなるんですかねぇ?
日本側水域でガス田開発か 月内にも実務者協議 10月17日16時6分 (共同通信)
 東シナ海の日本の排他的経済水域(EEZ)で、中国政府が新たなガス田開発の権利を中国企業に与えたとの情報を日本政府がつかんだことが17日、明らかになった。東シナ海のガス田問題では、中国側が日本に実務者協議の開催を提案し、月内にも開催する方向で調整している。日本は同協議などで、中国に事実関係をただしていく方針だ。
 日本側水域での中国によるガス田開発の動きが明らかになったのは初めて。中国は現在、東シナ海の日中中間線付近の中国側水域でガス田開発を進め、日本と対立しているが、日本政府は、今回の情報が事実なら「中国が日本水域内で主権を行使することになる」と問題視しており、重大な外交問題に発展する可能性が出てきた。
 中川昭一経産相は同日、民放の報道番組で「日本のEEZの複数カ所で(中国による開発)工区設定の情報がある」と指摘し「EEZ無視は友好的でない」と強い不快感を示した。
くたばれ中共!w
と言う事でいつものスローガンwから入りましたが、これはもう中共による侵略ですよ!

某掲示板で「相互主義」と言うのが話題になりましたが、どうでしょう中共のやる事をそっくりそのままやり返してみては?
なに、簡単な事ですよ「中共が我が国にやれば、我が国が中共にやる」と言うだけですからw
原油高は軽量化で乗り切れ 日航が無塗装の貨物機購入 10月16日17時10分 (共同通信)
 原油価格高騰の中、日航は機体の白い塗装を省くことで軽量化し燃料を節約しようと、無塗装の貨物機を購入。16日、腐食防止や光沢の維持のため機体表面を磨く作業を、成田空港の整備場で始めた。
 購入したのは米ボーイング747-400F型。胴体にペンキを塗らないと従来より約150キロ軽くなり、1年で羽田-札幌往復分にあたる約4万リットルの燃料が節約できるという。
 作業は機械を使って、アルミ材の表面を磨き上げ、表面にできる酸化被膜で腐食を防ぐ。作業終了後の25日にはピカピカに輝く機体が、関西空港への初フライトに臨む予定だ。
無塗装の貨物機の表面を磨く作業員
無塗装の貨物機の表面を磨く作業員=16日午後、成田空港の日航ハンガー
■あの・・・B-29を思い出したのは私だけでしょうかw


再処理施設で放射能漏れ 核燃機構東海事業所 10月16日21時10分 (共同通信)
 核燃料サイクル開発機構の東海再処理施設(茨城県東海村)で低レベル放射性廃液の処理中に放射性ヨウ素129が大気中に放出されるトラブルが14日に起きていたことが16日、分かった。
 核燃機構は「ヨウ素が放出された」とだけ広報して、放射性物質とは説明せず、警報が鳴ったことも伏せていた。経済産業省原子力安全・保安院も「丁寧な広報を心掛けるべきだ」と同機構の姿勢を批判している。
 東海事業所の広報担当者は共同通信の取材に「法令上、報告が必要な事態ではなかったが、放射性物質と説明しなかったのは不注意だったかもしれない」と話している。
 このトラブル中に漏れた放射性ヨウ素の量は保安規定に定める1日当たり最大放出量の560万ベクレルの14分の1に当たる約40万ベクレルで、安全に問題はないとしている。
■まぁ、警報を鳴らした結果パニックになって怪我人でも出れば「なんで極微量の放射線漏れで警報を出したのか」と責められ、逆に鳴らさなければ「何で警報を鳴らさないんだ」と責められる。

動燃の中の人も大変ですね(´・ェ・`)

で、まぁむやみやたらに警報を出して『狼少年効果』でいざというときに役に立たないのも困りますしね。
しかしまぁ、鬼の首を取ったかの如くな報道の姿勢もどうなんだろうなぁ。
[PR]

by bosc_1945 | 2004-10-17 00:00 | 北韓・南朝鮮関連


<< 【企業秘密保護へ】 東シナ海資...      【縮小版】 沖縄に原発はいらな... >>