当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2004年 12月 13日
【ようやく本腰?】 イラク問題など 【ダッシュビルと自衛隊】
東シナ海ガス田の試掘調査に130億計上…来年度予算 12月14日5時12分 (読売新聞)
 東シナ海の日本が設定した排他的経済水域(EEZ)境界線(日中中間線)近くで中国が開発を進めている天然ガス田をめぐり、試掘に備えた調査費として、来年度予算案に約130億円が盛り込まれることが13日、明らかになった。

 政府は現在、海上から音波などで調べる地質調査を進めており、結果を待って、試掘の実施について最終判断する方針だ。ただ、海底に穴を開けて資源の埋蔵量を確認する試掘は、本格開発につながる調査とされており、中国側の反発が予想される。

 政府は、中国との対立を避けるため、調査を長年見送ってきた経緯があり、実際に試掘するかどうかは、難しい決断となりそうだ。一方、政府は、海底の天然ガスや石油層の状況を詳しく調査する高性能の資源探査船を建造する方針も固め、設計費など新年度予算に約100億円を計上する。
■やっと予算が付きましたね(涙
調査船については・・・
<海洋資源探査船>建造へ来年度予算化 中国に対抗 12月14日3時3分 (毎日新聞)
 政府は13日、日本周辺の海底の資源を詳しく調べるため、高精度の海洋資源探査船を建造する方針を固めた。総額200億~240億円で、来年度予算案には調査・設計費と建造費の一部約100億円を盛り込む。東シナ海の排他的経済水域(EEZ)境界線付近で、中国が天然ガス田開発を活発化させていることから、対中交渉の前提として日本が探査船を保有し、資源の基礎データを把握する必要があると判断した。08年度の就航を目指す。
 EEZ境界線周辺では、中国が「春暁」など複数のガス田開発を進めている。日本政府は「日本側の海底にある資源まで吸い取られる」との危機感から昨年10月以降、中国側にデータ提供を再三要求してきたが回答はなく、今年7月からは約30億円かけて独自調査に踏み切った。
 しかし、日本は海底の地質構造を立体的にとらえられる三次元探査船を保有していないため、独自調査に際してノルウェーから急きょ、探査船をチャーターせざるを得なかった。一方、中国は7隻、韓国も1隻、三次元探査船を保有しており、中川昭一経済産業相は「海洋国家として保有していないのはおかしい」と建造費の予算化を求めていた。建造する探査船は8000トン級で、中国や韓国(約2000~約4000トン級)より広範囲な調査ができるという。
 中国は急速な経済成長に伴い、石油、天然ガスなどの資源確保を急いでおり、今後も海底資源開発の動きを活発化させるのは確実。EEZ境界線付近でのトラブルが引き続き予想されることから、機動的に資源調査に乗り出せる態勢を整えることにした。探査船を独自保有することで、「海洋権益を守る」という日本の姿勢を明確に示す狙いもある。さらに、国連海洋法条約上、政府船なら公海上で立ち入り検査されないため、民間船よりも円滑な調査ができると判断した。
 政府は、中国側がデータ提供を拒み続けた場合、三次元調査だけでなく試掘調査に乗り出すことも検討しており、来年度予算案に試掘費用30億円も計上する見通しだ。【須佐美玲子】
■遅いながらも第一歩を踏み出しましたね。

>中国は7隻、韓国も1隻、三次元探査船を保有しており、中川昭一経済産業相は「海洋国家として保有していないのはおかしい」と建造費の予算化を求めていた。
>建造する探査船は8000トン級で、中国や韓国(約2000~約4000トン級)より広範囲な調査ができるという。


ウホッいい中川!

