当ブログは第二保管庫のためレスポンスは極端に遅いです。
トラックバックやコメントは本家の方にお願いします。
2004年 12月 06日
【踊る・・・】 地元から反対の声 【奇跡の証人】
<大野防衛庁長官>イラク南部サマワから帰国「治安は安定」 12月6日23時1分 (毎日新聞)
 陸上自衛隊の派遣先であるイラク南部サマワを訪問していた大野功統防衛庁長官は6日夕、関西空港着の民間機で帰国した。7日午前に小泉純一郎首相に視察結果を報告する。帰国後、大野長官は羽田空港で記者団に対し、自衛隊派遣延長の環境が整っているかどうかについて「私は整っていると思う」と明言した。
 大野長官は5日、サマワの陸自宿営地に約5時間半滞在。サマワのあるムサンナ県知事やオランダ軍司令官と懇談したほか、道路改修現場などを視察した。大野長官は記者団に「治安はかなり安定しており、隊員の安全は高いレベルで確保されていた」と語った。
    ◇
 自衛隊の派遣期限切れを目前にした大野功統防衛庁長官のサマワ訪問は、延長に向けた政府の最終決断を後押しするために行われた。しかし、わずか5時間半の「駆け足視察」で国民の懸念を払しょくするのに十分な材料を集めたとは思えず、逆に「形ばかりの訪問」との印象を与えた。
 「イラクの復興は道半ば。サマワの治安はかなり安定している。(派遣延長の環境は)整っている」。大野長官は、行く先々で積極的に取材に応じ、派遣延長の意義と治安が安定していることを繰り返し主張した。
 10日に派遣延長を閣議決定することは政府の既定方針。大野長官の役回りは首相に帰国報告し、政府が丁寧に手順を踏んで延長を決断したという体裁を整えることだ。首相も6日昼、大野長官の視察について「百聞は一見にしかず。自ら確かめたかったんでしょう。いいことです」と呼吸を合わせた。
 しかし今回のサマワ視察で、現地の実態を把握できたとは言いがたいのが実態。大野長官がサマワ宿営地に到着したのは、5日午前10時15分(日本時間同日午後4時15分)。5時間35分後にはクウェートに向け出発した。派遣延長に反対する野党は「世論を沈静化させるためのセレモニー」(市田忠義・共産党書記局長)と批評している。【滝野隆浩、古本陽荘】
■と言うことで、これでシャンシャンですね。
ところで・・・
<自民国対委員長>民主・岡田代表のサマワ視察批判に反論 12月6日20時50分 (毎日新聞)
 自民党の中川秀直国対委員長は自らのホームページ(5日付)で、大野功統防衛庁長官のイラク・サマワ視察を「単なるショーに過ぎない」と批判した民主党の岡田克也代表に対し「サマワが『非戦闘地域』でないと主張するなら、岡田代表自ら現地状況を視察する必要はないのか」と挑発した。
■さて、面白い与太話を耳にしました。
亡国の・・・もとい、某国の野党が求めていた国会延長要求ですが野党が揃って14日までの延長を求めていたんですが、実は最初は某最大野党だけ十日までと要求していたそうです。
その某最大野党党首が10日から外遊に行く予定だったとかw
それに怒ったのがアカと売国奴w
あわてて某最大野党も14日までと同調したらしいんですが、実際に延長されていたら外遊との兼ね合いはどうなっていたんですかねw
そりゃまぁ自民党国対の思う壺だわw

新防衛大綱 自治体や経済界、自衛隊員の削減反対集会--きょう、札幌で /北海道 12月6日16時1分 (毎日新聞)
 新たな「防衛計画の大綱」(新防衛大綱)の自衛隊員削減問題で、道内自治体や経済界などによる削減反対集会「北海道における自衛隊の削減に反対する総決起大会」が6日午後1時半から、札幌市中央区の札幌グランドホテルで開かれる。
 大会には各自治体のほか国会議員や道議、道経済連合会や道商工会議所連合会など経済8団体、道自衛隊協力会連合会など自衛隊関係4団体が参加する。

 新防衛大綱を巡っては当初、財務省が陸自の編成定数を現在から4万人削減して12万人とする案を提示。旧ソ連の脅威がなくなった北海道は4個師団・旅団を一つにまとめ2万人削減することが可能とした。この案に対し、防衛庁が反発し、政府内では定数を15万人台半ばで調整する動きが出ているが、調整は難航している。【丸山博】