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 中川!中川!
 ⊂彡


自衛隊撤収の「目安」 来年12月の恒久政権発足 官房長官 12月14日2時49分 (産経新聞)
 細田博之官房長官は十三日、衆院イラク復興支援特別委員会のイラク自衛隊派遣延長に関する閉会中審査で、「来年末までにイラクの政治プロセスが完了して国家体制が整備されれば、自衛隊ではなく、日本が最も得意とする民間の協力ができるようになる」などと述べ、二〇〇五(平成十七)年十二月に予定されるイラク恒久政権の発足が自衛隊撤収の目安となるとの考えを表明した。
 派遣延長に反対の世論があることについては「政府として国民への説明が十分とは考えていない」と述べ、引き続き派遣の意義を国民に説明していく考えを示した。
 町村信孝外相はサマワ地域で治安維持にあたっているオランダ軍について、「実際には来年三月から徐々に撤退が始まる。本当に(すべてが)いなくなるのは五月か六月だろう」と述べ、段階的に撤退していく見通しを示した。オランダ政府はすでに日本政府に対して、来年六月までにオランダ軍の完全撤退が完了することを伝えており、町村外相の答弁はこれを踏まえたものだ。
■まぁ、国連とイラクとアメリカの全てに恩を売る為には撤退のタイミングはそこしかないんですよね。
「戦闘行為」、今後もないと判断=サマワの治安で細田長官-衆院特別委 12月13日13時2分 (時事通信)
 衆院イラク復興支援特別委員会は13日午前、政府がイラクへの自衛隊派遣を1年間延長決定したことを受けて、閉会中審査を行った。細田博之官房長官は、派遣先のサマワの治安情勢について「今後、派遣期間を通じて戦闘行為が行われることはないと判断している」と述べ、自衛隊が撤退する「戦闘地域」と該当するような事態は起きないことを強調した。
■「イラク特措法に基づく戦闘行為」と「一般の概念で言う戦闘行為」の差ですね。
自衛隊派遣延長を評価 ヨルダン国王が小泉首相に 12月13日22時15分 (共同通信)
 小泉純一郎首相は13日午後、ヨルダンのアブドラ国王と首相官邸で会談した。
 国王はイラクへの自衛隊派遣延長を「日本がイラクへの復興支援を継続したことを歓迎する」と評価。派遣隊員がイラクの文化や住民との接触の在り方について事前に教育を受けてきているとして「そういう時間をかけて派遣されている例は、知る限りほかにない。日本の自衛隊が歓迎される理由だ」と述べた。
 国王が「ヨルダンは債務問題を含めた経済問題が重要な課題」と債務免除を求めたのに対し、首相は「パリクラブ(主要債権国会議)で協議し、意見の一致を見ることが重要だ」と指摘。債務免除とは別に、新たに40億円の無償資金協力を行う方針を伝えた。
■ヨルダン国王大絶賛ですねw
見方によれば金で買ったとも言えますが、まぁそれも重要なカードの一つですよね。

ダルビッシュに自衛隊研修 デイリースポーツ (12月13日 11時4分) 日本ハムがドラフト1巡目指名した東北高・ダルビッシュ有投手(18)らの新人研修として、自衛隊への体験入隊を検討していることが12日、分かった。自衛隊からの協力の約束をとりつけた球団は、さっそく日程などの調整に入った。体験といえども厳しい訓練が行われる自衛隊で、ルーキーを鍛え上げる。
 怪物ルーキーに厳しい教官の“ムチ”が入る?16日にも球団と仮契約を結ぶダルビッシュだが、入団後に自衛隊の厳しい訓練を受けることになりそうだ。
 プランの発端は、新庄が今季の札幌ドーム試合で、北海道内の駐屯地からイラクへ派遣された自衛隊員の家族を招待したことに始まる。これに感謝した自衛隊側が、チームを今後、全面的に応援することを約束。今月初めに札幌市内での会合で今村球団社長と同席した自衛隊幹部が、「いつでも協力しますよ」と選手の体験入隊を勧めた。
 球団は、新人選手にとって、厳しい自衛隊の規律を体験するだけでも、大きな財産となると判断。特にダルビッシュについて三沢チーム統轄本部長は、「ファンから注目される存在だけに、野球以外でもプロとして教育していきたい」としており、母・郁代さんからは「立派な大人に育ててほしい」と依頼されてもいる。春季キャンプ後の来年3月にも“特殊訓練”に参加させる方向で調整中だ。
 抜群の身体能力を持つダルビッシュだけに、今村球団社長は「ダルビッシュをそのまま自衛隊に取られないようにしないとな」とジョークを飛ばしたが…。厳しい訓練が行われることで有名な自衛隊。“任務終了後”ダルビッシュが喜んで球団に駆け戻ってくるのは間違いない?。
■自衛隊ダッシュビルスカウト計画?w
北海道新聞はサヨク的であることで知られていますが、北海道の人たちは自衛隊と共存しているんですね。
[PR]

by bosc_1945 | 2004-12-13 00:00 | 自衛隊・イラク関連


<< お知らせ。      【第3次隊全員帰国】 知らされ... >>