12月6日朝刊 
■え~あまり関係のない話ですが、以前深夜のテレビで「刑務所を受け入れた町」という感じの番組をやっていました。
何でも、刑務所を受け入れると受刑者+刑務官の住民税や何やらが町に収入として入ってくるんだそうで、小さな町にとってはそれが結構な収入になるんですって。
まぁ、自衛隊の駐屯地であればそれ以外にも様々な経済効果がある訳で地方の町にとっては駐屯地の廃止は死活問題ですね。
特に北海道の経済はようやく持ち直してきたところと聞いたことがありますが、せっかく札幌に日ハムが移転して北海道経済が盛り上がってきているところに4個師団+1個旅団を1個師団に改変しようなどと言う削減案は冷や水以外の何者でもありませんね。
北朝鮮特殊部隊、5%は内陸部潜入=十数人包囲に6千人-防衛庁シミュレーション 12月6日16時1分 (時事通信)
 日本が北朝鮮の対日専門特殊部隊などによる攻撃を受けた場合を想定した防衛庁のシミュレーションの全容が6日、明らかになった。海上、陸上自衛隊が迎撃作戦を展開しても、特殊部隊の5%は内陸部に潜入する可能性があるとし、十数人が内陸部に侵入した場合、後方支援を含め、包囲には6000人の陸自隊員が必要と見積もっている。
 シミュレーションでは、日本海沿岸に高速艇や潜水艇で侵入を試みる北朝鮮の特殊部隊に対し、海自がその8割を撃退し、さらに陸自が沿岸部で残る敵対勢力の4分の3を撃退できると指摘している。しかし、全体の5%は日本の内陸部に侵入する恐れが高いという。内陸部に侵入した敵勢力の迎撃については、1996年に韓国北東部海岸で起きた北朝鮮武装兵士上陸事件などのデータに基づき想定。同事件では北朝鮮兵士26人の上陸に対し、韓国陸軍が最大6万人を投入して捜索した。
 陸自は十数人の特殊部隊員が内陸部に侵入した場合、潜入地点を囲む第1次包囲環(網)に3000人を投入。さらに、1次包囲網の内側に歩兵に当たる普通科、戦車部隊など約1000人による2次包囲網を形成して追い詰める。包囲する部隊の戦闘を後方で支援する施設、対空防護部隊などには2000人が必要としている。防衛庁は特殊部隊などの侵攻に備え、日本海側計90カ所に、移動式レーダーを備えた部隊1万5000人を配置する方針で、シミュレーションはこの計画を前提としている。
■これも当然新防衛大綱絡みのリークと言っていいでしょうね。
いやはや、財務省も拙速な手を使ったものです。
専門家の意見聴取悪くない 陸自改憲案、問題視せず 12月6日12時56分 (共同通信)
 小泉純一郎首相は6日昼、陸上自衛隊の幹部隊員が自民党憲法調査会の中谷元・改憲案起草委員会座長に対して憲法改正案を提出していた問題について「よく事情は分からないが、専門家の意見を聞くのは悪いことではありません」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。
 細田博之官房長官も同日午前の記者会見で、「あくまでも1対1の個人間の依頼であり、それに対する答えだったと聞いている。その限りではあまり問題ない」との認識を示し、事態の沈静化を図った。
 細田氏は、防衛庁が「事実関係を調査中だ」と指摘。中谷氏から「自分が個人的にいろいろ勉強したいと思い、(陸上幕僚監部の)親しい友人に『考えを教えてくれ』と依頼した」と釈明があったと明らかにするとともに「そのこと自体は大きな問題とは言えないと思う」と語った。
■まぁ、常識的に考えればそうだよなぁ。

【中国】南京大虐殺の「生きた証人」、李秀英さん死去 12月6日17時37分 (サーチナ・中国情報局)
 南京大虐殺の被害者として、日本政府に損害賠償を請求していた原告の李秀英さんが4日、江蘇(こうそ)省・南京(なんきん)市の鼓楼医院で死去した。享年86歳。5日付で中国新聞社が伝えた。

 李さんは1918年1月1日生まれ。南京大虐殺の「歴史的証人(生きた証人)」と言われていた。

 1937年12月19日、妊娠7カ月だった李さんは、南京市内で日本兵に銃剣で切りつけられ負傷。父親に病院に運ばれて、一命は取り留めたが流産した。写真は生前の李さん。(編集担当:田村まどか)
■あの残虐非道な皇軍による南京大虐殺が行われている1937年12月19日、妊娠7カ月だった李さんは、南京市内で日本兵に銃剣で切りつけられ負傷されたそうです。
李さんは抵抗した時に日本兵から16カ所刺された、いや30数カ所だったと話すたびに自らの体験が証言の度に変化したそうです。
ですがそんなことは李さんが体験したことからすれば些細な食い違いに過ぎません。

ここから李さんの奇跡体験が始まったのです。

16カ所、いや30数カ所刺された李さんは父親に連れられて病院に運ばれました。

南京大虐殺が行われている最中にも関わらず奇跡的に病院に到着。

南京大虐殺が行われている最中にも関わらず奇跡的に病院機能は麻痺せず。

南京大虐殺が行われている最中で続々と怪我人が運ばれて来ていた違いない病院で奇跡的に手術を受けることができた。

こうして数々の奇跡のお陰で李さんはあの悲劇から生き残ることができました。

え?おかしいって?
繰り返しますが、そんな事は李さんが体験したことからすれば些細な食い違いに過ぎません。


いやはや、素晴らしい奇跡の歴史的証人ですね。

さて・・・
「おい従兵!シャンパンをもってこい! ブタが死んだぞ!」
と言った紳士は誰でしたっけねw
最後になりましたが

心からお喜び・・・もとい、お悔やみ申し上げます。

某S氏は

先日お亡くなりになられたアイリス・チャンさん

今回お亡くなりになった李秀英さん

のご冥福を心よりお祈り致しません。

[PR]

by bosc_1945 | 2004-12-06 00:00 | 国防・安保問題


<< 【まだまだサドル】 呆れた須尾...      【国連改革】 中国必死だなw ... >>